おすすめのコンセント式ペンダントライト人気比較ランキング!【ニトリも】

間接照明はお部屋のインテリアを、ぐっとおしゃれな雰囲気にしてくれるアイテム。ところが、どのように取り入れたらいいか分からない、という方も多いのではないでしょうか。そんな人におすすめしたい照明が、コンセント式のペンダントライトです。コンセント式ペンダントライトは、コンセントがある場所であれば取り付けができるため、電気工事やスタンドを置く場所が必要なく、誰でも手軽に取り入れられますよ。そこで、今回はおすすめの人気のコンセント式ペンダントライトをご紹介します。またお部屋の雰囲気によって、ペンダントライトの選び方のポイントもいくつかあるので、一緒に解説していきます。ぜひ好みのコンセント式ペンダントライトを見つけて、お部屋のインテリアに取り入れてみてください。

コンセント式ペンダントライトの特徴

天井電源がない場所でも取り付けられる

コンセント式ペンダントライトは、コンセントに差し込むだけで取り付けできます。一般的なペンダントライトは、天井電源用プラグが付いていますが、コンセント式ペンダントライトは、コンセント用電源プラグが付いています。そのため、部屋に数個しかないことが多い天井電源を使わなくても、コンセントがあれば使用することができます。インテリアとして明かりを取り入れたい場所に、手軽にペンダントライトを使うことができますね。

様々な場所に引っ掛けられてアレンジがしやすい

コンセント式ペンダントライトは、何かに引っ掛けて吊る下げて使います。天井電源用のペンダントライトのように、天井に吊る下げるだけではないため、インテリアに取り入れられる幅が広がります。間接照明としてはもちろん、インテリアのオブジェとしても素敵ですよ。例えば、カーテンレールや棚に引っ掛けてお部屋に明かりをプラスしてみたり、植物や絵と一緒に飾ってインテリアの一部にしてみたり使い方は様々。自分好みのスタイルにアレンジして、インテリアに取り入れてみてください。

コンセント式ペンダントライトの選び方

電球の種類で選ぶ

電球らしいやさしい温かみなら白熱電球

オレンジっぽく温かみのある暖色系の明かりを照らす白熱電球。LEDが普及する前は、最も一般的に使われてきた電球です。昔ながらの発光システムで、LEDのような人工的ではない、電球らしいやさしい温かみのある明かりを照らします。レトロ感があり、インテリア性が高いことも特徴の一つ。白熱電球の明かりは、リラックスしたい場所にぴったりですよ。夕方以降のリビングや、寝室などに使用することで、リラックスできる空間を作ることができます。

長持ちさせて交換の手間を省くならLED電球

電球の取り替えは意外と億劫で、インテリア用の電球なら後回しになってしまいますよね。LED電球は、白熱電球に比べて、寿命が約20倍。1日10時間使用しても、10年以上もつと言われています。電気を熱に変えずに発光するため、白熱電球よりも省エネです。そのため、寿命も長く、電気代も安くなります。LED電球は、取り替えが難しい場所や、長時間点灯する場所におすすめですよ。

個性的な形が魅力の電球型蛍光灯

蛍光灯と言えば、長細い形状で、メイン照明として使われているイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。その長細い蛍光管を、らせん状にして電球型にしたものが電球型蛍光灯です。現在はらせん状以外にも個性的な形をしているものも発売されています。ヴィンテージスタイルよりも、現代的なスタイルに合わせやすいですよ。LED電球には及びませんが、白熱電球よりも寿命が長く、電気代も安い特徴もあります。お部屋に遊び心をプラスしたい時におすすめの照明です。

色で選ぶ

リラックスしたい場所にはやわらかいオレンジ色の電球色

リラックスしたい場所には、電球色がおすすめ。オレンジがかった温かみのある色の電球色は、副交感神経を優位にするため、体をリラックスさせる効果があります。寝室やお風呂やトイレなどに最適です。リビングに取り入れたい場合は、いくつかの照明を組み合わせて使うとよいでしょう。寝る前に電球色を点灯させると、同じ部屋でもリラックスした空間を作れます。

