おすすめのカメララップ人気比較ランキング!モンベルも

旅行のときの必需品としてだけではなく日常使いに持ち歩く人も多いほど、今や人気の趣味となっているカメラ。四季折々の美しい情景や、動物、食べ物などの撮影を楽しめますよね。しかし、カメラの種類によって形状や大きさが違い、合うカメラバッグがないとお困りの方は多いのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのが、カメララップです。どんな大きさでもしっかりと包んで、大事なカメラを守ってくれますよ。今回はカメララップのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。使い方や選ぶ基準についても説明していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

カメララップとは?

一眼レフやミラーレスなど色々なカメラを包めるケース

どんな種類のカメラでも1枚で包み込み、傷や衝撃から守りながら持ち運びができるアイテムです。くるむように使うことからカメララップという名前がついています。通常のカメラバッグであれば、種類によって入らないものもあり、合うものを探すのに時間がかかりがちですよね。カメララップならサイズの心配がなく、どのカメラもしっかりと守ります。

カメララップのメリット

カメラだけでなくほかの機器も包むことができる

カメララップとして多く売られているのが、正方形のデザイン。そのためサイズが合えば、レンズやタブレットなども包んで持ち運ぶことができます。小傷から守りたい機器はたくさんあるのでうれしいですよね。1枚持っているだけでどんな形状にも対応するので、非常にコストパフォーマンスに優れています。

軽量でかさばらずバッグに入れて持ち運べる

1枚の布で作られているので、とても軽量。薄いのでかさばらず、お手持ちのバッグに入れて持ち運ぶことができます。また、使わないときは小さく折り畳めるので収納性も抜群。できるだけ身軽な方が、アングルに集中できて良い写真が撮れそうですよね。手荷物が入ったバッグひとつで出かけられるので、使い勝手の良いアイテムです。

カメララップのデメリット

カメラバッグに比べると安全面が弱い

クッション性のある生地で作られているものがほとんどですが、カメラバッグに比べると耐久性や大きな衝撃には弱く、安全面では劣ってしまいます。カメララップを使用するならば、カメラの取り扱いに注意が必要です。また、衝撃の吸収に優れた厚さ5mm以上のものも販売されているので、心配な方は厚手のカメララップを検討してみてください。

カメララップの使い方

カメラの全体をくるむように包んで留めるだけ

カメララップの内側を上にして広げ、中央にカメラを置きましょう。留めるゴムやマジックテープを、レンズと反対に置くのが好ましいです。まずはレンズを守るようにカメララップで包み、次は両サイドを中心に向けて折り返します。最後に余った布で全体をくるんで出来上がりです。とても簡単に包めますよね。レンズやタブレットを包むときも同じで、しっかりくるむことができますよ。

カメララップの選び方

素材で選ぶ

デザインにこだわりたいならスタイリッシュなレザー生地

ファッションの一部としてカメラを持ち歩きたいなら、高級感のあるレザー生地がおすすめです。大人な格好良い雰囲気を醸し出し、一気におしゃれに見えますよ。使い込むうちに味が出て、いつものカメラの時間がもっと特別なものだと思えることに間違いありません。しかし、レザーは雨に弱いといったデメリットも。種類にもよりますが、水分を放置するとシミになってしまうことが多いので、濡れた場合はすぐに拭き取りましょう。

屋外での撮影が多いなら撥水加工が施された生地

四季折々の情景や観光地の撮影などにカメラを使うことが多いなら、撥水加工がされている生地がおすすめです。屋外で写真を撮っていると、急な雨に見舞われてしまうことも。そんな悪天候でも撥水性のあるカメララップなら、水滴を弾きしっかりと大事なカメラを守ってくれますよ。海や川など、水辺で撮影する場合も思いっきり楽しめます。

