おすすめのティープレス人気比較ランキング!【使い方も】

紅茶をおいしく淹れるのは、少し難しいと感じることはありませんか。そんな人におすすめしたいのが、ティープレスです。一台で蒸らしと抽出ができ、手軽に美味しい紅茶を楽しめますよ。おしゃれなデザインが豊富なティープレスの、おすすめ商品をランキング化しました。アウトドアで使えるティープレスや、コーヒーと兼用できるティープレスもランクイン。選び方や使い方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ティープレスとは?

コーヒー用のフレンチプレスを紅茶専用に改良した道具

コーヒーを抽出する器具の、フレンチプレスが元になって作られたのがティープレス。茶こしなどの道具を使わず、ティープレスひとつで紅茶が作れるのが特徴です。ガラス容器で作られているものが多く、茶葉が抽出される様子を見て楽しむこともできます。

ティープレスとコーヒープレスの違い

プレスするフィルターが異なる

コーヒープレスのフィルターは、プレス後も抽出し続けるよう、コーヒー液に粉が浸ったままになる構造です。一方の紅茶は、抽出後も茶葉が抽出液に浸ったままでは、渋みが増して風味が劣る原因に。ティープレスのフィルターは、渋みが出るのを防ぐために、茶葉が抽出液に触れないよう閉じ込められる工夫がされています。

ティープレスの仕組み

蒸らした茶葉をフィルター付きの蓋でプレスして抽出する

筒形の容器に茶葉をプレスするために使うフィルターと、ポンプのような上下に動かせる器具が付いています。容器に茶葉とお湯を入れて抽出したら、ポンプで茶葉を容器の底に閉じ込める仕組み。ほかの道具を使わず、手軽に紅茶を楽しめます。

ティープレスの選び方

容量で選ぶ

2杯分なら300ml

ティーカップ1杯分は、150cc程度です。二人分を作るのはもちろん、マグカップを使って、一人でたっぷりの量を楽しみたい人におすすめですよ。300ml程度の少人数分が淹れられるティープレスは、筒型のコンパクトなものが多くラインナップされています。収納場所も取らないので、キッチンスペースが広くない人にも使いやすいですよ。

3杯より多いなら600ml以上

人が集まるときや、家族みんなで紅茶を楽しむ場合におすすめ。容量が大きいティープレスは、1人分のお湯の量がひと目でわかるよう、メモリが付いたタイプもあります。紅茶は、お湯をきっちり計量することが大切。一度に多くの紅茶を淹れるときには便利です。ティープレスの形も、筒形ものからポット型まで幅広い種類から選べます。

形で選ぶ

コンパクトに置くなら筒型

ティープレスの、オーソドックスなタイプが筒形です。テーブルに置いていても、雰囲気を邪魔しない、シンプルな形が魅力。筒形は幅を取らないので、隙間収納も可能ですよ。フタと取っ手のデザインによって、雰囲気も変わります。ウッドは、あたたかみのある印象に、シルバーはスタイリッシュな印象になりますよ。持っているカップや、家具の雰囲気に合わせて選ぶのもおすすめです。

おしゃれな見た目ならポット型

紅茶をイメージするとき、ティーポットを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。ティーポットのように丸みのあるティープレスは、おしゃれで可愛らしい印象を与えてくれます。ポット型のティープレスは、ティーカップと並べて置いても映えるデザインが特徴のひとつ。ティータイムを、目でも楽しみたい人におすすめの形です。

素材で選ぶ

外にも持って行ける丈夫なステンレス製

おいしい紅茶を、外出先やアウトドアでも楽しみたい人におすすめのティープレスが、ステンレス製です。ステンレスは、アウトドア製品にも多く取り扱われている素材。錆びにくく、衝撃に強いほかに耐熱性もあるので外でも安心して使用できます。自宅や外など、好きな場所で使えるのが、ステンレス製ティープレスの良いところです。

様々な茶葉が楽しめる匂い移りがしないガラス製

ガラス製のティープレスは、本体に耐熱性のガラスを使っているものが主流です。初めてティープレスを使う人は、ガラス製のものを選ぶのがおすすめですよ。ガラス製は、におい移りや色移りしにくいのが特徴。透明なガラスから、茶葉が広がって抽出されていく工程が見られるのも、楽しみのひとつです。ゆっくりと動く茶葉を、見ているだけで癒やされそうですね。

