白いフライパンのおすすめ人気比較ランキング!【焦げや汚れの落とし方も】 

毎日の料理に使うフライパンがおしゃれだったら嬉しいですよね。そんな時には、白いフライパンがおすすめです。今回は、白いフライパンのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。メリットやデメリット、サイズや仕上げなどの選び方も解説するので、お気に入りのフライパンを見つけて見栄えの良いキッチンを楽しんでみてくださいね。

白いフライパンとは?

セラミックコーティングが施された白色のフライパン

白いフライパンは、セラミック素材でコーティングがされているものがほとんどです。セラミックなどでできた薄い膜をフライパンの素材に張り付けて仕上げたものが、セラミックコーティング。傷が付きにくく、長持ちすることで人気があります。

白いフライパンのメリット

見た目がおしゃれで韓国風インテリアにもなる

白いフライパンの最大のメリットは、見栄えが良いことです。外側だけが白いものも中まで白いものもありますが、どちらも見た目がおしゃれなことが大きな魅力。キッチンに置いておくだけで、明るくトレンディーな韓国風インテリが叶えられます。

具材の変化がよく見えて調理がしやすい

単に見た目がかわいいだけでなく、調理がしやすいことも魅力のひとつ。特に中まで白いフライパンは、背景が白い絵の中で調理をしているように具材の変化がよく見えます。玉ねぎや人参がくったりしてきたなど細かな変化がよく分かるので、料理初心者にもおすすめです。

そのまま食卓に運んでも見栄えが良い

料理ができあがったらそのまま食卓に運べるのも魅力のひとつ。普通のフライパンとは違い、インスタ映えする食卓が叶えられますよ。お皿代わりに使えるので、洗い物が減るのもポイント。実用面でも手放せなくなるアイテムといえるでしょう。

白いフライパンのデメリット

熱がすぐに通るので食材がくっついて焦げやすい

セラミックコーティングのフライパンは熱の伝わり方が速くて調理が楽な反面、食材がくっついてすぐに焦げ付きやすいのがデメリットのひとつ。強火で使うとコーティングの持ちが悪くなることもあります。なるべく強火は避け、火を弱めて使いましょう。

黒よりも汚れや色移りが気になりやすい

白いので汚れが目立つことから、劣化しやすい印象を持つ方も多いです。また、カレーなどの色移りが黒よりも気になってしまう場合もあります。調理には影響は出ませんが、せっかくの白いフライパンは綺麗なままで使いたいもの。色の濃いものを作る時は白以外のフライパンを使うなど、使い分けるのもおすすめです。

白いフライパンの種類

アルミ製

熱伝導率が高く軽いので調理が楽にできる

アルミ製の白いフライパンの特徴は、素早く調理ができることです。熱伝導率の高いアルミで作られているので、すぐに熱が伝わりフライパンが温まるのを待つ時間が短縮できます。また、アルミは軽いので持つ手が疲れないこともメリット。チャーハンやパスタなど、手早く腕を動かす料理に向いています。

熱が伝わりやすい分、高温で調理すると焦げ付きやすいのがデメリットのひとつ。扱いが難しいので、料理に慣れている方に向いているタイプと言えます。水分を多めに入れて調理をするか火の強さを弱めて使うと、焦げ付きを予防することができますよ。

ステンレス製

丈夫で傷に強いので長く使える

ステンレス素材でできた白いフライパンは、耐久性の高いことが特徴です。丈夫で傷に強く、多少擦っても使用感が変わることはありません。また、錆びも付きにくいので、長く愛用したい方にぴったりのタイプと言えます。

優れた耐久性を持つ一方、ステンレス製は重いのが難点。腕を振って調理する炒め物などは、手が疲れてしまうことがあります。ただ、他の素材と違って汚れたまま放っておいても錆びることはありません。お手入れが簡単なものを探している方にはおすすめですよ。

白いフライパンの選び方

深さで選ぶ

肉や魚などをグリルしたいなら高さ5cm以内の浅型を

白いフライパンは焦げ付きやすいものが多く、強火の料理には向いていません。肉や魚などを弱火から中火でじっくりとグリルしたいなら、高さのないフライパンで十分。深さのあるフライパンだと、高くなった部分が邪魔になって肉や魚がひっくり返しにくくなります。高さが5cm以内の浅型なら、軽くて邪魔にならず扱いやすいですよ。

