おすすめの持ち運びしやすいチャイルドシート人気比較ランキング!【西松屋も】

チャイルドシートは、取り付けが簡単で軽量な持ち運びできるタイプだと便利ですよね。取付方法が複雑で重たいチャイルドシートだと、車での移動が億劫になってしまいます。取付簡単で赤ちゃんを乗せたまま持ち運びができると、移動に楽になりますよ。今回は、おすすめの持ち運びしやすいチャイルドシートをランキング形式でご紹介します。また、持ち運びしやすいチャイルドシートには乳児用と幼児用があり、安全面などの選び方にもポイントがあるので詳しく解説します。ぜひお気に入りの一台を見つけて、車での移動を快適にしていきましょう。

持ち運びしやすいチャイルドシートの特徴

寝ている赤ちゃんを起こさずにチャイルドシートごと移動できる

持ち運びしやすいチャイルドシートの中には、寝ている赤ちゃんを起こさずに乗せたまま移動できるキャリータイプがあります。軽量でコンパクトなので持ち運びしやすく、赤ちゃんを乗せたまま取付もできるので車での移動を快適にしてくれます。トラベルシステム対応であれば、タクシーやベビーカーでの移動もこれ1台で行うことができますよ。

タイプによっては使用期間が短いというデメリットも

ただし、このキャリータイプは乳児の体に合わせた安全な構造をしているため、使用期間が短いというデメリットがあります。1歳から4歳の幼児には、その月齢の体の形に合わせた持ち運びしやすいチャイルドシートもあるので、そちらもあわせて検討してみましょう。軽くてコンパクトで取付も可能なタイプがあるので、子供の月齢に合わせて選ぶのがおすすめですよ。

持ち運びしやすいチャイルドシートの種類

乳児用

新生児から1歳前後を対象にしており首がすわってなくても体にフィットする構造

新生児から1歳前後の赤ちゃんは、首がすわっていなくて不安定なので体全体を支えてあげる必要があります。そのため、乳児用のキャリータイプは、赤ちゃんの体を包み込んでくれるようなフィット感のある構造で安心感があります。持ち手がついているので、赤ちゃんを乗せたまま運ぶことができて便利ですね。

乳児用のキャリータイプの中でもトラベルシステム対応のものを選ぶと、ベビーカーに取り付けた際は重量が重たくなってしまうことがあります。その分、1台のチャイルドシートでベビーカーとして使うことも、タクシーなどに乗車する際に取り付けることもできるのがメリット。普段の移動手段が多様な方にはトラベルシステム対応もおすすめですよ。

幼児用

1歳から4歳前後の子供を対象にしており軽量で取付簡単な簡易的構造

1歳から4歳前後の幼児用は、軽量で簡易的な構造になっています。チャイルドシートを折りたたんで持ち運べるタイプもあるので、車での移動がスムーズになります。簡易的な構造なので、使用期間も長く乳児用と比べて安価なものが多いのも嬉しいですよね。

ただ、3歳前後になると子供の体格にも差が出てきてしまうので、乗せにくいと感じることがあります。その際には、幼児用よりさらに簡易的な構造のジュニアシートを選ぶと良いでしょう。お子様の体の成長に合わせて選んであげることで、快適な車移動が可能になりますよ。

持ち運びしやすいチャイルドシートの選び方

固定式で選ぶ

複数の車に使用する場合は多くの車に装着ができるシートベルト固定式がおすすめ

シートベルト固定式は、ほとんどの車に取り付け可能です。ただし、クラシックカーなど2点式のシートベルトには取付ができないので、選ぶ際に使う車のシートベルトを確認しましょう。家族や友人など複数の車を使用する方も、チャイルドシートを付け替えられるので便利ですよ。チャイルドシートのことを特に意識せずに、いろいろな車を使用できるのは嬉しいですね。