長時間滞在する場所には自然な明るさの昼白色

日中に活動をする場所には昼白色の電球がおすすめ。最も日中の太陽の光に近い明かりのため、活動性を高めてくれる効果があります。リビングなど長時間滞在する部屋に最適ですね。また、キッチンなど食材を扱う場所や、お化粧をする場所にも適しています。自然光に近いことで色の判断がしやすくなるため、食材の傷みの発見を容易にしたり、化粧後の外出時の色のギャップを最小限に抑えてくれたりする効果があります。

集中力を高めたい場所には青白い色合いの昼光色

最も明るく、青白い光で清々しい明かりの昼光色。青系の光には、覚醒を促し集中力を高める効果があります。また、文字をくっきり見せてくれる特徴もあります。そのため、勉強や仕事をする部屋など、集中力を高めたい場所におすすめですよ。ペンダントライトで取り入れる場合は、勉強をしたい時や、本を読みたい時だけ点灯して使うのもいいでしょう。

シェードの素材で選ぶ

大人らしくあか抜けた雰囲気なら金属製

金属製のシェードは、光を通さない素材のため、シェードが開いている下方向に光が落ちます。そのため、明暗がはっきりした雰囲気のあるインテリアを、照明で演出することができます。スポットライトのように壁を照らすだけでも、お部屋の雰囲気が大人っぽい印象に。ペンダントライトのデザインは、シンプルなものを選ぶことで、より洗練された雰囲気になります。

華やかに光を強調するならガラス製

ガラスのシェードは、電球の光を通すため、ライトの全方向を照らします。そのため、同じ電球のW数でも、光を通さない素材のシェードよりも明るい印象になります。ガラスのデザインによって光り方が変わり、キラキラと輝くように照らしたり、ふんわりとした光を照らしたりと、華やかに光の演出をすることができます。消灯時も光を集めて輝くため、窓のある部屋などに使うと、昼間でもガラスに反射する光を楽しめますね。

柔らかい光で照らし温かみのある空間にするなら布製

布のシェードで電球を覆うことで、やさしい明かりとなり、やわらかく温かみのある光になります。寝室に使うと、リラックスした空間を作ることができますよ。布製のシェードは、無地以外にも色々な柄のシェードがあるのも特徴の一つ。自分好みの柄のシェードをみつければ、明かりを照らすだけでなく、インテリアとしてお部屋のアクセントとなり、お気に入りの空間を作ることができます。

伝統的な和の雰囲気を演出するなら紙製

紙のシェードは布製と同様に、電球を紙で覆うことで光を和らげてくれます。また、提灯のような独特な風合いのぼんやりとした淡い光で、和の雰囲気を演出できます。和室はもちろん、寝室などリラックスしたい空間にもおすすめですよ。またモダンな雰囲気が好きな方にも、お部屋のインテリアとして素敵な演出をしてくれる素材のシェードです。

コンセント式ペンダントライトのインテリア実例

ペンダントライトと植物でおしゃれなアウトドアスタイル

簡単に揃えられるアイテムだけで、アウトドアスタイルを演出しています。植物と裸電球のペンダントライトで、キャンプ場のような雰囲気になっていますね。お部屋の一角のスペースだけアウトドアスタイルにしたい時も、この方法は参考にしやすいです。

韓国風インテリアの引き締め役にシンプルなペンダントライトを

韓国風カフェのような素敵な空間です。白を基調とした韓国風インテリアの中に、シンプルな白熱電球のペンダントライトがあることで、お部屋の雰囲気が引き締まって見えますね。お部屋の雰囲気が、単調になってしまっている時のアクセントとしても、コンセント式ペンダントライトは活躍します。

コンセント式ペンダントライトのおすすめブランド・メーカー

トキラボ

経年劣化を楽しめる素材で長く楽しめる商品

トキラボは、店主こだわりの生活道具を取り扱う道具店。ペンダントライトには、純度の高い真鍮を磨き上げて作った部品を使用しています。そのため、亜鉛を多く含んだ安価な真鍮には出せない、本物の経年劣化を楽しむことができます。シェードは、複数の種類が販売されており、好みの素材や色を選ぶことができますよ。またシェードなしでも、使用することができるので、アレンジの幅が広く、一つのペンダントライトで様々な楽しみ方ができます。一つのものを大事に使っていきたい方におすすめです。