生地の厚みで選ぶ

衝撃を最小限に抑えるならクッション性のある厚手の生地

万一の衝撃に備えたい方は、クッション性のある厚手の生地を選びましょう。大事にカメラを扱っていても、予期せずぶつけてしまったり、落下させてしまったりすることもあるかもしれません。そんなときでも厚手のカメララップなら安心感があります。カメラを肩にぶら下げる方や、人の多い場所で撮影をすることが多い方におすすめです。

薄手の生地は収納時にかさばらないので便利

お手持ちのバッグにカメラを入れて持ち運ぶことが多い方は、薄手のカメララップがおすすめです。しっかりと包まれているので手荷物と触れても小傷から守り、きれいなレンズを保てますよ。ただし衝撃には弱いので、あくまでも保護をする目的として考えましょう。撮影時はコンパクトに折り畳んで収納できるのでかさばらず、軽量なのですっきりとした快適さがあります。

カメララップのおすすめブランド・メーカー

mont‐bell(モンベル)

好みや性別に合わせて選べる豊富なカラー

アウトドア商品を中心に取り揃えているmont-bell。余計なものを省いた実用性のあるデザインと、豊富なカラーが魅力で、好みの色を選ぶことができます。撥水加工のある生地で、機能性も抜群。現在、公式オンラインショップのみ取り扱いがあります。

MOUTH(マウス)

デザインにこだわる人におすすめのカジュアルデザイン

ありそうでないモノを形にすることをテーマにしているMOUTH。小型カメラからPCまで、包みたいものに合うように揃えたサイズと、表裏の違うカラーでパッと目を引くような鮮やかさが魅力です。カジュアルなデザインなので性別を問わず、多くの方から愛されています。

VANGUARD(ヴァンガード)

洋服にも馴染むシンプルでおしゃれなデザイン

カメラ用品やアウトドア用品を多く取り扱っているVANGUARD。専門だからこその機能性と、使い心地に優れたカメララップが販売されており、シンプルなカラーとデザインはどんな服装にもマッチします。540mm四方のLサイズは、ほかのメーカーよりも大きめなので、望遠レンズのついたカメラやPCを持ち運びたい方に便利ですよ。

HAKUBA(ハクバ)

撥水生地と起毛生地が大切なカメラを守る

カメラケースやバッグ販売の最大手を誇るHAKUBA。しっかりと水滴を弾く外側と、本体やレンズをやさしく守る内側の生地で製造されており、傷や衝撃からカメラを守ってくれる安心感が魅力ですよ。また、ほかにも使いやすさにこだわった機能が散りばめられており、誰もが納得の人気ブランドです。

おすすめ&人気のカメララップランキング

撥水性加工付きでおすすめのカメララップ

HAKUBA-カメララップ KCW-SOR (1,190円)

スリムに収納できるコンパクトさとリーズナブルさが人気

ナイロン製の撥水加工のある生地で、雨や水滴からしっかりと守るカメララップ。内側の生地はマイクロフリースで柔らかく、レンズに当たっても心配ありません。290㎝四方のSサイズで、ミラーレスなどの小型カメラにぴったりの小さめなサイズ感です。2サイズあるので、お手持ちのカメラに合わせて選んでくださいね。

ゴム紐にはコードロックとクリップがついており、くるっと包んでゴムにクリップを留めて固定する仕様となっています。そのため、カメラ以外にも望遠レンズやストレージなど、どんな形状のものでも包むことができますよ。カメラ以外にも多様に使いたい方におすすめです。

MOUTH-Frex Multi Wrap MMW21087 (2,420円)

包んだカメラにしっかりとフィットする安心感が魅力

撥水性のあるポリエステル生地で外側からの水滴をしっかり弾きます。また、静電気の発生を抑える縫い糸を使用して作られているため、ホコリから守ってくれる点が魅力。いつカメラを取り出してもレンズがきれいな状態なのでシャッターチャンスを逃さず、素敵な写真が撮れることでしょう。

周囲のステッチ部分に形状を保持するワイヤーを使用。包んだカメラとの間に余計な隙間を作らないので中で動かず、より安心感のある構造となっています。また、特徴であるMOUTHのワッペンは取り外し可能なので、開け閉めの角を変えて目印としても使えますよ。使い勝手の良いカメララップをお探しの方におすすめです。

heis-撥水ラップクッション (1,418円)

