BenQのモニターのおすすめ人気比較ランキング!【4Kや24インチも】 

ゲーミングモニターが欲しいけれど何を選べばいいのか分からない、という方も多いのではないでしょうか。そんな方にお勧めしたいのがBenQ(ベンキュー)のモニターです。BenQのモニターはeスポーツでも使用されていて、プロゲーマーに広く知られるゲーミングモニターです。今回はおすすめのBenQのモニターをランキング形式でご紹介いたします。BenQモニターのシリーズや選び方についてもご説明していますので、ぜひ参考にして自分に合ったモニターを見つけてみてくださいね。

BenQのモニターの特徴

高機能で高画質なのにリーズナブル

BenQのモニターは全体的に価格が安く、様々な機能が備わっています。アイケア機能にこだわっていて、ちらつきを防止するフリッカーフリーやブルーライト軽減機能がついています。そのため、長時間の作業でも疲れにくいのが特徴。決められた予算の中で、作業環境に適したモニターを購入することができますよ。

ゲーム向けやビジネス向けなど用途が豊富

BenQモニターは多様な用途で使用できます。色精度が高く、リアルな色表現ができるので、デザイン制作や写真編集にも適しています。eスポーツデバイスの開発を専門とするブランド「ZOWIE」と共同開発したゲーミングモニターも有名です。プライベートで使用するものから、プロゲーマーやデザイン制作などで使用できるものまでありますので、自分にあったモニターを見つけることができるでしょう。

BenQ モニターのシリーズ

EWシリーズ

HDRiテクノロジーと高音質スピーカーによる没入型モニター

HDRiはBenQ独自のHDRテクノロジー。内蔵のセンサーが周囲光レベルを検出し、輝度を自動的に調節します。そのため、環境が変わっても細部まで明暗のグラデーションを維持できます。ゲームや映画鑑賞を常に最適な環境で楽しむことができますよ。

スペースやコストの関係で、優れた音質で知られるモニターはあまりありません。ですがEWシリーズのモニターは内蔵した2.1チャンネルスピーカーでリアルなサウンドをお届けします。サウンドモードもシネマやトークなどその場に適したモードから選択することができます。映画の世界に入り込むような体験ができるモニターですよ。

PDシリーズ

色精度と解像度の優れたアイケア機能搭載のデザイナー向けモニター

PDシリーズの魅力は、色精度と解像度の高さを活かした4つのディスプレイモードです。暗室モードは明るさとコントラストを調整し、暗い環境でも鮮明に画面を映し出します。M-bookモードはMacBookの画質に調和した色を再現します。また、アニメーションモードは明るすぎず暗すぎない設定に、CAD/CAMモードはテクニカルなイラストレーションに含まれる線や輪郭をはっきりと表現できますよ。

他にも、1つの画面に2つのカラーモードデザインを並べて表示することができるDualViewや、よく使用する設定に素早く変更ができるOCDコントローラーなどもついています。もちろんアイケア機能も搭載。デザイナーの方向けのモニターだといえるでしょう。

SWシリーズ

臨場感の溢れるリアルな色表現が魅力の写真編集向けモニター

SWシリーズはこだわり抜いた色精度の高い映像が特徴です。BenQ独自の技術を採用した「AQCOLOR」は、画面のすみずみまでムラを無くし、正確な色再現ができます。肉眼で見たような臨場感が溢れる色表現が魅力ですよ。

GamutDuoは2つの色域で映像を表示し精密度を高めることができ、モノクロモードは3段階の白黒フィルム効果を使い、レビュー効率を高めることができます。またUSB Type-Cを使っているので、データの高速伝送と同時に充電をすることができます。リアルな色彩を求める写真編集向けモニターといえますね。

