おすすめのハンモックテント人気比較ランキング!【フラットタイプも】

昨今、キャンプの人気が高まっていますよね。中には、キャンプスタイルがマンネリ化している人や皆と同じキャンプスタイルは嫌な人もいるでしょう。そこでおすすめなのが、一味違ったキャンプを楽しめるハンモックテント。一般的なテントと異なり、ハンモックのように浮いている感覚を楽しめるテントです。いつものキャンプ時間に楽しさをプラスできますし、リラックスもしやすいですよ。今回はおすすめのハンモックテントをご紹介しましょう。併せて、ハンモックテントのメリットとデメリットについてもお話ししています。良い所と悪い所を理解して、上手に使いこなしてみてくださいね。

ハンモックテントとは?

ハンモックのような浮遊感を楽しめるテント

ハンモックテントは、その名前の通り、ハンモックとテントの良さを合わせたもの。ハンモックのように宙に浮いた状態で設営するテントです。浮遊感を楽しみながら、テントのように一晩過ごすことができます。童心に帰って、一味違ったキャンプが楽しめますよ。形はテントというよりもハンモックの要素が強め。コンパクトに収納しやすいものが多いので、荷物を少なくしたい人におすすめです。

ハンモックテントのメリット

地面のコンディションを気にせず使える

ハンモックテントの設営方法は、木に紐やフックを括りつけて固定するだけ。テントが宙に浮いている状態になるので、地面のコンディションを気にしなくて大丈夫です。地面が岩だらけのところや傾斜になっているところでも設置できますよ。地面が雨で濡れている時に気にしなくて良いのも嬉しいポイント。急に雨が降ってきて、地面のコンディションが変わった時にも、安心してテントで過ごせますよ。また、ハンモックテントは夏に使用するイメージかもしれませんが、防寒対策をすれば冬でも使えます。アンダーキルトやアンダーブランケットを取り付けることで、温かく過ごせますよ。

寝心地がよく椅子として使うこともできる

ハンモックテントは、ハンモックのように包み込まれている感覚でリラックスして寝られます。これは、身体が地面につかないので、テントの床部分が身体にフィットするから。一晩過ごしても身体が痛くなる心配が少ないですよ。キャンプでゆっくりと寛ぎたい人には嬉しいですよね。また、椅子として使うことも可能。横に寝転がるのではなく、ハンモックテントに対して垂直に座ることで、ハンモックテントの一番長い辺が背もたれになります。足が宙に出た状態でリラックスできますよ。椅子を別途用意する必要がないので、荷物を減らすことができて便利です。

景色を楽しみながら寛げる

ハンモックテントは、地面のコンディションを気にしなくて良いからこそ、好きなところに設置することができます。そのため、高い所にある木を選べば周りの景色を眺めながら過ごせますよ。通常のテントでは木々を見上げることしかできませんが、ハンモックテントなら景色を見下ろすことが可能。非日常感が味わえて、一味違ったキャンプ時間を楽しめます。

ハンモックテントのデメリット

キャンプ場によっては使用できない場所もある

非自立式のハンモックテントを設営する時には、木が支えになっていますよね。そのためテントの床面に座ると、木に負担が掛かり傷つく可能性があります。キャンプ場によっては、樹木を傷つける行為を禁止としており、ハンモックテントが使用できません。キャンプ場で使用したいなら、利用ルールを十分に確認しましょう。どうしてもハンモックテントが使いたいなら、スタンドを購入すると良いですね。もしくは、自立式のものを使うのも1つの手段。自立式は木がなくても使えるので、キャンプ場で使うにはぴったりですよ。

テントよりも狭く荷物をたくさん置けない

ハンモックテントは、座面が身体を包み込むようにアーチを描いているものがメジャー。そのため、記載サイズに比べて実際に設置すると横幅が狭くなります。また、1から2人用として販売されているものが多く、サイズが小さめ。一般的なテントよりもサイズが限られているのもデメリットです。荷物が多い人よりも身軽にキャンプを楽しみたい人に向いていますよ。ハンモックテントに荷物を置く時には、耐可重量もチェックしておくと安心。自分の体重と荷物の量を考慮して、耐えられるかどうか確認しましょう。

