背もたれ付きビーズクッションのおすすめ人気比較ランキング!【ベッド型も】

ソファーを置きたいけれど部屋が大きくないと難しいですよね。背もたれ付きのビーズクッションならコンパクトで部屋を圧迫しません。ですが、何を基準にして選べばよいか、どれが良い商品なのかわからないと考える人も多いのではないでしょうか。そこで、今回はおすすめの背もたれ付きビーズクッションをランキング形式で紹介します。他にも、目的に合わせた選び方やソファーの代わりになれるのかを解説していきます。無印良品やYogiboをはじめ、ソファーとして活用できるビーズクッションや置くだけでインテリアの一部になるようなビーズクッションがランクイン。また、ビーズの大きさの違い、クッション自体にどんな大きさがあるのかといった疑問にもお答えします。

背もたれ付きビーズクッションの特徴

クッションとしてだけでなくソファーとして代用可能

ビーズクッションは柔らかい弾力を活かし、ソファーとしても使用できます。さらに背もたれ付きのビーズクッションであれば、ソファーのように寄りかかりながらくつろぐことも可能です。ソファーよりお値段が手頃のものが多いので、浮いたお金で他の家具を買うことができるのも嬉しいですね。

座ったり横になったり幅広い用途で使える

背もたれ付きのビーズクッションは大きさによって座るだけでなく横になって使用できます。大きいサイズのビーズクッションであれば1人で横になって寝ることや複数人で座ることも可能。1つのビーズクッションで、幅広く使えるのでとても魅力的です。

背もたれ付きビーズクッションの種類

ベッド型

ソファーとしてだけでなくベッドとしても使用可能

ベッド型のビーズクッションは棒状の形をしており比較的大きいサイズが特徴。座る位置によって背もたれを作ることができ、体を預けてベッドのように横たわると仮眠を取ってリラックスするといった使い方ができます。座る以外でも使ってみたい方やベッド以外にリラックスできる場所が欲しい方におすすめですよ。

サイズを大きくすると場所を取ってしまうので、ソファの代わりとして使うことも良いですね。複数人が使えるので家族や友人と一緒に座れます。様々な用途で使用できるので、家庭をお持ちの方や友人を招くことが多い方におすすめですよ。

三角形型

座椅子の代わりになりコンパクトでインテリアの邪魔をしない

三角形型はその他の形に比べてコンパクトで部屋の邪魔にならない点が特徴。コンパクトである性質を活かしてソファーとしてだけでなく枕として使うことができ用途は様々です。元々背もたれがついているので1人用で使うのが基本です。

スタイリッシュであるため部屋のインテリアを邪魔せず、きれいな空間を演出。大きすぎるものが少ないので掃除の際に持ち運びやすい利便性もあります。家具やお部屋のインテリアにこだわっている方におすすめです。

背もたれ付きビーズクッション の選び方

カバー生地の素材で選ぶ

柔らかい肌触りを求めるならポリウレタン素材

ポリウレタン素材では柔らかい肌触りと弾力が特徴です。伸長性が高くビーズクッションの動きに合わせて伸びるため身体にフィットする感触を楽しめます。さらに摩擦や色落ちにも強く、速乾性も兼ね備えているので子供のいる家庭にもピッタリ。 長く使いたい方やビーズクッションの柔らかい弾力を味わいたいという方におすすめの素材です。

座り心地を求めるならコットン素材

コットン素材のカバーはしっかりとした座り心地を体感できます。ポリウレタン素材と違い、生地が硬いためクッション自体が崩れにくいので安定した座り心地。そのためビーズクッションを長く維持することも可能です。天然素材ならではの風合いを感じられるのでインテリアに凝っている方や、クッションとしてではなく椅子として使うことが多い方におすすめの素材です。

デザイン性を重視するならデニム素材

デニム素材はコットンと性質は同じ硬めで、しっかりとした生地です。そのため、安定した座り心地により座椅子としても使用できます。さらに、デザイン性に富んでおり、部屋の雰囲気を邪魔しないのが特徴。デニムのカラーを変更したりヴィンテージ加工を加えたものにしたりすると、部屋に馴染みますよ。大人な雰囲気を作ってくれるので、インテリアにこだわりのある大人の方におすすめです。

ビーズのサイズで選ぶ

優しく包み込むフィット感を求めるなら1mm以下

1mm以下のビーズは小さいビーズが体にフィットし、柔らかい感触を体感できます。細かいビーズは体の動きに合わせて移動し、体圧を加えると包み込むように変化。そのため、もちもちの弾力を維持します。また、細かいビーズは圧力を分散するので、ビーズ自体が長持ちします。高価なビーズクッションに利用されることが多いので、予算に余裕のある方におすすめですよ。

