一人暮らし向けのコンパクトなカウチソファおすすめ人気比較ランキング!【レイアウトも】

一人暮らしの空間は狭いので自由にカスタマイズをするのは難しいと悩みますよね。そこで、簡単にオシャレな空間を作れるワンルームサイズのカウチソファをおすすめします。近年、一人暮らしでもコンパクトなサイズであれば設置しやすいとして人気になっています。今回は異なる希望に合わせて、おすすめで人気の一人暮らし向けカウチソファを紹介しています。さらに、インテリアの実例も紹介しているので初心者の方でも取り入れやすいですよ。ぜひ自分の好みに合わせて、カウチソファで素敵なお部屋作りをしてみませんか。

カウチソファとは?

足をゆったり伸ばしても余裕の広さを持つソファ

カウチソファとは、背もたれが低く座面部分が長いことで寝転ぶことができる長い椅子のことを言います。座面が長いだけでなく、ソファにオットマンを付けて足を伸ばす形もありますよ。一般的なソファは足を地面に付けて座ることが多いのに比べ、カウチソファは座ったまま丁度良い高さで足を置くのでくつろぎ感を味わえます。様々な形に変化ができるので、お部屋の広さや家具の配置に合わせて置くことができるのも魅力です。

一人暮らし向けカウチソファの特徴

ワンルームでも圧迫感なくゆったり過ごすことができる

一人暮らしに多いワンルームであれば家具の数は限られますよね。コンパクトなカウチソファは肘置きや背面の形を変えられるものもあります。カスタマイズが可能なので他のカウチソファよりも、スペースを気にせず自由に配置することができます。

急な来客でもその場でレイアウトを変えられる

一人暮らしだと自分以外の椅子を用意するのは厳しい面がありますよね。普段足を置く時に使うオットマンを切り離し、テーブルをまたいで置くことで椅子の代わりになります。自分のお部屋に合ったコンパクトに収まるカウチソファを使うことで、手軽に準備が可能です。いつでもお客さんを呼べる環境に変わりますよ。

一人暮らし向けカウチソファの種類

L字型タイプ

狭い部屋でも配置の仕方に困らない

L字型タイプであればお部屋のコーナーに沿って配置ができるので、通路の確保を気にしなくて済みます。窓側の近くに置くことで開放感も生まれます。オットマンが移動できるのであれば、右側か左側かでL字型の向きも変更できますよ。

また、コンパクトサイズなのに横になって寝転ぶこともできますね。普通のカウチソファと同様に足が伸ばすことでリラックス空間を作れます。部屋の構成を考えるのが面倒な方はまずL字型タイプから始めてみることをおすすめします。

セパレート型タイプ

オシャレにおもてなしができる

セパレート型タイプであれば好きなように組み合わせが可能です。パーツが分割されているので、シチュエーションに合わせて臨機応変に配置を変えることができます。頻繁にインテリアを変えたい方にはピッタリだと言えますよ。

パーツが分割されていることで、お客さんの人数に合わせて椅子が用意できます。一人でも簡単にカウチソファの移動が可能なのは嬉しいですよね。移動のしやすさからスムーズに床掃除ができるのもメリットです。

一人暮らし向けカウチソファの選び方

お部屋の広さで選ぶ

6畳ならベッドの代わりになるフルフラット型を

ワンルーム6畳程ならベッドの代用としてフルフラットになるものをおすすめ。肘置きや背面がリクライニングになることで好きな高さに調整することができます。コンパクトなカウチソファを購入しても、ベッドがあると片方だけ頻繁に使い、カウチソファが物置となる恐れがありますよね。お部屋を圧迫させず、普段から用途に合わせて使いやすい状態にするのが重要です。

8畳なら自由に動かせるオットマン付き

8畳の部屋になると広さにゆとりが出てくるので、セパレートになるオットマン付きがぴったりです。他の家具の配置とバランスを見ながら、オットマンを移動させることでカウチソファの形を変えられます。さらに、食事をするテーブルに加えて、オットマンをミニテーブル代わりにすると軽食も可能に。お部屋の広さに余裕がある方はオットマン付きで配置を調整してみてください。