XLシリーズ

高いリフレッシュレートを備えたFPSゲームに最適なゲーミングモニター

XLシリーズは、eスポーツでも使用されるゲーミングモニターです。高いリフレッシュレートで、FPSなどの動きが激しいゲームにも問題なく使用することができますよ。世界中の多くのトーナメントで使用されることから、プロプレーヤーにも愛用されています。

XLシリーズはリフレッシュレートの高さだけではなく、DyAc™(Dynamic Accuracy)やDyAc+™(Dynamic Accuracy+)と呼ばれる、ゲーム中の激しい画面の揺れを軽減する機能を搭載。画面のブレを気にすることなくゲームをすることができます。ゲーマー向けのモニターといえるでしょう。

XL-Kシリーズ

プロからアマチュアまでゲームを楽しめる最新技術を搭載

XL-Kシリーズは、アマチュアの方はもちろんですがプロの方まで楽しむことができる、最新の技術が搭載されています。まずXLシリーズとの違いは、XL-Kシリーズの方がベーススタンドがコンパクトなところです。プレイスペースが広がることでより快適にゲームをすることができますね。

快適な姿勢でゲームをプレイすることができるように、指1本でスタンドの高さを調整することができます。ゲーム面での強みは、互換性があるものには限りますが、BenQ ZOWIE独自のソフトウェアを活用することでゲームモードを共有できることです。プロが独自に設定しているゲームモードを体験することで、新たな発見が得られるかもしれませんね。より快適にゲームをしたい方向けのゲーミングモニターです。

BLシリーズ

使用者に合わせた使い方ができるオフィス業務に最適なビジネスモニター

BLシリーズは、仕事環境に合ったカスタマイズができるためオフィス業務に適しています。モニターの高さや上下、左右の角度などを調節することが可能です。そのため、使用者にぴったりな環境で作業することができますよ。

また、ブルーライト軽減やBenQ独自のアイケア技術で、長時間の使用でも目が疲れにくくなっています。ビジネス使用に便利なノイズキャンセリングマイクが内蔵されているモデルもありますよ。在宅ワークにもうってつけですね。

GWシリーズ

目に優しいアイケア技術を搭載したシリーズ

GWシリーズの特徴は、BenQ独自のアイケア技術を搭載しているところです。BenQのアイケア技術にはブライトネスインテリジェンス(B.I.)が使われています。周囲の明るさと色温度を検知し、自動で輝度調整を行なってくれます。環境に合った明るさで作業をすることができるため、眼精疲労の軽減にもつながりますよ。

また、GWシリーズは接続性に優れていて、HDMIやUSB Type-Cなどのポートがついています。職場で使用する際には、高さ調節などができる機能もついていますので便利ですね。仕事で使用される方や自宅学習などで使用される方に向いているシリーズです。

BenQ モニターの選び方

ディスプレイサイズで選ぶ

フルHD程度の解像度なら24インチ

解像度がフルHDなら24インチのモニターがおすすめです。24インチは新聞紙1ページの縦幅よりも少し小さいサイズで、ざっくりと全体を把握することができるサイズです。そのため、素早い反応が必要になるFPSなどのゲームや、1つの画面に集中して行う作業に向いているでしょう。ゲームをするのなら、解像度が高くても良いかもしれませんが、ゲーム自体が高解像度に対応していないこともあります。ビジネスで使用するのなら、解像度が高すぎると文字の表示が小さくなってしまうこともあるので、フルHDを選ぶことをおすすめします。

WQHD程度の画質なら27インチ

24インチでは物足りない方には、27インチのモニターをおすすめします。27インチは24インチより対角の長さが約7.5センチ大きいサイズです。27インチでフルHDだと映像を見たときにピクセルの粗さが目に付くので、WQHDを選ぶ方が画質を滑らかに映すことができます。文字に関しては、4Kでも使えないことはないのですが、24インチのときと同様に小さく見えてしまうので、WQHDをチョイスすると良いでしょう。

