無印良品の枕カバーおすすめ人気比較ランキング!【付け方も】

衣服や生活用品に食材など、品質を重視したオリジナル商品がそろう無印良品では、寝具も豊富にそろっています。寝具の中でも顔が直接触れる枕カバーは、肌触りが気になりますしお洗濯の回数も多い寝具なので、予備も欲しいところですよね。そこで今回は、無印良品の枕カバーを人気ランキング形式でご紹介したいと思います。素材の違いや季節別でのおすすめも解説していきますので、末永く使えるお気に入りをぜひ見つけてくださいね。

無印良品の枕カバーの特徴

オーガニックコットンなどの天然素材を使用

天然素材とは、もともと自然の中にある素材のこと。コットンは科学繊維に比べ素材がやわらかく、また、保湿や通気性のほか、吸収性にも優れているので汗をかいても肌に優しいのが特徴です。オーガニックコットンとは、3年以上農薬や化学肥料が使われていない土を使って無農薬で育てられた綿花のことをいいます。栽培に関わる生産者や自然環境、使う人に配慮したもの作りを実践している無印良品。オーガニックコットンを使用した製品を20年以上の歳月をかけて増やしてきました。そのため、無印良品のコットン製品にはあたりまえのようにオーガニックコットンが使用されており、枕カバーはもちろん、寝具の多くにオーガニックコットンが使用されていますよ。

ファスナーがないシンプルな筒型で統一

無印良品の枕カバーはシンプルな構造が特徴のひとつです。ファスナーを使用していないので枕の出し入れをする際に、ファスナーが布を巻き込んで開閉がしづらいというわずらわしさがありません。また、金属が付属していないので、布だけで作られているという優しい雰囲気があり、オーガニックコットンの素朴な風合を引き立てています。無印良品の枕カバーは長方形の筒のような形をしており、枕を筒の奥まで押し込んで手前の余った布を内側に折りこむ使用です。寝室に置くのに必要最低限のシンプルなデザインがちょうどよい魅力ですね。

無印良品の枕カバーの人気シリーズ

洗いざらしまくらカバー

綿本来の風合いが気持ちいい

洗いざらしシリーズは無印良品の寝具を代表する商品といえるでしょう。適度にざらざらしたような触り心地は決して硬いということではなく、自然の中に生息する綿花や清潔感を感じることができますよ。お風呂の後にごろんと寝転がりたくなるような、リラックスできる風合いです。洗いざらしというネーミングに納得の枕カバーですね。

洗いざらしまくらカバーは、枕カバーにこだわりがなく選ぶことに迷っている人にも、お勧めできます。購入しやすい価格帯でオーガニックコットン100パーセントと品質がよく、コストパフォーマンスが良好です。男女問わずに使えるカラーバリエーションが充実しており、ナチュラルな白やベージュにスモーキーブルー、濃い色がお好きな方はネイビーやダークグレイを選ぶことができますよ。

綿高密度織まくらカバー

ホテルのまくらカバーを参考に

高密度で織られたオーガニックコットン100パーセントの枕カバーです。ホテルの枕カバーを参考にして作られているので、自宅でもちょっとした特別感が味わえるのが嬉しいですね。高密度で織られているということは、生地と生地の間に空間が少ないということ。そのため、生地の目が細かく仕上げられているという特徴があります

目が細かいということは保温効果もあり、しっかりした生地感で丈夫なところも特長のひとつです。オーガニックコットンを使用している他の枕カバーに比べて、適度なハリと艶やかな光沢がありますよ。手触りは滑らかでさらさらとしています。ワンランク上の高級感を感じる枕カバーです。

綿天竺・落ちワタ入りまくらカバー

伸縮性がありやわらかい

天竺編は名前だけ聞くとピンとこない方も多いと思いますが、Tシャツでも使われているので比較的馴染みのある素材です。やわらかい感触と伸びの良い素材が肌触りをよくしています。オーガニックコットンを100パーセント使用しているので、アレルギー体質のお子さんにも使用することができますよ。

落ち綿とは、糸を紡ぐ工程で出る短い糸くずのことですが、糸くずといっても素材はオーガニックコットンです。落ち綿を入れることで、生地に霜降りのような表現がもたらされ、一色ではないような風合いが出ます。短くなった繊維でも余すことなく使うことで、ごみを増やさないことへ貢献しています。CO2削減につながり、まさに環境にも人にも優しい枕カバーですね。

