おすすめのみちのくディルド人気比較ランキング!【口コミ・評判も】

アダルトグッズの中でも人気商品として名を連ねるディルド。今回は、初心者から経験者まで誰もが満足できると話題のみちのくディルドを、ランキングにしてみました。外観のリアルさだけでなく、柔らかさや適度な芯の強さ、それに加えて床や壁にも貼り付けることができる吸盤が特徴のみちのくディルド。ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

みちのくディルドとは?

リアルなペニスの形をした女性用ラブグッズ

みちのくディルドとは、ペニスを模したラブグッズのディルドの中でも世界的に人気な、リアリティあるディルドです。大きさや柔らかさなどのバリエーションも豊富で、リアルな見た目や仕様により、初心者でも抵抗なく使いやすい点が特徴です。また、手入れも表面を拭く程度で問題ないため、手軽に使えますよ。

みちのくディルドはなぜ人気なのか?

硬さや形状のバリエーションが豊富

みちのくディルドの人気の理由は、そのバリエーションの幅広さにあります。大きさはもちろん、柔らかさや曲がりやすさ、反った形状やまっすぐ伸びた形状など好みに合わせてチョイスできますよ。初めてラブグッズを使う方やカップルで楽しみたい方でも、安心して使えます。

床や壁につけることで一人でも満足度の高いオナニーができる

根本部分についている吸盤もみちのくディルドの特徴です。吸着力が高く、床にも壁にもしっかり固定することができますよ。吸着しやすい場所は凹凸の少ない床や壁、また鏡やお風呂場など多岐にわたります。吸盤タイプ故に接着面の表面を傷つけることもないため、どこでも安心して使えますよ。

みちのくディルドの種類

電動タイプ

自動でスイングして振動を楽しめる

電動タイプのみちのくディルドは、手では出せない振動を持続的に感じられる点がポイントです。自分で動かさなくても、十分快感を得ることができますよ。ローターを入れるタイプのものやスイングタイプのものなど、一口に電動と言ってもさまざまなバリエーションがあります。

動かすよりも入れて感じることが好きな方や、新しい刺激に挑戦したい方にはおすすめのタイプです。カップルで使用しても手が疲れにくいなどメリットもたくさんあるため、一人でも二人でもさまざまな楽しみ方ができますよ。ぜひ気になる電動タイプのみちのくディルドを手に取ってみてくださいね。

手動タイプ

手で持っても床や壁につけても楽しめる

手動タイプはみちのくディルドシリーズの多くを占めているほど、メジャーなタイプです。日本人男性のペニスの柔らかさや芯の硬さが忠実に再現された上に、好みのテンポで抜き差しすることで快感を得られます。手動だからこそGスポットにも当てやすく、アナル開発でも調整しやすいためおすすめのタイプです。

みちのくディルドシリーズを初めて使われる方や、自分で動かすことが好きな方、またパートナーと好きなペースで楽しみたい方におすすめです。電源等もないため電池切れやスイッチのオンオフの手間も省ける点がポイントですよ。アナルで楽しみたい方も、こちらで試してみてはいかがでしょうか。

他社人気の置き型ディルドとの違い

「ぷにっとりあるディルド」と比較

棒の中にある適度な硬さの芯の有無

みちのくディルドは、ぷにっとりあるディルドと比較して芯がしっかりしている点が特徴です。ぷにっとりあるディルドの場合は柔らかさや適度な耐久性はありますが、シリーズのほとんどが芯のないタイプとなっています。よりリアルな海綿体の硬さを求めている方にはみちのくディルドがおすすめですよ。

大きさや反り具合のバリエーション

大きさや反り具合の展開が幅広い点もみちのくディルドのポイントです。小ぶりから大ぶりまでの細かなラインナップや、上向きタイプや角度を変えられるタイプなど、形状の違いが選べるみちのくディルドシリーズ。ぷにっとりあるディルドは、展開数や形状等の違いも、比較的少なくなっています。

「マグナムシリーズ」と比較

リアルな作りゆえの安心感

ブラックで覆われた見た目のモダンなマグナムシリーズは、名前の通り銃弾のような形状が特徴です。アナル開発で人気のシリーズですが、特に初心者の方には手を出しにくい印象を与えてしまいます。比較してみちのくディルドの場合は、亀頭から血管の細部に至るまでリアルな作りをしているため、どなたでも手に取りやすいのがメリットです。

世界中でも人気のある安全で使いやすいブランド

シリコンの触り心地や滑らかさはマグナムシリーズの高級感に軍配が上がりますが、ハードなプレイからソフトプレイまで楽しめるのがみちのくディルド。その精度や高い品質から、世界中でも人気を博すディルドとなっています。経験者やアナルでしっかり楽しみたい方は、ぜひ比較してみてくださいね。