4K程度の画質なら37インチ

4Kモニターの魅力はなんといっても画質の綺麗さです。一人暮らしで使用する一般的なテレビのサイズが24〜32インチですので、37インチはそれよりも大きいサイズになります。4Kだと大きい画面でも滑らかさが損なわれず、美しい映像を表示することができます。高い解像度で映像を見ることで、映画などを鑑賞するときには眼前いっぱいに映る画面をリアルに感じることができますよ。また、画面スペースの広さを活かし、マルチタスクで仕事をする人にも向いています。

リフレッシュレートで選ぶ

リフレッシュレートとは一秒間に画面を書き換える回数を表す

一般的なモニターのリフレッシュレートは60Hzです。1秒間に表示される画面が多いほど、映像がなめらかに見えます。パラパラ漫画のページ数が多ければ多いほど違和感がなくなるように、1秒間に表示される画面が多いほど画面のちらつきを感じず、目の疲れも軽減することができます。表示される画面が多くなると、次の行動が表示される画面が少ないモニターより、ほんの僅かでも早く確認できるように。FPSゲームなどでは反応速度が変わり、有利になりますよ。

それほど動きが激しくないゲームなら144Hz以上

PCでゲームをするのなら、リフレッシュレートが144Hz以上のゲーミングモニターをおすすめします。プレイヤースキルが同じでもリフレッシュレートが違うと勝率に差が出ます。通常のモニターだと0.1秒以下の違いで映し出される先まで、画面の切り替えが多いことで見ることができますよ。240Hzを買うよりも出費が抑えられるので、ゲーミングモニターを試してみたい人は144Hzのものから始めてみると良いでしょう。

FPSなどの動きの激しいゲームなら240Hz以上

さらにゲームの腕をあげたいのであれば、リフレッシュレートが240Hzのモニターをおすすめします。当然ですが、144Hzよりもなめらかに画面が表示されます。144Hzより表示される画面が増えるので、FPSだと照準が合わせやすくなったり、敵に気づくことが早くなったりして他のプレイヤーに差をつけることができますよ。

BenQ モニターの口コミ・評判

用途に合わせて置き方が選べる

最近はapexしかやってない。
メインモニター MSI Optix MPG321UR-QD
サブモニター縦置き BenQ EW3280U

内蔵スピーカーの音質がいい

私のPCモニターはBENQのEW3280Uって32インチの4Kモニターなんだけど、このモニターで一番気に入ってるのは2.1ch内蔵スピーカーの音質が良いこと。
本気で聴くときはヘッドホンで聴くので、スピーカーは程々の音質で嵩張らないのが一番なのです。
ともかくケーブルがごちゃごちゃするのが嫌いなので。

おすすめ&人気のBenQ モニターランキング

リモコン付きでおすすめのBenQのモニター

BenQ-EW3280U(88,600円)

BenQの独自技術がふんだんに使われた4Kモニター

BenQの独自機能「HDRiテクノロジー」が使用された32インチで解像度が4Kのモニターです。HDRiテクノロジーとは、視聴環境にあった輝度調節を自動で行なってくれる機能。通常時、ゲームをしているとき、映画を見ているときなど環境にあった設定が、専用のリモコンで簡単にすることができますよ。

音質は内蔵2.1チャンネルスピーカーで画面の中の世界観に没入する感覚を味わうことができます。内蔵2.1チャンネルスピーカーは、響くような低音とクリアな高音のどちらも再現することができます。そのため、リアルで迫力のある音を楽しみたい方に向いていますね。

BenQ-EX2780Q(54,800円)

綺麗な画質や迫力のある音声で楽しめるゲーミングモニター

144Hzの高リフレッシュレートを備えたゲーミングモニターです。HDRi技術を使用した綺麗な画質でゲームの世界観に引き込まれます。ブレの少ない画面でハイスピードのレーシングゲームやシューティングゲームを楽しむことができますよ。

