おすすめの一人暮らし向けロボット掃除機人気比較ランキング!【水拭きタイプも】

普通に生活しているだけでも、ホコリや髪の毛が落ちてしまうお部屋の床。綺麗にしたいと思っていても、毎日の掃除は面倒ですね。手間や時間をかけずに、気持ちのいい床で過ごしたくありませんか。そんな悩みを解決してくれるのがロボット掃除機です。今回は一人暮らしの人におすすめのロボット掃除機を、ランキング形式でおすすめします。定番のiRobotや、国内大手メーカーPanasonicをはじめ、一人暮らしのお悩みに特化した商品もランクイン。「自動掃除は取り残しがあるのでは?」といった、疑問点も解決します。

一人暮らし向けロボット掃除機の特徴

毎日の掃除の手間を削減

床掃除は掃除機やモップを準備してから後片付けまでを含めると、多くの工程がありますね。利用している家具によっては、下を覗き込んだり手を伸ばしたり更に手間が増える場合も。ロボット掃除機ならスイッチを入れるだけで部屋中が綺麗になります。ゴミ捨ても手軽な機種が多く、自動集塵機能のついた機種であれば後始末は不要です。毎日のタスクが減ると嬉しいですね。

不在の時間に家が綺麗になる

音が大きくなりがちな掃除掛けは、近隣住民への配慮が必要になりますね。仕事で遅くなった時は、近所迷惑を避けて掃除ができない場合も。ロボット掃除機であれば、日中の不在の時間を使うことができます。外出前にスイッチをONにしたり、タイマーで決まった時間に稼働させたりといった便利な機種もあります。不在時間を有効に使えば、おうちでリラックスできる時間も長くなりますよ。

一人暮らし向けロボット掃除機の種類

吸入タイプ

フローリングやカーペットのゴミを取るなら吸入タイプ

多くの人が想像するロボット掃除機と言えば、自動で掃除機掛けをしてくれる吸入タイプですね。床掃除の基本となる、ゴミ取り作業を自動化したい場合は吸入タイプがおすすめです。吸入タイプは比較的安価な機種も多いので、予算を抑えたい方や、拭き掃除などの仕上げは自分でしたい方にも適していますよ。

吸入タイプはフローリングなどの平らな面だけではなく、カーペットやラグを敷いたままでも掃除が可能。極厚ラグは乗り越えられずに座礁することもありますが、2cmから3cm程度の厚みなら対応している機種も多くあります。狭いソファやベッドの下にも潜り込んで掃除ができますので、お手持ちの家具や敷物に合わせて機種を検討してくださいね。

水拭きタイプ

モップ掛けが面倒なら水拭きタイプ

水拭きした床はさらさらして、足の裏で幸せを感じますね。しかし水拭きは掃除機掛けに比べて重労働で、先延ばしにしてしまいがちです。水拭き用のロボット掃除機があれば、床拭き作業を自動化。いつでも気持ちのいい床を味わうことができます。

水吹きタイプは、吸入時のキーンという独特の稼働音がありません。リラックスタイムに稼働させても、気になりにくいのがポイント。専用のモップを取り付けてタンクに水を入れておけば、床を湿らせて拭き上げてくれます。洗えるモップクロスや、使い捨てタイプのクロスを装着しますので、清潔に保つことができますよ。

兼用タイプ

床掃除を全て任せたいなら吸引と水拭きの兼用

床掃除がとにかく面倒で、極力何もしたくないと言う方には、兼用タイプがおすすめです。一台二役のロボット掃除機であれば、走らせるだけで床掃除が完結。ロボットの置き場所も一台分で済むので、コンパクトなお部屋にも設置できますね。

兼用タイプは吸入のみと、吸入と水拭きのモードが選べるものが一般的です。水拭きをONにするとカーペットやラグの上は掃除できませんので、その場合は吸入のみのモードに切り替える必要があります。お部屋の汚れ具合や、インテリアに合わせてモードの使い分けが必要です。購入前にモード切り替え方法も合わせて確認してくださいね。

