おすすめのネイティブ柄ラグ人気比較ランキング!【ニトリも】

おしゃれなラグが欲しいけど選び方が難しいと悩むことがありますよね。一味違う個性的なインテリアを目指す人におすすめしたいのがネイティブ柄のラグ。シンプルなラグからネイティブ柄のラグに変えるだけで、おしゃれな空間に仕上げることができますよ。そこで、今回はおすすめの人気ネイティブ柄ラグをランキング形式でご紹介します。ネイティブ柄と一言に言っても様々な種類があり、素材や機能など選び方にもポイントがあるので詳しく解説します。お気に入りのラグを見つけて、理想のおしゃれ空間をつくってみてくださいね。

ネイティブ柄ラグとは

ネイティブ・アメリカンの伝統的な幾何学模様があしらわれたラグ

ネイティブ柄とは、民族や部族が受け継いできた伝統的な模様のことを言います。英語のネイティブは民族という意味があるため、別名で民族柄と呼ばれることもあります。しかし、日本でネイティブ柄と言われているもののほとんどが、アメリカの先住民族が受け継いできた伝統的な幾何学模様を意味しています。

ネイティブ柄ラグの特徴

個性的でおしゃれな空間づくりに最適

ネイティブ柄は存在感があるデザインのものが多いため、インテリアに取り入れると個性的でおしゃれな空間を演出することができます。代表的なものはカラフルな幾何学模様ですが、色柄の異なるデザインも多数あります。小さなラグはアクセントになり、大きなラグは空間の印象を大きく変えます。好みに合わせて選んでみてくださいね。

レザーや木目調のインテリアによく合う

ネイティブ柄ラグの温かみのある雰囲気は、レザーや木材など落ち着いた色の家具によく合います。アメリカ発であるミッドセンチュリーやブルックリンスタイルのインテリアにも馴染みやすくおすすめ。ネイティブ柄のラグを加えることで、シンプルな中に個性の光るおしゃれな空間づくりができます。

キャンプでも使えて非日常感をさらに演出

ネイティブ柄のラグはアウトドアシーンでも人気の高い商品です。キャンプ用品はシンプルなデザインや色合いのものが多いので、カラフルなネイティブ柄のラグを合わせれば空間が一気に明るくなります。自宅のインテリアとして挑戦するには勇気がいるという場合も、まずはキャンプで非日常の空間を味わってみるのもおすすめですよ。

ネイティブ柄ラグの種類

オルテガ柄

空間のアクセントになるカラフルな幾何学模様

オルテガ柄は、スペイン系移民であるオルテガ一家がニューメキシコ州のチマヨ村に広めた伝統柄。チマヨ村に古くから伝わる柄にスペインの伝統模様が合わさり、オルテガ柄が誕生しました。村の名前から別名チマヨ柄とも呼ばれています。日本で最もよく見られるネイティブ柄がオルテガ柄です。

オルテガ柄の特徴はカラフルな色合い。その派手なデザインからインテリアに取り入れにくいと思う人も多いかもしれません。しかし、空間全体で使っている色に合わせて選べばインテリアにも馴染みやすいです。アースカラーをメインとしたオルテガ柄であればより合わせやすいですよ。

トライバル柄

インテリアにも馴染みやすい黒と白を基調としたシンプルなデザイン

トライバル柄とは、サモア諸島を中心とした南太平洋地域の部族が受け継いできた伝統柄。描かれている模様は、部族である証明や社会的地位に加え、既婚かどうかなどを表していました。オルテガ柄のようにひし形を組み合わせた幾何学模様のものもありますが、弧を組み合わせた波のような模様はトライバル柄ならではです。

オルテガ柄はカラフルなものが主流なのに対して、トライバル柄はモノトーンが多いのが特徴。何にでも合わせやすい白と黒を基調としたデザインなので、シンプルなデザインが好みの人やお部屋にカラフルなアイテムが多い人におすすめです。初めてネイティブ柄のアイテムを取り入れるという人でも使いやすいと言えますね。

サラペ柄

ポップでカラフルなボーダー柄

サラペはメキシコで最も有名な織物の種類。スペイン人が身につけていたマントを起源とし、メキシコで伝統衣装として発展してきました。このサラペ織によく使われる柄が彩り豊かなボーダー模様。日本ではこの模様をサラペ柄と呼んでいます。

サラペ柄のラグを敷くとメキシカンな空間に早変わりします。鮮やかな色が使われることが多いですが、色の組み合わせもたくさんありベースの色によって印象も大きく変わります。彩度の低い色がベースのものはより落ち着いた雰囲気なので、インテリアにも合わせやすいですよ。