億兆堂

さまざまな照明を扱う照明専門店

億兆堂は、照明専門店のため、コンセント式のペンダントライト以外にも、様々な照明器具を扱っています。コンセント式のペンダントライトの種類は多くはないですが、他のお店ではあまり見かけない、ビンテージ風で個性的なコンセント式ペンダントライトを扱っていますよ。人と被らないデザインのコンセント式ペンダントライトが欲しい方におすすめです。

KIVEN(ケビン)

シックでおしゃれなペンダントライト

多くの代理店で取り扱われているメーカーです。コンセント式ペンダントライトはシンプルでシックなデザイン。そのため、どんなスタイルのお部屋にも合わせやすいです。またデザイン性がありながら、コードの中間にスイッチが付いていおり機能性も兼ね備えています。デザインも機能性も欲しい方におすすめです。

ニトリ(現在取扱いなし)

幅広いデザインと価格帯で様々なニーズに対応するインテリアショップ

家具や生活雑貨など、暮らしに必要な道具を幅広く取り扱っている大手のインテリアショップです。ペンダントライトはもちろん、様々な照明を販売しています。現在は、コンセント式のペンダントライトの販売をしていないようです。そのため、ニトリのペンダントライトを使いたい方は、電源プラグをコンセント用に変換できるアダプタを使用する方法もおすすめですよ。ちなみに、無印やIKEAにも、コンセント式ペンダントライトの取り扱いはありませんでした。ニトリが気になっている方は、ランキングで紹介しているヤマダ電機が展開するヤマダモールのペンダントライトはいかがでしょうか。実店舗はないですが、お手頃でアレンジがしやすいペンダントライトの取り扱いがあります。

おすすめ&人気のペンダントライトランキング

おしゃれでおすすめのコンセント式ペンダントライト

ハイズ-コンセントプラグ型ペンダント灯具 (5,410円)

アンテイーク仕立てでデザイン性もあり引っ掛け金具やスイッチ付きの高機能

アンティーク風な色合いのゴールドが、悪目立ちせず落ち着いた雰囲気です。電球を取り付けるソケット部の上部が持ち手になっていて、アンティーク感が際立ちます。シンプルながら、ひと工夫されたデザインがおしゃれですね。

持ち手に付いている突起は、引っ掛け金具でフックを引っ掛けて使用することができます。コードの途中にはONOFFのスイッチがあり、電気をこまめに消すことができ、機能性も十分にあります。見た目もおしゃれなので、ベッドサイドライトとして使えば、素敵な寝室を演出できるでしょう。

でんらい-星型デンマーク製ペンダントライト(8,800円)

飾るだけで一気に華やかなデザインでサイズやカラーも選べる

北欧伝統のクリスマスの時期に飾られるアドベントスターです。サイズは、SからBIGの5種類から選べます。Sが直径50cmなので、Sでも十分インパクトがありますね。使わない時は、紙製なのでコンパクトに畳んで収納ができるので収納場所を取りません。

パーティーの時の一時的な飾り付けや、子供部屋の飾り付けに合うデザインですが、普段使いでは寝室にもおすすめです。見た目は華やかですが、紙製のシェードのため光が柔らかく、模様から明かりが木漏れ日のように光るため、心地いい明かりで寝室にぴったりですよ。星形のデザインが宇宙にいるような不思議な空間が作れ、寝室を素敵な雰囲気に演出してくれます。

億兆堂-コンセント式壁掛けライト(8,500円)

ペンダントとウォールランプと工業風で人と被らないかっこいいデザイン

中世紀のヴィンテージ産業スタイルで、鉄の滑車にアイアンガードが吊り下がった、個性的でかっこいいデザインです。更にアイアンの質感が、レトロ感と高級感を加えています。ひとつ飾るだけでお部屋にインパクトを与えてくれますよ。ヴィンテージスタイルや男前インテリアにぴったりです。

壁付けするウオールランプとペンダントライトを掛け合わせたデザインのため、壁に付ける作業が必要になりますが、コンセント式のため電気工事が必要ありません。壁付タイプのライトは、一般的には電気工事の必要な商品が多いため、取り入れたかったけれど諦めていた方におすすめですよ。

アーティストショップA&MO2-ステンドグラスペンダントランプ(39,000円)

ナイトキャップのような形と彩豊かな日本製のこだわりのペンダントライト

ショップスタッフが丁寧に作られた、日本製のこだわりのペンダントライトです。ショップオリジナルのデザインのため、他では手に入りません。手作業で作られているため、同じデザインでもひとつひとつ味のある1点ものです。アンティークな風情やデザインが好きな人に、好まれるペンダントライトですね。