一人暮らし向けロボット掃除機の選び方

機能で選ぶ

マッピング機能付きなら最短時間で掃除が可能

ロボット掃除機は、動ける場所を探して闇雲にウロウロするものと思っていませんか。マッピング機能のついている機種であれば、試運転時にお部屋の形状や家具の配置を読み取って記憶します。部屋の隅々までをマップに従って効率よく掃除しますので、運転時間が最小限に抑えられますよ。また、マップ上を余すところなく走りますので、ゴミの取り残しも最小限になります。

タイマー機能付きなら掃除の頻度を調整できる

ロボット掃除機を持っていても、外出前に電源ONにし忘れることがあります。そんな時に便利なのが、タイマーやスケジュール設定機能です。事前に稼働させる時間や曜日を設定しておけば、忘れてしまう心配がありません。帰宅した時に部屋が綺麗になっているはずが、朝のままだったと言う事態を防げますので、外出が多い方におすすめの機能です。

落下防止機能付きなら自動で段差を回避

一人暮らしのお部屋では、くつろぎスペースから玄関まで空間が続いている場合がありますね。玄関は履物を置く場所に段差がある構造が多いので、誤って落ちてしまうとそこから戻れなくなったり、故障したりする可能性もあります。そんな時には落下防止機能がついていると安心です。センサーが自動で進行方向の高さを検知しますので、危険を回避してくれますよ。

お手入れのしやすさで選ぶ

集塵機能付きならゴミ捨ての手間が省ける

自動でお掃除をしてくれる便利なロボット掃除機ですが、ダストボックスのゴミは毎回捨てなければいけない事はご存じですか。中に残してしまうと吸引力の低下や、悪臭に繋がる可能性があります。毎回のゴミ捨ての手間を省きたいなら、自動集塵機能のついた機種がおすすめです。充電ステーションの上部に集塵ボックスがついていますので、充電時にダストボックスを空にしてくれます。定期的に集塵ボックスのお手入れをするだけなので、楽ができますね。

パーツが水洗い可能なら清潔に使える

床の上を走る以上、掃除機自体の汚れは避けられません。使用後にダストボックスを空にしていても、ブラシやローラー部分にホコリが固まったり、髪の毛が絡まったりすることも。一般の掃除機と同じように、ロボット掃除機もお手入れが必須です。パーツを分解して、水洗いができるとお手入れがグッと楽になります。部屋を綺麗にするための機械だからこそ、清潔に使いたいですね。

静音性で選ぶ

深夜や早朝に使用するなら60dB以下の静音タイプ

生活リズムはご家庭によって違いますが、一般的に早朝や深夜の掃除機掛けは控えたいもの。それでも使用を避けられない時もありますね。騒音値の低いものを選べばご近所への配慮になりますが、目安は60dB以下。60dBを超える辺りから、多くの人がうるさいと感じます。40dB程度であれば図書館の中、50dBは家庭用エアコンの室外機の音に相当します。生活環境に合わせて、騒音値もチェックしてみてくださいね。

家具への衝突音が気になるならぶつかり軽減タイプ

部屋の中を自由に行き来するロボット掃除機ですが、機種によっては家具や壁にぶつかるものがあります。家具が壊れたり傷がついたりするほどの衝撃ではありませんが、使用する時間帯によってはガツンという音が気になることも。ぶつかりを軽減する機種であれば、ぶつかる前に静止し、勢いを落として優しく接触します。一度きりであれば些細な音でも、何度も聞こえると耳障りになる場合もありますので、慎重に選んでくださいね。

一人暮らし向けロボット掃除機のおすすめブランド・メーカー

iRobot(アイロボット)

お掃除ロボと言えばルンバで有名

お掃除ロボットと言えばルンバというイメージがありますが、お掃除ロボット製造の先駆けとなった会社です。本社はアメリカにあり、ロボット掃除機を専門に製造販売しています。世界中で利用されており、ルンバは日本国内で500万台を売り上げた実績も。現在はルンバとブラーバを中心に、様々なラインナップを開発しています。

Panasonic(パナソニック)

