おすすめのメンダコのぬいぐるみ人気比較ランキング!【水族館のショップも】

大人になった今でもぬいぐるみに癒されている方は意外と多くいます。メンダコはゲームに登場したりとぼけた表情に癒されたりで、人気があるぬいぐるみです。しかし、「メンダコの名前は聞いたことがあるけど、一体何だろう?」という方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、メンダコの紹介も含め、メンダコのぬいぐるみの特徴やおすすめをランキング形式で紹介します。購入場所も詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

メンダコとは?

飼育が難しく生態に謎が多い深海生物

メンダコは相模湾から東シナ海の海底に生息している深海生物で、タコの仲間です。しかし、タコとは類似しない点も多く、非常にデリケートな性質をしています。水族館にやってきても3ヶ月と待たずに死んでしまいます。そのため、研究は進まず生態に謎が多いまま。各地の水族館では、飼育方法を必死に模索しています。メンダコは一般的に想像するタコの姿とは異なり、大きさは15センチから20センチほど。墨袋は持たず、優雅に動く長い手足はありません。8本ある手足は大半が膜におおわれており、例えるならスカートの裾から短い手足がちょこちょこ見えているかのよう。また、頭の上にはうさぎの耳のようなヒレがあり、パタパタと動かしながら泳ぎます。全体的に愛らしい姿をしており、水族館でも貴重な存在であるため、子供から大人まで人気がありますよ。

メンダコのぬいぐるみの特徴

もちもちした感触がクセになる

メンダコのぬいぐるみは、表面の触り心地のよいものが多く、中に入っている綿自体も弾力があります。綿以外にもパウダービーズを使用していたり、伸びる素材を使用していたりと触り心地も様々で、クセになる人も多いでしょう。リラックスタイムなどにメンダコのぬいぐるみを横に置き、片手でもちもちするのは至福のひと時ですよ。ペットがいないお家なら、猫や犬の代わりに顔をうめてネコ吸いならぬメンダコ吸いで、もちもちとしたぬいぐるみの感触を楽しんでくださいね。

ゆびぐるみから両手で抱えるXLまでサイズが豊富

かわいらしい姿で人気があるメンダコ。メンダコをキャラクターにしたグッズが、数多く販売されています。ぬいぐるみでは指にはめて遊べる5センチほどのサイズのものや、置き型の中間サイズでは30センチほど、大きいサイズでは60センチ前後のメンダコもありますよ。ユーフォーキャッチャーでは過去に140センチを超えるメンダコも登場しています。形も含めサイズが豊富なので、自分に合ったメンダコのぬいぐるみを探してみましょう。

メンダコのぬいぐるみの種類

キーホルダータイプ

鍵やバッグにつければ一緒に外出ができる

メンダコのぬいぐるみには、キーホルダータイプもありますよ。ボールチェーンの先には5センチ前後のメンダコがついており、小さいながらも手のひらにのるメンダコの愛くるしさは変わりません。バッグを覗いた時に小さなメンダコが見えたら、外出先でも癒されますね。

キーホルダータイプのメンダコのぬいぐるみには、メンダコらしい定番のピンク色の他にも、カラフルな色をしたメンダコ達がいます。また、キーホルダーでもゆびぐるみになっているタイプや、中にパウダービーズが入っていて触り心地がムニュムニュとクセになるものもありますよ。小さいのでバッグに2つ付けしてもかわいいでしょう。

観賞用タイプ

飾ってコレクションも楽しめる

メンダコは手足が短く床に向かうにつれて安定した容姿をしているので、ほとんどのぬいぐるみのメンダコが自立します。座らせるタイプのぬいぐるみは、何かのはずみで横に倒れてしまうこともありますよね。しかし、メンダコの場合はぽんぽんと置いて並べていくことが可能。同色をサイズ違いで揃えたり、ミニサイズを色違いで集めたり、観賞用にたくさんコレクションしていくのも楽しいですね。

普通に置いて眺めるのもいいですが、ぬい撮りを取り入れ、SNSを通して観賞するのも楽しいですよ。ぬい撮りとはぬいぐるみを主体にし、あるシチュエーションをぬいぐるみ自身が体験しているような姿を写真に撮り、楽しむことです。メンダコのぬいぐるみなら足元が安定しているので、外出先でもさっと置けますよ。旅先に連れていき、船を楽しむ風のメンダコや、おしゃれなカフェでスイーツを楽しんでいる風のメンダコなど、室内以外でも様々な観賞の仕方を楽しむことができますね。

