スノーピークのテントおすすめ人気比較ランキング!【ソロ向けも】

屋外やキャンプ場でのテント泊をするにはテントが欠かせません。使うたびにレンタルすることもできますが、キャンプ用品にこだわるなら自分専用のテントを手に入れたいもの。そんな方におすすめなのがスノーピークテントです。数多くあるアウトドアブランドの中でも、雨風に強い構造とおしゃれなデザイン性を兼ね備えていると話題。ソロキャンプからファミリー用テントまでサイズや形状も豊富なので、お気に入りが見つかります。今回は、スノーピークテントの人気商品をランキングでご紹介。種類や選び方についても詳しく解説します。テントの購入を考えている方は、是非この記事を参考にしてみてくださいね。

スノーピークのテントの特徴

抜群の通気性と耐久性でオールシーズン使えるテントが豊富

日本を代表するアウトドアブランドであるスノーピークは、ユーザーに寄り添った商品開発に力を入れています。そのため、高機能で誰でも使いやすいテントが豊富。また、スノーピークテントの特徴はパーツ別にこだわった素材選びです。通気性の良いメッシュ素材や耐久性に長けたジュラルミン素材、雨天時にも安心の防水素材などパーツごとに素材が異なっています。使いやすさと快適な居住空間を兼ね合わせたテントなら、スノーピークのテントがおすすめですよ。

購入後何年経っても無料で修理や交換に対応してくれる

スノーピークの全製品には永久保証がついているのが魅力的。ユーザーが気に入ったものを長く大切に愛用してほしいとの思いから、何年経っても修理依頼を受け付けています。経年劣化や激しい損傷は保証対象にならない場合もありますが、キャンプ時の不意な事故による破損は快く対応してくれます。購入してから、長く安心して使えるのは嬉しいですね。

スノーピークのテント人気シリーズ

Entry line(エントリーライン)

シンプルな設計で設営しやすい初心者向けモデル

スノーピークは初心者からプロキャンパー向けまで、5つの分類にカテゴリー分けされています。キャンプ初心者で初めてテントの購入を考えている方におすすめなのが、エントリーライン。スノーピークテントの代表テントの1つでありアメニティードームや、価格がリーズナブルなヴォールトなどがラインナップされています。

設営と撤収がしやすいスタンダードな設計で、初心者も迷わずサクサク組み立てが可能です。快適な居住空間も魅力で、広く出入りしやすい入り口や風や雨の抵抗を受けにくい設計で安心して過ごせるでしょう。またサイズ展開も3人用から6人用まで豊富なので、家族の人数に合わせて選べるのもいいですね。

Standard line(スタンダードライン)

耐水性を考慮したモデルで季節を選ばず使える中級者向けモデル

キャンプを季節に関わらず年中楽しみたい、山や海などの変わりやすい天候変化にも対応するテントが良いならスノーピークのスタンダードラインがおすすめ。デザイン性と防水性能が1,800mmと高いランドブリーズや、リビングと寝室を分けて使えるランドロックなどがラインナップされています。スタンダードラインは、1年を通して楽しめるテント構造に特化しているのも特徴。室内の温度調整がしやすいため、オールシーズン快適に使えますよ。

暑い季節には空気の通りを良くして通気性をアップさせたり、雨や寒気に影響されないテントスカートなどを装備したりしています。エントリーラインよりも標準装備が多機能なので、価格は一気に高くなるのがデメリット。それでも季節を問わずどこでもキャンプを楽しめるため、キャンプに慣れてきた家族連れやキャンパーには高コスパといえるでしょう。

Pro.line(プロライン)

耐久性と機能性がトップクラスの最上級モデル

キャンプ上級者で、季節や天候を問わずキャンプを楽しみたいならプロラインがおすすめ。室内の温度管理がしやすく耐風性も申し分がないランドブリーズが代表的なテントとなっています。変化しやすい自然の天候にも、いち早く対応する1,800mmの耐水性も特徴。急な雨やスコールのような強い雨が降っても安心して過ごせます。

価格が一気に高くなるため、毎週のようにキャンプに繰り出すヘビーユーザーにおすすめ。家族で楽しめる6人用もあり、家族や友人たちとキャンプライフを楽しめるでしょう。大型でも強靭なフレーム構造で耐風性を確保しているため、寝室やリビングで場所を選ばず快適に過ごせます。

Pro.air line(プロエアーライン)

軽さを極限まで追求したモデル

山登りやツーリングなど、荷物を最小限に抑えてキャンプを楽しみたい方におすすめのプロエアーライン。収納時には片手で軽々持てるほどの軽量さがポイントのファルやラゴなどがあります。このカテゴリーは山岳用テントとして使うのに特におすすめ。山の天気にも対応する防水性能で安心して過ごせるでしょう。