独特の形状で隅々まで掃除

国内の家電メーカーで有名なPanasonic。キャニスター掃除機やスティック掃除機だけではなく、ロボット掃除機にも力を入れています。独特の三角の形状で、部屋の隅まで掃除しやすい特徴があります。他にもお手入れを簡単にする工夫や、ラグに絡まりにくい工夫など、快適に利用する機能が詰め込まれています。

ECOVACS(エコバックス)

世界シェアNo2のメーカーは水拭きも

ロボット掃除機を持っていない人には馴染みのないメーカーですが、家庭用ロボット掃除機のDEEBOT(ディーボット)を製造販売しています。ルンバに次いで世界シェアNo2の実力。価格が控えめな機種でも水拭き兼用タイプがありますので、一人暮らしでも選びやすいラインナップです。

Roborock(ロボロック)

高性能なセンサーが特徴

有名メーカーのシェア数を猛追しているRoborock社。最先端の技術で掃除性能はもちろん、カメラ機能は他メーカーと一線を画しています。床に落ちているものやケーブル類を避けるだけではなく、ペットの排泄物なども認識して自動で回避。見守りカメラ機能がついていて、スマホでリアルタイムに確認できるなど、一歩先行くカメラ機能が特徴です。

Anker(アンカー)

お手軽モデルからプレミアムまで幅広く展開

スマホ関連機器やオーディオ機器を多く取り扱うAnkerですが、充電ケーブルやイヤホンでご存じの方も多いと思います。ロボット掃除機も開発しており、比較的安価なモデルも多いのが特徴。学生や新社会人でも購入しやすいラインナップから、AIを備えた贅沢機能のものまで選ぶことができますよ。

おすすめ&人気の一人暮らし向けロボット掃除機ランキング

静かでおすすめの一人暮らし向けロボット掃除機

ECOVACS-DEEBOT OZMO T8 AIVI (69,800円)

高性能でバランスの取れたマシン

ロボット掃除機で欲しい機能が、バランスよく詰め込まれたマシンです。光の反射を利用したセンサー技術で、家具や障害物の距離を正確に検知。物へのぶつかりや巻き込みの心配も軽減します。車の自動運転にも使われる技術を応用したマッピングシステムで掃除時間も短縮し、様々な面から静音に配慮していますよ。

水拭き機能も搭載されており、吸引と水拭きが同時に完結できます。モップを取り付けている時はカーペットを自動的に回避。アプリで個別に進入禁止ゾーンも設定できるので、ペットのいる家庭にも安心です。ロボット掃除機としての価格は高めですが、広めの部屋に転居しても十分に使えるスペックですよ。

iRobot-ブラーバ 390j(33,000円)

お掃除シート派にも嬉しいドライモップ対応

吸入がないモップクリーニング専用のロボットです。掃除機特有の吸い込み音が無いので静音性は抜群。お部屋にいる時に動かしても、気になりにくい動作音ですので、朝晩など小まめにお掃除をしたい方にもおすすめです。

水拭きだけではなくドライモードも搭載しており、市販のモップシートが利用できます。ホコリや髪の毛には使い捨てシートを使えば、お手入れが楽になります。皮脂汚れやベタつきには専用モップを使ったウェットモードで、サラサラの仕上がりに。床に落ちた花粉も拭き上げられますよ。

Roborock-Roborock S6 Pure(45,800円)

高精度のレーザーセンサーでお部屋を把握

毎分300回転するレーザーで、お部屋の中を360度スキャンする掃除機です。室内を正確にマッピングすることで、障害物を避けてお掃除します。常に掃除をしながら間取りを学習しますので、往復回数が最小限で済みますよ。

専用アプリからお掃除モードの選択も可能。ロボット掃除機はコンパクトな分吸引力が気になりますが、ペットのトイレ砂を吸い込むほどのパワフルさを持ちます。カーペットモードは床の種類を自動で認識して、吸引力を最大限に生かしてくれますよ。

iRobot-ブラーバジェット m6(59,800円)