チャイルドシートの着脱が多い場合は着脱が容易なISOFIX固定式がおすすめ

ISOFIX固定式のチャイルドシートは、車に固定されている金具とチャイルドシートを分離できるので、着脱しやすいことが特徴です。ただし、車の車種がISOFIX固定式可能かどうか確認する必要があります。2012年以降に製造された車にはISOFIX対応が義務化されているので、お使いの車が対応可能かチェックしましょう。車はある程度限られますが、ISOFIX固定式対応の特定の車のみ移動に使う方には使い勝手がよく、おすすめですよ。

安全性で選ぶ

認証マークで選ぶなら国が定めた安全基準に適合したEマーク付きの製品がおすすめ

チャイルドシートは、国が定めた安全基準に適合したEマーク付きの製品を選ぶのをおすすめします。Eマーク付きの製品は、国が定めた前面衝突試験と使用性評価試験を行い、その結果を安全性能の評価として公表しています。認証マークは安全性を見る一つの指標になるので、ぜひ購入前にはチャイルドシートアセスメントも合わせてチェックしてみてくださいね。

子供の体をよりしっかり固定したい場合は5点式固定ベルトがおすすめ

子供の体をしっかり固定して安全性を確保したい方は固定ベルトが5点式のものを選ぶのがおすすめです。5点式固定ベルトは両肩と両腰、股部分をしっかり留められる仕様になっています。ほとんどのチャイルドシートが両肩と股部分の3点式固定ベルトに対して、より安全性を重視したい方は5点固定式ベルトを選ぶとより安全性を高めることができますよ。

多機能で選ぶ

衛生面が気になる方は洗濯機で丸洗いできるシート取り外しタイプがおすすめ

チャイルドシートは、食べこぼしの跡や唾が付いて衛生面が気になるときありますよね。そんな時にシートの表面部分とチャイルドシートの本体を取り外しできるタイプがおすすめです。洗濯機でシート部分だけ丸洗いできるので、衛生面が気になるときは手軽に洗浄をすることができますよ。購入の際には、シートが取り外しできるか確認してみましょう。

チャイルドシートをタクシーやベビーカーにも使用できるトラベルシステムも

トラベルシステム対応のチャイルドシートとは、チャイルドシートとベビーカー、ベビーキャリー、さらにベビーベッドなどのシステムを一つに集約したシートのことです。これ一台あるだけで、赤ちゃんを乗せたまま車に運び、そのままチャイルドシートとしてお出かけすることが可能です。さらに、家に帰った際も、赤ちゃんを起こさずにベビーキャリーとして持ち運び、家でベビーラックとして使用することができるので便利です。

持ち運びしやすいチャイルドシートのおすすめブランド・メーカー

西松屋

低価格でシート部分の素材の幅が広いチャイルドシートが人気

西松屋の持ち運びしやすいチャイルドシートは、通気性の良いメッシュ素材と肌触りの良いニット素材がリバーシブルになっているなど機能性が高い商品が展開されています。1万円以下の比較的安価な価格帯も嬉しいですよね。月齢の幅も広いので合ったものを見つけやすいですよ。

アップリカ

未熟な乳児の体をしっかり守る軽量で持ち運びしやすいチャイルドシートを展開

アップリカのチャイルドシートは、赤ちゃんが呼吸しやすい平らなベットタイプが特徴です。未熟な乳児の体をしっかり守る安全性にもこだわっており安心ですよ。軽量で持ち運びがしやすいので、車移動をスムーズにしてくれますよ。

日本育児

全てヨーロッパ安全基準をクリアした安全性の高いチャイルドシートを展開

日本育児で展開されているチャイルドシートは、日本より安全性の高い基準を定めたヨーロッパ安全基準をすべてでクリアしています。また、折りたたんで持ち運べるものや取り付けが簡単なISOFIX固定式も多く採用しています。持ち運びや扱いやすいのが魅力ですよね。

GRACO(グレコ)

