おすすめのサンシェードテント人気比較ランキング!【コールマンも】

キャンプや海水浴などのアウトドアを楽しんでいる際、照り付ける太陽のせいで余計に暑く感じたことはありませんか。そんなときにおすすめしたいのが、サンシェードテントです。サンシェードテントがあれば直射日光を遮れるので、体感温度を下げる効果が期待できますよ。そこで、今回はおすすめのサンシェードテントをランキング形式でご紹介します。また、組み立て方の違いによってサンシェードテントには複数の種類があり、自分によって使いやすいタイプを選ぶにはコツを押さえなければなりません。どのようなシチュエーションに合っているかなども詳しく解説していきますので、参考にしてみてくださいね。ぜひお気に入りのサンシェードテントを手に入れて、真夏のレジャーを快適に楽しみましょう。

サンシェードテントの特徴

テント型の日よけで直射日光を遮る

サンシェードテントとは、日差しを遮る目的で設営するテントのことです。テントの中に入れば直射日光を遮ることができ、体感温度を下げたり熱中症を予防したりする効果が期待できます。あくまで日中快適に過ごすことを目的としているので、通常のテントと違って泊まることは想定されていません。

設営が簡単なのでキャンプや海水浴で使いやすい

サンシェードテントは本格的なテントと違って構造が簡略化されているため、簡単に設営できます。アウトドア初心者の方だと、慣れていないために本格的なテントの設営には手間取ってしまう方も多いのではないでしょうか。サンシェードテントなら手軽に組み立てられるので、テントを設営しても遊ぶ時間が削られません。キャンプや海水浴など長時間日差しを浴びるようなレジャーを楽しみたいなら、簡単に設営できる日よけとして重宝しますよ。

サンシェードテントの種類

ポップアップ式

袋から取り出すだけで設営できるので手軽

袋に入っているテントを取り出すだけで、ひとりで立ち上がるタイプのサンシェードテントをポップアップ式といいます。単に取り出して広げるだけで良いので、女性やアウトドア初心者の方におすすめ。たたし、たたみ方には少々コツがあるため、購入した際はきちんとたためるか事前に試してから使うようにしましょう。

ポール式に比べて強度がない分、風に弱いのが難点です。強風が吹くと前もってわかっている日などは使わないようにしましょう。収納する際は主に円形のケースに入れることになるので、多少場所を取ってしまいます。ですが、比較的安価なため、初めてサンシェードテントを使う方でも気軽に購入しやすいですよ。

ポール式

安定感が高く大きなサイズ

自分でポールにサンシェードを通して組み立てるタイプを、ポール式と呼びます。ポップアップ式と違って自分で行わなければならない作業がある分、多少設営に手間がかかってしまうのが難点。ですが、通常のテントよりは簡単に設営できるので、普段からアウトドアに慣れている方にとってはそれほど大きな手間にはならないでしょう。

2本のポールをクロスさせて設営するため、より安定感が増します。ポップアップ式と違い、強風にも耐えられるのは助かりますね。また、上のほうがドームのような形状になるので、空間を広めに取れてのびのびと過ごせます。頭上が三角形のような形になるポップアップ式と違って広々としている分、大人数向けといえるでしょう。ある程度本格的なアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

ワンタッチ式

設営の手軽さとある程度の安定感を両立

傘を開くように上に引き上げて、ジョイント部分を固定することで設営できるタイプをワンタッチ式といいます。ポールに自分でサンシェードを通す必要がない分、ポップアップ式並みに手軽に設営できるのが魅力。それでいてポップアップ式よりも強度があるので、ポップアップ式とポール式の良さを両立したような組み立て方だといえるでしょう。

いくら安定感があるといってもポール式ほどではないため、強風になることがわかっているなら使うのは控えたほうが良いです。あくまで、急な天候の変化にも対応できる程度だと思っておきましょう。円形のケースに収納することが多いポップアップ式と違って、ワンタッチ式は細長いケースに収納するのが主流。コンパクトに持ち運べるので、荷物が多くなりがちなレジャーに持って行く際におすすめです。