組み立て方で選ぶ

連結金具が付いているので工具不要で組み合わせられる

複雑な説明書を読むのは面倒ですよね。連結金具であれば女性の方でも長時間費やさずに1人で組み立てることができます。付属のネジを手で回すものや、あらかじめ付いている金具にはめるものも。金具で固定されているのでずれてしまう心配はありません。引越しをする際などにも解体できるとストレスなく他の準備に取り掛かれますよ。

お部屋の印象を変えたいならソファの足が取り外せるものを

カウチソファでお部屋の雰囲気を変えたい方にはおすすめですね。例えば冬の時期にソファの足を外せば、こたつの高さに合わせて使うこともできます。さらに、デザインや素材によって脚の模様替えができるので可愛らしさや大人っぽさなど雰囲気を変えられます。ソファの形状を変えるだけでなく、脚の部分もカスタマイズできるのでお部屋のアレンジが楽しくなりますよ。

素材で選ぶ

節約するなら長く使える丈夫なポケットコイル素材

ポケットコイル素材は大量のコイルが1つ1つバネとなりしっかりしているので、へたりにくいのが特徴。従来の素材は体全体を面で受け止めますが、ポケットコイル素材はそれぞれバネが独立しているので重さを分散できます。他の素材は平均3〜5年程のところ、ポケットコイル素材であれば平均7〜9年と約2倍長く使うことが可能です。頻繁に買い替えずに済むので、コスパを意識している方にはおすすめです。

長時間座っても疲れを感じさせないウレタン素材

ウレタン素材はゆったりと体にフィットしやすい構造。中身である液体の薬品が膨らむことで大きなスポンジのようになり体を支えてくれます。何度も負荷をかけすぎると、少しへたりやすいデメリットがあります。5種類ほどタイプが異なりますが、その中でも低反発か高密度のタイプを選ぶことでより耐久性が上がりますよ。日頃から長時間ソファの上で作業する方には当てはまると言えます。

生地で選ぶ

ソファの上で寝てしまう方は心地良いファブリック製

ファブリック素材は季節を気にせず快適に過ごすことができます。一日中ソファの上で過ごす方は、常に触り心地が良いと嬉しいですよね。ソファの生地によって、夏場だと汗が染み込む、冬場だと冷たく感じるなどデメリットがあります。ファブリック素材であれば心配する必要がありません。また、レザーよりも厚みが少ないので柔らかい座り心地になります。汚れが付きやすいこともあるので、洗えるタイプを選ぶと良いですよ。

万が一よごれてしまってもさっと拭き取れる合成皮革製

合成皮革なら液体が染みてしまうことはないのでお手入れがしやすいです。ソファを食べ物などで汚してしまうとなかなか掃除がしにくく、跡が残ってしまうこともありますよね。合成皮革は樹脂系素材が使われているため、汚れに強くなっています。また、表面が加工されているのでダニの心配をする必要がありません。常に清潔感を保ちたい方にはおすすめですよ。見た目も綺麗なデザインになっていて、高級感を感じられます。

一人暮らし向けカウチソファのインテリア実例

落ち着いた色で派手すぎない大人可愛い雰囲気

カウチソファに可愛らしい小物を添えて

大人でも甘すぎない可愛らしい空間が実現できています。あえてグレーのカウチソファを選ぶことで、ピンクや白のインテリアが映えてきます。ベッドとカウチソファの間に棚を置くことで、お部屋の狭さを感じさせない配置になっています。小さな大理石柄のミニテーブルを置くことで、高級感も引き出せていますね。

スタイリッシュでカッコつけすぎない印象に

シンプルなデザインなので自分の空間に入りやすい

窓側近くに置くことで開放感のある空間になっています。脚の部分は木材が使用されているので、観葉植物とも雰囲気が合っていますね。黒い家具だと重い雰囲気になりやすいですが、カーテンやクッションを明るいものにすることで暗さを感じさせません。シンプル過ぎず落ち着いた雰囲気が作り上げられています。

