おすすめのハトメカーテン人気比較ランキング!【作り方も】

寒い冬や暑い夏、冷暖房をつけていても、窓やドアの隙間から外の空気が入ってきて、なかなか快適な温度にならないことがありますよね。せっかく快適になっても、ドアを開け閉めするたびにその効果が失われて、寒さや暑さを感じている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、部屋の冷暖房効果をアップするハトメカーテンをランキング形式で紹介します。身近なニトリのカーテンから、サンゲツのオーダーカーテンまで、幅広くランクイン。ハトメカーテンのメリットや選び方などについても解説するので、読んでみてくださいね。

ハトメカーテンの特徴

布に穴を開け金具をつけてその穴にポールを通して設置する

布の上部に穴をあけてハトメ金具と呼ばれる二重丸の金具をつけたカーテンです。スニーカーやブーツなど、靴ひもを通す穴についているのを見たことがある人もいますよね。均等についたハトメ金具の穴に、ポールなどを通して設置します。

レールが必要ないので誰でも簡単に取り付けられる

カーテンレールがないところでも、支える棒があれば掛けられますよ。扉がない出入口や、壁と壁の間に突っ張り棒で掛けたり、長押に掛けたフックに棒をつるして掛けたりすることも可能。カーテンレールと違い場所を選ばないので、だれでも簡単に取り付けられます。

ヒダがなく山が緩やかなので柄がきれいに見える

大きく描かれた柄も、きれいに見えます。金具に棒を通すだけなので、上部のフックを取り付けるためにつまんで縫われたヒダがなく、前後にある山が緩やかだったりなかったりするので、絵をゆがめません。のれんのような1枚絵の柄があるカーテンでも、そのままで見ることができます。

ハトメカーテンの種類

重厚感があり手触りが気持ち良い厚地カーテン

目隠し効果や冷暖房効率を上げて遮光や防音効果がある

厚みのある生地で作られた重厚感があるカーテンで、ドレープカーテンとも言われています。光や熱、音などを遮るので、眠るときに閉めて使用する人がほとんど。視線を遮りプライバシーを守る働きもあるので、防犯対策にもなりますよ。

また、冷暖房効果の効きをよくするのも特徴です。カーテンの前後にできるヒダが原因の隙間が少なく、外から入ってくる風や、室内の快適な空気が外に逃げるのを防ぎます。その分冷暖房効果がアップするので、光熱費を節約したい人は、厚地のカーテンをチェックしてみてくださいね。

高級感や透明感のあるレースの薄地カーテン

通気性が良く程よい光を取り入れ遮像効果がある

薄い布やレースなどで作られた透け感があるカーテンです。ある程度の視線を遮りながらも日の光を通すので、閉めっぱなしで使用する人が多いのではないでしょうか。見た目にもサラっとさわやかで、日の光が強くて眩しい部屋や、プライバシーを守りたい人におすすめです。

薄地カーテンは、通気性にも優れています。細い糸で織られた薄い布や、糸を編んだレースで作られているので、隙間が多く風を通すのが特徴。カーテンによって、透け感や通気性の度合いが違うので、目隠しや光よけなど、目的に合わせて選ぶと失敗しません。

ハトメカーテンの選び方

素材で選ぶ

綿などの天然素材は静電気が起きにくくほこりが付きにくい

天然素材を使用したハトメカーテンは、ホコリが付きにくいので、外から入ってくるさまざまなホコリを室内に入れないように守ってくれます。綿や麻、絹などの天然繊維は、大気中の水分を含みやすく、電流を逃がしやすい性質にあるためです。天然素材でも帯電しやすいウールを着用しているときは違いますが、普段綿素材の下着や服を着ているだけで静電気は起きません。花粉ホコリや土砂ホコリ、繊維ホコリやダニなどが原因のアレルギーを持っている人は、天然素材かどうかチェックしてみてくださいね。

