おすすめのVlog向けカメラ人気比較ランキング!【小型やソニーも】 

SNSなどでよく耳にするようになったVlog。読者の皆さんも様々なクリエイターのVlogを観ているという方も多いのではないでしょうか。最近では自分でもVlogを投稿してみたいという方が増え、Vlog向けカメラへの注目が高まっています。そこで今回は、Vlog撮影にぴったりの「Vlog向けカメラ」のおすすめ人気ランキングを紹介します。

Vlogとは

Video(ビデオ)とBlog(ブログ)を合わせた造語でブログの動画版

まず、そもそもVlogとは何かについて説明します。Vlogとは動画を意味するVideo(ビデオ)と、日記などの記録を意味するBlog(ブログ)を合わせた造語で、ブログの動画版を意味します。これまでVlogといえば、Youtuberや芸能人の方が日常の様子を紹介したものがほとんどでした。しかし最近では、新たな自己発信ツールとしてVlogを始める一般の方も増えています。そのため、Vlog向けカメラの需要が高まっています。

Vlog向けカメラの特徴

手軽に持ち運べて簡単に撮影できる

Vlog向けカメラはハンディカムなどと違って小型で持ち運びやすいのが特徴の一つ。ものによってはポケットやカバンの中に入れておいても邪魔にならない大きさのものも。また、ボタン一つで撮影開始できるモデルが多く、思いついた時にすぐ撮影を開始することができます。

iPhoneなどスマホで撮影するより更に本格的な映像に仕上がる

最近ではスマホカメラの性能も向上し、Vlogもスマホで撮影すればよいと考えている方も多いでしょう。もちろんそれも良いですが、Vlog向けカメラであれば、スマホよりも高画質な映像を撮影することができます。また、スマホカメラは画像を拡大する「デジタルズーム」なのに対し、Vlog向けカメラはレンズを動かして被写体との距離を調整する「光学ズーム」。ズームをしても画質が落ちることがありません。画質や品質にこだわりたいという方はVlog向けカメラがぴったりでしょう。

Vlog向けカメラの種類

コンパクトデジタルカメラ

持ち運びに便利なコンパクトさで操作もシンプル

片手で収まるほどのコンパクトなサイズ感が魅力のコンパクトデジタルカメラ。重量も300g前後と、缶ジュース一本分ほどの軽さです。街歩きVlogなど、持ち歩きながら動画を撮影したいという方にはピッタリです。

オート撮影モードが搭載されたモデルなら、カメラの専門的知識は要らずに撮影も簡単。カメラとレンズが一体型なのでレンズ管理も必要ありません。初心者の方でも、すぐにVlog撮影を始めることができるカメラです。

ミラーレス一眼カメラ

高画質と高品質な映像が撮影可能かつ携帯性にも優れていてバランスが良い

特筆すべきは、Vlog向けカメラとしてのバランスの良さ。上級者向けカメラに迫る撮影スペックで、美しい映像が撮影できます。加えてサイズもコンパクトで、カメラ機能と携帯性を高いレベルで両立したカメラです。

近年では、カメラの外観やデザインにこだわったモデルも多く登場。おしゃれに敏感な若い女性たちからは高い支持を集めています。カメラの見た目にもこだわりつつ、美しいVlog映像を撮影したいという方におすすめです。

一眼カメラ

プロレベルのハイクオリティーな映像が撮影可能でバッテリーの持ちが良い

一眼レフカメラはプロのクリエイターにも利用者が多いモデルです。フルサイズのイメージセンサーが搭載されているモデルが多く、映像の画質の良さは抜群。バッテリーの持ちも良いため、長時間の撮影にも耐えることができます。

このモデルの最大の特徴は、交換できるレンズの豊富さ。レンズを交換することで、雰囲気を様々に変化させながら映像を撮影することができます。映像のクオリティーにこだわってVlog撮影したい方にピッタリのカメラです。

アクションカメラ

機動性が高く躍動感のある映像が撮影できる

近年はテレビ番組の収録でも使われるなど、注目されることが増えたアクションカメラ。手持ちでの撮影はもちろん、体の一部に固定して撮影することも可能です。カメラマン目線の躍動感ある映像を撮影することができます。

アクションカメラには広角レンズが搭載されたモデルが多いのも特徴。画角に広がりがあって、迫力ある映像を撮影することができます。スポーツ系Vlogなど、動きがあって景色を生かした映像を撮影したいという方に最適です。