ネイティブ柄ラグの選び方

機能で選ぶ

自宅で手軽にお手入れしたいなら洗濯できるものを

ラグは洗えるタイプとそうでないものがあります。中でも素材がインド綿のものは色落ちしやすいため洗えないものが多いです。キャンプやお子さんのいる家庭など汚れやすい場所で使うなら、洗えるタイプがおすすめ。より簡単にお手入れをしたいなら洗濯機で洗えるものを選ぶと良いですね。手洗いの場合は浴槽でつけおき洗いをすれば簡単。ただし、商品によってはつけおき洗いでは色落ちする場合もあるので必ず洗濯表示を確認してくださいね。

冬でも温かく快適に使いたいならホットカーペット対応機能付き

ホットカーペット対応ラグは、熱による接着剤や繊維の劣化を防ぐために裏面に耐熱加工がされています。非対応のラグをホットカーペットや床暖房の上に敷いて使用すると、生地や接着面が劣化して剥がれてくることがあるので要注意。冬季にホットカーペットや床暖房を使用することが多い人は、この機能のあるラグを選ぶのがおすすめです。

素材で選ぶ

アウトドアや車用に薄手でかさばらないものならコットン素材

コットンラグは薄手でボリュームを抑えたデザインが多く畳んで持ち運びやすいため、アウトドアや車で使うのにおすすめです。ただし汚れが染み込みやすいのが難点。揮発加工のされたものや洗えるもの、汚れが目立ちにくい色柄を選ぶと安心。肌ざわりがよく裸足でも快適に過ごすことができます。汗をかいてもべたつきにくいので夏の使用にもぴったりですね。

へたりにくく季節を問わず快適に使えるものならウール素材

ウールは高級ラグにもよく使用される素材で、伸縮性と保温性が最大のメリットです。繊維が絡み合っており空気を含んでいるため保温性が高く、冬でもフローリングの冷たさを感じにくいのが特徴。空気を含んだ繊維のおかげで高い弾力性があり、型崩れしにくくシワになりにくいのも嬉しいですね。季節を問わず長く使いたい人におすすめの素材です。

ネイティブ柄ラグのインテリア実例

ナチュラルな色を選べば他の家具とも合わせやすい

カラフルなものは合わせるのが難しそうと悩んでいるなら、ベージュや白などナチュラルな色がベースになっているデザインを選ぶのがおすすめ。モノトーンのものであればスタイリッシュなインテリアにも合わせやすいです。他にも手書き風のネイティブ柄や色数を抑えたものなど、インテリアに合わせやすいよう現代風にアレンジされている商品もありますよ。

シンプルなキャンプグッズにはカラフルなラグが映える

テントをはじめとしたキャンプグッズは、自然に馴染むようなシンプルな色合いのものが多いです。キャンプやアウトドアレジャーでは、自宅とは違う非日常感を味わいたいですよね。そのような時には、彩り豊かなオルテガ柄やサラペ柄のラグをテント内に敷くのがおすすめ。空間が一気に明るくなり気持ちをさらに盛り上げてくれます。

ネイティブ柄ラグのおすすめブランド・メーカー

ニトリ

インテリアに合わせやすいシンプルな色合いが魅力

ニトリのラグは日常生活でも使いやすい落ち着いたデザインが特徴です。ホットカーペット対応のものや抗菌防臭加工をされているものなど、機能性の高さも魅力。手洗いできるものもありお手入れも簡単です。ネイティブ柄のラグを初めて買う人、まずはリーズナブルな商品を試してみたいという人におすすめです。

チチカカ

マルチカラーのボーダーラグの取り扱いが豊富

チチカカはアジアン雑貨をメインに取り扱っているブランド。目を引くようなカラフルなボーダー柄のラグを中心に取り扱っています。インテリアのアクセントに最適な色鮮やかなラグ、中でもサラペ柄のものを探している人におすすめです。

Pendleton(ペンドルトン)

素材にこだわったブランケット兼ラグが大人気の老舗ブランド

150年以上の歴史を持つアメリカオレゴン州発の老舗ブランド。素材にこだわっており、その高い品質と高級感ある質感が人気の秘密です。なかでも、ウール素材のブランケットやコットン素材のタオルケットをアウトドアラグとして使用する方法が人気。アウトドア用に長く使える高品質のラグを探している人におすすめです。

El Paso SADDLEBLANKET(エルパソサドルブランケット)

ブランケットとしても使用可能な洗えるラグが豊富

1970年にアメリカテキサス州で創業した歴史あるブランド。肉厚な生地でありながらブランケットとしても使用できる程よい柔らかさが特徴です。落ち着いたアースカラーから明るいカラーリングまでバリエーションが豊富。汚れてしまったら洗濯機で丸洗いできる商品も取り扱っています。リーズナブルなアウトドア用ラグを探している人におすすめです。

