おすすめのビニールカーテン人気比較ランキング!【自作方法も】

視界を遮らず風雨やほこりをシャットアウトできるビニールカーテンは、店舗の入り口や工場内、一般住宅のバスルームなど幅広く使われています。しかし用途が広い分種類も多く、どれを選べば良いのか分からなくなってしまう事もありますよね。そこでこの記事では、おすすめのビニールカーテンをランキング形式でご紹介します。家庭用のシャワーカーテンからプロ仕様の高機能カーテンまで幅広い種類をランクイン。設置する場所別の使い方についても詳しく解説します。

ビニールカーテンの特徴

熱やほこりや紫外線を遮断して雨風からも守ってくれる

入口を開放している施設は、暑さや寒さ、ほこりに花粉といった、外からの様々な影響に悩まされがちですね。そんな時にビニールカーテンがあれば、侵入する外気を遮断し、屋内を快適に保つことができます。また屋内においては、ウィルスを遮断したり、粉塵をシャットアウトしたりといった目的で広く使われています。

内外の様子が見えて視界を遮らない

ビニールカーテンは向こう側が透けて見えるという点も大きな特徴。中の様子を見せたい店舗の入り口や、作業場の見通しを遮りたくない工場などにおいて重宝します。より向こう側をクリアに見せたいなら、透明度の高いビニールカーテンを選ぶと良いですよ。

ビニールカーテンの使い方

ベランダやガレージ

紫外線をカットして雨や風から守ってくれる

洗濯物を干す際の紫外線にお悩みなら、ビニールカーテンはとても便利です。紫外線や風を遮断しつつ光は通すので、ベランダを安心して使えるサンルームにすることができますよ。また同じく紫外線に悩まされがちなガレージにも、ビニールカーテンの設置はおすすめです。

店舗の出入り口

冷暖房対策にもなり店内外の様子がはっきり見える

店舗の入口を開放すると、中はよく見えますが冷暖房効率が大きく落ちてしまいますね。ビニールカーテンなら、中をクリアに見せつつ室温を維持することができます。逆に風を通したいときには、中央で開いておくことで簡単に入口を開放することもできますよ。

工場や倉庫

防寒対策や防炎対策になり埃も入りにくい

出入口になるシャッターを大きく開くことの多い工場では、暑さ寒さやほこりに悩まされがちです。さらに火を扱う現場では、なかなか仕切りになる物も置きにくいですよね。火の気のある場所には防炎加工が施されたビニールカーテンがおすすめ。工場内でも安心して設置することができますよ。

ビニールカーテンの種類

糸入りタイプ

丈夫で耐久性があり目隠し効果も期待できる

糸なしに比べて高い耐久性をもつため、業務用として人気の高い糸入りビニールカーテン。透明の塩化ビニルを加工して作られるビニールカーテンは、そのままだと強い力が加わった際に割けたり、伸びたりしてしまうことがあります。縦横に糸が入ることにより、カーテンを引っ張った際に生地全体に負荷が分散。均一に力を逃がすことで、破れにくくなっています。

糸入りビニールカーテンの耐久性は、網目の小ささがそのまま強度に反映されます。網目が細かいほど丈夫になるので、高耐久のビニールカーテンを選びたい場合は目の細かさで選びましょう。糸なしタイプに比べて向こう側が見えにくくなりますが、程よく目隠ししたい場所にはぴったりですよ。

糸なしタイプ

透明度が高くすっきりスマートに見える

糸の入っていないビニール生地そのままのカーテンは、向こう側がクリアに見えるという点が最大のメリット。視界がごちゃごちゃせず見通しが良くなるので、スマートな印象にもなります。オフィスや工場の屋内など、視界を遮りたくない場所で使う場合に便利ですよ。

糸入りに比べて負荷に弱いので、屋外よりも屋内での使用に適しています。劣化を防ぐため、直接触らない場所に設置するのがおすすめ。入口に設置するなら、開閉の頻度が少ない場所の方が良いでしょう。ウィルス対策用として飲食店の間仕切りや、施設の受付カウンター等、または家庭用としての使用に適したビニールカーテンです。