ティープレスのおすすめブランド・メーカー

BODUM(ボダム)

デザインと機能性が高い

コーヒーやティー関連のアイテムを中心に、キッチンアイテムを展開しているデンマーク生まれのメーカーです。BODUMティープレスは、英国紅茶協会のためにデザインされたもの。美しいフォルムと、高い機能性のあるティープレスが揃っています。

HARIO(ハリオ)

耐熱ガラス製の商品が豊富

耐熱ガラスで有名なハリオからも、ティープレスが販売されています。ガラスとシルバーを基調としたデザインは、シンプルかつスタイリッシュな印象。シンプルなデザインが好きな人に、おすすめのメーカーです。

ニトリ

リーズナブルな価格がうれしい

生活用品一式が、コスパ良く揃えられるニトリ。ティープレスもリーズナブルに手に入れられます。ティープレスを試したい人や、価格を抑えつつ、機能面にもこだわって探したい人にもおすすめのメーカーです。

DAISO(ダイソー)

商品のラインナップが豊富

ダイソーには、ティー&コーヒープレスという商品名で販売されている、ティープレスがあります。100円ではなくダイソーの中では高額アイテムですが、それでもお手頃価格で手に入るのはうれしいですよね。コスパを抑えたティープレスを探している人におすすめです。

無印良品

シンプルなデザインが魅力

無印良品では、ティーコーヒープレスという商品名で販売されていました。しかし、残念ながら販売終了となってしまい、現在取り扱いはありません。無印良品のテイストに合わせるなら、シンプルなデザインのティープレスを選んでみるといいですよ。

おすすめ&人気のティープレスランキング

おしゃれでおすすめのティープレス

BODUM-ASSAM 1812-01(3,997円)

シンプルで飽きのこないデザイン

緑茶やフルーツティーなど、茶葉を選ばず楽しめるティープレスです。蒸らしたあとプレスしたら、茶葉と抽出液が触れない構造が特徴。ベストなおいしさを、キープしたまま楽しめますよ。500mlと1000mlの2種類展開しているので、使い勝手に合わせて選べます。

シンプルな、丸みのある柔らかなデザインがおしゃれ。機能性が高く、人を選ばないデザインなので、紅茶好きな人へのプレゼントとしても良いでしょう。シンプルなデザインが好きな人や、初めてのティープレスとしてもおすすめです。

HARIO-ティープレスウッド(3,984円)

ナチュラルなデザインがおしゃれ

フタにオリーブウッドを使用した、ティープレス。取っ手もガラスになっているので、ウッドが際立ち、スッキリとした印象です。無印良品など、ナチュラルテイストのデザインが好きな人に、おすすめのティープレスです。

容量は600mlあり、約4杯分を一度に抽出できますよ。普段のティータイムのほかに、来客時にも使い勝手がいいサイズです。シンプルな構造なので、洗いやすく手入れがしやすいところも、おすすめポイントです。

パール金属-ブレイクタイムティープレスHB-551(1,195円)

ブラックとシルバーの組み合わせがクール

フタと取っ手は、ラバー塗装されているため、しっかりと掴んで持てます。注ぐときに安定感があると安心できますよね。フィルターも細かく分解でき、隅々まで洗えるので清潔に保てますよ。容器には、お湯の量がひと目で分かるよう、メモリ付が付いていて便利です。

容量は350mlなので、ティーカップ2杯分が作れます。1人でも使い勝手のいい大きさがうれしいですね。クールな印象があるデザインなので、ブルックリンテイストや、モダンテイストが好きな人に、おすすめのティープレスです。

Leonardo-ティーサーバー25512(7,800円)

ドイツのガラスメーカーが作ったティープレス

一般的なティープレスは抽出後、下にプレスしますが、こちらは上に引き上げるタイプ。抽出液に、茶葉が影響しにくい構造になっています。シンプルでスタイリッシュなデザインは、シーンを選ばず使えますよ。