お部屋に自分だけの映画館空間を

テレビを置かずにカウチソファのスペースを確保

パソコンなどが置けるテーブルとして切り離しができるオットマンを使用しています。窓側にカウチソファを寄せることで、真ん中に空間が開き広々と感じられます。また、テレビを置かずプロジェクターを使い、壁に投影することで自分だけの映画館が作れますよ。家具の数を減らしてバランス良く作れています。

お部屋の真ん中に置きカウチソファをメインに

L字型に配置してお部屋のスペースを上手く活用する

他の家具を邪魔しないよう、切り離しができないL字型のカウチソファが配置されています。座面が長い方にテレビを置くことで、足を伸ばしながら視聴できます。さらに、窓側に向かって置くことで光が差し込み、気分も晴れやかになりますね。リビングでゆったりしたい方におすすめのレイアウトです。

まるで北欧に訪れたかのような安心できる場所

温かみのあるデザインでよりリラックスした空間を演出できる

脚が取り外されたロータイプのカウチソファにすることで、よりゆったりした空間になっています。カウチソファに合わせたベージュのカーペットを敷くことで、お部屋に統一感が出ています。木材のミニテーブルを置くことで北欧インテリア特有の温かみのある雰囲気が実現できていますね。

一人暮らし向けカウチソファ のおすすめブランド・メーカー

LOWYA (ロウヤ)

スタイリッシュなデザインにこだわっている

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

他のメーカーに比べて細かくオシャレなデザインを意識しています。魅力を上げるために、脚の部分には天然の木を取り入れていますよ。中でも背面にボタン留めのデザインが人気で高級感のある印象にしてくれます。大人な雰囲気にしたい方にはマッチするものが多いと言えますね。

ニトリ

布地を使ったカジュアルデザインが豊富

グレーやブラウンなど温かみのある色味が豊富に揃っています。シンプルなデザインが多くどのお部屋にも合わせやすくなっています。リクライニングや折りたたみ式など機能が付いていながらお手頃価格から試せるので、初心者の方にはおすすめですよ。

生活雑貨

座り心地を最優先に意識されている

コンパクトなのに狭さを感じさせない一人暮らし向けのカウチソファが多数販売されています。特にリクライニング付きのタイプが人気となっています。また、他のカウチソファに比べて座面高が少し高めになったものも。普段からソファに座る人のことを考えて作られたものが提供されていますよ。

CELLUTANE(セルタン)

和楽シリーズが人気

様々な種類のカウチソファが揃う中で、和楽シリーズは一人掛けから二人掛けまで用意されています。背面が高めのものがあり、リクライニングで少し倒すことで休憩が取れます。また、大人な雰囲気にできるヴィンテージ風が人気。機能面とデザイン面の両方で優れていますね。

SOFA STYLE(ソファ スタイル)

もちもち感触の大きめなカウチソファが多数

北欧風のインテリアにはぴったりなカウチソファが揃っています。特に床に直接置ける大きめなスタイルが人気です。また、3Wayタイプにもなっているのでゆったり休むことができますよ。ワンルームに置きたいけど、なるべく大きめなカウチソファが欲しい方にはおすすめです。

おすすめ&人気の一人暮らし向けカウチソファランキング

高級感のあるおすすめの一人暮らし向けカウチソファ


LOWYA-2人掛け カウチソファ(41,990円)

上品な素材でよりシックな印象に
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 81ioYjaTmNL._AC_SX466_.jpg
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

コンパクトなサイズでありながらも、ボリューム感のあるクッション素材で体全体をカバーしてくれるソファ。クッションも2つ付いてくるので、ワンランク上の充実したおうち時間を過ごせます。脚もハイタイプとロータイプの2種類からカスタマイズができます。クールな雰囲気にしたい方にもおすすめですよ。

見た目が高級感だけでなく、中身においても必要ですよね。座面部分にはウレタンとポケットコイルを同時に使った構造なので、快適な座り心地を体感することが可能です。耐久性もしっかり整っているので長く使うことができます。

生活雑貨-オットマン付き カウチソファ(31,990円)

まるでホテルに置いてあるようなデザイン

お部屋をグレードアップしたい方におすすめのカウチソファです。落ち着いた色合いなので、どんなお部屋にも取り入れやすくなっています。普段からシンプルなお部屋の方は特にグレーの色が馴染みやすいと思いますね。