ビニールカーテンの選び方

厚さで選ぶ

屋内で使うなら厚さ0.1mm以上の薄手カーテン

ビニールカーテンは厚みがあれば丈夫になりますが、それだけ重たくなってしまいます。屋内で使うなら厚さ0.1mmから0.4mm程度の薄手カーテンがおすすめ。開閉時も軽い力で動かせるので、負担に感じにくくなりますよ。かさばらないので、未使用時に収納のスペースを取りにくいメリットもあります。頻繁に開け閉めするなら0.3mm程度、ほとんど触れない場所なら0.1mm程度の厚さで選ぶと良いでしょう。

屋外で使うなら厚さ0.5mm以上の厚手カーテン

耐久性が重要になる屋外での使用には、0.5mm以上の厚手カーテンがおすすめ。ビニールカーテンは厚くなるほど耐久性が増します。がっちり保護したい場合は、0.8mm以上の超厚手カーテンもありますよ。また生地が重く動きにくくなるのも厚手カーテンの特徴。強い風が吹いてもずれにくいため、隙間風を防ぐ効果も抜群です。

機能で選ぶ

火を扱う場所なら防炎加工されているもの

工場や飲食店の厨房等、火の気のある場所には防炎加工済みのビニールカーテンが安心。万一引火しても炎が上がらないため、燃え広がりを抑えることができます。公共施設や工場、病院などでは、防炎カーテンを設置するよう義務付けられた場所もありますね。日本防炎協会の公認ラベルが付いているかを確認して購入しましょう。

粉塵などで汚れやすい場所ならフッ素防汚加工されているもの

フッ素加工のビニールカーテンは、汚れの付着を押さえます。工場など粉塵の舞う場所には最適ですね。汚れを付着させにくく透明度を維持しやすい点が最大のメリットで、汚れやすい場所だけど視界を確保したい、という場合にぴったりの種類です。防水加工が一緒になっているタイプなら、より汚れにくくなるのでおすすめ。掃除が簡単に済むのも魅力のひとつですよ。

透明度で選ぶ

店舗入口で使うなら店内が見えやすい透明タイプ

透明なビニールカーテンは、外気をシャットアウトしつつ向こう側をきれいに見せたい場合に最適。また光をしっかり通すため、屋内の明るさも保てます。店舗入り口などは店内を見えやすくすることで集客効果も上がりますね。より見栄えに気を使うなら、糸なしタイプや透明度の高いタイプを選ぶと、視界がさらにクリアになるのでおすすめです。

シャワーカーテンにするなら中が見えにくい不透明タイプ

柄入りやカラー付き、遮像タイプなど不透明なビニールカーテンは、シャワールームのような視界を遮りたい場所にぴったり。家庭用として作られるものが多く、小さめサイズのカフェカーテンタイプがあるのも不透明タイプの特徴です。おしゃれなデザインも豊富に見つかるので、インテリア性が高いのも嬉しいポイント。程よい目隠し効果のある間仕切りとしても使えるので、事務所や喫煙室の仕切りにもおすすめですよ。

ビニールカーテンのおすすめブランド・メーカー

DIY+(ディーアイワイプラス)

家庭用から業務用まで幅広く取り扱う

各種ビニールカーテンを中心に、ネットやレール等DIY用品を扱うDIYプラス。防炎や防虫、UVカット等用途別に様々な機能のビニールカーテンが揃っているので、欲しい機能がきっと見つかりますよ。機能的なカーテン選びで迷ったらまず見てほしいメーカーです。

SEETORY(シートリー)

機能にこだわったプロ仕様が並ぶ

業務用のビニールカーテンが充実したSEETORY。豊富なオプション加工が魅力で、裾に重さを足すウェイトチェーン加工、隙間風を防ぐスカート加工など、便利なオプションを別注可能です。サイズぴったりにオーダーできるのも魅力。こだわって注文したい方におすすめです。

