おすすめの映画鑑賞向けヘッドホン人気比較ランキング!【ソニーも】 

動画配信サービスの普及もあり、好きな場所で映画を楽しめるようになっています。せっかくなら迫力ある音で映画を楽しみたいですよね。そんな映画鑑賞向けヘッドホンのおすすめのブランドやメーカーをランキング形式で紹介しています。映画鑑賞向けヘッドホンの選び方やあると嬉しい機能などについても詳しく解説していきます。お気に入りのヘッドホンを探す参考にしてみてくださいね。

映画鑑賞向けヘッドホンの特徴

音量を制限せず迫力ある音で映画を楽しめる

内臓スピーカーではなかなか迫力を感じられないと思うこともあるのではないでしょうか。音量を大きくし過ぎるとまわりの迷惑になってしまい思う存分楽しめないなんてことも。そんな悩みもヘッドホンを使うことで、まわりを気にせず映画を楽しめます。

どこでも気軽に迫力のある音で映画を楽しめる

動画配信サービスの普及により、テレビだけでなくスマホやタブレットを使って場所を選ばず映画を楽しめます。どんな場所でもヘッドホンがあれば、映画に集中することが可能です。ヘッドホンがあれば、移動中でもリラックスタイムでも映画が楽しめます。

スピーカーより安価なものが多く取り入れやすい

家庭での映画鑑賞をより質の良いものにしたいと思っていても一式そろえるのはなかなか大変ですよね。高機能のヘッドホンを選んでも、スピーカーを揃えるよりはリーズナブルに手に入れられます。ヘッドホンであれば、場所も取らず手軽に映画に没入できるのが良いところです。

映画鑑賞向けヘッドホンの種類

密閉型

音漏れが少なく臨場感のある音質

耳覆う部分のハウジングを木材やプラスチックなどで密閉することで音が外に漏れにくい構造が特徴です。小さな音や低音もしっかりと拾えるため臨場感のある音を再現できます。遮音性が高く、外部の音が耳に入りにくいので映画に集中することが可能ですよ。

音漏れが少ないため、時間帯を気にせず使えるところがポイントです。しかし、長時間着用していると密閉感の強さに疲れを感じる場合も。休憩を挟むなど無理のないように工夫してみましょう。迫力ある音が楽しめるのでアクション映画が好きな人にはおすすめです。

開放型

音の抜けがよく開放的な装着感

開放型はハウジング部分にメッシュなどが使われています。そのため、音が抜けやすく高音の伸びを感じやすい特徴があります。耳に当たるイヤーカップは軽量化されているものが多く、長時間の着用でも頭や耳が痛くなりにくい構造です。

密閉型に比べると音漏れしやすいため、時間帯や人の有無を気にするなど配慮が必要になります。しかし、スピーカーのような臨場感が味わえるのが開放型ヘッドホンの魅力です。ミュージカル映画などが好きな人に適していますよ。

映画鑑賞向けヘッドホンの選び方

接続方法で選ぶ

音と映像の遅延が起きにくく安定して楽しむなら有線タイプ

充電などの必要もなく、安定して再生されるのでストレスなく楽しめるのが有線タイプの特徴です。パソコンやテレビなどの再生機器とケーブルを直接つなげるため、主に自宅で映画を楽しみたい人や安定した環境で映画を見たい人におすすめですよ。鑑賞する位置と再生機器までの距離がある場合は可動範囲が限られてしまうのでケーブルの長さも余裕をもっておくと安心です。

場所にとらわれずに映画を楽しむなら無線タイプ

再生機器をケーブルに繋げなくても楽しめるのが無線タイプの特徴。自宅以外の場所や移動中でも映画を楽しみたい人やケーブルをわずらわしく感じる人におすすめです。無線タイプはケーブルに繋げなくても音を再生できますが、再生機器にBluetoothが搭載されていなければいけません。搭載されていない場合は、Bluetoothトランスミッターがあれば通信が可能になりますよ。安価なものは接続が不安定になり音と映像にズレやノイズが発生しやすいです。Bluetoothのバージョンの数字が高いものを選ぶことで回避できます。

機能で選ぶ

音に立体感を出すならサラウンド機能付き

サラウンドとは、映画館のように複数の方向から音を出すことで音に立体感や臨場感が出るようにした機能です。サラウンド機能の種類は5.1ch、7.1ch、9.1chのように表記され一般的には5.1chが多くなっています。数字が上がるほど機能が向上していきますが、まだ選べるほど製品の種類が少なく、価格も高めの傾向です。しかし、映画との相性がいいのも魅力のひとつ。臨場感や立体感を味わいたいなら選択肢に入れておきたい機能のひとつです。