弾力があり安定した座り心地を求めるなら2mm以上

2mm以上のビーズは一粒が大きいビーズが安定した座り心地を実現。大きいビーズが体圧に反発することでしっかりとした弾力が生まれます。そのためしっかりとした安定感を保つことができるので座椅子の代わりとしても使用可能。細かいビーズ比べ、ビーズへの圧力が強くかかるので潰れやすいという面があります。しかし、比較的に安価なものが多いので、値段を抑えたい方や椅子や座椅子として使用したい方にはおすすめです。

お手入れのしやすさで選ぶ

カバーの取り外しが可能なタイプなら清潔に保てる

カバーが取り外せるとビーズクッションの汚れが目立ってしまうのを防げます。ビーズクッションを地べたに長期間置いたり様々な用途で使っていたりすると、どうしても汚れや匂いが目立ってしまい、衛生的によくありません。カバーが取り外せるものを選ぶと、綺麗な状態を長く維持することができます。購入する際には、カバーが取りはずせるものかを忘れずに確認しましょう。

ビーズの補充が可能なタイプなら買い替えずに弾力を調整できる

ビーズが補充できるものを選ぶと、本体ごと買い換えずに使い続けることができます。長期間ビーズクッションを使い続けているとどうしてもビーズ自体がヘタってしまい、本来の弾力を失ってしまいます。ビーズを補充できるものであれば、中身を買ったときの状態に戻せるので、新たなビーズクッションを買う費用も抑えられますね。長く使いたい方は購入する際に補充できるものなのか確認しましょう。

背もたれ付きビーズクッションのおすすめブランド・メーカー

LOWYA(ロウヤ)

高級感がありワンランク上のお部屋を作れる

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

LOWYAは福岡県に本社を置く、主にオンラインでインテリアや家具を販売。シンプルかつおしゃれで使いやすいインテリアを幅広く扱っています。ビーズクッションは肌触りが良く、しっかりとした座り心地で椅子のように使えるのが特徴。コーデュロイ素材やデニム素材を使用したインテリアとしても部屋に馴染むようなデザインです。

Yogibo(ヨギボー)

大きくて軽いビーズと特殊技術のカバーでフィット感抜群

Yogiboはアメリカから上陸したブランドで、体にフィットする弾力が特徴のクッションやソファーを主に取り扱っています。二重構造のカバーが特徴で、全てを同じ素材にすることでどこからでも体にフィットするような仕組み。なおかつ耐久性にも優れているので小さいお子様やペットを飼っている家庭にも取り入れやすいビーズクッションです。

無印良品

人をダメにするクッションの代名詞

無印良品は衣類、生活雑貨、食品などを幅広く扱っており、人をダメにするクッションを販売し、ネット上で話題になりました。体にフィットするクッションは、くつろぐ時の形に合わせ変化し体にフィット。さらに寄りかかる面に合わせて横置きでも縦置きでも座るなどができます。

ニトリ

比較的安く豊富な品ぞろえ

ニトリはお、ねだん以上。というフレーズが有名の家具やインテリアを扱うブランド。タイプの違うビーズクッションを幅広い値段で揃えています。ヌードミニビーズクッションは0.3mmから0.5mmの極小のビーズを使っているのでフィット感のある気持ちよさを感じることができます。

おすすめ&人気の背もたれ付きビーズクッション人気比較ランキング

座椅子替わりでおすすめの背もたれ付きビーズクッション

LOWYA-ビーズクッション (19,990円)

シンプルかつ大きなクッションにより男性でも身体を預けられるビーズクッション
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

幅75cm、奥行き110cmと男性でも寄りかかることのできる大きいサイズ感。さらに、長く使いやすい滑らかな触感の生地が快適な座り心地を実現。物足りないと感じる部屋に置くだけでアクセントとなるようなシンプルなデザインを兼ね備えています。サイズが大きく、見た目がシンプルなためインテリアの邪魔をしないビーズクッションが欲しい方におすすめです。

ビーズは約1mmから1.2mmのマイクロビーズを使用し、へたりにくく、体圧を上手く分散して身体を支えてくれます。カバーはグレーとオレンジの2色展開。チャックが付いているのでカバーの付け外しができ、ビーズの入れ替えが楽なのが特徴です。

MOGU-三角フィットソファ(15,227円)

背もたれと肘置きを作り出す三角形型構造が身体をガッチリホールドしてくれるビーズクッション

三角形の形をしている少し変わったビーズクッション。三角形の形状により横向きでソファーとして使った場合に肘掛けと背中当てが出現し身体にホールド感をもたらしてくれます。縦向きにした場合でも三角形の一辺のようにちょうどよい角度で身体を支えます。

カバーは帆布とニットの種類に分かれていてポリエステルやナイロンを取り入れ強度。ビーズの補充とカバーの取り外しは可能で6色展開となります。摩擦音を軽減したパウダービーズは特許を取っている素材。使用中や持ち運び時のビーズの音が気になる方におすすめです。