チャイハネ

様々なネイティブ柄を取り揃えた豊富なラインナップ

チャイハネの魅力は柄やサイズの豊富さ。価格もリーズナブルなので手に入れやすいです。ネイティブ柄がどんなものか見てみたい、家具との合わせ方を知りたい場合におすすめ。チャイハネの商品を見てみるとネイティブ柄を取り入れたインテリアの雰囲気を掴めますよ。

しまむら(実店舗のみの取り扱い)

おしゃれなネイティブ柄のラグを激安価格で取り扱う

とにかく安く手に入れたいという人は、しまむらをチェックするのがおすすめ。しまむらのネイティブ柄デザインがペンドルトンに似ていることから、「しまドルトン」という呼び名で話題になっています。大変人気で入荷してもすぐに売り切れてしまうとのこと。こまめに店舗に足を運んで、お気に入りのラグを激安価格でゲットしてみてくださいね。

おすすめ&人気のネイティブ柄ラグランキング

洗えておすすめのネイティブ柄ラグ

EEl Paso SADDLEBLANKET-ブランケットラグ(5,720円)

洗濯機で丸洗い可能なブランケットラグ

ブランドを代表するのが中央にダイアモンド柄が配置されたこのデザイン。コットンのようにしっかりとした厚みと程よい柔らかさを兼ね備えており、ブランケットとしても快適に使うことができます。合わせやすいアースカラーを中心に、アメリカ西海岸を思わせる明るいカラーリングも豊富です。

汚れたら洗濯機で丸洗いすることができるため、キャンプで使うラグに最適。幅が210cmあるのでラグとして使えば寝転がることもでき、複数人で一緒に座ることもできます。価格もリーズナブルなので、キャンプを始めたばかりでまずグッズを揃えたいという人にもおすすめです。

ニッセン-マイクロファイバーラグ(3,900円)

汚れても洗濯機で洗えるやわらかい肌ざわりのラグ

カラフルで大きなダイアモンド柄が並び、存在感のあるデザインのラグ。マイクロファイバーを使用しているためとても柔らかい肌ざわりをしています。クッション性に優れたウレタンフォームが使用されているため、寝転んでも快適に過ごすことができます。

裏面には滑り止め加工が施されているので、上を歩いてもずれにくく安心です。こちらのラグは洗濯機で丸洗い可能なので、汚れてもお手入れが簡単。小さなお子さんやペットのいる家庭にもおすすめの商品です。

rugoo-円形ラグ (14,080円)

丸い形と落ち着いた色合いでやわらかい雰囲気のインテリアにぴったり

ベージュを基調とした爽やかなトライバル柄で、ボヘミアンな雰囲気を演出することができます。派手すぎないデザインなのでナチュラルなインテリアにも合わせやすいのが特徴。汚れたら手洗いすることができます。

軽量設計でコンパクトに畳むこともできるので、日々のお掃除やお手入れが簡単。ホットカーペットと床暖房にも対応しているので、オールシーズン快適に使えますね。扱いやすく落ち着いた色合いなのでナチュラルインテリアが好きな人や、一人暮らしの女性におすすめです。

キャンプやアウトドアにおすすめのネイティブ柄ラグ

Pendleton-大判タオルブランケット(7,359円)

厚手なのでブランケットやラグとしても使える万能さが魅力

ブランドの中ではリーズナブルで人気の高い商品です。素材はコットンのみ。表面はベロア調、裏面はタオル地なので触り心地は抜群です。幅180cmと大判なのでラグとして使っても複数人で座ることができます。

色合いが鮮やかで、ラグだけではなくタオルやブランケットとしてマルチに使えるので、夏フェスや夏場のキャンプでも大活躍。洗濯ネットに入れれば洗濯機で洗うこともできるので、アウトドアでも心配なく使えますね。肌触りにこだわりのある人や、夏のキャンプが好きな人には最もおすすめの商品です。

四季物ひろば-バティックラグ(8,690円)

UV加工が施されており屋外で使っても色褪せにくい

ラグの表面にUV加工が施されており太陽の光で色褪せしにくいのが最大の特徴。洗濯機で水洗いもできるので、アウトドアで使いやすい商品と言えます。目を引く大胆な模様ですが、アースカラーを組み合わせた色合いでどんなインテリアにも馴染みやすいデザインです。

ホットカーペット対応なので、アウトドアだけでなく室内でも季節を問わず快適に使うことが可能。裏地には滑り止めがついているので、上を歩いてもずれにくい設計です。アウトドアはもちろん、日当たりのよい部屋で使うラグを探している人にもおすすめです。

CAPTAIN STAG-アウトドアラグ(1,400円)