ポリエステルなどの化学繊維は耐久性が高く洗いやすい

化学繊維を使用したハトメカーテンは、耐久性があり手入れが楽にできます。洗っても縮みやしわが出来にくく、ある程度の熱にも耐えられるので、家庭の洗濯機で洗濯が可能。ポリエステル素材の耐久性の高さは、汚れやすく傷みやすいアウトドア用品にも多く使われているほどです。たばこを吸う人がいる場合や、ひんぱんに洗濯をしたい人、部屋や周囲の臭いが気になる人は、化学繊維のハトメカーテンが向いていますよ。

カーテンの機能で選ぶ

子供がいる家庭は音漏れ軽減の遮音カーテン

子供がいる家庭は、遮音効果があるカーテンを選ぶと、騒音で起こるトラブルを減らせます。カーテンの防音効果は、女性や子供の声のような中高低域の音を防ぐ効果があるためです。家の中で赤ちゃんが泣いても、カーテンが音を受け止めてくれるので、夜泣きがうるさいとトラブルになりません。また、ヒダが少ないので、隙間から漏れる声も少なく、子供がいる家庭では遮音効果があるハトメカーテンは、非常におすすめです。

明るい時間に眠る人は光を遮る遮光カーテン

夜勤などの昼に眠る生活をしている人でも、遮光効果があるカーテンを使用すると、疲れが取れやすく、快眠できます。等級や厚みによって違いはありますが、遮光の効果が高く、睡眠の妨げとなる日の光を遮断するからです。遮光効果がある厚地カーテンを閉めると、昼でも部屋の中が真っ暗になり、電気をつけるほど。ハトメカーテンは山がない、または緩やかなので、遮音と同じように隙間から漏れる光も少なく、昼間でも深い睡眠に入れて疲れも取れますよ。

サイズで選ぶ

掃き出し窓で使用するならカーテンの高さ180cm以上

掃き出し窓で使用するカーテンの高さは、180cm以上が適しています。掃き出し窓の高さの基準として、180cmや200cmが主流だからです。カーテンは窓の高さよりも短いと、視界の遮りや防音、遮光などの効果を十分に発揮できませんし、長すぎても、床にカーテンが垂れていて見た目的によくありません。そのため、掃き出し窓で使用する場合は、窓の高さに合わせた180cm以上で長すぎない寸法を選んでくださいね。

腰高窓で使用するならカーテンの高さ150cm以下

腰高窓で使用するカーテンの高さは、150cm以下がおすすめです。腰高窓の高さには明確な規定がありませんが、40cm前後から120cm前後が一般的とされています。しかし、ベランダや地面など、窓の外の足場が近い掃き出し窓と違い、腰高窓は窓の外の地面が遠いのが特徴。腰高窓で使用するカーテンの場合は、落下などの危険性も考えて、窓よりも一つ上の長さを選ぶといいですよ。

ハトメカーテンのおすすめブランド・メーカー

ニトリ

機能豊富で丈が短いカフェカーテン

ポールや棒に通して使用するカーテンとしては、レース生地や薄い生地が使われた、丈の短いカフェカーテンを取り扱っています。空けた穴を縫製したハトメ金具を使っていないので、洗濯による摩擦を避けられます。白無地や草木が描かれた柔らかいタッチのデザインが多いので、女性に特に好まれるでしょう。

IKEA(イケア)

北欧調のシンプルなデザインで部屋に合わせやすい

北欧家具を幅広く扱うイケアは、サイズが大きめでナチュラルカラーのハトメカーテンを取り扱っています。1枚の幅が145cm高さ250cmと、外国の大きな窓に適した大きさ。ウッドテイストやナチュラルテイストなどの、北欧インテリアが好きな人に人気です。

サンゲツ

1cm単位で選べるオーダーカーテン

インテリア商品を幅広く取り扱うサンゲツのハトメカーテンは、自分の好みを表せるオーダーカーテンです。幅や丈、色に開き方、ヒダの数まで自由にえらべます。オプションで、裏地やアクセサリーをつけることができるので、自分だけのカーテンを作りたい人におすすめですよ。

