おすすめの一人暮らし向けプロジェクター人気比較ランキング!【安いものも】

一人暮らしのお部屋で大迫力のホームシアターを楽しみたいけど、どう選んだらよいか分からない方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめしたいのが、一人暮らし向けのプロジェクターです。ワンルームなど比較的狭いお部屋でも、綺麗に照射できるプロジェクターを選ぶにはコツがあります。また、テレビの代わりとして使えるかどうかも判断ポイントになるでしょう。今回は、おすすめの一人暮らし向けプロジェクターをランキング形式でご紹介します。また、一人暮らし向けプロジェクターにはモバイル型と据え置き型があり、選び方にもポイントがあるので詳しく解説します。ぜひお気に入りの一台を見つけて、快適なホームシアターを楽しみましょう。

一人暮らし向けプロジェクターの特徴

自宅にいながら大画面で映像を楽しめるのでテレビの代わりになる

一人暮らしでテレビを持たない方も増えているのではないでしょうか。それでも、友達を読んだときや一人で過ごす休日など、映画やスポーツ観戦などの娯楽は楽しみたいと思う場面が、ありますよね。そんな時に、プロジェクターはテレビの代わりとして大迫力な映像を楽しむことができます。

スマホやWiFiを繋いでNetflixやYouTubeを見ることができる

ホームプロジェクターは、スマホやWiFiを使ってネットに接続するだけで、自分の好きな映像を見ることができます。大画面でゲームやスポーツ観戦、映画を楽しむなど、テレビ以上に楽しむことができ、映像の幅が広がります。一人暮らしのお家時間の娯楽にピッタリですね。

一人暮らし向けプロジェクターの種類

モバイル型

部屋の中での移動や外出先にも持ち運びやすい

モバイル型は小型サイズのプロジェクターで、違う部屋で使用したりキャンプなど外にも持ち運んで使用したりすることができます。テレビを置く場所がない場合でも、壁さえあれば投影できるものもあります。収納もしやすく持ち運びもできて、どんな場所にも照射して映像を楽しむことができますね。

ただ、モバイル型はサイズを小さくしているので、据え置き型と同じ価格帯で比較すると、映像の明るさや画質などのスペックが劣ることもあります。逆に、メリットとしては、軽量で扱いやすいことがあげられます。また、バッテリー機能付きで電源がない場所でも使えるものもありますよ。キャンプなど野外でも使いたい方におすすめですよ。

据え置き型

部屋の決まった場所で投影するなら使うたび調整が不要に

据え置き型は、モバイル型と比較するとサイズは大きく、いつも決まった場所で使う方におすすめです。常に同じ場所に置いておくため、調整がすることなくすぐに使えるので、起動までの時間が短く済みます。気軽にプロジェクターを使いたい方は、据え置き型がおすすめですよ。

ただ、据え置き型には、一般的にバッテリー機能がありません。そのため、使える場所が限られてしまうことも。メリットとしては、モバイル型の同じ価格帯のものを比較すると、画質や明るさなどのスペックは優れているものが多いですよ。一人暮らしの部屋でどう使いたいかで選ぶようにしましょう。

一人暮らし向けプロジェクターの選び方

推奨投影距離で選ぶ

100インチ以上の画面サイズで投影したいときは3m程度のものがおすすめ

100インチ以上の大画面で映像を綺麗に楽しみたい場合は、推奨投影距離が3m程度のものを選びましょう。プロジェクターから出される光の焦点距離は、通常3mで100インチ程度の画面サイズを映すことができます。そのため、100インチ程度の画面サイズで見たい方は、推奨投影距離を確認するとともに、本体を壁やスクリーンから3m程度離せる位置に置けるかを確認しておきましょう。同時に、投影サイズが思ったより小さいということを防ぐために、プロジェクターのスペックとして最大投影サイズの確認もしておきましょう。スクリーンや壁の大きさ、見たい場所との距離に合わせて、画面の大きさがどのくらいだとちょうどよいか、事前に確認しておくと良いですよ。