手作りタイプ

市販のキットなら作り方も簡単

メンダコのぬいぐるみは、キットも販売しています。器用な人なら、ぬいぐるみを一から手作りすることも可能でしょう。しかし、初めて作る場合は材料を揃えたり型紙を用意したり、ハードルが高く感じられますよね。そんな時は市販のキットから始めてみると、手間がはぶけて簡単です。

材料はキットの中にほぼ用意されています。型抜きされた生地も準備されているので、初心者の方でも安心して作れますよ。また、針や糸、ハサミやボンドなど自分で準備する物もあります。だいたいは家にある物ですが、制作を始める前に念のため確認をしておきましょう。

メンダコのぬいぐるみの選び方

購入場所で選ぶ

新作がほしい人はゲームセンターのUFOキャッチャー

アミューズメント施設などのクレーンゲームでも登場する、メンダコのぬいぐるみ。じつはメーカーごとにオリジナルのシリーズがあり、それぞれ特徴があります。各メーカーが出す新作の多くは、季節に沿ったものや期間限定であることが多く、次々と新作が出るので、メンダコの人気は衰えません。リバーシブルのメンダコや、チョコミント姿やアタマにいちごを載せているメンダコも。また、アミューズメント施設の企画では140センチを超えるメンダコも登場しています。限定が多く、どれも人気なだけに売り切れてしまうのはあっという間。欲しいメンダコを見つけたら早めに手に入れちゃいましょう。

定番がほしい人はぬいぐるみショップへ

水族館で見た姿のままのメンダコのぬいぐるみが欲しい、定番の赤いメンダコのぬいぐるみが欲しい。そんな人はぬいぐるみショップでの購入をおすすめします。水族館に併設されているぬいぐるみショップなら、赤いメンダコのぬいぐるみを見つけるのもたやすいでしょう。近所にぬいぐるみショップがない人は、水族館の公式HPからも購入できますよ。ユーフォーキャッチャーやクレーンゲームの腕に自信がない人も、ぬいぐるみショップでの購入なら確実なのでおすすめです。

表情で選ぶ

愛くるしさならつぶらな瞳のデフォルメタイプ

左右にはなれ、黒目がちな目をしたメンダコのぬいぐるみ。少しとぼけたようにも見える表情が愛らしく、癒される人も多くいるでしょう。実際のメンダコは口が体の下にあり、普段は見えない場所にあります。正面にあるのは目だけ。人間と同じような役割の鼻もメンダコにはありません。ぬいぐるみでも鼻と口の表現がないものがほとんど。たまににっこりとした口元をもつメンダコのぬいぐるみも見かけます。微笑むメンダコの表情にも、親しみが沸きますね。

現実派には立体的な瞳のリアルタイプ

実際のメンダコは凹凸のはっきりしたゴロンとした立体的な目元をしています。タコは四角い瞳をしていますが、タコの仲間であるメンダコも、タコとよく似た目元が印象的です。大きな二重に鋭くも眠たそうな目元は、ぬいぐるみでも忠実に再現されています。生物の生態に興味があるお子さんや、本来のメンダコの姿が好きな人にはリアルな表情のぬいぐるみがおすすめですね。

大きさで選ぶ

50センチ以上なら寄りかかって一緒にくつろげる

メンダコのぬいぐるみは大きいものでは高さが50センチを超えるものもあります。大きなメンダコのぬいぐるみなら、ふかふかの体にもたれかかることができますよ。平たいタイプのメンダコクッションも存在していますが、お尻に敷くのは気が引けるという人も多いでしょう。休日やリラックスタイムにはメンダコに寄りかかり、安らぎのひと時をお過ごしくださいね。

10センチ前後の手のひらサイズならコレクションにも最適

小ぶりという特権を活かして、いくつか並べてみるのもかわいい飾り方です。メンダコのぬいぐるみは2つ3つと並べると、仲間が増えたような可愛らしい雰囲気になります。10センチほどのぬいぐるみなら、場所も取らずにコレクションできますよ。クレーンゲームでは、色違いのメンダコのぬいぐるみがたくさん並んでいることがあります。小さなメンダコなら全色コンプリートし、並べて愛でることも可能です。コレクションを試すなら、小さいメンダコから購入することをおすすめします。

メンダコのぬいぐるみのおすすめブランド・メーカー 

YYSHOP(ワイワイショップ)