煮込み料理に使いたいなら高さ6cm以上の深型を

水分の多い料理を作る時には、高さがあるものが便利。高さが6cm以上ある深型なら、煮込み料理などを作ってもこぼれる心配はありません。高さがあるフライパンは、あふれることなくカレーやシチューなども作れるので、他の鍋を用意せずに白いフライパンだけで済ませたい場合にもおすすめ。調理器具が多いとごちゃごちゃしがちなキッチンを、白いフライパンのみで美しく飾ることができます。

ハンドルの素材で選ぶ

インテリアになじませてよりおしゃれにするなら木製

白いフライパンは、ハンドルにも注目して選ぶことが大切です。インテリアにしっくりとなじむおしゃれなフライパンを探しているなら、木製ハンドルがおすすめ。ホワイトと木のブラウンは相性が良く、明るくおしゃれな印象が演出できます。ナチュラルな素材の温もりがキッチン全体に広がり、温かみのあるインテリアが叶えられますよ。コンロに置いておくだけでもおしゃれですが、フックなどに掛けて置いておくと一層素敵な雰囲気を演出できます。

料理初心者向けでやけどしにくいものなら樹脂製

ハンドルが樹脂でできたものは、価格も安く熱が伝わりにくいのが特徴。料理に慣れていない方でも扱いやすく、やけどせずに使えます。また、軽いのでフライパンを振る動作や持ち運びも楽。家族が多くて大量に料理を作る方でも、手が疲れずに使えるでしょう。デザイン性はもちろん、実用性にも優れたものを探している方におすすめです。

長く愛用したいなら丈夫なステンレス製

ステンレス製のハンドルは錆びにくく、ゴシゴシ洗いにも耐えられる耐久性があります。丈夫な金属で欠けてしまうこともないので、長く愛用することができます。ステンレス製ハンドルは、丈夫なだけでなく見た目もおしゃれ。光沢のあるステンレス製ハンドルの白いフライパンは、キッチンにモダンな雰囲気を与えてくれますよ。熱が伝わりやすいので、ステンレス製ハンドルを選ぶなら鍋つかみを一緒に用意しておくと良いでしょう。

仕上げで選ぶ

汚れの落としやすさで選ぶなら焦げ付きにくいフッ素コーティング

仕上げによっても使い勝手が異なります。焦げが心配で汚れの落としやすいものが欲しいなら、フッ素コーティングがおすすめ。滑りの良いフッ素の膜でコーティングしてあることでフライパンの表面がつるつるになり、焦げ付きを予防できます。テフロンと呼ばれるものやダイヤモンドコーティングも焦げ付きにくいので、検討してみましょう。

耐久性で選ぶなら摩擦に強くサビにくいチタンコーティング

劣化せずに長く愛用できるものが欲しいなら、チタンコーティングがおすすめです。チタンコーティングは耐摩擦性に優れた仕上げで、汚れが付きにくく錆びにくいのが特徴。くっつきにくいだけでなく、安全性も高い素材なので食べ物を作るのにもってこいのコーティングです。食材が温まるまで時間がかかりますが、耐久性の高さは他に負けませんよ。

白いフライパンの口コミ・評判

料理が楽しくなる

好きなYouTuberさんがおすすめしていたので真似して購入したカインズホームの白いフライパン
持ち手がウッド調で、めちゃくちゃかわいい
別売りの蓋も購入しました
料理が楽しくなる!はず

焦げ付きにくくてお手入れも楽

白いフライパン、めちゃくちゃかわいい❤️
プロセスカットの撮影でも、食材やソースの色がわかりやすく、ツルツル(サーモロン・セラミックコーティング)で焦げ付かず、お手入れもラクです

白いフライパンのおすすめブランド・メーカー

ニトリ

IH対応のお求めやすいフライパンを展開

安くて使いやすいフライパンを多数展開しています。IH対応のものがほとんどで、実用性が高いのが魅力。手頃な価格で使い勝手の良いものを探している方には、ニトリのフライパンがおすすめです。

アイリスオーヤマ

ダイヤモンドコーティングの焦げにくいフライパンを販売

底にダイヤモンドのイラストが付いたダイヤモンドコーティングのフライパンは、メーカーのベストセラー商品。こびりつきにくく、取っ手が外せる使いやすいアイテムを販売しています。焦げ付きにくさ重視の方にぴったりのアイテムが揃っていますよ。