そこまで大きくないサイズなので、威圧感も感じられないようになっています。様々なスタイルに変えられるので、他のインテリアとも合わせやすいです。片方には肘置きも付いているので、リラックスすることができますよ。

Luna-ヘッドレスト付き カウチソファ (32,800円)

頭の高さに合わせて3段階変えられるヘッドレスト

全体的にカウチソファの背面が高いものは少ないので、頭の置き場に困ってしまいますよね。カウチソファには丸みのあるヘッドレストが付いていて、3段階で自分の好みの高さに合わせることができます。長時間読書やパソコンを使った後に頭を置いて目を休められます。

コンパクトなサイズでありながらも、奥行きが63cmと広々と座ることができます。ソファに横並びになってオットマンを付けると、3人座れるスペースにもなります。広々と体全体を伸ばしたい方にはぴったりです。

オシャレでおすすめの一人暮らし向けカウチソファ

Chammy-エレガントなコンパクトカウチソファ オットマン付き (21,990円)

女性の方には嬉しい可愛らしいデザイン

コンパクトサイズなのにオットマン付きでも狭く感じさせないカウチソファです。オットマンを使ってミニテーブルや足置きにもできますね。全体的に丸みを帯びているので、優しい印象にしてくれます。淡い4色から選べるので女性の方には必見ですよ。

また、自社製造のポケットコイル素材を使用しているのでコンパクトでも体の負担をしっかり抑えてくれるところも魅力です。デザインはダイヤモンドステッチなので、オシャレになっています。可愛らしい小物と合わせやすくなっていますね。

ELFI-スツール付き コンパクトソファ(25,990円)

背面はゆるやかなカーブで魅力的に

背面が48cmから25cmまでとゆるやかな曲線になっていて、後ろから見てもオシャレに見えるコンパクトなカウチソファ。座り心地は少し柔らかめになっているので、横になって休むにはピッタリです。また、ファブリック製を使用しているのでカウチソファを頻繁に使用する方にはおすすめです。

付属のクッションには高級羽毛のようなシリコンフィルが使われていて、長持ちしやすくなっています。カウチソファだけでなくオットマンも脚が取り外せるので簡単にローソファにスタイルチェンジすることもできますよ。

Stella-肘リクライニング付き ソファベッド(22,990円)

多機能が付いてるように見えないシンプルなデザイン

サイズ感がコンパクトで、見た目がスタイリッシュにも関わらず便利な機能が隠されたソファになっています。両肘はリクライニングが可能で、背もたれを伸ばすとソファベッドに変わります。女性の方でも無理なくスタイルを変えることができますね。

折りたたみ込まれたベッドの部分があるので、座った瞬間厚みを感じます。他のカウチソファよりも弾力があるので、疲れにくくなっています。パステルカラー以外にもブラウンやネイビーもあるので男性の方にもおすすめですよ。

Potarico Publicc-収納付きカウチソファ(37,800円)

座面を上げると大容量の収納付き

コンパクトなカウチソファを置いても場所を取ってしまいそうで心配な方にはおすすめです。ワンルームに置けるサイズなのに、座面を持ち上げると収納スペースが出てきます。大きな収納棚を買わずに済み、ゆとりあるスペースを確保できますよ。

また、丸みを帯びたオットマンとクッションの相性が抜群です。背面を倒すことで広々と横になることも可能に。ソファのアレンジができて、中身を使うこともできるのでメリットが沢山積み込まれたものになっています。

洗うことができるおすすめの一人暮らし向けカウチソファ

With:)SOFA-ウィズキャスター付き洗えるソファベッド (22,800円)

キャスター付きでスムーズに移動させやすい

5色の洗えるカバーを選ぶことが可能で、季節に合わせて色を変えられるソファになっています。また、リクライニングが付いた3Wayなので小さめながらもスタイルを変えられます。背に折りたたみ式の脚があるので、毎回足を付ける作業はありませんよ。