ワンルームなどコンパクトな部屋で楽しみたいときは1m以下の短焦点モデルがおすすめ

ワンルームなどコンパクトな部屋で大迫力な映像を楽しみたい場合は、推奨投影距離が1m以下の単焦点モデルがおすすめです。単焦点モデル以外のものを選ぶと、プロジェクターと映したい壁やスクリーンとの距離が充分に取れないと画面が小さくなってしまいます。単焦点モデルだと距離が短くても綺麗な映像を大迫力で楽しむことができますよ。

OS搭載の有無で選ぶ

WiFiに繋げただけでNetflixなどの動画コンテンツを見るにはOS搭載有り

OS搭載有りのプロジェクターを選ぶと、家のWiFiにプロジェクターを接続するだけで、ネットを通してNetflixなどの動画コンテンツを楽しむことができます。スマホなどを使う必要がないので、スマホの通知が画面に映って邪魔になることがありません。ホームシアターとして、映像を集中してみたい方におすすめですよ。

比較的安価にスマホなどのデバイスを繋げて映像を見るにはOS搭載無し

OS搭載無しのプロジェクターを選ぶと、スマホなどと接続して映像を見ることができるようになります。OS搭載有りに比べて比較的安価に導入が可能。画質や明るさなどのスペックも、OS搭載有りのプロジェクターに比べてコストパフォーマンスも高くなります。ネット動画を中心に観るのではなく、ゲームにも接続してプロジェクターを楽しみたい方は、比較的安価にプロジェクターを導入できるのでおすすめです。

画面の明るさで選ぶ

部屋を暗くして映像を見るなら比較的安価な500~1000lm

プロジェクターを使う時間帯が夕方や夜の場合や、部屋を暗くして映画を楽しむのが中心の方は、明るさが500lmから1000lmの機種で充分でしょう。明るさは本体のスペックに関わってくるので、画面の明るさが暗い機種の方が、比較的安価にプロジェクターを導入できます。仕事のあとに、一人暮らしの部屋でゆっくり映画など楽しみたい方には、500~1000lmの落ち着いた明るさの機種がおすすめです。

明るい部屋でも楽しみたい場合は3000lm以上

明るい時間帯での投影や部屋の照明をつけたままプロジェクターの映像を観たい方には、明るさが3000lm以上のプロジェクターを選びましょう。500lmから1000lmのプロジェクターだと、明るい部屋では映像が見えにくくなってしまう傾向にあります。部屋の中が明るくてもプロジェクターで綺麗な映像を見たい方は、プロジェクターの明るさをしっかり確認してみてくださいね。

一人暮らし向けプロジェクターのおすすめブランド・メーカー

Anker Japan(アンカー・ジャパン)

高性能なプロジェクターなどのPC周辺機器を低価格で提供する

スピーカーメーカーとしても有名なアンカー・ジャパン。アンカーのプロジェクターは、コンパクトで高性能、さらに安価なモバイル型が多く展開されております。スピーカーとしても鮮明な音質が特徴で、使い勝手が良いですよ。

BenQ(ベンキュー)

使い勝手の良い補正機能が充実しているプロジェクター製品を提供する電機メーカー

モバイルプロジェクターから据え置き型まで、幅広く展開されている電機メーカー。液晶モニターなどの製造としても有名で、映像のスペックが高いことが特徴です。ベンキューのモバイル型プロジェクターは、高さなどの調整もしやすく一人暮らしの部屋にピッタリですよ。

EPSON(エプソン)

ビジネス用から家庭用プロジェクターまで幅広く手掛ける

日本製のメーカーで、品質が高く映像が綺麗。一人暮らしの部屋に据え置き型プロジェクターとして導入するのにピッタリです。映像の質を求める方におすすめの家庭用プロジェクターが展開されていますよ。