容量は、800mlとたっぷり。来客数が多いときにも、余裕をもって提供できます。一度に、たくさんの人数分の紅茶を用意するシーンが多い人におすすめ。500mlのタイプもあるので、用途に合わせて使い分けることもできますよ。

アウトドアにも使えるおすすめのティープレス

BODUM-TRAVEL PRESS SET K11067-XY(4,950円)

持ち運びやすいタンブラータイプ

アウトドアシーンや職場、外出先でも便利に使えるタンブラータイプのティープレスです。お湯と茶葉があれば、どこでも気軽に淹れたての紅茶が飲めるのはうれしいですよね。手軽に持ち運びたい人におすすめです。

タンブラー本体は、保温保冷効果に優れた二重構造のステンレススチールを採用。フタを付け替えると、テイクアウト用タンブラーとしても使えます。ティープレスとしても、タンブラーとしても使える便利さが魅力です。

YOOVEE-フレンチプレス(2,980円)

軽量で持ち運びも簡単

わずか250gと軽量なうえに、高さも約14cmとコンパクト設計。約2杯分の紅茶が、一度に淹れられますよ。自宅でも使えますが、丈夫なステンレス製なので、アウトドアシーンでも活躍してくれるティープレスです。

本体は二重断熱壁になっているので、中は温かさをキープし外側へ熱が影響しない作り。保温保冷効果として、約1時間はキープしてくれますよ。紅茶の場合は、保温したままにしておくと、渋みが出る原因に。抽出後は、茶葉を取り出しておくといいですよ。

あおぞら- Tea Press(748円)

手軽に使えるティープレス

茶葉をセットしたら、ティーカップに直接入れてプレスできる、便利なティープレスです。アウトドアはもちろん、オフィスや自宅でも手軽に紅茶を楽しめますよ。気軽にどこでも使えるティープレスを考えているなら、まずはこちらで試してみるのもおすすめです。

網になった部分に茶葉を入れてフタをするだけなので、抽出後のお手入れも簡単に済ませられますよ。茶葉のほかにも、ティーバッグを入れて抽出することもできます。1杯分をおいしく淹れたい人にもおすすめです。

KINTO-CAFEPRESS(1,650円)

1杯分をおいしく淹れられる

カップに、ブランジャーとフタがセットになっているので、まとめて持ち運べますよ。カップにお湯と茶葉を入れたらフタをして蒸らします。フタを取りブランジャーで押し込むと、ブランジャーがカップと一体化。そのまま飲めるので、まわりを汚さないところがポイントです。

マグカップは樹脂製で、断熱二重構造。保温効果があり、中身が熱くてもきちんと持てます。紅茶以外に、ハーブティーなども楽しめるのはうれしいですね。自宅以外の場所でも、おいしく紅茶を飲みたい人におすすめです。

snow peak-チタンカフェプレス3カップCS-111(5,580円)

本体は直火にかけられる

アウトドアメーカーsnow peakのカフェプレスです。コーヒー用のプレスではありますが、紅茶でも利用できますよ。本体は直火にかけられるので、ほかの道具を使ってお湯を沸かす手間が省けます。コンパクトに持ち運べる、アウトドア用品ならではの工夫ですね。

3カップとあるように、一度で3杯分の紅茶を淹れられます。自然のなかで飲む紅茶は、また一段と美味しく感じられるでしょう。アウトドアでも自宅でも、活躍してくれるティープレスを探している人におすすめです。

コーヒーと兼用可能なおすすめのティープレス

HARIO-ハリオールブライトJコーヒー&ティープレスTHJ-4-HSV (2,882円)

お茶の種類を選ばず使える

天然素材を使って国内工場で生産された、HARIOの耐熱ガラスが使われているティープレス。シルバーのデザインがエレガントな雰囲気で、ティータイムにぴったり。持ち手は、猫の尻尾のように優雅な形になっているのが可愛らしいですよね。

ガラス以外はステンレスで作られているので、水にも強く丈夫な作り。食洗器にも対応しているので、手入れも楽に済ませられますよ。容量は600mlあるので、人が集まったときにも重宝します。デザイン性のあるティープレスを探している人におすすめです。

ニトリ-フレンチプレスRウェーブ(999円)