ニトリ

優しい雰囲気の柄入りカーテンがかわいい

家庭用にシャワーカーテンをお探しなら、ニトリがおすすめ。ドットや幾何学柄の可愛いカーテンがプチプライスで見つかります。洗濯機で洗えるものもあるので、お手入れを簡単にしたい方にもぴったりですよ。

Melville(メルヴィル)

おしゃれな北欧デザインが魅力

おしゃれなデザインの家庭用ビニールカーテンを多数取り扱うMelville。北欧風の幾何学柄や、海をテーマにした西海岸風インテリアにぴったりの柄など、幅広いテイストの柄が選べます。シャワーカーテンとして透けにくい加工が施されている点も魅力ですよ。

カインズ

丈夫な糸入りビニールカーテンが見つかる

高機能な糸入りビニールカーテンを扱う、ホームセンターカインズ。対候性や耐寒性に優れた丈夫なカーテンは、幅広いシーンで活躍します。現在取り扱いは実店舗のみ。カインズのビニールカーテンを検討している方は、DIYプラスやSEETORYのカーテンもおすすめですよ。

おすすめ&人気のビニールカーテンランキング

自宅用でおすすめのビニールカーテン

インテリアの明和 – 防水 カフェカーテン (970円)

キッチンやバスルームの小窓に使える幅45cmのミニサイズ

小さな花や蔦の模様が可愛いカフェカーテン。モノトーンカラーなので、可愛らしくなりすぎず大人っぽい雰囲気のデザインです。不透明で目隠し効果も十分。キッチンだけでなく、視線を遮りたいバスルームの小窓にも最適です。

厚さは0.17mmと薄手。軽いため取り回しやすく、収納しておく際もかさばりません。ポール用に穴が開けてあるので、そのままポールに通しても、リングを付けても使えます。防カビ加工が施されているため、結露しやすい窓でも使いやすいですよ。

ニトリ – リングランナー付き シャワーカーテン マルチドット (999円)

明るい暖色系のドットが可愛い

手書き風のドット柄シャワーカーテンです。ピンクを基調に、紫から黄色のグラデーションでまとめた色合いで、優しく可愛らしい雰囲気。少し透け感のある不透明タイプなので、程よく目隠しして圧迫感を感じにくいのが魅力です。

専用のリングランナー付きなので、届いてすぐに使うことができます。洗濯機で洗えるのでお手入れも楽々。気軽に購入できるプチプライスも嬉しいですね。優しいピンク系のカラーでお探しの方におすすめのシャワーカーテンです。

Melville – 北欧風シャワーカーテン (1,350円)

防カビ加工で湿気の多いバスルームも安心

スタイリッシュな、モノトーンの格子柄が魅力のシャワーカーテンです。撥水防カビ加工が施されているので、湿気の溜まりやすいバスルームでも快適に使うことができますよ。汚れてもさっと拭き取るだけで簡単にお手入れ可能です。

幅のサイズを選べるのも特徴で、120cmと150cm、180cmの3種類から指定できます。お風呂の広さに応じて適切なサイズにすることができますね。モダンな北欧風デザインでお探しの方におすすめのシャワーカーテンです。

インテリアの明和 – 断熱カーテンライナー (1,400円)

冷気や暖気を遮断し室温を保つ

掃き出し窓からの外気温をシャットアウトできる断熱カーテンです。カーテンレールのランナーにそのまま取り付けられるので、専用ポールなどを用意する必要が無く取り外しは簡単。インテリアの邪魔をすることなく、室温を保つことができますよ。

幅は100cm、丈は長めの200cm。好きな位置でカットすれば、部屋の窓にちょうど良いサイズに加工することもできます。もちろんそのまま使って、少し長めに床に垂らせば断熱効果がより高まりますよ。カラーは3種類。採光しつつ目隠しするならホワイト、遮光したいならグレー、外の景色も楽しみたいならクリアを選びましょう。

店舗用でおすすめのビニールカーテン

SEETORY – 透明ビニール スーパークリアF (5,060円)