Vlog向けカメラの選び方

画質で選ぶ

圧倒的な映像美を求めるなら4K

画素数とは映像を構成する点の数のこと。この数が大きいほどより高画質でクリアな映像になります。中でも4Kは約830万画素もの高画質。地上波TV放送のHDが約160万画素なのと比較すると、その差は歴然ですよね。さらに、4K映像であればテレビのような大画面にも鮮明に映ります。映像の美しさにこだわりたい方は、4K撮影ができるモデルが適しているでしょう。

初心者向けで編集しやすいものならフルHD

4K対応モデルは高画質な映像が撮影できますが、その分撮影データが大きくなります。手持ちの編集機材では、4Kのデータ容量に対応できないことも。一方、フルHDは画素数が約200万画素と画質は落ちるものの、スマホやタブレットほどの画面サイズであれば十分綺麗に映ります。さらに、4Kよりも撮影データも小さく、編集しやすくなります。Vlogを始めたばかりで編集機材が揃っていないという方は、まずはフルHD撮影ができるモデルを選ぶのも手段の一つです。

機能で選ぶ

自撮りVlogを撮影するなら顔認識オートフォーカス機能付き

自撮りVlogを撮影したい方におすすめしたいのが、顔認識オートフォーカス機能。この機能は、カメラが自動で人の顔を認識してピントを合わせ続けてくれるというもの。これさえあれば、商品紹介Vlogや街歩きVlogなど、自撮りしながら撮影をする際でも、わざわざ毎回ピント合わせをする手間を省くことができます。

ライブ配信するならパソコンやスマホとの連携機能付き

Vlog用の動画を投稿する以外にも、ライブ配信を行うことで視聴者の方々とリアルタイムに交流したいという方もいるでしょう。Vlog向けカメラの中には、スマホやパソコンとの連携が強化されているものがあります。こういったモデルならスマホなどを接続するだけで、カメラで撮影した綺麗な映像を使ってライブ配信をすることができます。

よりクリアに録音するならマイク入力端子付き

もちろんカメラ本体にもマイクは内蔵されているのですが、音声をよりクリアに録音したい方はマイクの入力端子がついているモデルを選ぶようにしましょう。マイクの入力端子があれば、撮影のシチュエーションに応じて様々な指向性のマイクを使い分けることができます。より音質にこだわった動画撮影をすることができますよ。

Vlog向けカメラのおすすめブランド・メーカー

SONY(ソニー)

Vlogger向けモデルに力を入れている

世界でもトップクラスの技術開発力を誇るソニー。常に最先端の技術を商品に取り入れて、ユーザーを驚かせています。最近ではVlog撮影に特化したカメラも発表しており、Vlogger達から多くの支持を集めているメーカーです。

Panasonic(パナソニック)

家電メーカーならではの操作性の高さ

家電メーカーと言えばパナソニックという方も多いのではないでしょうか。しかし、実は世界初のミラーレス一眼レフカメラを発表するなど、カメラ事業にも力を入れています。さらに、家電メーカーとして培った操作性の高い商品作りのノウハウが、カメラ開発にも生かされています。

Canon(キヤノン)

初心者向けのモデルを多数ラインナップ

日本で初めてのカメラを開発したことでも知られるキヤノン。初心者向けのエントリーモデルを多くラインナップしているのも特徴の一つです。また、発色の良さでも知られており、自分の目で見たままの色合いに近い映像を撮影することができます。

GoPro(ゴープロ)

アクションカメラの王道でタフな撮影に最適

アクションカメラといえばGoProという声があるほど、この業界で不動の地位にあるメーカー。防水性や耐震性が高く過酷な環境で撮影可能なカメラを多くラインナップしています。別売りのマウントも充実しているので、様々な撮影スタイルを楽しむことができるのも特徴です。

DJI(ディー・ジェイ・アイ)

手持ち撮影にピッタリで携帯性も抜群

もともとドローンメーカーであるDJI。そこで培われたジンバル技術の高さが有名です。手持ちカメラはもちろん、スマホを取り付けて撮影するスマホ用ジンバルなどもラインナップ。小型で携帯性に優れていながらも、なめらかな映像が撮影できます。

おすすめ&人気のVlog向けカメラランキング

小型でおすすめのVlog向けカメラ

SONY-CyberShot DSC-RX100M7 (145,000円)