HAVARGO

間仕切りにおすすめなハトメカーテンが人気

HAVARGOは、幅120cmの間仕切りに最適なハトメカーテンを扱っています。断熱や防寒、防音や目隠しに優れた万能カーテンで、家で洗濯も可能。さまざまな機能がついているので、間仕切りや掃き出し窓、収納場所の目隠しまで、幅広い用途で使用できます。

おすすめ&人気のハトメカーテンランキング

おしゃれでおすすめのハトメカーテン

ニトリ-カフェカーテンポリー (1,490円)

目隠しに有効な丈が短いカフェカーテン

ハトメ金具を使用していない薄地カーテンです。色は白ですが、耐久性に優れたポリエステル製で、ネットに入れて洗濯ができ、汚れたらすぐに洗えばきれいな状態を保てます。結露などでカーテンにカビが生えても安心ですね。

とても軽く、耐荷重を気にしなくて大丈夫なのも良いところですね。幅は135cm、丈が75cmもあるのに、重量が約100gしかありません。100円均一などの安い突っ張り棒や、細い棒などでも、問題なく取り付けられますよ。

Mois-綿100%使用厚地カーテン (5,907円)

綿100%なのに家で洗える

幅210cmの綿100%ハトメカーテンです。綿100%カーテンは、縮みやしわが出来やすく、家で洗濯が難しいですが、このカーテンは、ウォッシャブル対応で洗濯が可能。たばこやペットの臭いがカーテンについても洗濯できるので、臭いに悩まされている人、呼吸器系に病気がある人におすすめです。

大きな花柄が鮮やかで、なんだか元気が出てくるようなカーテンです。ホワイトとブラウンの生地に赤やピンクの大きな花が描かれており、まるで気分は南国。籐家具と合わせてアジアンテイストや、南国系のモチーフと合わせたハワイアンテイストにしてみてはいかがでしょうか。

薫仙-突っ張り棒付き間仕切りカーテン (5,450円)

色使いがおしゃれで突っ張り棒付き

突っ張り棒付きのポリエステル製ハトメカーテンです。幅120cm丈180cmですが、追加料金をプラスすれば、幅150cm、丈200cmまでの、ほかの寸法も購入できますよ。6段階の寸法があるので、間仕切りから掃き出し窓まで、幅広く使用できます。

カーテンの色がハトメ間隔で少しずつ違うのも魅力的ですね。色は2色展開ですが、それぞれが調和のとれた色合いでまとめられているので、変わったデザインながらも落ち着いたおしゃれさを感じます。淡い色合いなので、ナチュラルテイストの部屋や、ウッドテイストの部屋によく似合います。

IKEA-マイリードカーテン (9,898円)

地球にも優しいリサイクルポリエステル製

リサイクルポリエステルで作られた幅145cmのハトメカーテンです。ペットボトルなどから作られたリサイクルポリエステルは、耐久性や伸縮性が高く、しわや縮みが起こりにくいのが特徴。洗濯や、60度以下の温度で乾燥もできるので、カーテンを洗っても干す場所がない人や、カーテンが1枚しかなく、洗ってすぐに使用したい人に向いています。

250cmと丈が長いのに重さが1.64kgしかないのも嬉しいポイントです。ハトメカーテンは、カーテンポールの他に突っ張り棒でも取りつけますが、カーテンが重いと落ちてしまうことがありますよね。サイズが大きいですが1.64kgと軽めなので、突っ張り棒でもしっかりと支えられますし、力がない人でも苦もなくかけられますよ。

サンゲツ-オーダーカーテン (12,500円~)

有名なインテリアメーカーサンゲツのオーダーカーテン

30cmから幅998cm丈320cmまでえらべる、オーダーカーテンです。幅や丈、ヒダの有無に開き方など、さまざまな選択があり、ハトメもオプションで追加できます。選択数が多いので選ぶ際にはやや面倒ですが、こだわってカーテンを作りたい人は見てみてくださいね。

内径40mmの中サイズと46mmの大サイズのハトメが選べるのもポイントです。アルミと真ちゅうで3種類、サイズ2種類の6種類から、ポールや突っ張り棒に合わせたサイズをえらべます。素材と加工で違いがあるので、カーテン生地と同様、こだわってカーテンを作りたい人におすすめですよ。

