おすすめの加重ブランケット人気比較ランキング!【夏用も】

何かとストレスがたまりやすい毎日。緊張感や不安が原因で、睡眠の質が低下していませんか?睡眠は、心身の疲労を回復する上で非常に大切なものです。だからこそ、睡眠の質を左右する寝具にはこだわりたいですよね。そこで近年話題となっているのが、加重ブランケット。心地よい抱擁感が得られると好評の重い毛布です。そこで今回は、おすすめの加重ブランケットをランキング形式でご紹介します。注意事項や実際の効果について、口コミを交えて詳しく解説しますので、あなたの睡眠に味方する加重ブランケットを吟味してみてくださいね。

加重ブランケットとは

適度な重みを持たせて体に圧力をかけるブランケット

加重ブランケットは、体に適度な圧力をかける重い毛布です。不安を軽減し、睡眠の質を向上させる効果があります。その仕組は「Deep Pressure Stimulation」(深層圧力刺激療法)と呼ばれており、体表圧力を高めることによって幸せホルモンの「セロトニン」の分泌を促すほか、ストレス物質の「コルチゾール」を減少させる効果があります。不眠症、認知症、ADHD、ASD、SPDなどを抱えている人などにおすすめの寝具です。「ウェイトブランケット」「重力ブランケット」「加重布団」「重い布団」「重い毛布」など、呼び方は様々です。

加重ブランケットのメリット

適度な圧力による抱擁感が安眠につながる

抱きしめられているような圧力が体にかかると、睡眠の質が向上することが実証されています。マイアミ大学の研究では、人は体に圧力がかかった状態において、幸せホルモンの「セロトニン」が28%増加し、ストレスホルモンの「コルチゾール」は31%減少することが明らかになりました。「セロトニン」は、精神の安定や安心感をもたらすだけでなく、睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」の分泌を促す重要なホルモンです。加重ブランケットによる圧迫感は、日頃のストレスを緩和し、質の高い睡眠をもたらしてくれるのです。

保温性が高いため寒い時期には最適

加重ブランケットは、一般的な毛布よりも分厚く、保温性に優れています。というのも、重みを持たせるための細かいガラスビーズが入っており、これらがこぼれないための中綿が入っているからです。多層的な加重ブランケットを使えば、寒い冬もヒーター無しで快適に過ごせますよ。

加重ブランケットのデメリット

ほとんどの加重ブランケットは洗濯機で丸洗いできない

加重ブランケットは、非常に繊細で重い毛布です。中に小さなガラスビーズが入っており、洗濯機で無理に洗濯してしまうと、水を含んだ重みによって破損する可能性もあります。どうしても汚れや臭いが気になる場合は、自宅での部分洗い(つまみ洗いやたたき洗い)、あるいはクリーニング店でのスポットクリーニングをおすすめします。

厚みがあるため暑い時期には向いていない

ガラスビーズによって重みをもたせる多重ブランケットは、その仕組み上、生地が何重にも重なっています。そのため、ほとんどの加重ブランケットは保温性に優れており、暑い日に使用すると寝苦しさを覚えます。もし夏に加重ブランケットを使用したいのであれば、夏向けに販売されている加重ブランケットを購入することをおすすめします。夏におすすめの加重ブランケットは、後のランキングにて紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

加重ブランケットをおすすめできない人

12歳未満の子ども

体の成長に悪影響を及ぼす可能性や窒息の危険性あり

体が未発達の子どもにとって、大人用の加重ブランケットは大変危険です。体の成長に悪影響を及ぼすだけでなく、使い方を誤れば窒息してしまう危険性もあります。単独での仕様はもちろん、一緒に利用することも避けましょう。

使用したい場合は子ども用の加重ブランケットを用意して

自閉症やADHDなど、発達障害がある子どもの不安減少および安眠効果が明らかになっている加重ブランケット。そのため欧米では、子ども向けの加重ブランケットが数多く展開されています。日本でもAmazonや楽天などで購入できますよ。

お年寄りなど体の弱い人

体を思うように動かせないと重さに耐えきれない

お年寄りや体の弱い人は、加重ブランケットの使用をおすすめできません。一般的なブランケットの約3倍の重さで身動きが取れず、健康状態が悪化する恐れがあります。特に、一人で寝起きすることが難しい人は、絶対に使用しないでください。

妊婦

体調の悪化や胎児への悪影響の危険性あり

妊娠中の人は、体に圧力をかける加重ブランケットの使用を避けましょう。体をきつく締め付ける服と同じく、体調悪化や胎児への悪影響を招く可能性があります。体に負担の少ない軽めのブランケットの使用がおすすめです。