また、リモコンや5キーナビゲーターなどを使用して自分好みの設定に変えることができます。リモコンは部屋の中のどこからでもコントロールができて、5キーナビゲーターは全設定にアクセスすることができるワンストップナビゲーターです。ゲームとPC画面の切り替えなどをよく行う人には便利な機能ですね。

BenQ-ZOWIE XL2546K (58,320円)

リモコンを使ってOSDの直感的操作が可能なゲーミングモニター

アイカバーのついた高性能なゲーミングモニターです。リフレッシュレートが240Hzあり、高さ調節や角度調節を簡単に行うことができるため、自分にあった環境で快適にゲームをすることができますよ。大きさも24.5インチと大きすぎず、画面全体を見ることができます。

OSD機能を手元にあるS.Switchで行えることも魅力です。モニター自体についたボタンを触って操作するよりも、リモコン型のS.Switchで操作をする方が直感的に操作が分かりやすいですよね。eスポーツに興味がある人からプロゲーマーまで色々な方におすすめできるゲーミングモニターです。

BenQ-EX2710R (66,600円)

包み込むようなサウンドでゲームに集中ができる湾曲モニター

色表現や高音質なサウンドにこだわった湾曲ゲーミングモニターです。HDMIケーブルとDisplayPortケーブルの2本が付属されていて、PCとゲームに接続することができます。リモコンにより、PCとゲームの画面切り替えが簡単にできるので便利ですよ。

特徴である湾曲したモニターは、画面と一定距離を取ることができるので、目が疲れにくい仕様になっています。また、光の影響を受けにくく、包み込むようなサウンドでゲームに集中することができます。ゲームを長時間することで、目に対する刺激を気にしている方におすすめしたいモニターです。

4KでおすすめのBenQのモニター

BenQ-EL2870U (37,800円)

クリアな画質で目に優しい4Kモニター

鮮明な4Kの映像が魅力のゲーミングモニターです。周囲の明るさや色温度を内蔵のセンサーで感知し、状況にあった明るさに画面を自動で設定してくれます。自動設定をしてくれることで疲れにくい環境でゲームやパソコン仕事などの作業をすることができますよ。

モニター正面の下部にBI+モードに切り替えられるボタンがついています。BI+モードに切り替えるボタンを押すことで、自動調整ができるようになります。またフリッカーフリーやブルーライト軽減の機能も備わっているため、長時間画面を見続けても快適に過ごすことができますよ。

BenQ-PD2700U(66,480円)

AQCOLOR技術を使用し正確な色再現ができるデザイナー向けモニター

AQCOLOR技術を使い、正確な色再現ができるデザイナー向けモニターです。解像度が高い4Kディスプレイですので、映像はクリアで作業空間が広く、使用しているアプリケーションを最大限に活用できます。画面に複数の表示をして作業を行いたい人には使いやすいでしょう。

また、プロフェッショナルディスプレイモードを使用して自分にあった作業環境でデザイン制作をすることができます。DualViewを活用して異なるカラーデザインを並べて比較することもできますよ。4Kのデザイナー向けモニターを探している方にぴったりのモニターです。

BenQ-EW2880U (52,485円)

5つのサウンドモードから自分にあったものを選択できるリーズナブルな4Kモニター

4Kの画質の良さはもちろん、HDRi技術で環境に適応した映像を体験することができます。IPSパネルで角度による色の変化などが少ないため、複数人での映画鑑賞も可能ですよ。またシネマモードやゲームモードに切り替えることでさらに映像に没入することができます。

サウンドもニーズに合わせたモードから選択することができます。夜の静かな環境で低い音声も聞き取れるナイトモードは、家族が寝静まった後に映画を楽しみたいときにも有効ですね。リーズナブルな価格で4Kモニターが欲しい人におすすめです。

BenQ-EW3270U (46,980円)