ハンモックテントの種類

自立式

木がない場所でも室内でも場所を問わず設置できる

スタンドを使って設営するハンモックです。非自立式とは異なり、設営に木を使わないので室内での使用が可能。また、平地であれば屋外でも使えます。主な用途は、一般的なハンモックと同じで、身体を預けてリラックスすること。日帰りキャンプで使いたい人におすすめですね。

スタンドが必要なので、持ち運びに不便な点がデメリット。そのため、常に同じ場所に設営しておきたい人や荷物の重さが気にならない人におすすめですね。スタンドは別売りの場合もあるので、購入する際にセットになっているか確認しましょう。

非自立式

スタンド不要で軽いので設営が簡単

通常のハンモックとは異なり、スタンドを必要としません。スタンドがない分、テントに比べて軽量です。丸めたり、畳んだりして小さくまとめられるので、持ち運びしやすいです。荷物が多い人やソロキャンプをしたい人におすすめですよ。設営方法は、紐やストラップを木に括りつけるだけで簡単。テントのように組み立てる必要がないので、不器用な人でも安心ですね。

非自立式は使用する木の本数によって、一点式から三点式に分けられます。一点式は、木からぶら下げるタイプのハンモックテント。非自立式の中では、最も揺れ感を楽しめます。木を二本使う二点式は、メジャーなタイプで種類が豊富です。三点式は、三本の木を使って支えるハンモックテント。他の非自立式のものと比べて大きいサイズが多いので、広々と使いたい人におすすめですよ。3種類の中から、自分の理想とするキャンプスタイルに合ったものを選んでくださいね。

ハンモックテントの選び方

素材で選ぶ

肌触り良く快適に過ごすならコットン製

コットンは柔らかい素材で、肌触りが良い点が特徴。寝転がると包み込まれているような感覚が味わえるので、リラックスしたい人におすすめです。また、吸湿性と吸水性に優れているので、汗をかく夏でも快適に過ごせますよ。さらに、保温性もあるので、昼と夜で気温の変化が激しい山などでも温かく過ごせます。しかし、カビに弱いのがデメリット。使用後は良く乾かしてから保管してカビを防ぎましょう。

荷物を軽くして持ち運びやすくするならパラシュートシルク製

パラシュートシルクは、ラシエスタが開発したパラシュート向けの素材。軽量性とコンパクトさを持ち合わせていて、荷物が多い人にぴったりです。パラシュートシルクの軽量性は、ナイロントリロバールという薄い繊維を使うことで実現しています。生地が薄いので、ハンモックテントを丸めた時に、ペットボトル程度の大きさまでコンパクトになりますよ。リュックの隙間に忍び込ませることもできて便利です。

耐久性を重視するならハマクテック製

ハマクテックは、ラシエスタ社がハンモック用に開発した化学繊維。速乾性や耐水性に優れていて、雨の中でも安心して使えます。紫外線にも強いので、長時間外に出しておいても劣化しにくいですよ。夏場でも日差しを気にせずに使えるのは嬉しいですね。耐久性に優れているので、頻繁にキャンプをしたい人や天候が不安定な山で使いたい人にもぴったりです。また、コットンのような触り心地も特徴の1つ。寝心地を重視したい人にもおすすめですよ。

機能で選ぶ

好きな体勢でベッドのように寝るならフラットタイプ

ハンモックテントは床面がアーチになっていて、包み込まれるような寝心地もメリット。しかし、その分寝返りが出来ず、寝辛いのではないかと不安に思う人もいるでしょう。それなら、フラットタイプがおすすめです。テントの床面が平らで広々としているので、好きな体勢で寝やすいです。寝返りも打ちやすいので、同じ体勢で寝て身体が凝る心配が少ないですよ。また、腰が沈み込むことがないので、腰痛が気になる人にもおすすめですね。

虫対策をするなら蚊帳付き

蚊帳付きのハンモックテントは、虫対策にぴったり。特に、テント全体を覆えるものなら隙間からの侵入も防げます。虫がたくさん発生する夏場にぴったりの機能ですよ。夜間に虫を気にせずに気持ち良く寝られるので、ハンモックテントの良さを存分に味わえるでしょう。蚊帳は取り外せるタイプもあります。椅子として使う時には取り外したいなど、シーンに合わせて使い分けが出来て便利ですよ。