呼吸器疾患や循環器疾患のある人

体にかかる圧力が過度な負担になりかねない

呼吸器系や循環器系などの疾患がある人にとって、加重ブランケットの圧力は大きな負担になりかねません。息苦しさにつながり、持病が悪化する危険性があります。加重ブランケットの使用を考えている場合は、必ず専門医に相談しましょう。

加重ブランケットの選び方

布団のサイズに応じて選ぶ

使用している掛布団と同じか少し大きめのサイズ

一般的な掛布団のサイズは、シングルであれば150cm×210cm、セミダブルであれば170cm×210cm、ダブルであれば190cm×210cmです。これらに対応するサイズの加重ブランケットを選べば、普段使いの寝具に無理なく馴染みますよ。また、お持ちの掛布団が小さく感じるのであれば、少し大きめの加重ブランケットをおすすめします。そうすることで、加重ブランケットの抱擁感を十分に感じることができますよ。

一枚の布団を2人以上で使用している場合は複数枚使いもおすすめ

加重ブランケットの最大の魅力は、快眠をもたらしてくれる抱擁感。だからこそ、ブランケットの取り合いは避けたいところです。夫婦や親子で一枚の布団を使用している場合は、人数分の加重ブランケットを用意することもおすすめです。

自分の体型に応じて選ぶ

体重の10%ぐらいの重さが適切

加重ブランケットは、軽すぎると圧力が十分に感じられず、不安軽減や不眠解消の効果が実感できません。また、重すぎると体に過度な負荷がかかり、かえって睡眠の質を低下させてしまいます。そのため、適切な重量の加重ブランケットを選ぶ必要があります。その重量とは、自分の体重の10%前後の重さです。体重50kgの人は約5kg、60kgの人は約6kgというように、自分の体重に合った加重ブランケットを選びましょう。

背の高い人や体の大きな人は大きめのサイズ

加重ブランケットにおけるいずれの効果を体感する上でも、体をすっぽりと包める程度のサイズであることは大変重要です。不眠解消や不安減少の効果を体感するには抱擁感が大切ですし、保温効果を実感する上でも肩からつま先までしっかりと覆う必要があります。自分の体型に合った加重ブランケットを選ぶことで、心地良い抱擁感を手に入れましょう。

冬に適した保温性の高い素材で選ぶ

ぬくもりを感じるならやわらかい肌触りのボア素材

ボア素材とは、羊の毛のようなボリューム感のある素材で、ふわふわとした肌触りが特徴です。カールした毛が密集し、暖気が留まりやすくなっています。アウターやぬいぐるみなどで大活躍のボア素材は、ぬくもりを感じられる加重ブランケットとも相性抜群。

汗をかきやすい人にはなめらかな触り心地のマイクロファイバー

マイクロファイバーとは、髪の毛の100分の1以下の細さを誇る素材で、なめらかな触り心地が特徴です。極細の繊維が密集し、暖気が留まりやすくなっています。吸湿性や速乾性にも優れているから、汗をかきやすい人にもおすすめ。

夏に適した涼しげな素材で選ぶ

寝返りを打つなら体温を吸収する冷感素材

冷感素材は、肌に触れた部分がひんやり冷たく感じる素材です。熱伝導率や吸湿性が高く、肌から生地へと熱が瞬間的に移動する仕組みになっています。触れなおすたびに体の熱を逃してくれるので、寝返りを打つことが多い人には特におすすめ。

アレルギー体質や敏感肌の人には通気性の高い竹素材

竹素材は、天然素材で優れた通気性を誇る素材です。生命力に優れた竹を原料としており、エコロジー素材としても注目されています。抗菌力も高く、静電気もほとんど発生しない天然素材だから、アレルギーや敏感肌で悩む人には特におすすめ。

洗濯のしやすさで選ぶ

臭いや汚れが気になる方は取外し可能なカバー付き

表面の汚れや臭いを落としたい人は、専用カバーが付属した加重ブランケットがおすすめです。カバーを丸洗いすることで、気になる臭いや汚れを軽減することができますよ。加重ブランケット本体を覆うカバーは、肌に直接触れるもの。メーカーやブランドによって素材や形、色合いが異なるので、自分に合った一枚を探しましょう。