インナーシートとフライシートのダブルウォールでありながらも、ソロテントで1kgを切るほどの軽量さが魅力。また山登りでは欠かせないトレッキングポールでインナーポールを代用できるため、荷物を減らすことも可能です。インナーシートを取ればシェルターとして使うことも可能。汎用性の広さも特徴となっています。


Ivory line(アイボリーライン)

高性能でデザイン性にこだわったモデル

おしゃれで機能的なテントが欲しいならアイボリーラインがおすすめ。近年ではグランピングも人気になっており、室内が広くて見た目がかわいいアイボリーラインのテントはグランピング目的の方に選ばれています。ドーム型で天井が高く通気性が良いので、冬場のストーブを使用したキャンプにも最適。キャンプやイベントなど多用途で使用できるでしょう。

アイボリーは汚れが目立ちやすいのがデメリット、それでも、きちんとメンテナンスすれば美しいカラーやデザインを長く保つことが可能です。色が明るく太陽の熱を取り込みやすいため、ルーフシートが標準装備されているのも嬉しいですね。暑い夏のキャンプも快適に過ごせるよう、機能性がプラスされています。

スノーピークのテントの選び方

人数で選ぶ

ソロならゆとりのあるサイズで軽いものを

スノーピークテントを選ぶ際には、このテントを何人で使うかを考えることが重要です。ソロキャンプで使うなら他の荷物を入れてもかさばらないコンパクトさと軽量さのチェックが必要。テントがバッグやザックに収まるか、長時間の携行でも体に負担がないかなどを確認しましょう。1.5kg以内の総重量ならコンパクトで持ち運びも比較的しやすいのでおすすめです。

4人から5人のファミリー用なら人数プラス一人分サイズを選ぶ

家族の人数に合わせてキャンプを楽しむなら、家族の人数よりも1人多い収容人数のものを選びましょう。人数よりも少し大きいサイズを選べば、その分荷物を置けますし動きやすさがアップするのでおすすめです。また家族に男性や背の高い方がいるなら天井高さにも考慮して選ぶのも大切。テント内が広く見えるだけでなく、テント内での着替えもしやすくなります。

機能で選ぶ

家族でテーブルを囲んで食事したり談笑したりするならシェルター付き

寝室とリビング部分を分けたい、くつろげる快適な空間でファミリーキャンプを楽しみたいならシェルター付きテントがおすすめです。シェルターはタープとは異なり全面をシートで覆うため、急な雨天時にも安心。横殴りの雨でもシェルター内で快適に過ごすことが可能です。また2ルームテントよりアレンジが効くため、壁を開けて通気性をアップすれば暖房器具や火器も安心して使用できるでしょう。

寒い季節に使うならマッドスカート付き

雨天時や寒い季節にキャンプをするならマッドスカート付きがおすすめです。スタンダードラインには標準装備されているものもありますが、別途購入が必要なモデルもあります。マッドスカートは冷気や雨の水がテント内に入るのを防いだり、害虫の侵入を防いだりする役割があり便利。特に冬場には地面や隙間から冷気が侵入するため、テント全周にマッドスカートがあるものを選ぶようにしましょう。

雨の季節にテントをはるなら耐水性1500mm以上の防水機能付き

キャンプ時に特に困るのが、急激な天候変化です。突然雨が降り出してテント内が水濡れになったということがないよう、防水性能にも配慮して選びましょう。山や海は、特に天候が変わりやすいため注意が必要。また台風の多い季節や梅雨時のキャンプにも、耐水性のあるテント選びが大切です。スノーピークテントの中には、最低耐水値1,500mm以上のものもあり安心。耐水圧が最も低い素地の数字を表記しているため、激しい雨でも安心して過ごせるでしょう。

スノーピークのテントに口コミ・評判

寒波の中の冬キャンプもスノーピークテントなら過ごしやすい

起きたら雪が降ってた
外は寒かったけどテントの中は
ストーブしてたら
あったかかった!
スノーピークのテント優秀!!

女性だけでも設営しやすいリビングシェル

新幕 ”リビングシェル”
やっと設営する時がきた!!
女子2人でも全然いける
ちょうどいいサイズ感!

家族や友人たちとワイワイ楽しめる最大収容人数対応テントが最高

スノーピーク史上、最大クラスの広さを誇る
ロッジ型シェルター
グランベルL
いやぁ〜デカいの一言!
この中で忘年会、懇親会、会議がしたいなぁ!!