コスパの良さが魅力

初めてティープレスを使う人にも、手に取りやすい価格が魅力。この価格で、紅茶だけでなくコーヒーにも使えるのがうれしいですよね。コスパだけでなく、機能性も重視したい人におすすめのティープレスです。

フィルター部分は分解できるので、細かい部分までしっかりと洗えて清潔に保てます。シンプルな構造とデザインなので、シーンを選ばず使えますよ。容量も600mlあり、マグカップでたっぷりの量を楽しみたい人にもおすすめです。

ヨシカワ-コーヒープレス&ティーサーバーSJ3306(3,080円)

5人分まで対応できる

フタと本体にゴールドが使われ、持ち手がブラックの高級感あるティープレスです。ティーカップと一緒にテーブルに置いても、絵になるデザインが魅力的。アンティーク風が好きな人におすすめのティープレスです。

本体には、お湯の量を示してくれるメモリが付いているので、初心者でも迷うことなく調整できますよ。紅茶以外にも、緑茶やウーロン茶と種類を選ばず楽しめるのがポイント。お茶全般が好きな人にもおすすめです。

Stelton-PressCoffeeMaker811(12,980円)

モダンなデザイン

適温をキープしてくれる、保温性に優れた二重壁構造を採用しています。側面にある黒いボタンを押すと、内側の容器を取り出して洗えますよ。食洗器にも対応しているので、洗い物を簡単に済ませられるのが嬉しいですね。毎日使うなら、手入れのしやすさも重要です。

保温性があるので、パーティーなどのシーンでも活躍してくれそうですね。保温する場合は、ティーバッグを使って抽出後取り出しておくと、風味が劣らず楽しめますよ。高いデザイン性ながら、機能面も充実しているティープレスです。

POLIVIAR-フレンチプレス(3,899円)

木目調の取っ手がおしゃれ

くすみカラーと、チーク材を使った取っ手が目を引くティープレスです。持ち手は、手に馴染みやすいよう、人間工学に基づいて設計されています。紅茶のほかにも、中国茶などにも対応していますよ。いろいろな茶葉が楽しめるのは、お茶好きにはうれしいですね。

ステンレスで作られているので、錆びにくく耐久性があります。保温性が高く、お湯を入れても外側は熱くならないため、安心して使えますよ。キッチンに出したままでも、インテリアとして馴染んでくれるティープレスです。

ティープレスの使い方

ティープレスとカップにお湯を注ぎ温める

温度変化をなくすために、あらかじめティープレスとカップを温めておきましょう。適温で作った紅茶を冷えたカップに入れると、温度が下がってしまう原因に。紅茶に使うお湯の温度は、100℃が望ましいです。ボコボコと泡が出るまで沸騰させましょう。沸騰したお湯は、すぐに茶葉に注いで使います。沸騰するタイミングに合うよう、あらかじめカップとティープレスを温めておくとスムーズに淹れられますよ。

茶葉とお湯を入れたらフィルターを下げずに蒸らす

温めておいたカップとティープレスのお湯を捨て、茶葉と沸騰させたお湯を入れます。お湯を入れるときに、高い位置から注いで空気を含ませることを、ジャンピングといいます。ジャンピングさせると、茶葉の成分が出やすくなりますよ。お湯が跳ねるので、やけどには気を付けてくださいね。お湯を入れ終わったら、すぐにティープレスのフタを閉めて蒸らします。フタをするときは、フィルターが下がっていないことを確認しましょう。

蒸らしが終了したらゆっくりとフィルターを下げる

茶葉同士の摩擦をなるべく減らすためにも、ゆっくりとフィルターを下げることがポイントです。ティープレスを使う場合は、最後までしっかりと下げ切りましょう。コーヒーと兼用できるティープレスを使う場合は、最後まで下げ切ってしまうと茶葉が押しつぶされてしまい、雑味の原因に。コーヒーと兼用できるティープレスを使うときは、フィルターと茶葉に少し隙間を作るように押し下げると良いですよ。

まとめ

手軽においしい紅茶を飲むならティープレスがおすすめ

ティープレスなら、紅茶初心者でも手軽に美味しい紅茶が楽しめます。容量が決まれば、あとは好きなデザインのティープレスを探してみるといいですよ。ランキングを参考に、お気に入りのティープレスを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*