清潔さを保つためには丸洗い可能なタイプ

ごくわずかですが、中には丸洗い可能な加重ブランケットもあります。丸洗い可能な加重ブランケットであれば、カビや細菌を除去し、清潔に長く使うことができます。花粉・ダニ・ハウスダストなどのアレルギーのお持ちの方には非常におすすめです。

加重ブランケットの口コミ・評判

睡眠障害による悪夢を見ないでぐっすり眠れた

睡眠障害で毎日悪夢を見る、発達障害+うつの私が使ってみるとどうなるか試してみました。久々にぐっすり眠れて夢すら見ませんでした。首まで布団をかけて包まれるのが心地よかったです。これから寝るのが趣味になりそう…。

ほんのり圧迫感に安心する

7キロの加重ブランケット、1週間くらい使ったけど結構良いかも…。ほんのり圧迫感に安心するのわかる。よく寝られる。

数日間試しても効果が実感できない

安心して眠れるという記事を読んで買った「重さ7kgの加重ブランケット」、買って数日間試しているけどまだ効果がわからない。そして重い…笑

鼻腔か気道あたりに閉塞感を覚えて寝づらい

昨晩これで寝てみたのだけど、1時間毎に起きた。頻繁に鼻腔か気道あたりが閉塞してる模様。これ7kgあって包まれ感が良いのだけど、寝返りが打ちづらくなって仰向けに寝てる頻度が高くなったのが原因だと思う。

加重ブランケットのおすすめブランド・メーカー

モダンデコ

静電気防止加工や抗菌防臭加工が施された親切設計

デザイン性と機能性を兼ね備えたモダンインテリアを多数展開するモダンデコ。そんなモダンデコが運営する家電ブランド「アンドデコ」からは、静電気防止加工および抗菌防臭加工が施された加重ブランケットが販売されています。木目調のインテリアに馴染みやすい優しくておしゃれな色合いを多く取り揃えているため、加重ブランケットの見た目から癒やされたい人におすすめです。

メリーライフ

ブランケット専門メーカーの「おもい」が込められた逸品が揃う

日本やアメリカ、ヨーロッパを中心にグローバルな事業を展開してきたMR.BLUEのブランド「メリーライフ」。自社工場で生産する加重ブランケットは、キルティングの美麗さや二重縫製など細部へのこだわりが光ります。カラーと重量いずれも豊富に展開されているので、お好みの一枚が見つかること間違いなし。

ハグラビ

リバーシブル素材で一年中使える上に丸洗いも可能

リバーシブル素材で丸洗いもできるハグラビの加重ブランケット。暑い日は冷感素材の夏面、寒い日はマイクロファイバーの冬面というように、一年を通して使用できます。その分蓄積する臭いや汚れは、丸洗いで落とすことが可能。一枚を長く清潔に使いたい人におすすめです。

ニトリ

お手入れのしやすさと毛布のズレにくさを両立させた「ひもなしカバー」がポイント

ニトリといえば、家具・インテリア用品を販売する住まいのトータルコーディネーター。2019年秋に発売した「重い毛布」は、日本での加重ブランケットブームを巻き起こしました。繊維メーカーの最大手テイジンとの共同開発で進化した「重い毛布」には、毛布に結ぶひもがなくてもずれない「ひもなしカバー」が付属。お手頃価格ながら、ひもを結ぶ煩わしさとカバーがずれるもどかしさから解放される、「お、ねだん以上。」な加重ブランケットです。

西川(現在取り扱いなし)

日本を代表する寝具メーカーだから毛布の品揃えが豊富

室町時代は1566年に創業し、今年で456年目の西川。合繊わたの洋布団によって「寝具革命」を起こした寝具のリーディングカンパニーです。加重ブランケットこそありませんが、睡眠科学の研究に力を入れてきた西川ならではの毛布が数多く展開されています。中には一般的な毛布(0.8~2.0kg)よりも重い二枚合わせ毛布もありますよ。「加重ブランケットに興味はあるけれど、圧迫感は苦手かも」という人におすすめです。

無印良品(現在取り扱いなし)

人気の「あたたかファイバームレにくい厚手毛布」をはじめ高品質な毛布が複数展開

衣服・生活雑貨・食品まで、シンプルかつ高品質な日常品を幅広く取り揃えている無印良品。一方で、加重ブランケットは現在まで発売されていません。とはいえ、吸放湿性の高い天然由来のリヨセルを編み込んだ「あたたかファイバームレにくい厚手毛布」など、睡眠の質を上げてくれる毛布が複数展開されています。

おすすめ&人気の加重ブランケットランキング

安眠効果で評判のおすすめ加重ブランケット

モダンデコ-加重ブランケット (6,999円)