Yogibo-Yogibo Lounger (24,552円) 

曲線が座る人に合わせた形状を実現できるビーズクッション

読書やゲームに没頭するための1人用のビーズクッション。他のYogiboに比べて少し小さめです。ですが、独特の曲線がどんな体制でも身体にフィットすることで座っていることすら忘れてしまうほどの感覚を生み出します。

カラーは23種類とYogibo Maxと比べても豊富なバリエーション。Yogiboに共通しますが、特殊な縫製技術により伸縮性と強度を誇ります。そこにYogibo Loungerの曲線が合わさることで没頭できる環境を生み出します。普段から読書やゲームを長時間没頭している方におすすめです。

和楽-SHIZUKU 雫(9,490円)

2つの生地を用いたカバーがズレない安定感を生み出すビーズクッション

よく伸びる生地としっかりとした生地の2層構造。寄りかかる時に生地が伸びすぎてしまうのを伸びない生地が支えることでビーズの流れが止まり、おしりが床に付きません。この生地の組み合わせにより、座る時に程よい位置で身体を支えてくれます。

もう一つの使い方はクッションを寝かして伸びる生地を上にし、深く座ったり寝転んだりする方法。ビーズが身体に合わせて流動し、身体を包むような感覚を味えます。サイズも選べるので、抱きしめたり椅子に敷く用のクッションとして使用したりもできますよ。

おしゃれなデザインでおすすめの背もたれ付きビーズクッション

LOWYA-デニム生地ビーズクッションチェア (11,550円)

部屋に馴染むヴィンテージ感あるデニムカジュアルな雰囲気を作るビーズクッション
おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

ユースド加工によりヴィンテージ感を施されたデニム生地は部屋の雰囲気に自然と馴染むビーズクッションです。幅60cmの持ち運びがしやすい程よいサイズ感。そのため、掃除がしやすく、部屋の邪魔になりません。たっぷりと詰め込まれたビーズと背中を預けることができる三角形の背もたれがあるので柔らかな座り心地とリラックス感を実現できます。

使用しているビーズはへたりにくく長持ちしやすいのが特徴。カバーは取り外せるのでビーズ交換はし易いです。デニム生地のカバーは手洗い限定ですが、水洗い可能なのでお子様がいる家庭にもおすすめです。

大東寝具工業座・気まま(11,480円)

和室だけでなくフロアにも馴染む存在感が部屋を大人の表情にしてくれるビーズクッション

心地よいくつろぎを与えてくれるビーズクッション。座ると背もたれが立ち上がり、身体に合った形に変わります。中のビーズは5mmの発泡ビーズを使用。大きなビーズが姿勢に合わせて移動し、背もたれの形を維持してくれます。和を感じる座椅子と三角型の遊びが程よいバランスです。

通常のソファに比べてらくらくと持ち上げられるのがポイント 。部屋の導線を妨げず、好きな場所に移動できます。取っ手がついているので掃除の時に女性でも無理なく持ち上げることができますね。カバーのカラーは7色で、四季や自然をモチーフにした凹凸のある綿です。和と洋のどちらの空間にも馴染む落ち着いた色が特徴。畳があるような和風な部屋の方におすすめです。

Air Rhizome Interior-クロスステッチ ビーズクッション Grace(14,540円)

味わいのある素材がメンズライクな空間にマッチするビーズクッション

ファブリックと麻紐の異素材をかけ合わせた生地が他にないヴィンテージ感を生み出します。落ち着いた色のファブリックに多色の糸を使い、単調すぎない落ち着いた色味を演出。そのため、西海岸系、塩系のメンズの雰囲気にマッチします。

中身のビーズは5mm、6mm、7mmと異なるサイズを採用。形が異なることで、表面がフィットし安定する構造です。ビーズの大きさを活かし、体重をかけた時の沈み過ぎや型崩れを感じさせない仕様になっています。主に椅子として使いたい方、色々な雰囲気に合うビーズクッションが欲しい方におすすめです。

ベッド型でおすすめの背もたれ付きビーズクッション

YogiboYogibo Max (34,452円)

ベッドとソファーと椅子の代用ができてしまう人気ビーズクッション

170cmある大きなサイズにより、ベッドなどの役回りができてしまうビーズクッション。YogiboでNO.1ベストセラーの人気を誇ります。その大きさから複数人での利用も可能なので、家庭をお持ちの方には強い味方のクッションです。

カラーが豊富で17種類もあるので、お好みのカラーを探しやすいです。カバーは取り外し可能ですがお手入れには他のものと一緒に洗濯できない等の守るべきルールがあります。そのため、非常に弱いモードで洗濯したり個別で洗ったり、他の衣類とわけて優しく洗濯すると良いですよ。家族や友人といった複数人で使うことが多い方におすすめです。