軽くてコンパクトで持ち運びしやすいチャイルドシートを展開

GRACOは、新生児から11歳まで体の成長に合わせたチャイルドシートが数多く展開されています。軽くてコンパクトで持ち運びがしやすいのも特徴です。キャラクター柄の展開もあるので、お子様の好みに合わせて選んであげることが可能ですよ。

おすすめ&人気の持ち運びしやすいチャイルドシートランキング

取付簡単でおすすめの持ち運びしやすいチャイルドシート

西松屋-ターン・レジェFIX新生児ベビーシート (26,838円)

3点式シートベルト固定式にもISOFIX固定式にも対応

3点式シートベルトとISOFIXどちらにも対応しているため、ほとんどの車に取り付けが可能。ISOFIX固定式の場合は、コネクタを車側の金具に差し込むだけなので、簡単に装着ができます。脱着もしやすいので持ち運びやすくおすすめですよ。

また、回転レバーを押し上げると左右どちらにも360度回転するため、お子様の乗せ降ろしが楽にできることも特徴です。リクライニング機能や肩ベルト10段階調整までついているのも嬉しいですよね。お子様の体格にフィットして安心ですよ。

日本育児-トラベルベストECプラス コンパクトチャイルドシート (8,780円)

軽量でコンパクトなので持ち運びも取付もしやすい

1歳頃から4歳頃まで幅広く使えるチャイルドシート。シンプルな3点式シートベルト固定式なので、取付も簡単です。取扱説明書は背面シートカバーに入れることができるので、いつでも確認しながら取付を行うことができますよ。

コンパクトなサイズ感なので、軽自動車でも室内広々使えます。また、折りたたみができて軽量なので、持ち運びも楽に行うことができます。旅行先のレンタカーやカーシェアリングでもチャイルドシートを持ち運びやすいのが魅力ですよね。

アイリスプラザ-チャイルドシートPZ (8,960円)

前向きにも後ろ向きにも設置できる取付簡単なコンパクトタイプ

新生児から4歳頃まで使用可能なチャイルドシート。リクライニング機能がついており、後ろ向きにも設置が簡単にできますよ。体を支えるパッドやクッションを取り外しすることで、幅広い年齢で使うことが可能になります。

また、国土交通省認定のEマークがついているため、安心して使うことができますよ。本体カバーも取り外しができるため、いつでもお手入れ可能で衛生的。サイズ感もコンパクトなので持ち運びもしやすいですよ。

Reecle-チャイルドシート 回転式 (18,499円)

360度回転機能がついており子供への衝撃ダメージを最小限に減らす優れもの

リクライニング機能だけではなく、360度シートが動く回転式タイプ。車とぶつかったときの衝撃力を最小限にすることができ、子供へのダメージを減らすことができます。ここまでの高機能に関わらず、ISOFIXコネクタシステムなので、ワンタッチで取付できるのが嬉しいですね。

また、適応年齢が新生児から12歳頃までと幅広いのも特徴の一つです。赤ちゃんの体勢をサポートするランバーサポートを脱着することで、お子様の成長に合わせて使用することができるので便利。通気性のあるシートは丸洗いもできるため清潔を保ちやすく、長く使用できますよ。

低価格でおすすめの持ち運びしやすいチャイルドシート

西松屋-マムズキャリーブライトチャイルドシート  (6,979円)

軽量で持ち運びやすく安価なキャリータイプのチャイルドシート

ベビーキャリーとして使えるので、寝ているお子様を起こさずに車内に運ぶことができます。軽量なので、出産時の通院や検診にも持ち運ぶことができて便利。サイズ感もコンパクトなので、置く場所に困らないですよ。

また、インナークッションはリバーシブルで使用可能。メッシュ素材は蒸れにくく、ニット素材は肌触りが良いですよ。丸洗いもできるのでいつでも快適で衛生的に使うことができますね。日除け付きなので、外でも安心して持ち運びができますよ。

GRACO(グレコ)-ジュニアプラス メトロポリタンチャイルドシート (5,800円)