SONY(ソニー)

独自の搭載技術で美しい音声と映像表示にこだわっているプロジェクターが特徴的

美しい音声と映像表示技術が高いソニー。独自の搭載技術で、プロジェクターでありながら素晴らしい音声を楽しむことができます。プロジェクター自身のデザインもすっきりしていて、一人暮らしの部屋に置いても景観を損ねないでしょう。

おすすめ&人気の一人暮らし向けプロジェクターランキング

モバイル型でおすすめの一人暮らし向けプロジェクター

Anker-Nebula Capsule II (69,990円)

OS搭載有りで明るさも充分なモバイル型プロジェクター

OS搭載有りで、WiFiにつなげるだけで様々なアプリから動画が見ることができます。また、ハイビジョンの解像度に充分な明るさで、昼間や照明つけたままでも映像を視聴できます。機能面にこだわる方におすすめですよ。

また、360度スピーカーにも対応しているので、単体のスピーカーとしても使用可能です。天井にも投影可能なので、様々な場所に持ち運んで映像を見ることができます。バッテリー内蔵で動画であれば約2.5時間の長時間再生が可能で、キャンプなどでも充分楽しむことができますよ。

UENO-mono-KABENI PRO (44,800円)

コンパクトで充分な明るさの投影を可能にしたプロジェクター

重量わずか465gというコンパクトな見た目が特徴的なモバイル型プロジェクター。付属の三脚もついているので、天井への照射も可能です。OS搭載有りなので、壁とWiFiさえあれば様々な動画を楽しむことができますよ。

また、3000ルーメンと充分な明るさがあるのも特徴で、スクリーンを準備しなくても壁に照射できますよ。ケーブルさえあればスマホの動画や写真を大画面でミラーリングもできます。豊富な機能がついているにもかかわらず、取り入れやすい価格なのも魅力です。

BenQ-モバイルプロジェクターGV1 (59,919円)

補正機能充実で使いたい場所ですぐに使える手軽さ

本体の角度調整用の傾斜ヒンジを使って、15度の範囲まで調整することができます。垂直自動台形補正機能があるため、すぐさま適切な四角形に自動で補正してくれます。三脚などを使わず本体のみで調整可能で手軽に持ち運んで照射することができるのでおすすめですよ。

チャンバーオーディオ構造で迫力ある音声をクリアに再生してくれるので、Bluetoothスピーカーとしても使用可能です。明るさは200lmなので、夜暗い場所で落ち着いた映像を見るのに適しています。OS搭載なので、WiFiに接続するだけで様々なアプリを使えるのが嬉しいですよね。

Aladdin -小型プロジェクター (88,443円)

インテリアに馴染むおしゃれな見た目が特徴的なプロジェクター

見た目の美しいフォルムが特徴的なプロジェクター。インテリアに馴染むので、部屋においても空間のワンポイントになっておしゃれですよね。OS搭載有りなので、WiFi接続のみで数多くの人気エンタメアプリを利用できます。

昼間でも申し分ない明るさで、テレビ替わりにも使用できます。本体のみで照射角度の調整が10度まで可能で、台形補正もできるので、三脚をわざわざ設置する必要がありません。見た目のおしゃれさと機能性を兼ね揃えていて、おすすめですよ。

sony(ソニー)-超単焦点ポータブルプロジェクター (123,920円)

ワンルームに嬉しい超単焦点で大画面を楽しめる

プロジェクター本体を、壁やスクリーンから充分に離すことができない時に使える、超単焦点プロジェクター。手のひらサイズなのに、壁から約28㎝離すだけで最大80インチまで映像を楽しむことができますよ。手軽に省スペースで使えるのが魅力的ですよね。

また、時計や今の天気を表示したり、画像をポスターのように楽しんだりすることもできます。Bluetooth Low Energy(BLE)の搭載によって、プロジェクター本体の電源を操作しなくてもスマートフォンに近づいたのを検知すると自動的にコンテンツを再生します。プロジェクターの使い方の幅が広がりますよ。