ケース付きで持ち運びも簡単なのでキャンプにおすすめ

アウトドアブランドのキャプテンスタッグがリーズナブルな価格で提供しているラグ。幅が180cmあるので二人で座っても荷物を置くスペースがあり、少人数でのキャンプにちょうど良いサイズです。ベーシックで落ち着いた色なので、ネイティブ柄が初めてでも使いやすいデザインです。

収納用の巾着も付いておりコンパクトになるので、持ち運びしやすいのが特徴です。膝掛けやテーブルクロスとしても使用可能。キャンプ用のラグをアウトドア専門店で買いたい人や、頻繁にキャンプに出かける人におすすめです。

チャイハネ-メキシカンボーダーラグ(4,180円)

柔らかい素材で車内やテント内で使うのがおすすめ

このラグは、インドの職人が一つずつ手作業で作り上げています。そのため、形や色合いが少しずつ異なり味のある風合いを楽しむことが可能。コットンのみを使用して作られ、柔らかい手ざわりが実現されています。

肌ざわりがよく柔らかい素材なので、ソファや車のシートに敷いて使うのもおすすめ。幅150cmと小さめなので持ち運びもしやすく、ソロキャンプには最適です。同じデザインで大きなサイズもあるので、ぜひチェックしてみてください。

チチカカ-グラデーションラグ(10,120円)

空間が華やかになるアジアンネイティブ柄のマルチカラーボーダー

鮮やかな色合いが特徴のカラフルなボーダーラグ。両端に結び目のあるフリンジがついており、細かなところまでおしゃれです。テント内のフロアマットとして使えば、簡単に個性的で明るい雰囲気の空間を演出することができます。

しっかりとしたコットン素材で素足でも心地いいと評判です。夏のキャンプで裸足で過ごしたいという場合でも快適に過ごせそうですね。ネイティブ柄の中でもサラペ柄のラグを探している人におすすめです。

オルテガ柄でおすすめのネイティブ柄ラグ

チャイハネ-大判コットンラグ(7,480円)

厚手のブランケットとしても使えるカラフルなラグはお部屋のアクセントにぴったり

ベージュ色をベースとし、鮮やかな色のオルテガ柄が映えるデザイン。大きな幾何学模様が並んでおり個性的なデザインなので、お部屋のアクセントにはぴったり。また、コットン素材で夏でもべたつきません。

サイズも大きく存在感があるので、お部屋の雰囲気を大きく変えたい人やラグで個性を発揮したいと思っている人におすすめです。ラグだけではなくソファカバーやブランケットとしても使えます。同じ柄で他に二色のデザインがありますがどれも目を引くデザインなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

四季物ひろば-ウールラグ(43,990円)

手書き風のラフなオルテガ柄が個性的でおしゃれ

他にはなかなかない手書き風のゆるいオルテガ柄がおしゃれなラグです。北欧風のやわらかい雰囲気や観葉植物のあるお部屋にもよく合うデザイン。天然ウール入りなのでお値段は張りますが、長く使えるクオリティの高い一品です。

ウールの特性上、遊び毛がでやすいですが掃除機で吸うことで徐々に少なくなっていきます。冬でも暖かく使える素材なので、冬季に冷え込む寒冷地域でも安心。ナチュラルなインテリアスタイルが好きな人に特におすすめの商品です。

東リ-厚手ラグマット(24,750円)

目を引く大胆なオルテガ柄に防ダニ加工もされていて安心

大きなひし形が描かれたこちらのラグは抜群の存在感。アースカラーのみを使用した落ち着いた色合いなので、インテリアには合わせやすいと言えるでしょう。毛足が長くふわっとした触り心地が特徴です。

洗える素材ではないですが、防ダニ加工がされているので日常生活での使用も安心。月に一度固く絞った布巾で拭くことで、より快適に使うことができます。北欧スタイルが好きな人や、インテリアに合わせやすいネイティブ柄ラグを探している人におすすめです。

まとめ

人とは違うおしゃれな空間をつくりたいならネイティブ柄ラグがおすすめ

個性的な空間を演出したいなら、ネイティブ柄のラグがおすすめです。ネイティブアメリカンが受け継いできたネイティブ柄。その歴史の中で各地に広まり変化してきたため、様々なデザインがあります。キャンプや車などシンプルな空間にアクセントを加えたいならカラフルなものがおすすめ。落ち着いた色のラグもあるので、お部屋に合わせやすく派手すぎないものを探している人でもお気に入りが見つかるはずです。お手入れを簡単に済ませたい人のために、洗えるラグも幅広く展開されているので安心ですね。今回はおすすめのネイティブ柄ラグをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分が使う環境やインテリアに合ったネイティブ柄のラグを手に入れて、おしゃれな空間で心地よく過ごしてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*