部屋の状況を学習するので壁が濡れる心配なし

吸引音がなく静音性に優れた、拭き掃除専用のロボットのハイスペックモデルです。ナビゲーションシステムを搭載しているので、間取りや部屋の状況を自動的に学習してくれます。障害物やカーペットも検知できますので、モップで濡れてしまう心配がありません。

静電気の力でホコリや髪の毛を集めるドライパッドと、水分を含ませて油分やベタつきを取るウェットモードの両方に対応しています。専用の洗剤を使えば、こびりついた汚れもすっきりと拭き取り可能。ドライとウェットモードともに最大60畳まで対応できて、気になる部分だけのお掃除も可能です。

Anker-Eufy RoboVac G10 Hybrid(29,990円)

独自のセンサーで効率的な運転が可能

吸引時で約55dBと静音性に優れており、これは一般的な電子レンジと同程度です。静かでも、ロボット掃除機の中ではパワフルな2000Paの吸引力を誇ります。昼夜問わずに利用できると、気になったタイミングですぐに綺麗にできますね。

比較的安価な機種の中でも、吸入と水拭きのハイブリッド仕様です。Wi-Fiに接続してスマートフォンからの運転や、スケジュール設定も可能。ジャイロセンサーと加速度センサーのダブル使いで、効率的に短時間の清掃ができるバランスの良い機種ですよ。

安い値段でおすすめの一人暮らし向けロボット掃除機

Anker-Eufy RoboVac 15C(21,990円)

7cmの薄型ながらもパワフルな吸引力

脚の低い家具の下にもスイスイ入っていける、厚み7.2cmのロボット掃除機です。コンパクトながらも最大100分間の連続運転が可能で、ダストボックスも0.6Lと大容量。フローリングやカーペットなど、床の環境に合わせて吸引力を調整する機能も採用されていますので、安心してお掃除を任せられますね。

Wi-Fi機能を搭載しており、スマホからの操作やAmazon Alexaでの音声操作にも対応しています。また、専用アプリを使用すればお部屋の状態に合わせてモードの設定が可能。リモコンも付属していますので、忙しい朝でも手軽に起動できますね。

iRobot-ルンバ i2(39,800円)

マッピング機能の搭載されたお手頃モデル

ルンバシリーズの中でも、比較的入手しやすい価格帯のモデルです。お値段は控えめですが、高性能なナビゲーションシステムを搭載。規則正しく部屋中をお掃除してくれます。使用するたびにお部屋の状態を学習し、無駄のない動きで効率よく清掃。バッテリーが少なくなると自動的にホームベースへ戻り、充電後は中断した場所から掃除を再開する賢さですよ。

ルンバは歴代機種から着々と吸引力を増しており、過去の600シリーズに比べると10倍にアップ。長めのブラシがかき出したゴミを、ゴム製のブラシがしっかり浮き上がらせ、強い吸引力で回収します。微細なハウスダストも、しっかりと吸い取りますよ。専用アプリでのマッピングや操作にも対応していますので、ブラーバと連携も可能です。

ECOVACS-DEEBOT U2 PRO (22,600円)

吸引と水拭きで1台2役

DEEBOTの最大の特徴は吸引と水拭き両用です。ゴミを吸い取りながら後方のモップシステムで水拭きを行いますので、一度の掃除で床掃除が完結します。カーペットやラグを自動で検知しますので、敷物を濡らしてしまう心配もありません。水拭き兼用タイプが控えめな価格で手に入るのは嬉しいですね。

床に置くだけの磁器境界線テープが標準で付属していますので、掃除して欲しくない部分を手軽に設定できます。お掃除ロボットと言えば床に物を置けないイメージがありますが、進入禁止エリアをカスタマイズできると導入のハードルが下がりますね。衝突防止センサーも搭載されていますので、うっかり片付け忘れた荷物も、自動で回避してくれます。

neabot-Neabot Neabot NoMo N2(39,800円)