高い透明度で景観を損ねずクリアにみせる

厚さ0.3mm、薄手の透明ビニールカーテンです。素材は軟質透明塩化ビニルを使用。軽く柔らかいため動かしやすく、室内での使用に最適です。また透明度がとても高いのも魅力で、視界をしっかり確保することができます。受付やレジ前など、対面での接客や対話を行う場所にぴったりですよ。

丈は201cmから250cmまで、幅は100cmから179cmまで、それぞれ1cm刻みでサイズオーダーすることができます。既製品のサイズが合わない場所にもぴったりサイズで設置できますね。カーテンの四辺を折り返して縫ってあるため、薄手でありながら耐久性抜群な点も魅力です。

DIY+ – 飛沫対策用 防炎ビニールカーテン「イージーシールド」 (5,566円)

自由にカットして使える切りっぱなし仕様

防炎ラベル付き、飲食店でも安心して使える飛沫対策用カーテンです。四辺が切りっぱなし加工になっているのが大きな魅力。はさみでカットすれば好みの大きさにして使えます。どこからでもカットできるので、あえて大きめサイズを注文して、余る部分を小さくカットして使うのもおすすめですよ。

厚さは0.3mmの薄手タイプ。仕上がりの丈は180cm、幅は10cm刻みで指定可能です。ビニールは国産品で、高い透明度も特徴。対面で話す場所へ設置しても、向こう側がクリアに見えるため相手の表情を見ながらコミュニケーションを取ることができますよ。

SEETORY – 抗菌 抗ウイルス ビニールカーテン (9,240円)

抗菌抗ウィルス仕様で屋内での感染対策

ウィルス対策に重点を置くなら、抗菌加工が施されたカーテンを選びましょう。SEETORYの抗菌カーテンなら、大腸菌などの増殖を100分の1に抑制。また特定のウィルスの増殖も100分の1に抑えられる、非常に高い抗菌性と抗ウィルス性を兼ね備えています。

カーテンの四辺はテープを縫い付けて補強済み。上部にはロープも縫い込まれているため、開け閉めが頻繁な場所でも安心して使えます。不特定多数の人が集まる屋内施設や、衛生面に特に気を使いたい医療関係、教育関係の施設におすすめのビニールカーテンです。

ロールスクリーンカーテン オルサン – TOSO クリアロールスクリーン (11,800円)

使わない時は巻き上げて収納できる

ビニールをぴんと張れる、ロールスクリーンタイプのカーテンです。カーテン下部にウェイトバーが付属するため、カーテンが縦に波打たず真っ直ぐになる点が大きな魅力。視認性が高くなるのはもちろん、ごわつかないので省スペースにすっきりと収まりますよ。

また使わない時は巻き上げて収納できるのもロールスクリーンタイプのメリットです。飲食店の客席を、人数に応じて離したり繋げたりする場合等に便利ですよ。防炎加工済みなので、近くに火気のある場所でも安心。透明と半透明が選べるので、対面で話したいなら透明、間仕切りと目隠しを兼ねるなら半透明を選ぶと良いでしょう。

DIY+(ディーアイワイプラス) – PVC透明糸入りビニールカーテン「極み」0.5mm厚 (19,646円)

欲しい機能が一通り揃った高機能カーテン

防炎に防虫、帯電防止の機能付き。さらに、耐寒やUVカット、対候もあり、人気の機能を詰め込んだ超高機能なビニールカーテンです。防虫効果については安全性が気になるところですが、極みは虫が集まる紫外線をカットすることで対策を取っています。人体に有害な薬品等は使われていないので、安心して使うことができますよ。

また耐寒機能はマイナス30度まで試験済み。寒い環境でもビニールが硬化しないのは嬉しいですね。厚さは0.5mmの厚手、糸入りなので強度にすぐれ丈夫。紫外線をシャットアウトし、居心地の良い環境を整えたい、飲食店の屋外スペース等におすすめです。

Mois – FT04 サイズオーダー ビニールカーテン (20,108円)