雨など天候の急転に対応するなら防水タープ付き

キャンプは野外でするからこそ、急な雨が心配ですよね。防水タープ付きのハンモックテントなら、天候を気にせずに使えます。特に天候が急転しやすい山中でキャンプをする機会が多いひとにおすすめです。耐水圧は1,500mmが目安。1,500mmであれば、強い雨でもテント内に雨が染みださずに耐えられますよ。防水タープがセットになっていなくても、別売の場合もあります。ハンモックテント探しをする時に、合わせてチェックしてみてくださいね。

シーンに合わせて使い分けるならテントにもなるものを

ハンモックテントの中には、テントとして設営できる2way仕様のものもあります。地面のコンディションや気分に合わせて使い分けられるので、使い勝手が良いですよ。ハンモックテントが禁止になっているキャンプ場でも使えるので、事前にキャンプ場のルールを調べる手間も省けます。しかし、2way仕様の場合はフレームやポールが付いているケースもあります。一般的なハンモックテントよりも持ち運びが不便になるので、気にならない人におすすめですね。

ハンモックテントのおすすめブランド・メーカー

Haven Tent(ヘブンテント)

完全フルフラットで過ごしやすいテント

米国発のアウトドアブランドであるHaven Tentは、世界で初めてフラット仕様のハンモックテントを販売したブランド。人間工学に基づいて設計されており、身体に優しいハンモックンテントが特徴的。床面が平らになっているので、横になった時に身体が沈み込みません。腰痛になる心配がなく、快適な朝を迎えられますよ。寝心地を重視したい人やキャンプ2日目にアクティブに動きたい人にぴったり。

KAMMOK(カモック)

テントとハンモックの両方を楽しめる

2010年に設立されたアメリカ発のKAMMOKは、ワンランク上のキャンプスタイルを実現できるアウトドアブランド。ハンモック用品を主に販売していて、テントとハンモックの両方に切り替え可能な2wayのハンモックテントを取り扱っています。シーンに合わせて使い分けられて便利ですよ。使い勝手の良さを重視したい人におすすめです。

DDハンモック

価格と機能のバランスが取れていてコスパが良い

世界各国を旅して歩いた経験を生かして作られたのがDDハンモックです。軽量でコスパに優れたハンモックを展開しています。ハンモック自体の重さは1kg前後のものが多く、持ち運びやすい軽さ。蚊帳付きのものや通気性の良いものがあり、機能性にも優れています。価格の相場は約2万円で、安い物は約1万3千円からあります。コスパが良いので、初めてハンモックテントを購入する人におすすめ。

HENNESSY HAMMOCK(ヘネシーハンモック)

特許を取得した寝心地の良いハンモックテント

カナダのインテリアデザイナーが自身の経験を元に開発したハンモックテントです。アメリカやカナダで特許を獲得しており、寝心地の良さが特徴。左右非対称の形になっているため、身体を真っ直ぐにして寝られます。腰が折れ曲がらず快適に寝られますよ。また、蚊帳とフライシートが付いているので、雨や虫などによる不快感が少ないです。テント泊で快適な眠りを手に入れたい人におすすめですね。

Cacoon(カクーン)

三角形の可愛いフォルムがおしゃれ

Cacoonからは、三角形が特徴の、デザイン性が高いハンモックテントが販売されています。まるで秘密基地のようなデザインで、おしゃれ。一点式のみのラインナップで、揺れ感を楽しめるテントですよ。室内でも天井から吊り下げて使えるので、兼用で使いたい人におすすめ。

おすすめ&人気のハンモックテントランキング

ソロキャンプでおすすめのハンモックテント

HENNESSY HAMMOCK-Expedition Zip Hennessy Hammock (27,800円)

コンパクトで機能的なのでハンモックテントデビューにぴったり

メッシュの蚊帳とフライシートが付属しているので、別途購入する必要がなく購入後すぐに使えます。虫と紫外線の両方から守ってくれるので、ハンモックテント内で快適に過ごすことが可能。機能的で手軽に買い揃えられるので、ハンモックテントデビューにおすすめです。

折りたたんで付属の収納袋に入れると、約30cmまでコンパクトになります。重さも約1kgなので、負担が少なく持ち運びやすいですね。荷物が少なくしたいソロキャンパーはもちろん、ファミリーキャンプまで使えますよ。