シェードの素材はステンドガラスです。そのため、点灯するとライトを中心にステンドガラスの光が広がり、その場が色鮮やかな素敵な景色に変わります。ステンドガラスが好きな人はもちろん、インテリアに彩をプラスしたい人におすすめですよ。

でんらい- ロープ滑車ペンダントライト(14,980円)

昔の船舶にありそうなデザインがかっこいいロープの色やアレンジ次第で色々なスタイルに合う

木製の滑車とロープのかっこいいデザインのペンダントライトです。ロープの色は4種類から選べ、その中でもホワイトは、オフホワイトのような色合いでどんなスタイルにも合わせやすいです。ナチュラルスタイルやマリンスタイル、男前スタイルまで幅広く活用ができますよ。

ロープの巻き方次第でも、表情が変わり、ユニークでいつまでも飽きさせないデザイン。気分に合わせて、ロープの巻き方を変えてアレンジして使ってみてください。ちなみに、こちらのライトは、天井電源プラグが付いている商品です。有料オプションでコンセントプラグへ変更することもできますよ。

LED電球対応でおすすめのコンセント式ペンダントライト

トキラボ-コンセント式ペンダントライト(10,780円)

こだわった素材とシンプルなデザインで長く使えるペンダントライト

ライトに使われている部品には、純度の高い真鍮を使用しています。そのため、長く使うと劣化してしまう安価な部品とは違い、時間が経つほどに素材の風合いを楽しめるペンダントライトになっています。シンプルで飽きのこないデザインのため、いいものを長く使いたい方におすすめですよ。

シェードは数種類のカラーや素材から選べます。ガラスクリアのシェードは一番シンプルで、ダイニングの近くに吊るしてカフェ風にしてみたり、お気に入りのインテリアを照らしてみたり色々なシーンで使えます。シェードがなくても使用できるので、気分に合わせてシェードを変えてみたり、外してみたりして、毎日アレンジしながら楽しんで使うことができますね。

共同照明-ペンダントライトコンセント式古アンティーク紐 (1,499円)

手に取りやすい価格とシンプルなデザインで手軽に取り入れやすい

ペンダントライトは、1個数千円するものが多く、購入までに二の足を踏んでしまう人もいるのではないでしょうか。こちらの商品は、一つ1000円台とリーズナブルで手に取りやすい価格設定となっています。どんなスタイルのインテリアにするか迷っているけど、ペンダントライトを取り入れてみたいという方にぴったりです。

無駄の省いたシンプルなデザインで、色々なスタイルに合わせやすいです。またコードの途中にONOFFができるスイッチが付いているため、明かりをこまめに消すことができます。一時的な照明として実用的に使いたい場合にもおすすめですよ。

LineMe-カラーコード照明(3,960円)

種類豊富なカラフルなコードがかわいい、遊び心いっぱいのペンダントライト

カラフルな照明コードがかわいく、自分の中の遊び心をくすぐるデザインです。カラーの種類はなんと16種類。落ち着いた色もありますが、鮮やかな色の品揃えが多く、ビビッドなシャイニーピンクなどかわいいカラーが揃っています。好きな色を選んでもいいし、異なるカラーでカラフルに複数飾っても、可愛らしい個性的なお部屋の印象になりますよ。鮮やかな色が好きな方や、子供部屋におすすめです。

シェードの別売りがありますが、おすすめはシェードをつけず、個性的な電球を付けることです。例えば個性的な形の電球型蛍光灯を付けることで、シンプルながら独創的なペンダントライトが完成します。型にはまったインテリアではなく、好きなように、想像力を膨らませて楽しく使ってみてくださいね。

億兆堂 ペンダントライト電球ソケット2個入りコンセント式(4,099円)

素朴なデザインで目立たないため使いやすくスイッチ付きで実用的

一般的なコードの先に照明ソケットが付いたような、簡素なデザインです。こちらのペンダントライトは見せるインテリアにせず、メインのインテリアを照らすサブの役割に使うのに丁度良いペンダントライトです。お気に入りの絵や植物を照らすことで、ライト自体が目立たないため、メインの引き立て役になってくれますよ。