手軽に美しい映像撮影ができる高級コンデジ

常に瞳にピントを合わせるオートフォーカスや、自動で被写体を追い続けるリアルタイムトラッキングなど、最新鋭の技術が備わったコンパクトデジタルカメラ。スマホ画面ほどの外形なので、カバンに入れても邪魔になりません。重さ約300gと軽量で、片手持ちの撮影も簡単です。

手ブレ補正機能にも優れているため、歩きながらの撮影にもピッタリ。さらに、別売りのシューティンググリップを使えば、自撮りしながらでも簡単に撮影ができます。4K映像の撮影も可能なので、映像の美しさにこだわりのある方でも満足できる一品です。

Panasonic-LUMIX DC-TZ95(43,500円)

優れた望遠機能を持ち合わせたコンパクトな一台

搭載されているレンズは光学30倍とかなり高倍率なので、ズームの性能はピカイチ。遠くの景色までクリアに撮影することができます。これ一台あれば、一眼レフカメラと望遠レンズといった重たい機材を持ち歩く必要がありません。

撮影モニターは、上方向に180度可動できるチルト式。自撮りはもちろん、様々なアングルからの撮影も簡単に行うことができます。モニターはタッチパネルなので、普段から扱い慣れているスマホと同じような操作感で撮影したいという方にもおすすめです。

DJI-Pocket2 OP2CP1(49,500円)

小さいながら高い機能性を持ち合わせたアクションカメラ

重量は約120gと、iPhone13よりも軽量。サイズ感も手のひらに収まるほどなので、ポケットに入れて手軽に持ち運びが可能です。さらには被写体のトラッキングや美肌撮影など、小さいながらも機能性は抜群です。

本商品の最大の特徴は、手ブレを補正するジンバルとカメラが一体となっていること。歩きながらでも滑らかでブレの少ない映像を撮影することができます。タイムラプスやスローモーションなどの撮影モードも用意されているので、編集いらずのおしゃれVlogを撮影することができます。

初心者におすすめのVlog向けカメラ

SONY-VLOGCAM ZV-1G(100,716円)

Vlog撮影に必要な機能が全て詰まったコンデジ

Vloggerの要望を取り入れながら開発された一台。ワンタッチで背景をぼかすことができたり、被写体へのピントを一瞬で合わせてくれたりと、Vlog撮影に便利な機能が充実しています。これなら、Vlog初心者の方でも簡単に撮影することができますね。

撮影した映像は簡単にスマホなどへ転送することができ、専用のアプリを使えば動画編集をすることも可能。映像を撮影してから編集してすぐに投稿といったタイムリーなこともできます。さらにライブ配信用の機能も備わっているため、Vlogの幅がぐんと広がる一台です。

Nikon-D5600(100,360円)

スマホのように直感的に撮影ができる一眼レフカメラ

一般的な一眼レフカメラは、本体と標準レンズを合わせて約800gから1kg程とかなりの重さ。それに対してこれは、標準レンズを含んでも670gと一眼レフカメラの中でも非常に軽量。カメラに慣れていない初心者でも持ち運びやすい重量感ですよね。

搭載されているモニターは、上下左右に角度を変えることができるバリアングル式。被写体側にモニターを向けることもできます。さらにモニターはタッチ式でピント合わせをすることができるので、使い慣れたスマホのような感覚で撮影することができます。

富士フィルム-X100V(159,401円)

レトロな見た目のかわいい一台

昔ながらのフィルムカメラを彷彿とさせるビジュアルで、女性からの人気が高いカメラです。モニターはチルト式で角度を付けることができるので、アングルを確認しながらの撮影もばっちり。操作ダイヤルは右手親指の位置に集約されているので、カメラ初心者の方でも楽々操作できます。

このカメラには映像を様々な色味に変更できるフィルムシミュレーション機能が搭載されています。この機能を使えば、何気なく撮影した映像も、まるで映画のように味のある映像に。おしゃれな雰囲気のVlogを撮ってみたいという方におすすめです。

コストパフォーマンスの良さでおすすめのVlogカメラ

SONY-αⅣ ILCE‐7M4(299,000円)

フラッグシップモデル同等の性能を手頃な価格で

ソニーの一眼レフカメラの中でもスタンダードモデルに位置する本機ですが、その機能は一級品。それもそのはず、本機はソニーのフラッグシップモデルをベースに開発されています。スタンダードモデルだからこその価格で、フラッグシップ譲りの最先端技術を手に入れることができます。