驚きの実用性を持ち合わせた多機能カメララップ

アウトドア商品に特化しているブランドならではの、どんな環境にも対応するカメララップが特徴です。レインカバーにも使用されている素材で作られた丈夫な外側は、撥水性だけでなく透湿性もばっちり。内部の蒸れを放出するので、ダメージから機材を守る効果があります。

厚手の起毛素材で作られた内側の生地は、クッション性に加えて保温性も。寒冷地での機材の防寒にも役立ちます。5種類のカラーを取り揃えており、鮮やかな赤や青に柔らかなベージュなど、性別を問わず誰にでも合うシンプルなデザインもポイント。大事なカメラを守る実用的なカメララップを購入したい方におすすめです。

kenko-も~っと包 撥水ラップクッション (2,343円)

雨からも衝撃からも守る高機能さがうれしい

撥水加工だけでなく、クッション性も兼ね備えているカメララップ。撮影の合間にカメラを置きたいときには、折り畳めば柔らかい座布団のようになり、硬い地面から大事な機器を守れる点もうれしいポイントです。どんな場所でも快適にカメラ撮影をおこなうことができますね。

カラーは3種類。パキッとした色と光沢のある生地感で目を惹きますよ。内側の生地は、一角がクリーニングクロスになっているので素早く拭くことができます。撥水性とクッション性、どちらにも優れたカメララップをお求めの方におすすめです。

オリンパス-ラッピングクロス CS-35 (3,755円)

内側の生地でレンズの曇りや汚れをサッと拭ける

485mm四方の大きめサイズのカメララップ。アウトドア仕様で作られているため、外側のナイロン製の生地は撥水性が抜群。内側は全面クリーニングクロス生地なので、レンズを守るだけではなく拭き取ることもできますよ。別でクロスを持ち歩く必要がなく、1つで2役を担う便利なアイテムです。

重量は約77gで、とても軽量。薄いのでかさばらず、どんなバッグにもすっぽりと入りますよ。ただし、クッション性はなく衝撃には弱いので、肩掛けには気を使う必要があります。手荷物をできるだけ軽くして、カメラ撮影に出かけたい方におすすめです。

衝撃を抑える厚手のおすすめカメララップ

MOUTH-BIG Multi Wrap MMW16053 (1,760円)

色のバリエーションが豊富で選べる楽しさも味わえる

サイズは450mm四方で、13インチ以下の薄型PCまでなら無理なく包める大きさが特徴。また、MOUTHのカメララップは四隅すべてがマジックテープになっており、折り畳むだけでいいのでより簡単です。さまざまな形状に対応しているので、大事な機器を守ることができますよ。

表と裏のコントラストがおしゃれなカラーは全9種類。バリエーションが豊富なので、必ずお気に入りのものが見つかるでしょう。5mmの厚手な生地でしっかりと衝撃を吸収してくれますよ。機能性だけでなくおしゃれなカメララップをお探しの方におすすめです。

maximum-japanshop-多目的カメララップ (880円)

シンプルながらも耐衝撃性に優れた性能を発揮

どんなファッションや場所にも浮かない、シンプルなダークグレーが印象的なカメララップ。カメラレンズにぴったりのSサイズから、大きめのビデオカメラがすっきりと収まる4Lサイズまで豊富に取り揃えており、さまざまなニーズに対応しています。

マジックテープ式なので、パタッパタッと四隅を留めるだけでカメラを固定でき、誰でも簡単に持ち運ぶことができるのもうれしいポイント。耐水と耐衝撃性に優れた素材を使用しており、保護する性能に長けています。機能性の良いシンプルなカメララップを求めている方におすすめです。

VANGUARD-ALTA Wrap (1,200円)