自動集塵機能付きでも低価格

吸引と水拭きに加え、自動集塵のついたロボット掃除機に憧れますね。自動集塵機能は各社のハイエンドモデルに多いので10万円を超えるものが多く、なかなか手が出しづらいもの。こちらの機種なら、一人暮らしでも導入しやすい価格帯です。

高性能なセンサーを搭載しているため、気になる障害物への衝突を防ぎます。壁との距離を1cmに保ちながらしっかり隅までお掃除。最大2700Paのパワフルモードや、深夜早朝でも使いやすい静音モードなど、多様な設定も可能です。スマホで複数の部屋のマップ管理もできますので、家中を綺麗に保つことができますね。

小型でおすすめの一人暮らし向けロボット掃除機

Panasonic-RULO mini MC-RSC10(40,545円)

三角の形状が隙間にフィット

縦横が約25cmの小型ロボット掃除機です。椅子の間や、ちょっとした隙間にも入っていけるコンパクトさです。ロボット掃除機は円形が一般的ですが、こちらは独特の三角の形状。壁や家具の隅まで、しっかりとゴミをかき取ります。

クリーンセンサーを搭載しており、見えないハウスダストや花粉もしっかり検知します。アレルギーを持っている人はこまめなお掃除が欠かせませんが、自動化できると生活が楽になります。ゆっくりとした走行で掃除音を控えるモードも選べますので、お掃除ができる時間帯が増えるのも嬉しいですね。

Panasonic-Rollan MC-RM10(32,500円)

収納までコンパクトな床拭きロボット

水拭きと乾拭きができる、床拭きロボットです。本体のサイズは約24cm、高さ8cmのコンパクトさ。充電時も本体に充電ケーブルを差しこむ簡単仕様なので、大きなステーションを設置する必要がありません。家具の下に収納することもできますので、狭いお部屋でも邪魔になりませんね。

モップは本体のバーに巻き付けて利用するタイプですが、セットはボタン一つのワンタッチ。約5分半おきに約30度ずつ回転しますので、モップの綺麗な面を出しながらお部屋を拭き取ります。専用のモップは洗って繰り返し利用可能で、クイックルワイパーシリーズの使い捨てシートも利用できます。お手入れの手間を軽減できるのは嬉しいですね。

Dyson-Dyson 360 Heurist(111,790円)

ダイソンの特許技術を応用したロボット掃除機

ダイソンと言えばスティッククリーナーのイメージが強いですが、ロボット掃除機も販売しています。ダイソンならではの強力な吸引力でパワフルにお掃除。本体の幅ギリギリまで使ったブラシバーのおかげで、確実にゴミを取り除きます。狭い隙間にも入っていけますので、何度も往復する必要がありません。

ころんとした独特のボディは幅23cm、奥行24cmとコンパクト。高さが12cmとロボット掃除機としては厚めですが、その分ボディを傾けて障害物を乗り越えることができます。掃除をしながら部屋を学習して記憶しますが、専用のスマホアプリでエリア別けも可能。吸引力と利便性を兼ね備えた、ダイソンファン必見の機種です。

日立-minimaru RV-EX1(35,960円)

きびきびと賢く働くAIを搭載

直径約25cmと、名前の通りミニマルなロボット掃除機です。複数のセンサーを使ってお部屋の状態を瞬時に判断。小型のボディを生かして、家具が密集しがちな狭いお部屋も賢く掃除してくれます。充電時も奥行30cm程度なので、邪魔になりにくいですよ。

走行をコントロールするAIも搭載しており、100パターン以上の中から最適な動作をします。壁際ではしっかりと端に寄って首振り動作をし、テーブルや椅子周辺は脚の部分でくるくると一周してゴミを集めます。本体のスイッチや付属のリモコンで操作をしますので、Wi-Fi設定やスマホでの操作が苦手な方にもおすすめです。

まとめ

髪の毛もしっかり取れる一人暮らし向けロボット掃除機がおすすめ

ロボット掃除機があれば、日々溜まるホコリや髪の毛もしっかり掃除して、気持ちのいい床で過ごせます。一人暮らしは、全ての家事を自分でこなす必要があり大変です。うまく活用して自由な時間を確保したいですね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*