フランネルマイクロファイバーが優れた保湿性を発揮

快適な睡眠を徹底的に追求した設計が特徴。中心にある小さなガラスビーズによって、抱擁感を演出しています。このガラスビーズを包み込むのが、ポリエステル素材の中綿です。ガラスビーズの偏りを防ぐと同時に、つぶつぶとした感触を消してくれます。表面の素材にはフランネルマイクロファイバーを使用しているので、保湿性が高く肌触りもなめらか。重さ、暖かさ、肌触りの三拍子が揃った加重ブランケットです。

この加重ブランケットには、抗菌防臭加工と静電気防止加工が施されています。さらに、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒドを使用していません。使用上のストレスや安全面にも配慮しているから、より安心して使用できます。

Gutnap-ホッと安眠分散重力ブランケット (20,900円)

体の部位によって重さを変える独自の「分散加重」設計

独自の「分散加重」設計によって、体にかかる圧力が調整されている珍しいタイプ。肩に5%、腰に45%・脚に35%・足元に15%の重量がかかるようになっています。ロゴによって判別できる上下を逆にすれば、重量の分配を変えることもできる優れもの。肩や足元への負担が気になる人は必見です。

付属の専用カバーは、片面ずつ異なる素材を使用。一方は通気性が高くなめらかな竹素材、もう一方は保温性が高くやわらかいベルベットポリエステルになっています。気温や気分によって様々な重量感や触り心地を楽しみたい人におすすめ。

メリーライフ-ウェイトブランケット (4,990円)

重量とサイズ展開が豊富だから自分にぴったりの一枚が見つかる

重量が3パターンも用意されている加重ブランケット。4.5kg、5.4kg、6.8kgから選ぶことができます。セット購入も可能な専用カバーは、さらさらな質感の「なめらかカバー」と、ドット状のエンボス加工が施された「デコボコカバー」という2種類展開。重さも質感も自分の思い通りに選ぶことができます。

加重ブランケット本体と同時購入の専用カバーは、カラーバリエーションも豊富。本体はワインレッド、ブルー、グレーの3色展開。「なめらかカバー」はグレーとワインレッド、「デコボコカバー」はグレーとネイビーと、それぞれ2色展開になっています。本体と各カバーは、いずれも重厚感ある深めの色味が特徴。リッチな気分が味わえる加重ブランケットです。

夏におすすめの加重ブランケット

メリーライフ-冷感ウェイトブランケット (5,990円)

接触冷感生地で寝苦しい夜もひんやり気持ちいい

触って涼しい接触冷感素材を使用した、夏限定の加重ブランケット。生地に触れると体の熱が生地に移動するため、ひんやりと冷たく感じます。肌が離れると放熱するので、肌に触れるたびに涼しくなります。寝返りを打ちやすい人には特におすすめです。

重量とサイズは2種類用意されているので、自分の体型や好みに応じて選ぶことができます。色も、ブルーとグレーの2色展開。どちらも夏らしい爽やかな色味です。重量とサイズ、色の組み合わせは計4パターンあるから、自分に合った夏用加重ブランケットが見つかります。

リシェスナイン-竹素材 ウェイトブランケット (14,300円)

通気性抜群の竹素材だから暑い日でも寝苦しくない

表地に通気性と吸湿性が高い竹素材を100%使用している一枚。暑くて寝苦しい夜でも、さらさらと涼しく快適に過ごせます。竹素材には特有の抗菌・防臭効果もあるため、汗をかきやすくて臭いが気になる人にもおすすめ。

付属の専用カバーは、ベビーブランケットに多いソフトミンキー仕様。なめらかな肌触りが心地良いだけでなく、ドット状のエンボス加工が安心感を与えてくれます。ブランケットとカバーはひもで固定もできるから、寝返りが多くカバーがよれやすい人でもストレスフリーです。

冬におすすめの加重ブランケット

メリーライフ-裏ボア ウェイトブランケット (5,990円)

表生地のマイクロファイバーと裏生地のシープボアで寒い夜もぐっすり

表生地にはマイクロファイバーを使用。細密な繊維のなめらかな肌心地を味わえます。また、肌に触れる裏生地にはシープボアを使用。カールした毛のふんわりとした肌心地を味わえます。いずれの素材も保温性に優れており、朝まで毛布内の暖かさが持続します。