GREEN PAN(グリーンパン)

キッチンを明るくするウッド調デザインがおしゃれ

樹脂製ハンドルの見栄えの良いフライパンを販売する、ベルギーのメーカーです。有害物質を含まずに食材のくっつきを防ぐ技術を獲得。優れたデザイン性だけでなく、安全性にもこだわって選びたい方におすすめです。

ティファール

こびりつきにくさと耐久性の高さを両立

世界で初めてフッ素加工のフライパンを発明したメーカーです。耐久性が高く焦げ付きにくいフライパンを販売。取っ手の取れるシリーズが人気です。フライパンには温まると赤くなるお知らせマークが付いているで、料理が楽になりますよ。

ショップジャパン

くっつかないセラフィットが人気

食材がフライパンの表面でつるつる滑る人気商品、セラフィットを販売するメーカーです。セラフィットは、ダイヤモンドセラミックコーティングが焦げを防いで長持ちを実現。油を使わずにヘルシーな料理が作れますよ。

カインズ(現在取り扱いなし)

木目調ハンドルのおしゃれなモデルが人気

手頃な価格でセラミックコーティングのフライパンを販売するメーカーです。木目調の樹脂製ハンドルモデルがおしゃれ。軽くて丈夫なものを多く販売しています。価格の割に使いやすく、デザイン性も高いものが揃っていますよ。

おすすめ&人気の白いフライパンランキング

おしゃれでおすすめの白いフライパン

GREEN PAN(グリーンパン)-ウッドビー フライパン 20cm (6,050円)

ホワイトとウッド調ハンドルでインスタ映え

プレゼントとしてもおすすめのおしゃれなフライパンです。ウッド調の樹脂製ハンドルは、ホワイトカラーとの相性が良好。ダイヤモンド粒子入りのフライパンは、表面がキラキラして綺麗です。持ち手に穴が開いているので、壁掛けもしやすいですね。

内面のコーティングがリニューアルし、くっつきにくくなったのも魅力。ダイヤモンド粒子が配合され、耐久性や耐摩擦性がアップしました。卵焼きがするりと滑るおしゃれなフライパンを探している方におすすめです。

ニトリ-IH フライパン 28cm (1,990円)

お手頃価格のチタンコーティング

IHでもガスでも使えるフライパンです。素材は軽くて扱いやすいアルミを使用。仕上げはチタンコートなので、食材がこびりつきにくく調理がしやすいです。焦げ付きが少ないため、毎日の料理に使うのにぴったりのアイテムですね。

使いやすいだけでなく、見た目もおしゃれ。ウッド調の樹脂製ハンドルは、キッチンに明るい印象を与えます。低価格なので、いくつかまとめ買いしておくのもおすすめ。揃えて置いておくと、かわいいキッチンができあがりますよ。

ティファール-パリ カフェ フレンチパン 27cm (2,999円)

伝統的なパリ風デザインに一目惚れ

クレープを焼く用に作られた薄型のフライパンです。裏面は、パリの街とフランスの国旗をイメージした魅力的なデザイン。使わないときは、立て掛けて置いておきたくなる一品です。外側はエナメル加工がされているため、美しいイラストが長持ちしますよ。

内側はチタンコーティングがされており、こびりつきにくいのが特徴。さらに、薄型でひっくり返しやすく、調理がしやすい特徴もあります。クレープだけでなく、卵料理やステーキなどを焼くにも便利ですね。

焦げ付きにくいおすすめの白いフライパン

ショップジャパン-セラフィットライト 20cm フライパン (3,300円)

すべすべのコンパクトで使いやすい1品

直径20cmのコンパクトなフライパンです。ダイヤモンドコーティングで、表面がつるつる。卵焼きも黄身を崩さずにするりとお皿に取ることができます。白いフライパンは焦げ付きやすいというイメージを洗い流してくれるアイテムですね。

油をそれほど使わずに炒め物などができるので、ヘルシーな食生活を送りたい方におすすめ。小さめなので大量に調理はできませんが、1人暮らしで健康に気を配りたい場合にぴったりです。約0.5kgと軽く、洗い物も楽ですよ。

アイリスオーヤマ-ダイヤモンドコートパン IH 28cm (2,780円)