さらに、ソニーの高級動画撮影機に搭載されているS-Cinetone機能も採用。この機能を使うことで、人間の肌の色味を自然に発色させることができ、よりソフトな雰囲気の映像を撮影することができます。撮影者のアイデアを刺激し、クリエイティビティが高いVlogを撮影できる一台です。

Canon‐PowerShot G7 X MarkⅡ(76,450円)

一眼レフカメラはハードルが高いがスマホよりも高画質な映像を撮りたいという方へ

iPhoneカメラの画素数が1,200万画素なのに対して本機は2,010画素と、スマホの倍近い高画質。ISO感度も12,800と十分な大きさで、夜景など暗い場所での撮影にも適しています。スマホよりも綺麗な映像を撮りたいけど、高価な一眼レフカメラはちょっと手が出ないという方におすすめです。

さらに、撮影時に必須な手ブレ防止機能も高性能なものが搭載されています。そのため、ジンバルなどの機材がなくても十分ブレの無い映像が撮影可能。スマホよりもさらに高機能な撮影機能が詰まった、お手頃価格のコンデジです。

Canon‐EOS Kiss X10(82,500円)

必要最低限の機能に絞り低価格を実現している一眼レフカメラ

本機は初心者向けモデルですが、有効画素数や搭載されている映像エンジンは上級者向けモデルのものとほぼ同等。高機能な撮影スペックを備えたお手頃価格の一台です。4K映像はもちろん、タイムラプス撮影や映像へのエフェクト機能も備わっているので、様々な雰囲気の映像撮影を楽しむことができます。

パソコンと接続すれば、パソコンの大きな画面を使いながらの映像撮影も可能。さらにはスマホをリモコン代わりにすればリモート撮影も簡単にできるのも魅力の一つ。スマホやパソコンさえあれば、他に機材を用意しなくても本格的な動画撮影ができる一台です。

アクションカメラでおすすめのVlog向けカメラ

GoPro-HERO10 Black(60,000円)

どんな場所でも撮影可能な高機動性カメラ

手のひらで包み込める程の小ささながらも、高画質での撮影が可能な高性能アクションカメラ。特筆すべきはその機動性の高さ。水深10mの防水性能や、高い耐衝撃性を誇り、どんな過酷な環境下でも撮影することができます。

マウントアクセサリを用いれば、ヘルメットや体などの撮影者目線の位置にカメラを固定でき、激しく動きながらでも撮影可能。優れたブレ防止機能も持ち合わせているので、ブレにも安心。1秒間120コマもの滑らかなスローモーション映像も撮影でき、普通のカメラとは一味違う、躍動感のある撮影が可能なカメラです。

AKASO-Brave 7 LE(17,980円)

価格以上の性能を持ち合わせた入門アクションカメラ

アクションカメラの中でも比較的リーズナブルな本機。レンズは170度とかなり広角なものが搭載されており、被写体と背景を合わせたダイナミックな映像を撮影することができます。さらにカメラ本体自体に三脚を取り付けることができるので、カメラを固定しての撮影も簡単です。

カメラの前面にもモニターが付いているため、自撮りもらくらく。コンパクトながらもバッテリーの持ちも良いので、長時間の撮影にも耐えることができます。アクションカメラがどんなものかを試してみたいという方にはピッタリです。

Insta360-ONE R(50,490円)

アクションカメラの中でも珍しい360度撮影

レンズを付け替えれば360度カメラとして使えるのが、本機の最大の特徴。360度あらゆるアングルからの撮影が可能なので、見たことの無いスタイリッシュなVlog映像が撮影できます。専用のアプリを使えば、撮影した映像をスマホで編集してSNSへ投稿するのも簡単ですよ。

レンズモジュールの種類も豊富で、モジュールを付け替えることで全く違うカメラに変えることもできます。カメラ本体の撮影ソフトはアップデートされることで、新たな機能が追加されることも。購入した後も更なる進化が期待できるアクションカメラです。

まとめ

初心者は持ち運びしやすく操作がシンプルなVlog向けカメラがおすすめ

今回は、Vlog向けカメラについて紹介しました。Vlogを始めたいけどカメラを使ったことが無いという方は、手軽にいつでも撮影ができるコンパクトなモデルがおすすめです。さらに美肌撮影や、顔認識オートフォーカスなどのVlog向けの機能が充実したモデルを選べば、複雑な操作をしなくても簡単にVlog撮影を行うことができます。今回の記事を参考に、楽しいVlog生活を始めてみてはいかがですか?

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*