サンシェードテント の選び方

入口の形状で選ぶ

通気性を良くしたいなら開放感のあるオープンタイプ

オープンタイプとは、入口が大きく開いているサンシェードテントのことを指します。入口が開いたままなので通気性が高く、暑い夏でも涼しく過ごせるのが魅力。空気が中にこもらないため、中で飲食をしてもにおいが気になりません。バーベキューなど、座って休憩をしながら食事を取りたいときにおすすめです。また、いつでも入口が開いているので、荷物の出し入れがしやすいのも助かりますね。デイキャンプの荷物置き場など、ちょっとしたスペースが必要なときに役立ちますよ。

着替えや昼寝などしたいならプライバシーを守れるクローズタイプ

オープンタイプと違って入口を閉じられるサンシェードテントを、クローズタイプと呼びます。入口を閉めてしまえば外から見られないので、人目が気になりません。プライバシーを守ることができ、昼寝をしたり着替えたりと中で思いのままに過ごせます。また、虫の侵入を防げるのも高ポイント。虫が苦手でもアウトドアを楽しみたいなら、クローズタイプを選びましょう。ただし、オープンタイプと違って空気がこもりがちなので、通気性を良くするために一部がメッシュになっているタイプがおすすめです。

サイズで選ぶ

使用人数よりワンサイズ大きめならゆったりできる

サンシェードテントにはおおよその使用人数が書いてありますが、中でゆったりとくつろぎたいならワンサイズ大きめを選びましょう。アウトドアではテーブルを置いたり着替え用の荷物を置いたりと、なにかとものが増えがちです。定員人数ジャストの大きさを使っていると、どうしても窮屈に感じてしまう場面があります。そのため、よりリラックスしたいなら、ある程度のスペースがあるワンサイズ大きめにするのがおすすめですよ。

ビーチなど人が密集している場所なら小さめサイズ

サンシェードテントは大きめのサイズのほうがリラックスできますが、使用するシチュエーションによっては大きなものが適さないこともあります。たとえば、ビーチなど人が密集するような場所では、あまり大きいとかえって周囲に圧迫感を与えてしまうでしょう。そもそも設置できるスペースが狭く、大きなサイズが使えないこともあります。このような人が多く集まる場所で使うなら、大きなサイズを1つではなく、小さなサイズを2つ使うのがおすすめ。具体的には、7人でサンシェードテントを使いたいような場面なら、4人用を2つ使ったほうがかえって場所も取らず、快適に過ごせるでしょう。このように、大きければ大きいほど良いというわけではないので、頻繁に使うシチュエーションに合わせてサイズを選んでください。

機能性で選ぶ

日焼けを防ぐならUVカット機能付き

サンシェードテントはあくまで直射日光による日差しを遮ってくれるものなので、紫外線もブロックしたいならUVカット機能が付いているものを選びましょう。暑い夏に何時間も外で過ごすアウトドアでは、日焼けが気になる方も多いのではないでしょうか。単純に日差しを遮るだけでは日焼け対策としては不十分なため、高いUVカット効果が期待できる商品を選びましょう。どのくらい紫外線をカットできるかを、日焼け止めクリームと同じようにUPFで表記しているものも多いので、参考にしてみてください。

急な雨の対策をするなら防水機能付き

急に雨が降ってきたときでも荷物や体を濡らしたくないなら、防水機能の付いたサンシェードテントを選びましょう。もちろん雨の日にわざわざアウトドアに行くことはないと思いますが、急に天候が変化することは良くありますよね。特に、天気が変わりやすい山でのデイキャンプに使う予定があるなら、必須の機能といえます。このとき、目安としては耐水圧が1500mmぐらいあるものがおすすめ。耐水圧とは浸水しようとする水の力を抑える性能を数値化したもののことで、1500mmあれば大抵の雨に対応できます。

ビーチで使うならサンドプロテクト付き

浜辺の砂はさらさらと柔らかいので、一般的な山や公園の土と違ってテントに入り込みやすいのが難点です。そこで、海水浴に持って行くなら、テント内に砂が入りにくくするためにもサンドプロテクト付きのサンシェードテントがおすすめ。下にかえしが付いているものが多く、物理的に砂が入らないような構造になっています。テントの中が砂まみれになってしまう危険性が減るので、ビーチでも安心して使えますね。