カメラをしっかりと固定できる頑丈さがポイント

ゴムをレンズにひっかけるように留めるタイプ。きちんとカメラがホールドされているので、安心感が違いますよ。ミラーレスにおすすめなMサイズと、ミドル一眼レフや望遠レンズを包むのに最適なLサイズがあります。Lサイズは540mm四方で、ほかのメーカーに比べてより大きめなサイズ感です。

また、しっかりした厚手の生地で、衝撃吸収性にも優れています。シンプルなブラックとネイビーに加え、ストライプや特徴的なウェーブの柄もあり、好みに合わせて選べるのがうれしいですよね。カメラやアウトドア専門ならではの頑丈なカメララップを購入したい方におすすめです。

Canon-プロテクティングクロス PC-E1 (2,750円)

誰もが知っている有名メーカーで安心感を得られる

有名なカメラブランドから発売されているカメララップ。表地と裏地の間にスポンジ層が挟まっている構造で作られており、衝撃に強く丈夫なところが魅力です。また、表面はナイロン製で防水効果も期待できます。肩に掛けて撮影に出かけても安心感がありますよ。

全面黒い生地でシンプルですが、ゴムだけが赤色なので留めたときにパッと映えておしゃれです。Canonのロゴも入っているので、Canon製のカメラユーザーにはセットのような感じがしてたまりませんよね。有名メーカーの、名が知れた安心感で選びたい方におすすめです。

kenko-も~っと包 ラップクッション (1,382円)

丈夫でデザイン性にも優れた機能を持つカメララップ

kenko人気のカメララップのデニム素材バージョン。もともと人気のあったデニムをリニューアルし、使うほど手に馴染む質感になっています。まるで高品質なデニムのように、デザイン性にも耐久性にも優れた長持ちするカメララップです。

裏面の厚手なふわふわの起毛生地は、耐衝撃性も保温性も抜群。どんな場所や万一の衝撃からもしっかりとカメラを守ってくれますよ。丈夫さとおしゃれさをどちらも兼ね備えている、数少ないカメララップをお探しの方におすすめします。

ファッションにもおすすめのおしゃれなカメララップ

ファムベリー-カメララップ cab (3,190円)

ワンタッチで出し入れが楽々

まるでポシェットのような可愛らしいカメララップ。本体のホックをカメラに通して、ペタッとマジックテープで留めるだけで収納ができます。取り出す時はマジックテープを外すだけ。ホックが通してあるのでカメララップを畳んで収納する必要もなく、シャッターチャンスを逃さない手軽さが魅力です。

外側は撥水加工が施された生地なので、どんな天候でも安心。内側はスエード生地で、レンズを小傷から守ってくれますよ。また、カラーは3種類。シンプルな黒とグレーに加え、おしゃれな配色のマスタードは女性から人気があります。ほかとは一味違ったカメララップをお探しの方におすすめです。

mi81-Cotton Printed Wrap MW03 (1,980円)

コンパクトカメラを特別なものにするデザイン性の高さが魅力

小型ミラーレスやデジタルカメラなどにぴったりな小さめサイズ。横から落ちないように配慮した設計となっているので、コンパクトなカメラを動かないようにしっかりと固定でき、安定感抜群です。内部にポケットがついているのでメモリーカードやバッテリーを収納でき、カメラ関係のものをこのカメララップひとつで持ち運べるので便利ですよ。

カラーはギンガムチェックやデニム、千鳥柄の3種類。台湾から生まれた、良い意味で日本っぽくない圧倒的なデザイン性の高さが魅力です。ブランドのロゴが彫られたレザーのワンポイントがパッと引き締め、カメララップをよりおしゃれに魅せていますね。デザインにこだわりたい方におすすめです。

WINCLE-Stick It Wrapper (2,280円)

重ねるだけでくっつく新感覚カメララップ

特殊な繊維構造で、表地と裏地を重ねるだけでくっつく不思議なカメララップ。ゴムの伸びやマジックテープの寿命の心配がなく、これ一つで長持ちします。XSサイズからXLサイズまで幅広く取り揃えており、どんなものにも対応する柔軟さが特徴です。