色・サイズ・重量の展開が豊富な点も、このシリーズの強みです。無地のカーキ、ネイビー、グレーは、いずれも落ち着いた色合いが特徴。チェック柄のブルーチェックとレッドチェックは、冬にぴったりの暖かい色味です。デザインにもこだわりたい方は必見です。

fondan-プレミアムマイクロファイバー加重ブランケットS (5,480円)

シルク繊維よりも細かくて滑らかな超極細繊維が身体にフィットする

表地には、なめらかな感触のプレミアムマイクロファイバーを使用。一般的なマイクロファイバーより高密度に極細繊維が詰まっているため、体から発した暖気を逃さずキープしてくれます。静電気防止加工も施されているため、静電気の煩わしさも大幅に軽減。冬場の寒さとストレスに強い一枚です。

エコテックス®スタンダード100を取得しており、人と地球環境に配慮した安全な繊維製品として認められています。人の粘膜を刺激する化学物質ホルムアルデヒドの基準値もクリアしているので、シックハウス症候群の心配もなし。安全面に配慮したい人におすすめです。

ハグラビ-ハグラビLite ボア布団カバーセットモデル (8,980円)

付属しているボア素材のシーツが保温効果を高める

ボア素材を使用した専用カバーが付属したタイプ。カール状の毛が密集しているから、体から発した暖気が留まり、一晩中暖かさがキープされます。ふわふわな感触によって、加重ブランケットの抱擁感と相乗効果を発揮するボア素材。6.8kgという重さも相まって、寒い冬を暖かく過ごせる一枚です。

カバーは、自宅の洗濯機で丸洗いすることができます。定期的に洗濯すれば、秋から春にかけて清潔に使うことができますよ。冬でも汗をかきやすい人や、洗剤で臭いや汚れを取り除きたい人におすすめ。

お手入れのしやすさでおすすめの加重ブランケット

ハグラビ-ウェイトブランケット (14,800円)

自宅の洗濯機で丸洗い可能な加重ブランケット

自宅の洗濯機で丸洗いすることができる加重ブランケットです。冷感素材を内側にして畳み入れること、単独洗いすること、乾燥機は使用しないこと、陰干しすること。いくつか注意事項はありますが、手軽に清潔さを保つことができて非常に便利です。

カバーは付属していませんが、表面はリバーシブルになっています。寒い日は保温性の高いマイクロファイバー素材を、暑い日は触るとひんやり涼しい冷感素材を使用すれば、どんな気温でも快適な睡眠時間を過ごすことができます。加重ブランケットをオールシーズン使用したい人におすすめ。

WEIGTON-加重布団 シングル (4,980円)

お持ちの布団カバーに入れて使える

一般的なシングルサイズの掛布団(150cm×210cm)と同じサイズなので、市販の布団カバーに対応しています。お好みの布団カバーを使用することで、生地の傷みや汚れを防ぐことができますよ。加重ブランケット本体は丸洗いできませんが、布団カバーを定期的に洗濯すれば臭いや汚れを軽減できます。シングルサイズの掛布団を使っている人やカバーの色や素材にこだわりがある人におすすめ。

表地は肌に優しいコットンを100%使用。通気性・吸湿性・保温性ともにに優れており、夏はさらさら、冬はぬくぬくと一年中快適に使うこともできます。お手入れをしやすくするためにも布団カバーとの併用を推奨しますが、本体のみで使いたい人にも配慮された加重ブランケットです。

まとめ

自分の体型とこだわりにあった加重ブランケットがおすすめ

加重ブランケットを選ぶ上で一番大切なのは、自分の体型とこだわりを知ることです。自分の体重と体格に応じて、適切な重量やサイズの加重ブランケットを選択しましょう。軽すぎると効果を実感できず、重すぎると体に大きな負担をかけてしまいます。体重の10%前後の重量を選んでくださいね。自分の体質に合った加重ブランケットを選ぶことも重要です。汗をかきやすい人には吸湿性と速乾性の高いマイクロファイバー、アレルギー体質や敏感肌の人には通気性と抗菌力に優れた竹素材などがおすすめです。夏でも加重ブランケットの抱擁感を味わいたいならば、冷感素材の加重ブランケットや、オールシーズン対応のリバーシブルタイプを選びましょう。自分に合ったお手入れができる加重ブランケット選びも大切です。カバー付きの加重ブランケットを選べば、気になる臭いや汚れを軽減することができますよ。今回は加重ブランケットの効果や選び方について、おすすめの加重ブランケットを紹介しながらお話しました。自分にぴったりの加重ブランケットを手に入れて、朝までぐっすりと眠りましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*