外気の影響を受けにくくするならフライシート付き

フライシートとは、本体であるサンシェードテントに被せるようにして使う布地のことです。被せることで、風や雨などが入ってくるのを軽減できます。夏は生ぬるい不快な風を防げますし、春や秋には肌寒い風からテント内を守ってくれますよ。外の気候に関係なく、常に快適に過ごしたいならフライシート付きのサンシェードテントを選びましょう。暑い夏だけでなく、少し寒い季節にもアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

サンシェードテント のおすすめブランド・メーカー

Coleman(コールマン)

確かな品質でアウトドア入門にぴったり

Colemanは少人数で使う用のコンパクトなサイズから、大人数でも楽しめる大型まで幅広く取り扱っています。また、虫よけ効果の高いメッシュ素材を使用していたり、風に強くするためクロスポール構造になっていたりと、性能が高いのも魅力。高品質ながら比較的リーズナブルなので、アウトドアの入門としておすすめです。

LOGOS(ロゴス)

組み立て方が豊富でTPOに合わせて選べる

手軽に設営できるワンタッチ式から、本格的なアウトドアにも適しているポール式まで幅広く展開しているLOGOS。公園でのピクニックなど気軽に使いたい方にも、安定感が重要なデイキャンプ用を探している方にもおすすめです。ターゲット層が幅広いため、自分に適した商品を探しやすいですよ。

ニトリ

リーズナブルなので初めて使う方も気軽に購入しやすい

ニトリは広げるだけで簡単に設営できる、ポップアップ式を販売しています。テントを張るのに慣れていない初心者の方でも扱えるほどの、手軽さが魅力。また、値段が安いので、サンシェードテントにどのぐらいの効果があるのか試してみたい方にもおすすめです。

snow peak(スノーピーク)

高級感のある見た目でデザイン性に優れている

snow peakは、他メーカーとは一線を画す優美なデザインのサンシェードテントを販売しています。他メーカーではアウトドア用品だけあって武骨な印象のテントが多い中、おしゃれなデザインになっているのが魅力。機能性だけでなく、外観にもこだわりたい方におすすめです。

カインズ

手軽に設営できる商品で初心者も扱いやすい

カインズは、手軽に設営できるワンプッシュサンシェードテントという商品で有名です。女性でも1人でできるほど簡単に組み立てられるので、アウトドア初心者の方にもぴったり。また、値段が安いのも気軽に購入しやすいです。オンラインショップでは取り扱っていないので、直接店舗に行って購入しましょう。

ダイソー

100円ショップで驚きの低価格を実現

100円ショップで有名なダイソーも、サンシェードテントを取り扱っています。価格は100円とはいきませんが、1000円とかなり安価なのが魅力。ダイソーのオンラインショップでは取り扱っていないので、購入する際は直接店舗に行かなければなりません。サンシェードテントがあるとどのくらい快適なのか、試してみたい方におすすめです。

おすすめ&人気のサンシェードテントランキング

おしゃれでおすすめのサンシェードテント

EaseSpace-ポップアップテント (5,980円)

独立したフロントシートで広々使える

前方にフロントシートが付いているので、足を伸ばしたり荷物を置いたりと使い勝手が良いです。また、取り外しもできるため、着脱して単なるレジャーシートとして使うことも可能。一般的なサンシェードテントは前面を閉めるとフロントシートが使えません。この商品なら独立しているので、前面をクローズしてもそのままフロントシートを使えて便利ですよ。

大人も使いやすいボタニカル柄や、三角形を敷き詰めたキュートな柄など、多彩なデザインを取り扱っています。キリンの体の模様をしたユニークな柄まで展開しているため、子供にも親しみやすいのが魅力。広々と使える、おしゃれなサンシェードテントをお探しの方におすすめです。

生活便利 マイルーム-ポップアップテント (3,480円)