カラーバリエーションは、ブラックやネイビーなどのシンプルな1色に加え、ドットや明細などの柄物も。性別を問わず、誰にでも合う豊富なデザインがうれしいですね。重ねるだけできれいに包める簡単さを、体験したい方におすすめのカメララップです。

ミーナ-カメラのくるみん (3,410円)

カメラ女子の心をくすぐる可愛らしいデザインが人気

ホワイトとライトグレーの柔らかい色味で作られたカメララップ。リボン付きのシュシュのようなゴムがおしゃれで、包んだときのコロンとしたフォルムがたまりません。使うたびに癒されること間違いなし。手荷物が入ったバッグからこのカメララップが出てくると、周囲の人の注目を浴びそうな可愛さです。

もちろん、良い面は見た目だけでなく機能性も。内側はマイクロセミスウェード生地で、大事なカメラを包むのも安心です。外側は中綿入りのふかふか生地なので、クッション性が抜群。耐衝撃性に優れており、ちょっとカメラを置きたいときにもしっかりとカメラを守ってくれますよ。とにかく可愛いカメララップをお探しの方におすすめです。

EtsHaim-レザーラップクロス (4,509円)

圧倒的な高級感のあるおしゃれさが魅力

牛革で作られた高級感のある見た目が特徴のカメララップ。なめらかな質感で手触りが良く、ワンランク上のカメラ時間を演出してくれますよ。レッドカラーの革紐には天然素材の綿を使用しており、ブラックの生地とのコントラストが美しく、とても映えます。ステッチの色もレッドで、細部までこだわった丁寧な作りがポイントです。

内側はスエード生地で、カメラを擦れから保護するしっかりとした機能面も魅力。また、サイズは小さめなので、小型ミラーレスやデジタルカメラにぴったりです。大人っぽい雰囲気のある上質なカメララップを購入したい方におすすめです。

カメララップの作り方を紹介

好みのカメララップを手作りするのもおすすめ

好みの柄がない場合やお値段が気になるといった方は、カメララップを手作りしてみてはいかがでしょうか。一般的なカメララップは1枚布なので、裁縫やミシン初心者の方でも比較的簡単に作ることができます。また、自分の気に入った色や柄、素材で作れるのも魅力ですよ。以下に作り方をご説明します。

カメララップの作り方手順 (48㎝四方のカメララップの場合)

50㎝四方の布を2枚、ループ用の太めの紐やかばんテープを10㎝、ゴムを用意します。
どんな生地でも作れますが、キルティングやフリース素材なら多少の衝撃にも安心ですよ。また、サイズを変えたい場合は、出来上がりサイズより一辺が2㎝大きい布を用意してください。

布を中表にして、ループ用の紐やテープを挟み、1㎝余白を残して縫います。中表とは、出来上がったときの表の生地同士を合わせる方法のこと。このとき、10㎝ほどは縫わずに残しておいてください。縫い終わったら、アイロンで余白を開いておくと、出来上がりがきれいになりますよ。

残した隙間から生地を表に返し、残りを縫います。出てきたループにゴムを通し、好きな長さに切って結べば出来上がりです。ゴムは伸びてきたら取替が可能なので長く使えますよ。世界に一つだけの特別なカメララップになりますね。簡単に作れるので、手作りしてみたい方はぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

撥水加工のある厚手の生地のカメララップがおすすめ

カメララップを購入するなら、急な雨に見舞われたときやどんな場所でも、カメラを水滴からしっかりと守ってくれる撥水加工のある生地がおすすめです。また、クッション性のある厚手の生地なら、より安全性が高くなり、万一の衝撃にも安心ですよ。用途やカメラの大きさに合わせて多数のカメララップが販売されており、高機能なものやデザイン性が高いものなど種類はさまざま。好みにぴったりのものが見つかるのではないでしょうか。今回はおすすめのカメララップをランキング形式でご紹介しました。ぜひ参考にして、素敵なカメラライフを楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*