八景島シーパラダイス内にあるぬいぐるみショップ

株式会社栄商は、ぬいぐるみの製造と販売を行なっている会社ですが、YYSHOPは栄商直営のぬいぐるみ販売店となります。また、動物園や水族館へ向けたぬいぐるみの制作販売をしており、小さなストラップタイプから大きいサイズのぬいぐるみがありますよ。YYSHOPでは様々な種類のメンダコ達からお気に入りを見つけることができますね。

内藤デザイン研究所

充実の品揃えの海中シリーズ

内藤デザイン研究所はぬいぐるみのオリジナルブランドの制作、販売を行なっている会社です。メンダコのぬいぐるみも、もちろん制作しています。海中散歩というぬいぐるみのシリーズが有名ですよ。ジンベイザメやクマノミなど人気の種類はもちろん、ダイオウグソクムシやチンアナゴなど、ユニークな容姿の生物もラインナップに登場しています。

LoveJourney(ラブジャーニー)

ぬいぐるみメーカーTST ADVANCEの公式ショップ

LoveJourneyは楽天市場内にあるぬいぐるみ専門店です。ぬいぐるみメーカーのTST ADVANCEの直営店でもあり、メンダコではしんかいさんというぬいぐるみのシリーズが有名ですよ。LoveJourneyでは見たことのないような古代生物のぬいぐるみや、モアイのパペットなど面白いぬいぐるみがたくさんあり、プレゼント探しにも向いているショップです。

COLORATA(カロラータ)

生物や自然生態にちなんだ商品を生み出す

動物達はそれぞれに習性があり、暮らしている環境に適した姿へ進化したという背景があります。デフォルメよりリアルを重視するメーカーなので、ぬいぐるみから本来の動物の姿を想像することができます。メンダコも他にないぐらいリアルな姿をしていますよ。パンケーキのように平たい姿は、海底で生活している時の普段の様子を表しています。

株式会社AQUA(アクア)

水族館や動物園であつかっている商品がいっぱい

AQUAのぬいぐるみは動物園や水族館、植物園や科学館で購入することができますよ。メンダコは歩け軟体くんというシリーズで販売されており、パペット使用になっています。また、アニマルリウムというシリーズは、動物と至近距離で接している飼育員さん監修で制作されています。動物の特徴が細部まで再現されていますよ。手に取ってじっくり観察ができるのでおすすめですね。

おすすめ&人気のメンダコのぬいぐるみランキング

大きいサイズでおすすめのメンダコのぬいぐるみ

ToiToyFactory-メンダコもっちBIGぬいぐるみ  (1,680円)

ウエスト130センチで大人でも抱えるサイズ

抱き心地がいいメンダコのぬいぐみを探している人におすすめ。高さは43センチほどですが、ウエスト周りが130センチもあるのでハグのしがいがありますよ。大人でも両腕で抱えるサイズ感です。大きく真っ赤な色をしたメンダコは、存在感も抜群ですね。

触り心地はもっちりふわふわで柔らかです。この大きさを利用してもたれかかれば、クッションにもなってくれますね。ユーフォーキャッチャーでも登場したことがある、人気シリーズのぬいぐるみ。お店でも購入が可能なので、取りそこねた人はチェックしてみるのもいいですね。

B-PLANET INNOVATION-もちっとBIG ひんやりめんだこ(880円)

素材も色も夏使用のメンダコ

もちっとBIGひんやりメンダコは50センチ前後のサイズをした、夏バージョンの大きなメンダコです。起毛はしておらずサラサラした素材で作られていて、触ると夏らしくひんやりしますよ。季節を感じるメンダコなので、コレクターの人にはたまらない逸品です。残暑の厳しい秋口まで人気のメンダコですよ。

ユーフォーキャッチャーで50センチを超えるような大きなぬいぐるみは、獲得するのも簡単ではありません。人気のひんやりタイプを逃してしまった人は、ユーフォーキャッチャー以外でも手に入れることができますよ。色味は涼やかなパステル系の青や紫、ピンク系など。のちにメンダコらしい赤やオレンジなど暖色系も販売があり、大きなメンダコは季節を問わずに人気がありますね。

ZAKKA GREEN-BIG HAG ZOOメンダコ (3,498円)

リアルな目元が印象的

全長38センチほどのこちらのメンダコは、リアルに作られているメンダコですよ。大人でも片手では持ちづらく、子供は抱えるサイズです。リアルで大きなメンダコは存在感がありますよ。また、大きいのは体のサイズだけではありません。BIG HAG ZOOのメンダコはタコ科の生物にあるような四角い瞳の特徴を捉え、瞳も大きく表現されています。