みちのくディルドの口コミ・評判

大きいサイズでしっかり満足感を味わえる

みちのくディルド(L)使ってます……おっきくて立派……

さまざまな色合いと適度な柔らかさが好評

みちのくディルドは肌色だけではなくスケルトンカラーのピンクや黒もある。あとぷにぷにしてて片手に握ってると安心する…

男性もアナニー用で安心して使える

お尻にローションたっぷり入れて、みちのくディルド入れてる。いきんですぼめてだけでずっと雌イキしてる。ちょっとやばい。

アナニーの際はワセリンや潤滑剤をしっかり使うことがおすすめ

大きい方のみちのくディルドでヌコヌコするのが気持ち良いです。

おすすめ&人気のみちのくディルドランキング

フジ工芸-みちのくディルド 柔×芯(ソフト&コア)(1,900 円)

究極にリアルに近いディルド

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

名前の通り柔らかさと芯のある硬さが絶妙ゆえ、シリーズ最高峰とも謳われるこちらのみちのくディルド。温めると日本人のペニスそのもののようなリアルな快感を楽しめますよ。柔らかさはあるものの、ベタつきや特有のシリコンの臭いなどもなく、快適に使用することができます。

初めてラブグッズを使う方や、ディルドビギナーの方、ある程度色々なディルドを経験済みの方でも十分楽しめる逸品です。3種類のサイズ展開もあるため、お好みのサイズを選んでみてくださいね。床や壁にもしっかり固定できる仕様ですのでさまざまな楽しみ方もできますよ。

フジ工芸-みちのくディルドJr(1,005 円)

クオリティはそのままにサイズをワンランク小振にした一品

大きめサイズやスタンダードサイズが苦手な方に向けて改良された小さめサイズ。あの絶妙な柔らかさや芯の強さは維持しつつ、全体的にスモールにさせたジュニアシリーズです。しかし吸盤の吸着力は強化されており、これまで壁からずり落ちるなどくっつきがよくないと感じられていた方にもおすすめの一作です。

小さめ好きの方や、初めて利用される方はこちらから試してみてはいかがでしょうか。独自の柔らかさと適度な硬さでリアルに近く安心感もあり、アダルトグッズ初心者の方でも使いやすいディルドです。お手入れも簡単なため、ぜひ手に取ってみてくださいね。

フジ工芸-突撃(968 円)

コンパクトタイプでGスポットやアナル開発もできるみちのくシリーズ

親指サイズで一見持ち運びも可能なコンパクトタイプのみちのくディルド。まっすぐ伸びた一番と絶妙に反った二番の2種類があり、それぞれゆっくり挿入してアナル開発に使用できたり、好みの角度でGスポットを刺激したりできますよ。素材感もハイクオリティーのため安心して使うことができます。

アダルトグッズビギナーの方からある程度経験豊富な方、またカップルでも使いやすいディルドです。マイルドな刺激を楽しみたい方は一番、強めの刺激を試してみたい方は二番から使い始めることをおすすめします。前戯用としても使いやすいため、初めてアダルトグッズを使うカップルの方もぜひ手に取ってみてくださいね。

フジ工芸-みちのく 芯骨頂(1,381 円)

自分好みに角度を変えられるみちのくシリーズ

他のみちのくディルドと比較すると若干硬めのディルドです。芯は自由自在に曲げられるタイプですが、可動域自体は狭めに設計されていますよ。また、見た目のリアリティが一層高くなっており、色合いだけでなく青筋などのディテールにもこだわった逸品となっています。

硬めのディルドが好みの方や、自分で角度を変えたい方、またリアリティのある見た目に興奮される方にはうってつけのみちのくディルド。自分用でのご購入はもちろん、パートナーのためや、カップルで楽しむためにも十分なディルドです。サイズは13cm程度とスタンダードな大きさですよ。

フジ工芸-みちのくディルド 雷電(9,127 円)

振動も楽しめるリモコン付きディルド

7パターンのバイブ機能に5パターンのスイング・ピストン機能がついたこちらのみちのくディルド。お値段相当の力強い動きと、本来の素材の柔らかさや芯の硬さが融合したディルドになっています。リモコンの飛距離は10mとかなり広範囲で使用できるところもおすすめです。

充電式で80分の充電時間で60分の稼働ができるため、持ち運びにも適していますよ。これまで手動タイプを使っていた方や、ハンズフリーでディルドを楽しみたい方、パートナーと使ってみたい方におすすめですね。防水機能も高いため、お風呂場でも問題なく使えます。

まとめ

初めての方は手動タイプのMサイズから使うことがおすすめ

世界的にも有名なみちのくディルドシリーズ。手入れの仕方も簡単で、リアルな見た目に安心して手に取りやすいことも特徴です。どなたでも幅広い使い方でさまざまな快感を楽しむことができますよ。ぜひ気になるディルドや使い方を試して新たな刺激を堪能してみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*