遮音効果があるおすすめのハトメカーテン

HAVARGO- 間仕切りカーテン (4,789円)

幅広い用途で使用できる

幅120cmのポリエステル製間仕切りカーテンです。直径4cmのハトメ金具に、棒を通すだけの簡単仕様ですが、丈が180cmと長いのに約850gしかないので、100円均一ショップの突っ張り棒でもしっかりと支えられます。購入して取り付けた場所のコンセプトと合わなければ、ほかの場所で使用することも可能ですよ。

ポリエステル素材なので、耐久性があり、家で洗濯できるのも嬉しいポイント。色は汚れが目立つベージュなので、定期的に洗濯するとシミや汚れが気になりません。子供や動物がいて汚れやすい家や、ホコリや花粉対策で定期的に洗濯をしたい人に向いています。

HAVARGO- 間仕切りカーテン (4,690円)

肌触りが心地よく落ち着きがあり上品なデザイン

150cmのポリエステル製ベロアカーテンです。ベロアは、両面を毛羽立てて加工した生地のことで、柔らかくふっくらとして、滑らかな心地よい肌触りが特徴。光が当たると輝いて見えるので、上品な印象をもたらします。

厚手の生地で、断熱や防寒、防音に効果があるのも人気なところ。外からの風を遮り、部屋の中の風を逃がさないので、夏は涼しく冬は暖かい部屋を保てます。蒸し暑くて眠れない、寒くて眠りに入るのが遅い、といったことがなくなり、深く熟睡できますよ。

遮光効果があるおすすめのハトメカーテン

IKEA-モーアリーナカーテン (6,370円)

北欧インテリアを取り扱うイケアの大判カーテン

幅145cm丈が250cmもある、大きなハトメカーテンです。化学繊維のビスコースレーヨンと天然素材の綿を合わせた生地ですが、家で洗えるのが嬉しいポイント。レーヨンと綿は吸湿性や吸水性に優れており、静電気が起こりにくくホコリも付きにくいので、呼吸器系に病気がある人でも安心です。

白に近いベージュカラーが魅力的。ベージュは北欧インテリアで基調とされる色の一つで、木製家具を中心としたテイストの部屋によく合います。また、部屋の壁が白や近い色であれば、同系色をまとめた視覚効果により、部屋が広く見えますよ。

大湖産業-ハトメカーテン (9,680円)

いざという時に安心な防炎加工

掃き出し窓用カーテンで、幅144cm、丈は200cmあります。消防庁に認められた燃えにくい防炎加工が施されており、万が一の時でも安心です。防炎カーテンが義務付けられている地上31m約11階建て以上の高いマンションに住んでいる人や、たばこやアロマなどの火をつけて放置するものがある人は、チェックしてみてください。

遮光性に優れているのもポイントです。遮光率99.99%以上の1級遮光生地が使われているので、昼でもカーテンをしめると部屋の中が真っ暗になり、電気をつける必要があるほど。夜勤などで昼に眠ることが多い人に向いています。

Shinnwa-遮光カーテン (3,380円)

3層構造で厚みが厚く冷暖房効果をアップ

幅133cmのポリエステル製間仕切りハトメカーテンです。間仕切りといっても幅が133cm、丈が170cmと230cmの2種類あるので、掃き出し窓でも使用が可能。ほかにも、幅が広めの出入口など、さまざまな用途で使用できますよ。

遮光性だけでなく遮熱性にも優れているのもポイントです。遮光性がある真ん中の生地を、落ち着きのある上品な生地で挟んだ3層構造に。生地が厚くなったことで空気の出入りを防ぎ、温度の上昇や下降を防ぎます。夏や冬の冷暖房光熱費を抑えたい人は検討してみてください。

サンゲツ-オーダーカーテン (7,500円)