入口を開け閉めできて便利

波を描いたウェーブ柄や爽やかなリーフ柄など、ポップでキュートな柄を展開しています。他の人と被りにくいデザインが高ポイント。ビーチなどたくさんの人がサンシェードテントを使っているような場面でも、自分のものを見つけやすいでしょう。

入口を開け閉めできるので、状況に応じて使い分けできます。より開放感を味わいたいときは、入口を完全に開けてしまいましょう。外の景色も楽しめるので、ピクニックにもぴったり。メッシュだけにすれば、虫の侵入を防ぎつつ通気性を高くできますよ。また、授乳や着替えなどを行いたいときは、外から見えないようにフルクローズにしてしまうのがおすすめ。おしゃれでありながら、さまざまな用途に使いたい方に最適です。

ワールドオペレーションズ-ポップアップテント (4,554円)

おしゃれでありながら機能性も高い

シルバーコーティング加工されているので、より高いUVカット効果を期待できます。日焼けが気になる方や、肌の弱い小さなお子さんも安心して使いやすいですよ。また、1000から1500mmほどの防水機能も付いているため、急な雨にも対応できます。

上部にものを掛けられるつり手が付いていて便利です。ランタンなどの光源をつるせば、夜でも快適に過ごせるでしょう。機能性に優れているだけでなく、かわいいデザインもポイント。ポップなドット柄などキュートな模様を販売しています。機能性とデザイン性を両立したい方におすすめですよ。

snow peak-ファル Pro.air2 SSD-702 (55,000円)

他メーカーとは一線を画す上質なデザイン

インナーテントを取り外せるので、下にレジャーシートを敷いてから設営すればサンシェードテントとして十分活用できます。公園でちょっとしたピクニックをしたいときなどに便利。また、インナーテントを取り付ければ、デイキャンプなどにも活用できますよ。気軽なレジャーも本格的なアウトドアも、両方楽しめる商品です。

シックな茶色と、同系色のロゴでまとめた高級感のあるデザインが魅力。ポップな柄のサンシェードテントはかわいらしいですが、若干チープな印象になってしまうのが難点です。この商品なら落ち着いた印象を与え、ラグジュアリーな外観でワンランク上の上品さを醸し出せるでしょう。デザインにこだわりたい方におすすめですよ。

大型でおすすめのサンシェードテント

山善-プロモキャノピーテント5 CPR-5UV (14,999円)

広々としたドーム型で快適

紫外線を90パーセント以上カットできる、UVコーティング生地で作られています。日焼けしたくない女性や、紫外線を長時間浴びたくない肌の弱い方も安心して使えるのが助かりますね。特に、暑い夏のアウトドアにぴったりです。

ドーム型になっており、従来のテントに比べて頭上が広々としています。壁面をほぼ垂直に立てることでテント内の面積を広げ、のびのびと快適に過ごせるのがポイント。4人から6人が窮屈さを感じずに入れる、大型のサンシェードテントをお探しの方におすすめです。

ST-TRADE-ワンタッチテント (12,000円)

大型のドアと2つの窓で通気性抜群

2重構造になっている大型のドアが特徴的です。外側の生地は防水性に優れているのが魅力。メッシュ素材で作られた内側の生地は、高い通気性を保ちつつ虫の侵入を防ぎます。このような大型のドアに加えて窓が2つも付いているため、テントに大勢で入っても十分換気できますよ。

ポップアップ式なのでたたまれた状態のテントを袋から取り出し、放り投げるだけで設営できます。大人数向けのサンシェードテントはポール式が多く、初心者の方にとっては組み立てが難しいこともしばしば。この商品なら、5人から8人も入ることができる上、簡単に設営できます。手軽に組み立てられる大人数向けのサンシェードテントを使いたい方におすすめですよ。

AND・DECO-ワンタッチテント (10,999円)

大型でありながら簡単に設営できる

傘と同じ要領で、パッと広げてロックすれば設営完了です。大型テントでありながら力も必要ないため、女性でも簡単に組み立てられます。時間も手間もかけずに設営できるのが魅力。遊ぶ時間を削りたくないレジャーにはぴったりですね。