ホワイトカラーで目隠ししたい場所にぴったり

駐車場など、日差しの強い場所を完全に遮光したいなら不透明のビニールカーテンも便利です。工事現場の養生シートとしても使われるため、防炎加工も施されていて安全。シンプルな白一色で清潔感があり、店舗の外観を邪魔しません。

高い対候性を持ち、雨や風、ほこりから守ってくれます。カーテンとして吊るして使うほか、一時的に外に置いた荷物を風雨から守るカバーとしても使うことができますよ。厚さは0.4mmで少し厚め。UVカット機能付きなのも嬉しいですね。直射日光の当たる駐車場にお悩みの方におすすめのビニールカーテンです。

工場用でおすすめのビニールカーテン

シート専科 – 既製サイズ ビニールカーテン (15,400円)

両端に付属したマジックテープで幅を自由に調節

好きな枚数を組み合わせて使える、マジックテープ付きのビニールカーテンです。カーテン同士を繋ぐだけでなく、壁にマジックテープを付ければ端を固定することもできて便利。隙間風を防ぐ対策としても有効ですね。

またカーテンの裾はターポリンになっており、こちらも自由にカットして調節可能です。糸のほつれが出てこないので、どこを切っても綺麗に仕上がりますよ。既成サイズのため、即発送される点も大きな魅力。防炎と帯電加工済みで、屋内での使用に適したビニールカーテンです。

DIY+ – トーメイターポ 防炎 両面フッ素防汚「弁慶縞(べんけいじま)」 (15,719円)

両面フッ素加工で汚れを弾き高い透明度を保つ

厚さ0.9mm、分厚く強靭な糸入りビニールカーテンです。糸目の幅は8mmと狭く、非常に高い強度を誇ります。重量があり、吊り下げた状態で動きにくいのも嬉しいところ。風が吹いても捲れにくいので、隙間風を防いでくれます。吊り下げ用のレールは耐荷重の高いものを用意しておきましょう。

糸の色はグレーを採用。光の反射を抑え、より目隠し効果の高いカラーになっています。両面にフッ素防汚加工が施され、汚れにくいのも大きな魅力。幅、丈ともに1cm刻みでオーダー可能です。屋外でのハードな使用に最適ですよ。

DIY+ – ジャバラビニールカーテン PVC透明糸入り (15,719円)

じゃばら状に折り畳んで綺麗に収納できる

頻繁に開閉する場所へビニールカーテンを設置するなら、じゃばら折り加工されたカーテンはいかがでしょうか。ビニール生地に折り目が付いており、カーテンを寄せた際に綺麗に折りたたむことができます。見た目にすっきりするほか、火の気のある場所で引火のリスクを抑えることにも繋がりますよ。

厚さは0.35mmと薄手。軽く扱いやすいので、開閉しやすい点が魅力です。糸入りタイプなので、光は通しつつ適度に目隠し効果もありますよ。来客が多く綺麗に見せたい場所の間仕切りとしておすすめのビニールカーテンです。

ビニールカーテンは自作できる?

ビニールカーテンを自作したいなら100均が便利

ビニールカーテンは自作することも可能です。生地をホームセンターやDIYショップで購入し、細々した材料は100均で安く揃えるのがおすすめ。ネジやビニールテープ、カーテンクリップがあれば、ポールに通して使えるビニールカーテンが完成します。ビニールカーテンをとにかく安く導入したい方はぜひ試してみてくださいね。

まとめ

ビニールカーテンは防汚加工がおすすめ

ビニールカーテンを選ぶなら、汚れにくく手入れのしやすいフッ素防汚加工のものがおすすめです。透明ビニールカーテンの魅力は見通しが良く視界を遮らない点ですが、折角視界を確保しても、粉塵で汚れたまま使うのでは本末転倒です。こまめな掃除ができれば良いのですが、なるべく手間を減らしたい場合に防汚加工はとても便利ですよ。今回はおすすめのビニールカーテンをランキング形式でご紹介しました。用途に合ったビニールカーテンを見つけて、作業場や自宅の環境をより良いものに整えていきましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*