Night Cat-防止ハンモック (13,108円)

多機能で使うシーンを選ばない

軽量で持ち運びに便利なハンモックテントです。収納バッグが付いていて、中に入れれば長さ43cmに収まります。コンパクトになるので、荷物の多さが気になる人にぴったり。重さも1.8kgと2Lペットボトル程度で、持ち運びやすいですよ。

3wayで使い分けられるのもポイント。ハンモックテントとしてだけでなく、テントやハンモックとしても使えます。ソロキャンプだけでなく、家族でキャンプをしたい時など用途に合わせて使い分けられますよ。地面のコンディションも気にしなくて良いのは嬉しいですね。

KAMMOK-サンダ2.0 (76,780円)

シーンに合わせて使い分けられる2wayの全天候型テント

ハンモックにも自立式テントにもなる、2way仕様のハンモックテント。場所や地面のコンディションなどを気にせずに使えるので、便利です。ハンモックの場合はソロキャンプ向きですが、テントとして使う時には2人まで入れます。キャンプ内容によっても使い分けられますよ。

蚊帳とレインフライという防水タープが付いていて、全天候型なのもポイント。天気に左右されずに使えるので、急転しやすい山岳でキャンプをしたい人にぴったりです。虫の入り込みも防げるので、夏場でも快適にキャンプができますよ。

KAMMOK-マンティス ウルトラライト (43,779円)

全天候対応型のコンパクトなハンモックテント

天気を気にせずに使える機能を備えたハンモックテントです。レインフライという防水タープが付いているので、急に雨が降ってきた時でも安心してテント内で過ごせます。日差しにも耐えられるので、夏場にも使えるので便利。蚊帳付きなので、虫も気にせずに快適に過ごせるテントです。年間を通してキャンプに行く機会が多い人におすすめですね。

持ち運びのしやすさも魅力的。付属の収納袋に入れると、全長25cmまでコンパクトになります。重さも1kg以下なので、荷物が多くても負担になりません。荷物を少なくしたい人やソロキャンプにぴったりですね。

DDハンモック-スーパーライト DDフロントラインハンモック (10,780円)

通気性があり夏キャンプにぴったり

通気性の高い生地に蚊帳が付いたダブルレイヤーデザインになっており、快適な寝心地が得られます。風を通しながら、虫被害を防止してくれるので、安心して寛げますよ。夏にキャンプをしたい人におすすめですね。

ジッパー付きの蚊帳部分は機能的で、使い勝手が良いです。ジッパーを開け閉めすることで、スムーズに出入りができます。不要な時には、蚊帳をテントの下部に入れ込むこともでき、開放的に使うことも可能。景色を楽しみたい時や寝る時など、シーンに合わせて使い分けられるのは嬉しいポイントですね。

OTraki-ハンモック (5,671円)

使い勝手が良い高コスパのハンモックテント

2人まで乗れる大型サイズのハンモックテントです。縦が270cm、幅が140cmと大きいので、ソロキャンプなら広々と使えるサイズ感です。荷物が多くてテントが狭くなるのが心配という人におすすめですね。重さが200kgまで対応しているので、荷物をたくさん乗せても安心。また、2人でも使えるので、カップルや友達とキャンプをする機会がある人にもぴったりですね。

シーンに合わせて使いやすい機能も充実。蚊帳とUV加工の日除けが付いていて、夏場でも快適に使えます。特に蚊帳は開け閉めを自由にできるので、時間によって使い分けが可能。昼は全開にして外の景色を楽しみ、夜は閉めて虫対策をしながらゆっくりと休めますよ。

フラットタイプでおすすめのハンモックテント

Haven Tent-Haven Tent (44,982円)

快適な寝心地の良さを追求

キャンプでも快適な寝心地をサポートしてくれるフルフラットタイプのハンモックンテント。人間工学に基づいた設計で、身体への負担が少なく、好きな体勢で寝られます。床面に敷くエアマットレスが身体を包み込んでくれるので、疲れにくく次の日もアクティブに過ごせますよ。

スタンドなしにも関わらず、木がなくても設営できるのも嬉しいポイント。トレッキングポールや枝を使うことで、地面に置いて設営できます。近くに手頃な木が見当たらない時など、シーンに合わせて使い分けられて便利ですね。荷物が少なくなるので、登山やソロキャンプにおすすめ。