高コントラストで映画を見るのにおすすめの4Kモニター

高コントラストで黒色の表現力に優れたモニターです。コントラスト比は画像の最も明るい部分と暗い部分の差のことで、差が大きいほど色にメリハリがつきます。EW3270Uはコントラスト比が高く、映画鑑賞に適していますよ。

表面がマットなノングレアタイプで、周りの光が映り込みにくい仕様になっています。そのため、反射光が少なく、目が疲れにくいようになっています。映画や動画を見る際には、スマートフォーカスモードという選択した範囲だけ強調してくれるモードを使用することで背景を気にすることなく視聴できますよ。

24インチでおすすめのBenQのモニター

BenQ-XL2411K (29,800円)

プロからアマまで使用できるちょうどいいサイズのゲーミングモニター

リフレッシュレートが144Hzあり、応答速度が1msと高速なゲーミングモニターです。FPSをするときに全体をある程度、把握することができてちょうど良いサイズですね。ベーススタンドがコンパクトでゲームスペースを広くとることでモニターとの距離を取ることができます。

DyAc™技術を搭載していて、激しい画面転換にも問題なく対応します。また、Black eQualizer技術で暗いところを暗すぎず、明るいところを明るすぎず、視認性が高いところも魅力ですよ。ゲーム中の見え方をプレイヤー自身が調節することができるので、ワンランク上のゲーム体験をすることができるでしょう。

BenQ-GL2480 (18,990円)

低コストで購入できるゲーミングモニター

コストを抑えて購入したい人におすすめするゲーミングモニターです。特に応答速度が1msと速く、FPSなどのゲームにも向いています。PS4やニンテンドーSwitchのリフレッシュレートは60Hzが上限ですので、リフレッシュレートの上限が70HzのGL2480は問題なく使用することができますよ。

また、明るさを自動調節する自動輝度調整機能やブルーライト軽減機能が備わっているので、長時間ゲームをしていても疲れにくいです。ケーブル収納スペースもついているので見た目がスマートでお部屋の雰囲気に溶け込みますよ。性能と見た目にこだわる方におすすめのモニターです。

BenQのモニターのトラブルの対処法

音が出ない場合

BenQモニターを使用していて音が出ない場合は、3パターンが考えられます。1つ目は、ケーブルの相性が良くない可能性です。この場合は、他のケーブルを繋いでみると直ることもあるようです。2つ目は、デバイスドライバが古いことです。デバイスドライバが古い場合は、最新のドライバに更新することで改善されることがあります。3つ目は、モニターの設定が間違っていることです。モニターの設定が間違っている場合は、モニターの「MENU」ボタンから設定を行い、PCのオーディオ設定を変更してください。

映像が映らない場合

モニター本体の電源もPCの電源も通常通り入る状態でしたら、ディスプレイの電源ケーブルを一度抜き、少し待ってから再度接続すると改善した例もあるようです。他にもバックライトが切れてしまっている可能性があり、その場合は修理に出す必要があります。

画面が白っぽい場合

画面が白っぽいときや黒が真っ黒ではないときは、設定が原因のこともありますよ。モニターの設定とPCの設定が合っていない可能性がありますので、ダイナミックレンジ設定を変更することで本来の色を再現できるようになります。PS4やPS5をプレイする画面が白っぽくなってしまっているときは、PSの画面設定で「フル」を選択すると改善されます。

まとめ

自分の用途に合わせたBenQのモニターがおすすめ

BenQモニターを購入するのなら、使用する用途にあったものを購入することをおすすめします。プライベートで使用するものやデザイン制作で使用するもの、ゲームで使用するのに適したものなどさまざまなモニターがありますので、費用と相談して決めることが大切です。価格はリーズナブルなものが多いので、初めて買う方でも安心。ゲーミングモニターにこだわりたい方はリフレッシュレートや応答速度を気にして購入してみると良いですね。今回はBenQのモニターを項目ごとにランキング形式でご紹介しました。ぜひ自分にあったモニターを手に入れて、快適な環境で活用してくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*