耳に見える2つのヒレは立体的に作られており、体のサイズに合わせた大きめのヒレが付いています。クルンと上を向いていて、哺乳類のような愛らしい耳ですよ。8本の手足は1本ずつ独立しており、先の方はクルリと巻きがかかっています。裏側には吸盤も表現されているので、細部まで忠実に作られているという魅力を感じますよ。

COLORATA-リアルメンダコLLサイズ (5,280円)

海底での様子を再現

リアルなメンダコを再現したカロラータのぬいぐるみは、ぺったんこで丸く、膝掛けのように広げて置くようなイメージです。深海では海底に張りついているような姿をしているので、この状態が自然なメンダコの姿ということになります。本物を手に取って見ることは不可能ですが、ぬいぐるみなら近くで眺められるので、子供も大人も観察をしながら発見が得られますね。

真上から見る円盤状のカラダは直径60センチ、高さに至っては9センチです。中央に顔がありますが、リアルな目元はゴロリと立体感があります。広げたぬいぐるみをひっくり返すと、吸盤があることがわかりますよ。また、椅子などに掛けると立体的になったメンダコの姿を想像することができます。リアルを表現している魅力あるぬいぐるみです。

小さいサイズでおすすめのメンダコのぬいぐるみ

LoveJourney-深海メンダコ携帯ストラップ (495円)

ちょっとしたプレゼントにおすすめ

5センチにも満たないメンダコの携帯ストラップです。左右に離れた目元だけで表情が表現されており、ゆるくほのぼのした雰囲気が特徴です。小さくても可愛さは変わらず、むしろ小さいことで愛らしさが増しているようですよ。大きいサイズのぬいぐるみと同じシリーズのストラップなので、小さくても作りはしっかりしています。

購入しやすい価格でもあるので、ちょっとしたプレゼントにも向いています。友達同士、色違いで持つのもおすすめですね。また、メンダコを知らない人でも、見ているうちに不思議と可愛く見えてくる魅力があります。携帯だけではなく、リュックや車の中にぶら下げておくのもおすすめです。

内藤デザイン研究所-海中散歩 ムニュマスコットボールチェーン付き(660円)

ずっと握っていたい

つまんでもよし、握ってもよし。商品名にもある通り、ムニュムニュとした触り心地が魅力のメンダコのマスコットです。ニッコリと笑った表情がゆるやかでかわいらしく、まるでお手玉のように小さなメンダコです。5センチ前後のサイズ感なので、手の小さな女性や子供でも握って遊ぶことができますよ。

また、ムニュっとしている感触は、中にパウダービーズが入っているから。表面の素材自体も伸縮性があるのでより、魅力ある触り心地になっています。ボールチェーン付きなのでバッグや鍵に取り付けることができます。外出時にもそばに置いておくことができますね。

Select Plus-AQUA歩け軟体くん メンダコ (2,607円)

前足に指を入れて動かして遊べる

歩け軟体くんはハンドパペットになっている軟体動物のシリーズです。メンダコの裏側に指を入れる入口があり、前足に4本の指が入るようになっています。床や壁にぬいぐるみを添わして指をトコトコ動かせば、メンダコが歩いているような姿に見えますよ。お子さんと一緒に楽しく遊べるアイテムですね。

サイズは幅17センチ高さ11センチと大きすぎないサイズ感です。見た目は、オレンジ系とピンクを組み合わせたビビットな配色で、ポップな雰囲気がかわいらしいですよ。手足の裏には吸盤が刺繍されており、耳のような2つのヒレは立体的な作りになっています。全体的に丁寧に制作されていることがわかりますね。観賞用として飾っておくだけで、ほっこりとしてしまうでしょう。

実用的でおすすめのメンダコのぬいぐるみ

YY SHOP -メンダコ(マグネット)S (748円)

会社のデスク周りでも使える

しんかいさんシリーズの、マグネットタイプのメンダコです。しっかりとした強力なマグネットは、メモを挟んでくっつけておくことが可能です。サイズはSとMの2種類あります。5センチ未満のSサイズなら会社のデスク周りにくっつけておいても邪魔にならないサイズですよ。かわいい見た目でしっかり、マグネットの役目を果たしてくれるでしょう。

ポップでハッキリした色味の赤や黄色、さわやかな印象の水色や黄緑、海底を連想させるダークブルーや紫など、10色以上のカラーバリエーションがありますよ。好きな色でいくつか揃えてみるのもおすすめです。自宅の冷蔵庫にくっつけるのなら、あえて存在感のあるMサイズのメンダコがいいでしょう。家族への伝言メモ用などに、カラフルなメンダコを使うのはかわいいですよね。