3歳から11歳まで快適に長く使えて安価なチャイルドシート

ヘッドサポートが6段階、アームレストが2段階で調整することができます。成長期のお子様の体格に合わせて、長く使うことができますね。背もたれの取り外しができるので、身体が大きくなった時には座椅子だけにしてゆったりと使うこともできます。

また、座椅子部分に便利な収納式カップホルダーが付いているので、お子様とのドライブがもっと楽しくなりますよ。使わない時は収納することができるので邪魔になりません。高機能なのに比較的低価格なのが嬉しいですよね。

西松屋-レジェプラスチャイルドシート  (10,756円)

新生児から4歳まで使用できるリクライニング機能付きでこの低価格が嬉しい

前向きも後ろ向きにも対応しており、リクライニング機能もついている点が特徴です。新生児から4歳頃まで使うことが可能。ヘッドサポートや肩ベルトも調整が簡単なので、お子様の体格に合わせて調整することができます。

軽量でコンパクトなサイズ感なので、持ち運びも簡単ですよ。インナークッションがニットとメッシュのリバーシブルなので年中快適に使うことができて便利です。小さいお子様のご兄弟がいる場合は、簡単に調整して同じチャイルドシートを使いまわせるので、経済的で嬉しいですよね。

GRACO(グレコ)-コンパクトジュニア (2,645円)

3歳頃から使えるコンパクトなジュニアシート

シンプルでコンパクトなジュニアシート。お子様の体格に合わせてアームレスト調整することができるので、3歳から11歳頃まで長く使うことが可能になります。付属で肩ベルトクリップが付いているので、ベルトをしっかりフィットさせることができて安心ですよね。

また、表面のシートは洗って使いまわすことが可能。よだれや食べこぼし、汗などの汚れも簡単に手入れできて衛生的に保つことができます。両側に収納式カップホルダーが付いているのでお出かけも楽しくなりますね。コンパクトで持ち運びやすく安価なのも探している方におすすめです。

BABYGO!-チャイルドシートHS (7,680円)

ハーネス式5点ベルトで安全設計なのに低価格で経済的

0歳から4歳頃まで使うことができるチャイルドシート。ハーネス式5点ベルトなので、肩と腰と股をしっかり固定できて安全です。ヘッドクッションはお子様の頭をしっかりサポート。持ち運びもしやすいけれども、高い安全性も望む方におすすめですよ。

本体カバーは取り外して洗濯機で洗うことができるのも衛生的です。リクライニングやヘッドクッション、インナークッションやベルトの長さも自由に調節することができるので、成長に合わせて使うことができます。安全性がしっかり担保されていてこの価格は嬉しいですよね。

多機能でおすすめの持ち運びしやすいチャイルドシート

コンビ(Combi)-チャイルドシート (18,717円)

3Dメッシュシートとヘッドサポートにこだわった高機能なチャイルドシート

1歳頃から11歳頃まで長く使えるチャイルド&ジュニアシートです。進化したヘッドサポートは、ふわふわでお子様の頭をしっかりサポートしてくれます。3Dメッシュシートは体をやさしく包み込む柔らかさに加え、背骨にフィットしたシートが快適さにこだわっていますよ。

成長に合わせてチャイルドモードやジュニアモード、さらにブースターモードへと変更させることができるので、体格に合わせて使うことが可能。軽量でコンパクトな設計なので、持ち運びも楽に行うことができます。クッション性能にこだわりのある方におすすめですよ。

アップリカ-ディアターン プラス チャイルドシート (29,999円)

新生児はベッド型にリクライニングして使いやすいチャイルドシート

お子様の体勢を横向きや前向き、後ろ向きとして成長に合わせて使い分けることができます。横向きにすることで、赤ちゃんを平たいベッドにして寝かせることも可能ですよ。出産後、退院したその日から使うことができますよ。

片手で回転できるので、赤ちゃんの乗せ降ろしも楽に行うことができ便利です。また、日差しが強い日は、フレックスシェードをつけることで日差しから赤ちゃんを守ることができ快適です。お子様の快適さに重点を置いた設計なのが、嬉しいですよね。