カーテン本舗-BEANS MAX (17,800円)

匂いの少ないビーズでお子様も安心して寝転がれるビーズクッション

子供にも安心して使えるように、匂いが少ないビーズを採用。さらに、匂いを飛ばすために放置期間を設けたり匂いが飛びやすい設計にしたり、対策が徹底されています。2.9mmの大きめのビーズを採用し弾力のある感触が特徴。匂いに過敏な方におすすめです。

ベッド型のため横幅160cm奥行き75cmあるゆったりとしたサイズで思う存分寝転がることができます。耐久性も抜群で大人が2人ほど座っても、上でストレッチをしても破れることはありません。ビーズ補充ができるのでヘタってきた時にお好みの感触に変えることもできます。元気なお子様がいる家庭でも気にせずに使えるのでおすすめです。

タイリージャパン-人をダメにする ソファ (16,400円)

2種類の補充用ビーズにより好みの感触を調整できるビーズクッション

XXLサイズで幅155、奥行き110cmの大きいビーズクッション。人1人が楽に横になることができるサイズで自由なライフスタイルを作り出すことができます。U字クッションやロングクッションを組み合わせると横になりやすい環境を作れますよ。 

ジャージ生地で2色、スムースニット生地で5色から選べます。ストレッチ素材のため、破れることをあまり考えずに使えます。購入時は3ミリビーズですが、補充用は0.5ミリもあるので使用してから好みの感触に変更できますよ。お好みのビーズの硬さが決まっていない方におすすめです。

MOGU –パウダーMAX ソファ  (34,470円)

耐久性に優れたカバーと独自開発のビーズが癒やしを与えてくれるビーズクッション

MOGUの中で全てがMAXなビーズクッション。日本製の伸縮性が強く耐久性や感触が優れているカバーはハリや弾力を生む。特殊開発の0.5から0.9mmのビーズがモチモチの感触を生み、後には戻れない癒やしを生み出します。

ビーズには他にも匂いを抑える安全性の高い素材を使用。ビーズの匂いを不快に感じる方でも利用することが可能です。摩擦音を抑える特殊コーティングにより、音だけでなくビーズに触れた感触も良いですよ。そのため、横になる時にビーズの音や匂いが気になる方におすすめです。

カバー取り外し可能でおすすめの背もたれ付きビーズクッション

無印良品-体にフィットするソファ・綿デニム (8,990円)

置き方によって2通りの座りを体感できるビーズクッションの代名詞

伸縮性のあるニット生地と伸縮性のない綿デニムのあわせ使いにより、幅広い使い方が特徴のビーズクッション。縦置きで身体を預けて横になったり、横置きでソファのように座ったり、2パターンができます。微粒子ビーズが流動し体型に合わせて変化し、包み込むような感触を楽しめます。

カバーは取り外し可能でなおかつ種類が豊富。麻やデニム、ポリエステルなどがあるので、部屋の雰囲気やご自身の使用感に合わせて変えることができます。補充用のクッションもあるのでヘタれてしまっても本体に乗せるだけでヘタリが改善。シンプルな見た目かつ管理が簡単なので一人暮らしの方におすすめです。

ハナロロ- プレミアムポトラ100リットル(8,980円)

少し大きくゆったりしたサイズで包み込み人をダメにするクッション

幅70cm奥行き95cm、高さが70cm。100リットルある大きさながらコンパクトで、約2.7kgと軽量です。移動しやすいので部屋を広く使えますよ。独自のクレアビーズは低VOC安全基準をクリアしており、呼吸器などに起こる人体への影響を防げます。持病をお持ちの方や体に安全なものを使いたい方におすすめです。

季節によって使い分けられる6種類のカラーは、部屋に落ち着きのある雰囲気を演出。 カバーは伸びのある生地でもっちりとした座り心地。改めてビーズクッションの本体を購入すると、使い終えた本体を無料で回収してくれるので処理に困りません。

まとめ

汎用性の高いベッド型のビーズクッションを買うのがおすすめ

何を買ったら良いかわからないときには、ベッド型のビーズクッションがおすすめです。背もたれ付きのビーズクッションは、小さいビーズが身体を包み込みことでリラックス感を与えてくれます。ベッド型のビーズクッションは、サイズの大きさから複数人で使用でき、1人でも身体を預けて寝転がることができるので、持っておいて損はありません。家庭をお持ちで人数が多い方からおひとり様まで、幅広く利用できますよ。なおかつ場所も取らないので、ソファーが置けない人にとてもおすすめです。今回は背もたれ付きのビーズクッションをランキング形式で紹介しました。ぜひビーズクッションを取り入れて快適な時間を体感してみてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*