じぶんまくら-マシュマロアクアミエ 抱き枕 (1,760円)

毎晩一緒に眠る相棒

マシュマロと名前にあるおり、ムニムニとしている感触がクセになるメンダコの抱き枕です。表面はベロアのようにサラサラとした触り心地です。また、中には弾力のあるモチモチの綿がギュっと詰まっていますよ。

コロンとした丸みのある形をしており、20センチ弱と大きすぎず、抱きかかえて眠るのにちょうどいいサイズ感です。ベビーピンクのほんわかとした色合いと、目元の優しい表情が眠気を与えてくれますね。就寝時のお供に、ぴったりのメンダコといえるでしょう。

こん太村 めがねとコンタクトの専門店-深海魚クリーナーメガネ拭き (990円)

マイクロファイバー使用で便利に使える

1日に何度も手にするスマホは、ふと見た時に画面の汚れが気になることがありますよね。こちらのメンダコは一見、小さなぬいぐるみにみえますが、実は立派なクリーナーです。メンダコの体の中にマイクロファイバー製の布が収納されていて、メンダコの裏側から引き出して使うことができます。頭の上のストラップを引っ張ることで布部分が収納される仕組みですよ。

サイズは縦6センチ横8センチと手のひらにのるサイズです。ストラップの先は携帯や鍵に取り付けることができるので、外出先でのメガネ拭きとしても利用できますよ。かわいくて実用的ですね。メンダコが好きな人や、クリーナーを必要とする人へのプレゼントとしても喜ばれるでしょう。

YY SHOP-しんかいさんメンダコポーチ (1,320円)

小物入れとしてバックの中に忍ばせて

13センチほどのメンダコは、ぬいぐるみに見えてポーチでもあります。マチがほぼないので化粧ポーチのようにたくさん物は入りませんが、フカフカしているので、アクセサリーや薬を入れて使用するのがおすすめです。バッグの中で散らかる細かいものを入れておくのに役立ちますね。

メンダコが好きだけど、外出用のメンダコは持っていないという人にもおすすめです。ぬいぐるみを持ち歩くのはバッグの中でかさばるし、さすがにチョットと抵抗がある人でも、ポーチなら邪魔にならず実用的に持ち歩くことができますよね。さらさらとした触り心地に外出先でも癒されますよ。

紫色系統でおすすめのメンダコのぬいぐるみ

新江ノ島水族館オンラインショップ-メンダコストラップ パープル(500円)

ゲーム好きの人にも人気

最近ではメンダコが登場するゲームも増えており、タコにちなんだキャラクターの登場などで、紫のメンダコの人気があります。その影響もあってか、紫のメンダコからは少し不思議なファンタジー要素も感じられます。中には紫のメンダコだけを、複数購入する人もいるほどですよ。

紫のメンダコはしんかいさんというシリーズで発売さています。ストラップやマグネットなど10センチ未満のメンダコを購入することができますよ。小さなメンダコを同じ色で数個持つのはとても可愛いですよね。大きいサイズの紫のメンダコが欲しい人は、ゲームセンターやアミューズメント施設で探してみると見つけやすいでしょう。

新江ノ島水族館オンラインショップ-メンダコMマグネット DBL(1,100円)

水族館の照明で映えるメンダコ

水族館の明かりを落とした照明は、紫やブルー系の色をしています。その照明の中で、深海の生物達は優雅な姿を見せてくれています。本来の生活環境にいるメンダコを想像するには紫に近い、ダークネイビーのメンダコがおすすめです。

赤やピンクのメンダコのぬいぐるみは、メンダコの体の色に近いので人気があります。しかし、海底200メートル以上の海の底には、太陽の光がほぼ届きません。そのため、海の中のメンダコを想像すると、紫やダークネイビーのメンダコが一番しっくりきます。ダークカラーのメンダコは、深海生物としての魅力をより感じられますよ。

まとめ

かわいくて実用的ならプレゼントしても喜ばれる

特に欲しいメンダコが決まっていない人は、携帯ストラップやクリーナータイプ、マグネットタイプをおすすめします。また、気軽にプレゼントできるサイズなので、何かのお返しが必要な時に、プレゼントするのもいいでしょう。小さくてもメンダコなら、癒しをくれますよ。出先でのメンダコとの出会いも大切です。やっぱり買っておけばよかったと、あとから後悔のないようにしてくださいね。今回はメンダコのぬいぐるみをランキング形式でご紹介しました。お気に入りのメンダコを見つけたら、ぜひ仲良くお過ごしください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*