おすすめ&人気のスノーピークのテントランキング

ソロ向けでおすすめのスノーピークのテント

スノーピーク-ヘキサイーズ(45,100円)

グッドデザイン賞をも受賞したソロキャンパーの楽しみを広げる設計

天候に関わりなく生活空間を確保し、快適に室内で過ごせる1人用テントです。フライシートには遮光性と耐水性に優れたシールド加工を施し、暑い日の日差しも急な雨にも対応するので快適に過ごせるでしょう。1人用ですが、キッチンやリビングとしても活用できる前室スペースもフライシートで設営可能です。

また、フライシートは大型バイクなども雨風にさらされず駐車するスペースにも便利。ツーリング用のテントとしても活用でき、埃や汚れから大切なバイクを守ります。テント後方にはポールを設置することで室内高が保たれ、成人男性でも室内で快適に過ごすことができるでしょう。

スノーピーク-ラゴPro.air1SSD-730(96,008円)

超軽量でストレスフリーで持ち歩ける山岳用テント

山登りやトレッキングなど、荷物を最小限に抑えたい方におすすめの山岳用テントです。機能性を極限まで削ぎ落とすことで、軽量化を実現し全総量は960gとなっています。軽量でも耐久性は申し分のない作りなのも魅力。フライシートは20D、ボトムシートは30Dのポリエステル生地を使用し耐久性を図っています。

昼夜の気温差が激しい山でのキャンプにも対応できるよう、結露によるストレスを防ぐ設計なのが魅力。上部と下部にベンチレーションを搭載し、空気がしっかり循環する仕組みになっています。ザックにも収納できるコンパクトサイズで持ち運びのしやすさにもこだわった設計です。

スノーピーク-ランドブリーズPro.1(71.500円)

耐水圧は10,000mmのより頑丈で耐久性が高いソロ用テント

1年中、季節や天候に関わらず使いこなせる剛健なドーム型テント。スノーピークの中でも伝統的なうお座構造で、居住性と機能性を向上させています。出入り口付近に角度をつけることで空間が広がり、従来モデルよりも一層出入りがしやすくなっています。

フライシートによるマッドスカートはなくなり、その代わりインナーテントで防風対策が取れるようになった点も魅力です。通気性がアップし、重量の軽減やより早い撤収が可能で山登り用テントにもいいですね。山岳キャンパーが快適に過ごせる機能性が詰まったテントになっています。

初心者向けでおすすめのスノーピークのテント

スノーピーク-アメニティドームL(57,200円)

耐水性1800mmの防水性能で雨の日も快適に過ごせるアメニティードーム

高品質の設計でありながらもファミリーテントとしてはお求め安い価格帯が魅力のアメニティードーム。キャンプ入門者向けモデルとして設営しやすく、過ごしやすいテントとなっています。軽くて弾力性に優れたフレームと背の低いドーム設計で風の影響を受けにくいのも魅力です。

また、雨脚の強い日でも安心して室内で過ごせるよう高い防水、撥水加工を施しているのも特徴。テントのどの部分を計測しても耐水1800mmを保証しており安心です。家族の人数に合わせてSからLまでサイズを選択でき快適に過ごせるでしょう。

スノーピーク-ヴァール Pro.air 4(173,800円)

インナーを外せばシェルターとしても使えるプロラインの中でも設営しやすいタイプ

吊り下げ式のインナーテントで、独特な流線型デザインが印象的です。プロラインのテントですが、フライシートやポールが他のモデルよりも軽量なため力を入れずに設営できます。そのため女性だけでもスピーディーに設営が可能です。

大人4人が寝てもゆったりと過ごせる広さですが、総重量は11.5kgと軽量。携行性も兼ね備えています。人数が多いテントで前後左右からの出入り口が確保できるのは、使いやすいですよ。荷物の出し入れや人の出入り時にも便利に使えるでしょう。

スノーピーク-ファルPro.air 4(68,652円)

快適性と軽量性に特化した登山者向け少人数テント

登山者向けに軽量の素材を採用し、持ち運びがしやすく快適に過ごせるテントです。最大で大人4人が並んで寝られるサイズで、荷物を減らしたいファミリーや登山をグループで楽しむ方におすすめ。ファルは、フライシートにフレームを挿入して立ち上げるため、フライシートとインナーシートを同時に設営できます。

設営方法がとても簡単なので、初心者キャンパーや女性でも設営がしやすいのも魅力。朝晩の気温変化が激しい山岳用テントとして使える結露ができにくい設計になっています。開閉可能なベンチレーションが上下に搭載されており、通気性が向上。季節を問わず快適に使えるでしょう。

おしゃれでおすすめのスノーピークのテント

スノーピーク-ドックドーム Pro.6(174.900円)