ソケットは耐熱性に優れているため、つけっぱなしにしたい場所に安心して使えます。かつ、コードの途中にONOFFのスイッチがあるため、付けたり消したりしたい場所にも使えるので、実用性もありますよ。インテリアに活用する以外にも、簡易照明として使うこともおすすめです。

スイッチのあるおすすめのコンセント式ペンダントライト

Kiven レトロペンダントライトコンセント式(7,038円)

本格的な北欧風デザインに実用的な調光機能スイッチ付き

カフェで使われていそうな、王道の北欧風なシェードです。シンプルなデザインですが、シェードの形が絶妙で、洗練された大人の印象を受けますね。どんなスタイルにも馴染みますが、高級感のあるホテルライクなお部屋にぴったり合うペンダントライトです。

コードの途中に付いているスイッチは、ONOFFのスイッチではなく、明るさの調整ができる調光機能付きのスイッチです。時間やシーンに合わせて、明るさを調整できます。おすすめの使い方は寝室です。ベッドサイドライトとして使えば、ベッドから動かずに電気を消せるため便利ですよ。ホテルライクで、実用的な寝室が作れます。

FSLIVINGレトロペンダントコンセント式(4,359円)

シェードが付いていないシンプルなデザインに調光機能つきで幅広く使える

ソケットにシェードが付いていないシンプルなデザインのペンダントライト。電球が見えるため、付ける電球次第で雰囲気が変わりますよ。ソケットがヴィンテージ風のゴールドのため、白熱電球を付けると、レトロな雰囲気になり、お部屋のアクセントになります。

コードの途中に付いているスイッチは、調光機能スイッチです。シェードがないため、電球のW数によって眩しいと感じてしまうことがありますが、調光機能があれば明るさを調整することができますね。リビングの間接照明として取り入れれば、日中は一番明るく照らし、寝る前は薄暗く調光でき、明るさのストレスなく快適に過ごすことができます。

ハイズ-コンセントプラグ型ペンダント灯具(4,380円)

アンティーク調の形状にブラックのカラーとシェードなしでアンティークになりすぎないデザイン

ハイズのシェードが付いていないタイプで、ブラックバージョンのペンダントライトです。シェードが付いていないため、その分シンプルに見えますね。電球ソケット上部の持ち手も付いており、長細い形状が、逆さまのろうそくのようで可愛らしいです。色はブラックのため、どんな場所にも馴染みやすく、幅広いインテリアスタイルと合わせやすいですよ。

持ち手部分の突起は、引っ掛け金具になっています。フックを引っ掛けて使うことができるため、スポットライトのように見せることもできますよ。例えば、カーテンレールに引っ掛け金具を使って引っ掛けてみると、カーテンが舞台の幕のような見た目に。手軽にお部屋で非日常を演出できます。

ヤマダモール-スイッチ付きペンダントライト(2,531円)

黒いコードとシルバーのソケットで男前な印象でPES承認の安全性の高い設計

素材を生かしたシンプルなデザインのペンダントライト。黒いコードとシルバーのソケットに加え、シェードがないデザインのため男前な雰囲気がありますね。男前インテリアはもちろん、シンプルなデザインのため、アウトドアスタイルにも合わせやすいです。

PSE(電気用品安全法)承認の安全保障付きです。コードは耐火材料で作られており、耐熱性に優れていて火災の危険がありません。ソケットには安全性を高めるため絶縁紙で設計されています。安全に配慮された構造なので、ペンダントライト初心者でも安心して取り入れられますよ。

まとめ

部屋の雰囲気に合ったコンセント式ペンダントライトがおすすめ

コンセント式のペンダントライトは、手軽にインテリアとしてお部屋に取り入れられる照明です。コンセントと引っ掛けられるスペースさえあれば取り付けられるため、天井電源やスタンドを置くスペースなども準備する必要ありません。シンプルなライトから個性的なライトまであり、自分好みのペンダントライトがきっとみつかるはずです。もし、好みの商品がみつからなくても、電球やシェードの種類によって雰囲気が変わるため、自分好みにアレンジすることも楽しいですよ。今回は、ペンダントライトの選び方から、おすすめのコンセント式ペンダントライトのご紹介をしました。ぜひコンセント式ペンダントライトで、手軽にお部屋のインテリア作りを楽しんでみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*