より映画に没入するならノイズキャンセリング機能付き

ノイズキャンセリングとは、周囲の雑音を軽減してくれる機能です。雑音が減ることで音もクリアに聞こえるため、映画に集中することができますよ。電車などの移動中に映画を楽しむ機会が多い場合はノイズキャンセリング機能があると便利です。ノイズキャンセリング機能を使用すると消費電力が増えるため電源の消費が早くなります。充電の回数が増えてしまうためバッテリーの持続時間が長いヘッドホンを選ぶといいですよ。

2人で鑑賞するなら2台同時接続機能付き

複数人でヘッドホンを使って映画を楽しみたいときに便利な機能が同時接続機能です。同時接続機能が付いた同じメーカーのヘッドホンを準備する必要があるので購入時に確認しておきましょう。音量に注意しなければいけない時間帯でも、それぞれヘッドホンを装着して鑑賞できるのが便利なポイントです。人数が増えても迫力ある音質で楽しみたいと考えている人におすすめの機能です。

重さで選ぶ

映画を1本観る程度なら250g前後

一般的なヘッドホンの重さは250gから300g程度といわれています。ヘッドホンの重さはハイモデルになるほど増える傾向です。そのなかでも250g前後のヘッドホンであれば映画1本程度の時間なら負担が少なく鑑賞できる重さになります。頭や首の負担にならないよう、ヘッドバンドやイヤーパッドをきちんと調整して装着することでさらに快適になりますよ。

連続して観るなら200g前後

軽量タイプとされているヘッドホンの重さは200g前後となっています。一度に複数本の映画を鑑賞する場合は、頭や首への負担がかからない重さのヘッドホンを選びましょう。テレビでの鑑賞だけでなく、スマホやタブレットでの鑑賞する場合は外に持ち出して使うこともありますよね。200g前後であれば、首や肩への負担が軽減されるのはもちろん、持ち運びもしやすいです。

映画鑑賞向けヘッドホンのおすすめブランド・メーカー

SONY(ソニー)

エントリーからハイエンドまで豊富なラインナップ

最先端の性能を備えた製品を多く取り揃えているのがソニーの特徴です。シンプルなデザインで使う人を選びません。ヘッドホンというと黒というイメージがありますが、カラーバリエーションも豊富なところも魅力のひとつ。用途に応じて好みの商品が選べる楽しさがあります。

SENNHEISER(ゼンハイザー)

音質と装着感を兼ね備えたヘッドホン

ドイツの音響メーカーであるゼンハイザーは、開放型や密閉型、ワイヤレスとさまざまなモデル展開が豊富です。シンプルですが丈夫な設計で、生音の再現性が高いところが特徴。長時間着用しても疲れにくいよう軽量化されているため長時間ヘッドホンを使いたい人に適しています。

Audio-technica(オーディオテクニカ)

高音と低音のバランスがいい

広い音域でクリアな音が楽しめるオーディオテクニカのヘッドホン。カジュアル派からこだわり派まで幅広い人に対応してくれます。低音を主張しすぎない中高音域のバランスの良さときれいな高音が特徴。他のヘッドホンとは違うデザイン性もあるヘッドホンを探している人におすすめです。

JVCケンウッド(KENWOOD)

デザインとサウンドに高いこだわり

ハイエンドモデルから子供向けなどシリーズ展開が豊富なので、家族で映画を楽しむヘッドホンも見つかりますよ。高性能ながら、コストパフォーマンスも良いところが魅力。音質にこだわりつつも価格を抑えたヘッドホンを探している人におすすめです。

おすすめ&人気の映画鑑賞向けヘッドホンランキング

コストパフォーマンスの高さでおすすめの映画鑑賞向けヘッドホン

オーディオテクニカ-ATH-AVA300(3,940円)

高音質が楽しめる開放型ヘッドホン

ハウジング部分は蜂の巣のようなハニカム構造になっているので、音の抜けも良く自然に聞こえるのが特徴。また、専用設計された40mmドライバーを搭載しているので、音の開放感や伸びも感じられますよ。装着感にもこだわった映画向けヘッドホンを探している人におすすめです。

ヘッドバンド部分には頭の形に添うようにアジャスター付きのヘッドサポートが付いているので長時間の映画鑑賞でも快適です。また、肌触りのよい布製のイヤーパッドを採用しているため、耳への負担も軽減できる仕様になっています。ケーブルの長さも3mとたっぷりあるので、リビングでの映画鑑賞でも安心できますよ。

JVCケンウッド-HA-RZ710(4,870円)

臨場感あるサウンドが特徴

高音から低音まで解像度再生してくれるため繊細かつパワフルな音で楽しむことができるヘッドホンです。細かな振動を抑えることで音にゆがみが発生するのを防ぎ、透明感のあるクリアな音を再生してくれます。コスパを抑えながらもスペックが高い映画鑑賞用ヘッドホンを探している人におすすめです。