綿三重ガーゼまくらカバー

三層のガーゼでふっくらやわらかく

オーガニックコットン100パーセントのガーゼを三層にした枕カバーです。ガーゼは見た目にもわかるとおり、糸と糸の間の空間が広く、やわらかい空気をまとったようなフワッとした軽い素材です。ガーゼを3枚重ねることで、よりふっくらとしたやわらかい感触になりますね。

ガーゼを重ね合わせることで層ができあがり、内側に温かい空気をためることができますよ。そのため、寝具としては年間通して使うことができます。また、水分の吸収性が高く通気性がよいことから、シングルガーゼは医療用で、ダブルガーゼはマスクやベビー服など、直接肌に触れる生活用品に幅広く使用されていることもガーゼの特徴ですね。

無印良品の枕カバーの選び方

肌触りで選ぶ

春から夏はちぢれた素材が気持ちいい綿強撚とクレープ織

春から夏にかけて温度も湿度も上がるため、肌にまとわりつく素材はなるべく避けたいところ。無印良品には綿強撚クレープ織まくらカバーという、オーガニックコットン100パーセントの枕カバーがあります。糸に強いひねりをかけているため、やわらかいけど表面がでこぼこしており、クレープ織を用いることで縦に筋が入ったようなザラザラした感触が特徴です。サラッとしているので素肌に張りつくことがなく、汗ばむ季節に触れて気持ちがいい素材です。

秋から冬はやわらかく起毛している綿フランネル

肌寒くなるとやわらかな起毛素材が恋しくなりますね。無印良品の枕カバーにはオーガニックコットン100パーセントの綿フランネル枕カバーがありますよ。フランネルと聞いて冬に着るシャツでお馴染みの、ネルシャツを思い出す方も多いと思います。織の密度が高いので保温効果が高く柔軟性があります。起毛がかったやわらかい素材は触れていると温もりを感じますね。枕カバーに選ぶことで、枕に乗せている顔や首元も温かく使えることでしょう。

サイズで選ぶ

男女ともに使用できる一般的なシングルサイズ

無印良品では枕カバーのサイズが2種類あります。一般的な体型で特にこだわりがない人は、シングルサイズがおすすめですよ。縦横が43センチと63センチのシングルサイズは最も一般的なサイズとなり、標準体型の人の肩幅に合わせて作られています。また、マットレスや敷布団にも最適なサイズとされており、市販の枕カバーもシングルサイズの種類が特に豊富に販売されています。

大柄な人なら余裕をもってセミダブルサイズ

シングルサイズのひとつ上のサイズがセミダブルサイズになります。体格の大きい人は、セミダブルサイズが縦横50センチ70センチあるので余裕があり、おすすめですよ。横に70センチあるので寝返りも充分に打てますし、一般的なシングルのマットレスや敷布団である97センチから100センチ以内にも収まりますよ。また、標準体型でも寝返りが多い人や、大きい枕で優雅な気分を味わいたいという人にもセミダブルサイズはおすすめです。

無印良品の枕カバーの口コミ・評判

季節に合わせて寝具も衣替え

ベッドリネンを秋冬使用に。掛け布団と右の枕のカバーは無印のフランネル生地です。肌触りがとっても柔らかくてだいすき!

好みの素材を色違いでローテーション

ベッドシーツと枕カバーは、無印良品のオーガニックコットンの伸びる素材のものが好きで、ブラウンとネイビーを交互に使っています。

シリーズでそろえて気持ちよく過ごす

無印良品にて枕と枕カバーに、シーツ全てオーガニックコットン洗いざらしに買い揃えました。全て揃えると、スッキリして気持ちいいです。

気分転換にまくらカバーの色をかえる

明るい気分にしたくて、枕やクッションをパステルカラーにしてみました。ちなみに枕カバーは無印が好き。今回つけてるのは夏用に買った麻。ほかにガーゼと綿と、3種の生地のものを使いまわしてます。

無印良品の枕カバーを使ったアイディア・インテリア実例

和室と天然コットンは相性がいい

無印良品の枕カバーなら洋室だけではなく、和室とも相性がいいですよ。天然素材のオーガニックコットンと自然由来のイグサを使用した畳との組み合わせで、癒しの空間が出来上がります。また、障子や和紙を使ったランプシェードとも相性が良いでしょう。特に、綿三重ガーゼや綿強撚クレープ織、サッカー織を使用した枕カバーがおすすめです。表面がポコポコしていたり、シワのような表情がある素材の枕カバーだとシンプルになり過ぎません。風合いを活かしたおしゃれな印象が楽しめますよ。

3色使いはコーディネート上級者