日焼けや色褪せに耐久性があり長く使える

8つの選択肢から希望に合ったものをえらぶ、ポリエステル製オーダーカーテンです。寸法を1cm単位で選択できるほかに、ハトメタイプにしたり、遮光1級にしたりとさまざまなオプションをつけられます。色が16色から選べるほか、カーテンのアクセサリーや裏地をつけるなど、好きなようにできるので、自分だけのオリジナルカーテンを作りたい人は必見です。

せっかく作った自分だけのオリジナルカーテン、長く使いたいですよね。カーテンを長く使用すると、日に焼けて色が変わることがあります。しかし、高耐光加工が施されているので、日焼けや色あせがしにくく、そのままの状態を長く保てますよ。日差しが強い地域や、周囲の建物の関係で日差しが強い部屋でも安心して使えます。

スマイル商店-アイレット (5,980円)

色も寸法も選択肢が多い自分だけのオリジナル

幅40cmから100cmまでの間でえらべる、ハトメタイプのオーダーカーテンです。ハトメ内径4cmで、3.5cmまでのポールや突っ張り棒に掛けられますよ。カーテンの上端からハトメの上端まで約3cmしかないので、取り付けた時のポール上部の隙間風が少なく、室内の冷暖房の効きを良くします。

幅が5cm単位、高さが1cm間隔、色が20種類から選べるのも魅力的ですね。部屋のテイストや設置場所に合わせたカーテンを注文でき、掃き出し窓から腰高窓まで幅広く使用できます。窓と床の間の隙間から外の風が入ってくる場合でも、床に近い寸法にすればカーテンの上部だけでなく、下からの隙間風の侵入も抑え、さらに冷暖房効果がアップしますよ。

ニトリ-撥水遮光カフェカーテンリペル (1,990円)

遮光性に優れた丈が短いカフェカーテン

はっ水と遮光効果がある丈90cmの短いハトメカーテンです。遮光率99.8%以上で、昼間なら人の顔や表情がわかる程度、夜はうっすらと影が見える程度でプライバシーを守ってくれますよ。昼は誰もいない部屋や、周囲の環境により視線が気にならない部屋での使用が適しています。

幅は135cmで、ポリエステル100%で作られています。淡い色の4色展開で、落ち着いたインテリアから、明るめのインテリアまで幅広くコーディネートが可能。耐久性があり、家で洗濯出来るので、ベージュやターコイズブルーなどの淡い色でも清潔な印象を保てますよ。

北欧メルク-ノンプリーツカーテン (3,245円)

遮光率100%で昼間も真っ暗

幅80cm丈180cm北欧メルクのオーダーカーテンです。色は8色展開で、幅40cmから180cm、丈50cmから250cmの間を1cm単位で自由にえらべます。色やサイズ、個数など、4段階で選ぶだけなので、簡単に自分に合ったカーテンを作りたい人におすすめですよ。

遮光率100%なのも嬉しいポイントです。ハトメタイプは隙間があまりないので、日の光が差す明るい昼間でも、室内は夜のように暗くなります。昼に眠る生活をしている人や、昼間に電気を消して映画などを楽しみたい人に向いています。

ハトメカーテンの作り方

お気に入りの布でDIYすると安くおしゃれに仕上がる

ハトメ金具を使用したハトメカーテンを手作りするのは難しいです。なぜなら、ポールや突っ張り棒を通せるサイズのハトメ金具や、ハトメ金具を取り付ける工具は業務用の機械になり、手に入れるにはお金がかかってしまうからです。しかし、ハトメ金具を使用しないでなら手作りでも作れますよ。作り方は、作りたいカーテンサイズの布の四方を縫って、上部に棒を通す穴をあけ、穴の周りも縫うだけです。気になる人は、100円均一などで布を買って、試しに作ってみてくださいね。

まとめ

ハトメカーテンは機能や用途だけでなくデザインでも選ぼう

ハトメカーテンにはさまざまな機能や用途があります。しかし、カーテンはサイズが大きく部屋の印象をガラッと変えるので、部屋のテイストに合っているか、清潔感を保てるかなど、よく考えて選ぶことが大切です。用途やデザインなど、自分にあったものを選ぶと、いつまでも快適に過ごせますよ。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*