広い面積で頭を包み込んでくれるヘッドバンドは長時間の使用も安心。イヤーパッドもソフトレザーを使っているので肌ざわりも優しく快適な付け心地になっています。ケーブルは1.2mですが2.3mの延長コードが付属されているので、視聴環境にあわせて調節できますよ。

オーディオテクニカ-ATH-M20X(5,830円)

遮音性が高いモニターヘッドホン

モニターヘッドホンは主にレコーディングなどで使われますが、映画鑑賞用にも適したヘッドホンです。そのままの音を忠実に再現してくれるのが特徴のひとつ。そのため、どんな映画でも物語の世界に入り込むことができますよ。

密閉型なので遮音性があり長時間使用しても快適な作りになっています。耐久性に優れたイヤーパット素材を使用しているため長時間の使用も安心。映画のジャンルにこだわらず楽しみたい人におすすめのヘッドホンです。

パナソニック- RP-HX350(3,080円)

高音質な密閉型ヘッドホン

約195gと軽量に作られているので長時間の鑑賞も負担を軽減できるところがポイントです。耳の形に合わせた耳を包み込むようなフィット感のイヤーパッドを採用。圧迫感を減らしつつ密閉性を上げて音漏れを抑えてくれます。

高音質設計の36mmのドライバーを採用することで、どの音域もバランスよくパワフルに表現されるのが特徴です。最大11.1chのマルチサラウンドで映画を楽しむことができるのもポイント。臨場感あふれる音が体感できるので、映画のジャンルを選ばず使えますよ。

2人鑑賞でおすすめの映画鑑賞向けヘッドホン

オーディオテクニカ-ATH-DWL550(18,821円)

最大2台のヘッドホンを同時接続可能

電波干渉に強い2.4GHz帯のデジタルワイヤレスを採用しているため音や映像のズレが起きにくい仕様です。また、別の2.4GHz帯の機器との混信を避けるため、常に電波状況をチェックして最適なチャンネルを自動で探してくれます。安定した音で映画を楽しむことができますよ。

バーチャルサラウンド、ゲーム、クリアボイスと聞く音に合わせて3つのモードから選ぶことも可能。アクション映画にはバーチャルサラウンド、ヒューマンドラマなどにはクリアボイスなどと映画のジャンルに合わせて変えれば、より世界に入り込めます。どんなジャンルの映画も楽しめるヘッドホンを探している人におすすめです。

パナソニック- RP-WF70-K(20,200円)

最大4人まで同時に楽しめる

別売りの増設用ヘッドホンRP-WF70Hを揃えれば同時視聴が可能なヘッドホンです。7.1chサラウンドを搭載しているので立体感と臨場感にあふれた音を体感できますよ。迫力あるサウンドが特徴的で、さまざまなジャンルの映画が楽しめるヘッドホンです。

フリーアジャスター式のヘッドバンドは頭の形に合わせて装着可能。イヤーパッドは柔らかい素材なので耳の負担を減らしてくれるため長時間の使用も快適にしてくれます。本格的なサウンドで映画を体感したいと考えている人におすすめのヘッドホンです。

有線でおすすめの映画鑑賞向けヘッドホン

SONY-MDR-1AM2(29,430円)

長時間の使用も快適な装着感が魅力

迫力があり引き締まった低音とクリアで繊細な高音をバランスよく再生してくれるヘッドホンです。ハウジング部分には不要な振動を抑える素材を使い、クリアな音を表現しています。中高音域は艶のある音が特徴的なのでセリフや会話も豊かに聞こえますよ。

耳に触れる部分は伸びの良い合成皮帯で、内側は低反発ウレタンを使用した立体形成のイヤーパッドになっています。耳を包み込むような付け心地で気密性が高くなっているのが特徴です。蒸れにくい構造になっているので長時間の映画鑑賞も快適に過ごせますよ。

ゼンハイザー-HD599(24,937円)

長時間の使用も快適な開放型ヘッドホン

高音から低音までクリアでキレのある音質が特徴のヘッドホン。高音質で細かな音も逃さないため音楽映画や会話劇といったジャンルの映画鑑賞に適しています。空間の広がりを感じられる自然体の音が体感できるのが特徴です。

耳をすっぽりと覆うよう大きめにデザインされたイヤーパッドも特徴のひとつ。柔らかい素材を使用しているので耳あたりも良く圧迫感も軽減されます。細かい音も逃さず、装着感にもこだわりたい人に適したヘッドホンです。

オーディオテクニカ-ATH-AD900X(18,841円)

臨場感が味わえる開放型ヘッドホン

中高域の美しい表現と抜けの良いサウンドが特徴的で、映画も開放的で厚みのある音で楽しめます。起毛素材のイヤーパッドは耐久性と柔軟性もしっかりしているため、耳をしっかりと包み込んでくれますよ。アクションシーンの効果音や低音も臨場感たっぷりに聞こえます。