ローソンハンモック-ブルー・リッジキャンピングハンモック (34,860円)

米海軍も使用する安心感と収納力のあるテント

独自のフラット構造により、快適な寝心地を実現しているハンモックテント。強力なスプレッダーバーやアーチポールシステムなどを組み合わせることで、平らな床面になっています。寝転がった時に腰が丸まらないので、身体が痛くならず、翌朝には爽快な目覚めを得られますよ。

収納力の高さも魅力的。ハンモックテントの内部には、収納ポケットが3つとリングホルダーが2つ付いています。寝ている時に必要なものを入れておけば、わざわざリュックの中に荷物を取りに行く必要がありません。手間が減るので、ゆっくりとテント内で過ごせます。

Surprise-ハンモックテント (7,980円)

低価格で手軽に買える

低価格なフラットタイプの蚊帳付きハンモックテントです。より快適に寝るには、別途マットレスなどを買う必要がありますが、購入した場合でも10,000円程度で揃えられます。フラットタイプのハンモックテントがほしいけれど、価格を安く抑えたいという人におすすめ。

機能性も充実しており、耐水圧は4,000mm。急に雨が降ってきても、安心してテント内で過ごせます。夏場のスコールにも対応できますね。オールシーズン使えるので、頻繁にキャンプに行く人にぴったり。

自立式でおすすめのハンモックテント

Cacoon-Cacoon オレフィン シングル (47,300円)

夏場でも快適に使えるおしゃれなテント

三角形の可愛いフォルムが魅力的な一点式ハンモックテント。秘密基地のように囲われた空間で、特別感を味わいながらキャンプを楽しめます。揺れ感が楽しめるので、リラックスしたい時や昼寝をしたい時にぴったり。子どもの遊びスペースにもなるので、子連れキャンプにもおすすめですね。別売りの専用スタンドを一緒に使えば、自立式テントとしても使えますよ。

オレフィン生地を使用しているのもポイント。オレフィンは、日差しに強い素材で日焼けしにくく耐久性に優れています。撥水性もあるので、急な雨でも安心ですよ。スコールや紫外線が心配な夏場でも、気にせずにキャンプを楽しめますね。

ビブレ-ハンモック (16,830円)

広々サイズのコットン製ハンモックで寝心地が良い

スタンド付きの自立式ハンモックです。持ち手付きの収納袋が付いているので、持ち運びがしやすいのがポイント。ハンモック本体とスタンドを入れて、肩から掛けて簡単に運べます。キャンプ場でハンモックを使いたい人におすすめですね。

ハンモック本体の特徴は、寝心地の良さ。寝返りが出来るほどの広々としたサイズ感で、身体が痛くなる心配がありません。またコットン素材を使用しているので、身体が包み込まれるような感覚も味わえて、気持ち良く寝られますよ。ハンモックでリラックスしながら休憩したい人にぴったりです。

AJIA-ゆらふわモック ノーマルタイプ (7,480円)

種類豊富で自分好みのハンモックに

スタンドが調整可能なので、好みの寝心地や揺られ具合のハンモックにできます。ネットの張り具合や傾き具合を変えられるので、自分の楽な姿勢を見つけてリラックスできますよ。使う人に合わせて調整できるのも嬉しいですね。

カラーバリエーションが豊富なのも嬉しいポイント。スタンドは4色から、ネットは9種類から選べます。手持ちのキャンプ用品や自宅のインテリアの色と合わせられますよ。統一感を持たせたい人やコーディネートにこだわる人にぴったり。

まとめ

フラットタイプのハンモックテントがおすすめ

ハンモックテントを探しているなら、フラットタイプのものがおすすめ。フラットタイプのハンモックは、浮遊感を楽しみながら、快適な寝心地を手に入れられます。他のハンモックテントに比べて、身体が痛くなりにくく、リラックスして過ごせますよ。合わせて、蚊帳や防水タープが付いているか確認するのがおすすめ。虫や雨などの不快なものが減るので、更に快適に過ごせますよ。今回は、おすすめのハンモックテントを紹介しました。是非、ハンモックテントを手に入れて、楽しいキャンプ時間を過ごして下さいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*