据え置き型でおすすめの一人暮らし向けプロジェクター

エプソン-EB-E01 (46,930円)

シンプルな性能と使いやすさを追求したプロジェクター

明るさ3300lmで充分な明るさが嬉しい据え置き型のプロジェクター。形状は安定感のあるボックス型。充分な重量があるので、据え置きには安心できます。台形補正もしっかり行うことができて、綺麗に映像を見ることができますよ。

据え置き型なので、調整の手間がかからないのも嬉しいです。電源を付けたらすぐ起動可能なので、使い勝手が良いですよ。OS搭載無しでシンプルな操作画面なので、最低限の機能を揃えたプロジェクターをお探しの方におすすめです。

Aladdin-popIn Aladdin (129,800円)

家庭用の引掛シーリングに設置して照明とプロジェクターとして

特別な工事は不要で、家庭用の引っ掛けシーリングに設置するだけの照明機能付きプロジェクター。すぐに起動可能なのが嬉しいですよね。壁時計や風景など、様々なものを常に壁に映しておけるので、プロジェクターの使い方の幅が広がりますよね。

明るさも充分なので、昼間でも照明をつけたままでも映像を楽しむことができますよ。天井の照明機器と一体となっているので、場所を取りません。OS搭載有りで、専用アプリで地デジも見られるなど、様々なコンテンツを楽しむこともできます。

天井にも映せるでおすすめの一人暮らし向けプロジェクター

UENO-mono-KABENI  (34,800円)

スマホサイズで持ち運び自由で天井に投影できる小型プロジェクター

ベッドでスマホを見ていると腕が疲れてきますよね。そんな時に、こちらのプロジェクターは寝転がったまま天井に投影ができるので、ストレスなしで映像を楽しむことができます。付属の三脚がついているので、角度調整が自由自在なので調整が楽に行うことができます。

明るさは1000lmなので、部屋を暗くして落ち着いて映像を楽しむことができます。スマホサイズで軽量なので、使わない時は場所を取らずに収納可能。気軽に持ち運ぶこともできます。このお手軽価格でOS搭載もありなので、高機能でコスパの良いプロジェクターですよ。

おでかけセレクト-天井投影モバイルプロジェクター (35,820円)

軽量小型なのに最大110インチの大画面と天井投影が可能

本体の大きさはテニスボールサイズで、210gの軽量小型なモバイル型プロジェクター。充電式なので、家のどんな場所にも外にも持ち運びが可能です。小型サイズにも関わらずOS搭載有りなので、WiFiに接続するだけで好きな動画アプリで映像を楽しむことができますよ。

操作は、本体のタッチパネルを使用。タッチとスライドというスマホ感覚の操作なので、シンプルで扱いやすいですよね。小型なので、天井にも投影ができます。リモコン付きなので、寝ながら操作も簡単ですよ。

FunLogy-X-03 (39,800円)

本体が90度回転するスタイリッシュなデザインで天井投影も手軽にできる

ヘッド部分が90度回転するので、従来のプロジェクターのように壁やスクリーンに投影することも、天井に向けて投影することも可能。ワンタッチで楽に調整ができます。自動台形補正と4点補正がついているのも特徴。どんな場所からの投影にも幅広く対応できますよ。

OS搭載有りなので、WiFiのみで様々なアプリから映像を楽しむことができます。また、付属でHDMIケーブルも付いているので、パソコンと接続してパソコンの画面を大画面に映し出すことも可能です。このプロジェクター一つで様々使い方ができるところが魅力ですよね。

安い値段でおすすめの一人暮らし向けプロジェクター

TOKAIZ-スマートミニプロジェクター (29,800円)