頭の形に添うように設計されたヘッドバンドは圧迫感を減らしてくれるので付け心地も快適です。ケーブルの長さも3mとしっかりあるのでテレビでの映画鑑賞にも適しています。アクションがメインの映画やミュージカル映画にも適したヘッドホンです。

SONY- MDR-Z1R(189,812円)

ソニー最高峰の技術を詰め込んだモデル

音楽の空気感を追求したMDR-Z1Rは、ミュージカルなどの音楽映画をこだわりの音で楽しみたい人におすすめです。密閉型ヘッドホンに起こりやすい共鳴を最小限まで排除するとこで、小さい音までしっかりと拾ってくれます。そのため、ミュージカルなど歌声を客席で聞いているかのような臨場感あふれる音が特徴ですよ。

ヘッドバンドは軽量で弾力性のあるチタン素材を採用し、頭に触れるバンドカバー部分は牛革を使用していて高級感があります。イヤーパッドは低反発ウレタンフォームを使用しているため肌当たりも快適です。自宅で本格的なサウンドで映画音楽を楽しみたい人に適したヘッドホンです。

無線タイプでおすすめの映画鑑賞向けヘッドホン

SONY- WH-1000XM3(31,960円)

高音質で映画を楽しめる

高音質音源のハイレゾを搭載し、ノイズキャンセリング機能も付いたヘッドホンです。そのため質の良い音で映画を楽しめますよ。映画を鑑賞する環境に合わせて外部の音を取り込める機能も付いているため場所を選ばず楽しめるのもポイントです。

本体は折り畳んでコンパクトにできるのでかばんに入れて持ち運べます。連続使用時間は最大30時間あるので映画も十分楽しめますよ。イヤーパッドは低反発のウレタンを使用しているので装着性も良いため長時間の鑑賞にもおすすめです。

JVCケンウッド- HA-S78BN(7,420円)

大容量バッテリーで長時間再生も可能

約165gと軽量でコンパクトに折り畳めるため、持ち運ぶことも可能なヘッドホンです。ノイズキャンセリング機能が搭載されているので、外部の音が気になる場所でも快適に映画を楽しめますよ。無線接続に加えて有線接続にも対応しているので、充電切れの場合も安心して使えます。

再生時に切り替え可能な3つのプリセットサウンドモードが搭載されているのもポイント。ノーマルモードのほかに、低音が際立つバスブーストモード、人の声を際立たせるクリアモードがあるので映画に合わせて設定できます。価格も比較的リーズナブルなので、無線のヘッドホンを試してみたい人にもおすすめです。

ゼンハイザー- HD-450BT(19,800円)

頑丈でスタイリッシュなデザイン

ゼンハイザー特有の、音や声質を損なわない自然な再現性が魅力のヘッドホンです。ダイナミックな低音が特徴的。いろいろなジャンルの映画も楽しめる一台です。2時間の充電で30時間連続使用できる急速充電機能も特徴のひとつ。旅行や移動中に映画を楽しみたい人におすすめです。

Bluetooth5.0と高いバージョンが搭載されているので遅延が起きにくく安定性がありますよ。ノイズキャンセリング機能もついているので映画に集中することができます。音質の良さだけではなく、装着感にもこだわった機能性が高いヘッドホンです。

映画鑑賞向けヘッドホンの使い方

2人で使うなら二股分配ケーブルやワイヤレスで対応できる

二股配分ケーブルはスマートフォンに使えるポータブルタイプとテレビに使用できるタイプがあるので、用途に合わせて準備しましょう。安価なものはノイズが発生したりイヤホンジャックの劣化が早くなったりと品質が落ちてしまいます。ある程度の価格帯のものを選ぶかノイズフィルターを使って対応すると安心ですよ。無線タイプのヘッドホンを使う場合は2台接続が可能なトランスミッターを準備すれば2人同時視聴が可能です。

ヘッドホンアンプを使えばより高音質で楽しめる

ヘッドホンアンプとは、音声信号を増幅させることで音質を高めてくれる機械です。音がクリアになることでぼんやりしていた部分がはっきりと聞こえるようになります。ヘッドホンで聞く音よりも、さらに低音に迫力が増したり高音の伸びが良くなったりなどの効果があります。据え置き型や持ち運べるポータブル型など種類も豊富にあるので用途に合わせたものが選べますよ。

まとめ

サラウンド機能付きの映画鑑賞向けヘッドホンがおすすめ

サラウンド機能が付いていればヘッドホンでも迫力ある音で映画を楽しむことができます。予算に応じてケーブルやアンプを追加してみるのもいいですね。音質がさらに良くなり映画の世界に入り込めます。ぜひ、ランキングを参考に映画を楽しむ環境に合ったお気に入りのヘッドホンを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*