コンパクトサイズであっても持ち上げるのは一苦労と感じる方もいますよね。移動する際には後方に付いている360度回転するキャスターを使い、手軽に好きな位置へ動かせます。重いものを持ち上げるのは疲れると感じる方にはおすすめです。

LOWYA-カバーが全面洗える 2人掛けソファ (39,990円)

マジックテープで簡単に取り外しができるカバー

シンプルなネイビーとグレーの2色から選べ、全面洗えるカバーが付いたソファです。ソファの上で食事を済ます方にはおすすめですよ。カバーにはマジックテープがついているので洗濯する際にはドライクリーニングを使用するなど注意が必要です。

ワンルームで収めたいけど広々とした空間を確保したい方にはぴったりです。また、肘置きの部分が低くなっているので寝転んでも足を置くことができます。座って右側の肘置きは幅18cmで本などを置けるテーブル代わりにもなりますよ。

お手頃価格で買えるおすすめの一人暮らし向けカウチソファ

LIRAKU-ワンルームにも置けるカウチソファ(9900円)

どんなお部屋にも合わせられる豊富な10色

両肘には6段階のリクライニングが付いているので、簡単に寝転ぶ体勢に変えられるソファ。さらに背もたれも倒せるので、自分の好みに合わせてリラックスができます。ボリューム感のある座面なので、座り心地も快適に。

また、ソファの脚も簡単に外すことができるので手軽にローソファになります。低価格なのに豊富なカラーバリエーションに加えて、様々なスタイルへと試せるのは嬉しいですよね。ソファのスタイルをコロコロ変えたい方にはおすすめです。

KOLME-3WAY ソファベッド (8481円)

スペースを最小限に複数のスタイルが試せる

一人で座るときには折り畳んで普通のソファのように、座面を広げるとあっという間にカウチソファに変わります。さらに広げるとソファベッドになることも可能に。カウチソファをまずは試してみたいと思う方は購入するのがおすすめですよ。

コンパクトサイズであっても、座り心地を減らしているわけではありません。折りたたみ式なので、約25cmの分厚いクッションになっています。背もたれには14段階のリクライニングが備わっているので、好きなように調節ができますね。

DOSHISHA -シングル カウチソファ(14,800円)

両サイドにはポケットがついている

肘置きの裏側にはポケットが付いていて、リモコンや雑誌などを入れられるカウチソファになっています。物をついつい無くしがちな方には使い勝手が良いですよ。2個のクッションカバーは洗うことが可能で、サイズに合わせて自分が用意したお好みのカバーに変えることもできます。

両肘と背もたれ全てにリクライニングが付いているので、くつろぎたい体勢に合わせて変えられます。座面部分の弾力がしっかりしていて、重さに負けない構造になっています。コンパクトなサイズであっても、底つきを感じさせず体が優しく包まれた感覚に。

Leaf-3WAY ソファベッド(13,990円)

カスタマイズ豊富の大きめサイズ

床に直接置いてより広々と過ごしたい方にはおすすめです。横幅はシングルサイズと同じくらいの約103cmで体全体をゆったり伸ばせるソファです。折りたたみ式のギアが付いているので片付けるのも簡単に。手軽に掃除がしやすい機能になっています。

1色の色合いだけではなく、ブラウンとベージュを掛け合わせたデザインもあります。さらに、お手入れが簡単になるレザー生地を使った新色も登場していますよ。デザインにこだわりたい方はぜひチェックしてみてください。

まとめ

スタイルチェンジが可能なリクライニング付きの一人暮らし向けカウチソファがおすすめ

一人暮らし向けのカウチソファは、リクライニングによって2Wayや3Wayとタイプを変えられるものがおすすめ。一般的なカウチソファはオットマンによって足の位置を変えるだけのタイプが多いと思います。リクライニングによって背の傾きを変えられると、リラックスした体勢にできます。一人暮らしはスペースが限られているので、ベッドの代わりになると家具を減らせますよね。コンパクトであっても窮屈感を気にせずゆっくり休めるのが魅力です。今回はそれぞれの用途やお部屋のイメージに沿ってランキング形式でご紹介しました。ぜひ一人暮らしの空間をお部屋に合ったカウチソファで有意義な時間を過ごしてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*