高機能でコンパクトなのに取り入れやすいお手ごろ価格が魅力

解像度4Kの高解像度で、OS搭載有り。コストパフォーマンスのよいプロジェクターです。Android9.0のOSが搭載されているので、様々なアプリから動画コンテンツやゲームなどを楽しむことができます。OS搭載有りで安いプロジェクターを探している方におすすめですよ。

また、本体のサイズはスマホの半分の大きさでコンパクト。部屋のさまざまな場所へ持ち運んで映像を楽しむことができますよ。自動台形補正機能と4点補正機能の2つがついているので、斜めからの照射でもしっかり調整をしてくれますよ。

ラマス-プロジェクターra-pd080 (11,520円)

お手軽価格でDVDの映像を視聴することができる一体型プロジェクター

DVD一体型のプロジェクターのため、DVDの映像をプロジェクターで照射したいときに便利。スピーカー内蔵でそのまま鑑賞できるので、とてもコストパフォーマンスが良いですよ。DVDの映像を頻繁に見る方におすすめの一台ですよ。

また、最大150インチの大画面照射が可能なので、大迫力な映像を楽しむことができますよ。本体色も3色あるので、インテリアに合わせて選ぶことができます。台形補正機能や簡易角度調整スタンドがついているので、置く場所に困らないですよ。

ダイワ産業-小型プロジェクター (8,980円)

シンプルな機能と操作でお手ごろなプロジェクター

画面は2400lmで、夜の映画鑑賞には申し分ない明るさです。最大170インチの大画面照射が可能で、迫力のある映像を楽しむことができますよ。スピーカーも内蔵されているので、迫力のある高音質で映画館の雰囲気を作ることが可能です。

OSを搭載していないので、操作もシンプルで簡単なのが嬉しいですね。本体は据え置き型なので、起動の手間がかからず簡単に投影することができます。台形補正機能もきちんと搭載されているので、置ける場所の幅が広がり、邪魔になりにくいです。

TENKER-小型家庭用プロジェクター (16,999円)

最大200インチの大画面にズームインできる優れもの

三脚、直置き、天吊りなど設置方法が多様なプロジェクター。据え置き型で安定感抜群だけれど、邪魔にならないのは嬉しいですよね。最大200インチの大画面にズームインできる機能付きなのも、大迫力で映像を楽しむことができますよ。

また、すでにTVstickをお持ちの方は、HDMIを使って簡単に接続することができます。シンプルだけど高機能なプロジェクターで、操作も簡単ですよ。本体の見た目のスタイリッシュで、インテリアの邪魔にならないのも嬉しいですよね。

GREEN HOUSE-ポータブルミニプロジェクター (6,980円)

お手ごろ価格で持ち運べるミニプロジェクター

重量251gで超軽量サイズのミニプロジェクター。スピーカーも内蔵しているので、このプロジェクター単体で動画コンテンツを楽しむことができますよ。HDMI接続も可能なので、ゲームやPCにも対応。使い途に幅が広がりますね。

プロジェクターを導入しやすいお手ごろ価格も魅力的。角度調整ねじもついているので、手軽に設置することができます。リモコンもついているので、離れたところからでも手軽に操作できますよ。初めて使う方に、おすすめです。

まとめ

一人暮らし向けプロジェクターで自宅を快適なホームシアターに

一人暮らしで邪魔にならず手軽に動画コンテンツを楽しみたいなら、OS搭載有りのモバイル型のプロジェクターがおすすめです。モバイル型のプロジェクターは、お部屋のどんな場所にも持ち運ぶことが可能。省スペースに収納できるので、一人暮らしのお部屋にはぴったりですよ。また、OS搭載有りならWiFiのみで様々なコンテンツを楽しむことができて、テレビ替わりにもなります。特定の場所でプロジェクターを投影したいなら安定感のある据え置き型もおすすめです。今回は、おすすめの一人暮らし向けプロジェクターをランキング形式でご紹介しました。ぜひ、プロジェクターで快適なおうち時間を楽しんでくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*