Nebio-ポップピット エフ (7,839円)

1歳から11歳までのロングユースで経済的

インナークッションの取り外しやヘッドサポートやヘッドレストを調節することで、1歳頃から11歳頃まで使うことができるチャイルドシート。動画で取付方法が視聴できるので、取付も安心です。軽量なので持ち運びが楽なのも魅力ですよ。

また、保温保冷効果のあるドリンクホルダーが付いているので、長時間のドライブでも快適に過ごすことができます。また、シートは、汚れた部分だけ本体金具から取り外しできて水洗いが可能。ドライブの多い方におすすめですよ。

Joie-アイスナグ (14,800円)

ヨーロッパ最新安全基準に適合したトラベルシート対応のベビーシート

日本より安全基準の厳しいヨーロッパの最新安全基準に対応したベビーシート。ISOFIX固定式で取付金具と本体を脱着できるので、軽量なシートに赤ちゃんを乗せたまま持ち運びができます。ベビーベットにもなるキャリー型は、新生児用に便利ですよね。

また、別売りのベースを使えばワンタッチでベビーカーに接続することも可能。撥水加工と紫外線対応のシェードが付いているので、外でも快適に使うことができ便利です。バランサーとして家でも使えるのも、魅力的なポイントですよ。

アップリカ-スムーヴ TS インファントカーシート (30,800円)

赤ちゃんを起こさずに持ち運べる5wayのチャイルドシート

チャイルドシートとしてだけでなく、ベビーカー、ロッキングチェア、チェア、さらにキャリーとしても使える5wayのトラベルシステムチャイルドシート。軽量なのでサッと運べるのも特徴です。赤ちゃん起こさずに持ち運びたい方におすすめですよ。

ゆったりした自然な姿勢でいられる設計なので、赤ちゃんの首やお腹への負担を和らげることができます。オーガニックコットンの柔らかいシートを採用しているので、赤ちゃんの肌にも優しいです。シートは洗うこともできるので衛生的ですよ。

持ち運びしやすいチャイルドシートの付け方

シートベルト固定式の場合はねじれやグラつきが無いように設置

シートベルト固定式の場合、まずハンドルを垂直にもってきてシートに設置します。車のシートベルトはなるべく長めに引き出すのがコツですよ。シートベルトをチャイルドシートの指定の位置に通してシートベルトのタングをバックルに差し込めば完成です。ねじれやグラつきがないかを確認しておきましょう。

ISOFIXで固定する場合はレッグサポート等を適切に取付

ISOFIX固定式は、まずガイドキャップを車のISOFIX固定バーに差し込みます。次に、チャイルドシートの固定金具に収納されているレッグサポートやアンカーラッチを起こしておきます。最後にアンカーラッチをISOFIX固定バーに差し込めば完成ですよ。傾かずに車のシートにしっかり接しているか、レッグサポートの長さ、チャイルドシートにグラつきがないかなどを確認しましょう。

まとめ

持ち運びしやすいチャイルドシートで安全快適なカーライフを

赤ちゃんを起こさずに家や車に持ち運びたい場合は、トラベルシステム対応で乳児用キャリータイプのチャイルドシートがおすすめです。トラベルシステム対応で乳児用キャリータイプのチャイルドシートは、ベビーカーやタクシーでの移動も赤ちゃんを乗せたまま持ち運ぶことができるのが特徴。家でもベビーベットとして使うこともできますよ。1歳以上の幼児になってくると、ロングユース対応で子供の成長に合わせたものを選んであげると、軽量でコンパクトなチャイルドシートで安全なドライブができますよ。今回は、おすすめの持ち運びしやすいチャイルドシートをランキング形式でご紹介しました。ぜひ、お子様の成長に合わせた持ち運びやすいチャイルドシートで、安全快適なカーライフをお過ごしくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*