大人が4人から5人も寝転べる、ビッグサイズです。広々とした空間は、リラックスした快適な時間を過ごせるでしょう。家族や友人みんなで使えるサイズ感をお探しの方におすすめ。また、上部にベンチレーションが付いているので、空気の入れ替えが手軽に行えます。大人数で入っても効率的に空気を循環でき、息苦しさを感じません。

コンパクトでおすすめのサンシェードテント

ニトリ-フルクローズシェード ウェーブ ISH (2,980円)

高性能でありながらリーズナブル

横161cmに縦118cmと、本体自体がコンパクトです。大人数は入れませんが、1人から2人しか使わないならむしろ十分な大きさでしょう。重量も1.6kgと軽めで、女性でも楽々運べます。公園でのピクニックなど、手軽に使いたいときにおすすめですよ。

紫外線カット加工が施されています。UPF50+と、日焼け防止効果がかなり高いのが魅力。また、シルバーコーティングされているため遮熱性がアップしており、夏場に使いやすいです。これだけ高性能なのにも関わらずかなりリーズナブルなので、初めて使う方も気軽に購入しやすいですね。

Coleman-ポケットイージーシェード (2,700円)

簡単に設営できるコンパクトなテント

最初から本体に片方のポールが入っているので、もう一方のポールをポケットに入れるだけで組み立てられます。初めてテントを建てる方でも迷わないほど、作業が簡単なのが高ポイント。既にポールが装着されていれば、紛失する心配もなくて安心ですね。

袋に収納すると40cm以下と、かなりコンパクトになります。サイズが小さいので、リュックの中に入れれば持ち運びも簡単。また、フロアシートを本体に固定すればセミクローズにできるため、ちょっとした目隠しをしたいときにも便利です。防犯という意味でも、なるべく中を見えにくくしたい方におすすめですよ。

LOGOS-Q-TOP フルシェード 200 (11,550円)

フレームの強度が高く強風時にも安心

下部のジョイントを上に押し込むだけでフレームをセットできるので、誰でも組み立てられるほど手軽です。設営にわずか30秒しかかからず、遊ぶ時間も十分に取れますよ。また、フレームに弾力のあるグラスファイバーという素材を使っているのも魅力。通常のフレームよりもしなやかなので、強風でも折れる心配が少ないです。

大人2人に加えて子供が1人から2人も入れるほどワイドサイズなのに、収納すれば69cmまでコンパクトにできます。荷物が多くなりがちなアウトドアにぴったりですね。家族全員で入れるファミリータイプを、なるべくコンパクトに持ち歩きたい方におすすめです。

CAPTAIN STAG-CSシャルマン ポップアップテントDUO UA-32 (5,282円)

狭い場所でも設置できるコンパクトサイズ

広げるだけで設営できるポップアップ式のサンシェードテントです。裏面がメッシュ素材で作られているため、通気性が良いのが魅力。空気が中にこもらない分、中で飲食をしてもにおいが気になりません。休憩を取りながら、座って食事をしたいときにぴったりですね。

フロアの広さが約1.4畳と、コンパクトなサイズ感です。あまり場所を取らないため、狭い場所でも設置できるのが魅力。海水浴場のような込み合う場所でも使いやすいのはもちろん、庭に組み立てれば気軽にキャンプ気分を味わえます。省スペースでも活用できる、コンパクトなサンシェードテントをお探しの方におすすめですよ。

まとめ

使用環境に合ったサンシェードテントがおすすめ

どのようなサンシェードテントが使いやすいかは使用環境によって変わってくるので、シチュエーションに合ったサンシェードテントを選びましょう。デイキャンプなど、ある程度本格的なアウトドアを楽しみたいならポール式がおすすめ。安定感があり、強風が吹いてもポールが折れる心配が少ないです。設営時間の短縮を重視するなら、ポップアップ式かワンタッチ式がぴったり。アウトドア初心者の方でも簡単に設置できるため、手間がかかりません。また、入口を開け閉めすることで、オープンタイプとクローズタイプを切り替えられる商品は特に便利。状況に合わせて使い分けできるので、汎用性が高いです。今回はおすすめのサンシェードテントをランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分の使用環境に合ったサンシェードテントを手に入れて、夏場のアウトドアを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*