自然の景観にスッと溶け込むおしゃれなデザイン

爽やかなアイボリーカラーで周りの自然に調和しやすいおしゃれなテントです。明るいカラーのテントは紫外線を取り込みやすく熱くなりがちになるのを防ぐため、フライシートにはUVカット加工を施しています。またルーフシートも標準装備されており、日差しや熱を防止できるでしょう。

夜のテントがもたらす景観も魅力的。ランタンを室内で灯せば、より雰囲気が出て幻想的に過ごせるでしょう。また天窓も付いているため、優しい光を日中取り込んだり夜の星空を眺めたり自然と共に過ごせます。

スノーピーク-エントリーパック(57,200円)

寝室とリビングを分けられ快適に過ごせるキャンプ初心者におすすめのエントリーパック

初めてキャンプをする方が快適に過ごせるよう考え抜かれた初心者向けテントです。必要な耐久性と無駄を削ぎ落としたシンプルな設計により、価格帯もリーズナブル。設営のしやすさにも配慮しており、フレームは挿入するスリーブに合わせて色分けされています。

そのため、テント設営初心者でもわかりやすくスピーディーに設営が可能。タープもセットになっているため、日除けとして使用したり、寝室とリビングを分けたりして快適に過ごせますよ。広く機能的な設計ですが、組み立てが簡単なので初心者におすすめですよ。

スノーピーク-スペアヘッドPro.L(181,500円)

ドッキング機能付きで複数テントを繋げていける

曲線のシルエットが美しいワンポールシェルターです。全周にフレームを配置させることで、空間を広く取って大人でもストレスなく過ごせるようになっています。上部には豊富なベンチレーションを完備していて、室内環境をアップしてくれますよ。

下層部から新鮮な空気を取り入れ、上部から室内の湿気や匂いを逃すので室内をフレッシュな状態にキープできます。ドッグドームやランドブリーズ、アメニティードームとのドッキングができるのもこのテントの魅力。複数のグループや家族で過ごしたいキャンパーにおすすめです。

ファミリー向けでおすすめのスノーピークのテント

スノーピーク-ランドロック(189,200円)

スノーピークの最高級モデルでアレンジ自在なランドロック

スノーピークの中でも不動の人気を誇る2ルームシェルターのランドロック。リビングと寝室を1つでまかなうことができ、一般的な2ルームテントよりも設営や撤収が簡単です。また使いやすさをアップする機能性にもこだわっています。

たとえば、両サイドから出入りできるサイドパネルや貴重品を収納できるポケットを完備。また冬のキャンプでも快適に過ごせるマッドスカートや電源コードを通せるファスナーなど実用性にもこだわっています。天井高さは190cmで、着替えの際にもストレスを感じません。

スノーピーク-アメニティドームエルフィールド(184,800円)

大型ドームテントの歴史的製品を復刻版として再度発売

復刻してほしい製品として多くの要望があったスノーピークユーザー待望のアメニティードームエムフィールド。発売当初の独特の形状はそのまま、それでも生地の品質や軽量度が改善されより使いやすくなりました。雨風や紫外線をカットし室内で快適に過ごせます。

サイズは大人5人から6人が広々過ごせる広さ。また出入りしやすい広々としたフロントドアと、高い天井で開放的室内環境をつくり出しています。耐水圧は3,000mmと急な雨天時にも安心して過ごせるでしょう。

スノーピーク-グランベルクL(266,200円)

2021年発表の史上最大クラスの広さを誇る新作ロッジ型シェルター

キャンプ中も快適な空間で広々過ごしたい、キャンプ好きファミリーにおすすめのテント。デザイン性にもこだわっており、コットンのようなポリエステル生地を使用したロッジデザインになっています。開放感のある室内空間で、自然に溶け込みながら豊かに過ごせるでしょう。

天候や季節に関わらずキャンプを楽しむ経験者キャンパーにもおすすめ。天候や気温に合わせて出入り口をフルクローズ、半開き、フルオープンと汎用性が高い設計です。冬場の冷気や虫の侵入を防ぐマッドスカートもついているので、快適に過ごせますよ。

まとめ

使用人数に合わせたサイズ選びと経験に合わせたライン選びが大切

スノーピークテントには、キャンプの経験やテントの性能に合わせて選べる5つのラインがあります。自分の経験値や設置のしやすさ、機能性を考慮しながら扱いやすいスノーピークテントを選びましょう。また家族でキャンプを楽しむなら、余裕のある収容人数の確認や季節を問わず快適に過ごせる装備もチェックしましょう。今回はスノーピークテントについて詳しく解説しました。ぜひみなさんも、長く愛用できるスノーピークテントを選んでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*