取っ手が外せて収納しやすい

ダイヤモンドコーティングのIH対応フライパンです。取っ手が外せるので、作った料理をそのまま食卓に出すことが可能。さらに取っ手が邪魔をしないので重ねてしまえて便利。使わない時の収納にも困りません。

底面が厚くなった構造は、熱による変形が少なく長持ちするのが特徴。側面は薄いので、軽くて扱いやすいですよ。滑りも良いので、フライパンをこまめに振るチャーハンなどの炒め物を頻繁に作る方におすすめです。

和平フレイズ-Tomaydolce(トゥーメイドルチェ) マルチパン (4,950円)

1台でオールマイティーな深型

料理の幅が広がる深型フライパンです。1台で煮たりゆでたり揚げたりと大活躍。鍋などをたくさん用意することなく、様々な料理に使用できます。さらに、フライパンのサイズにぴったり合う付属のざるを使うと湯切りも可能ですよ。

ブラウンのおしゃれな持ち手は、短めに作られているのがポイント。洗う時にもハンドルが邪魔にならず、狭いスペースでの収納も可能です。ごちゃごちゃとしたキッチンをすっきりさせたい方にぴったりのアイテムですね。

セット売りでおすすめの白いフライパン

アイリスオーヤマ-フライパン セット IH対応 12点セット (9,880円)

鍋や蓋も付いた万能セット

キッチンを白いフライパンで揃えられる食器12点セットです。調理面の耐摩擦性テストでは、50万回クリアした傷の付きにくいアイテム。ダイヤモンドコーティングで汚れが落ちやすいので、毎日の洗い物が楽になります。

食卓に映える白いフライパンは、取っ手を外してそのままテーブルに出すことが可能。片手で取り付けや取り外しができるハンドルが使いやすいですよ。収納もすっきりできるので、セットで揃えてみてはいかがでしょうか。

アイリスオーヤマ-IH ルオント フライパン なべ 10点セット (12,980円)

北欧風インテリアにしっくりなじむ

自然の風合いを生かした北欧風フライパンシリーズのセットです。シリーズ名のLUONT(ルオント)は、フィンランド語で自然という意味。取っ手などに使われたナチュラルなライトブラウンの天然木が美しく、キッチンに明るい印象を与えます。

こびりつきにくい仕上げで、耐摩擦性試験では70万回をクリア。フライパンは深さがあるので、煮込み料理にも使えます。かわいくて焦げ付きにくくいろいろな料理に使えるので、プレゼントにもおすすめです。

GREEN PAN(グリーンパン)-ウッドビー フライパン 20cm+26cm セット (11,000円)

環境にやさしいグリーンパンの2点セット

有毒ガスを発しないフライパンを作るメーカーのフライパン2点セットです。熱伝導率に優れた1台なので、熱が伝わりやすく均一に熱が広がり、おいしく調理ができます。少量の油でもするりとくっつかないので、洗うのも楽ですよ。

サイズ違いのフライパンがあれば、2つの炒め物を一度に作れたり作る量に合わせて選んだりできて便利。重ねて収納できるので、収納スペースにも困りません。セットで揃えることで、インテリアを美しく飾ることもできますね。

白いフライパンについた焦げや汚れのお手入れ方法

重曹とお湯を沸騰させて焦げ付きをはがす

白いフライパンは、どうしても焦げ付きが目立ちやすいもの。もし焦げや汚れが付いてしまったら、フライパンに水と重曹大さじ数杯を入れ、沸騰させます。そのまま中火で10分くらい沸騰させると、こびりついた焦げが落ちてきます。

メラミンスポンジで軽く擦って落とす

焦げがはがれてきたら、柔らかいメラミンスポンジで軽く擦って焦げや汚れを落としましょう。ここでタワシを使ってゴシゴシ洗ってしまうと、フライパンに傷が付いてしまうことがあります。スポンジでやさしく擦り洗いしましょう。

まとめ

焦げ付きにくい白いフライパンがおすすめ

白いフライパンを選ぶなら、焦げ付きにくいものがおすすめです。焦げにくいものなら、毎日料理をしても美しい白をキープでき、料理のしやすさも長続きします。今回は、おすすめの白いフライパンについて紹介しました。ぜひ欲しい1台を手に入れ、おしゃれなキッチンを作ってみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*