ウッドデッキの日除けのおすすめ人気比較ランキング!【おしゃれなタイプも】

ウッドデッキで過ごすとき、日差しが気になりませんか。また、ウッドデッキは屋根がないため、日差しが直接室内まで届いてしまいます。ウッドデッキに日除けを取り入れることで、日差しだけでなく、ウッドデッキが劣化するのも防ぎ、室内も快適になりますよ。そこで、おすすめのウッドデッキの日除けをランキング化しました。タープやオーニングなど、さまざまなタイプが揃っています。ウッドデッキの日除け選びの参考に是非どうぞ。

ウッドデッキに日除けを設置するメリット

ウッドデッキの表面が高温になることを防ぐ

ウッドデッキが劣化してしまう原因のひとつに、日差しがあります。また、ウッドデッキの表面が高温になると、外へ出られない場合も。日除けをすることで影を作り、ウッドデッキが高温になることを防いでくれます。

室温の上昇を抑えられる

ウッドデッキの照り返しは、部屋の温度に影響が出る場合も。ウッドデッキに日除けを設置することで、ウッドデッキの照り返しの熱が室内に影響しなくなります。特に夏は、クーラーの節電にもなりますよ。

近隣住宅からの目隠しになる

開放的なウッドデッキも、立地によっては視線が気になることもありますよね。ウッドデッキの日除けは、目隠しとしても活躍してくれます。特に2階からなど、上からの視線を遮れますよ。視線を気にせず、ウッドデッキで過ごせます。

ウッドデッキに日除けを設置するデメリット

開放感を損なう場合がある

日陰を作り近隣からの目隠しになる日除けですが、視界が狭くなるデメリットも。視界が狭くなることで、本来の開放感を損なう場合があります。透け感のある生地を選ぶと、日除けをしつつ視界も確保できますよ。

冬は日当たりが悪くなる場合がある

ウッドデッキの日除けは、夏の強い日差しを遮るメリットがあります。その一方で、冬は日差しが入らなくなる場合も。季節を問わず使うなら、日除けを出し入れできるものを選ぶと日当たりも調節できて安心です。

ウッドデッキの日除けの種類

シェード

初心者でも簡単に取り付けできる

シェードはベランダやデッキなどの天井や柱に、ひもを取り付けます。地面は重りで固定すれば完成です。手軽に取り入れられるのが、シェードのいいところ。ウッドデッキに、日除けを取り付けるのが初めての人におすすめです。

シェードは、比較的リーズナブルに揃えられるのが魅力。劣化しても、すぐに交換できるとうれしいですよね。網目が大きめに作られている生地が多いので、日差しを優しく遮ってくれます。ウッドデッキに、木漏れ日のような日差しを取り入れたいと考えている人にも適していますよ。

タープ

キャンプ用品を活用できる

キャンプで活躍するタープも、ウッドデッキの日除けとして使えます。日ごろからキャンプをしている人や、キャンプ用品を取り入れてみたい人におすすめです。タープもシェードと同じように、ひもで固定して簡単に取り付けられますよ。

タープは、屋外で使うことを想定して作られているのが特徴。ウッドデッキの日除けができるだけでなく、水にも強い製品が豊富に揃っています。耐久性を重視した、ウッドデッキの日除けを探している人にもおすすめです。

オーニング

日差しの強さに合わせて出し入れできる

オーニングは、カフェやショップで使われていることも多いタイプです。ハンドルを回すだけで、簡単に出し入れができますよ。オーニングは、天候や季節に合わせて使えるのが魅力。天気に合わせて使える、ウッドデッキの日除けを探している人におすすめです。

オーニングの骨組みは、家の外壁に取り付けて設置するのが一般的。しっかりと固定されているので、頑丈な日除けを取り入れたい人にも適していますよ。おしゃれな雰囲気を演出できるので、デザイン性にこだわりたい人にもおすすめです。

パラソル

おしゃれなデザインが豊富

パラソルはリゾートのような、おしゃれなウッドデッキの日除けとして使えますよ。傘の部分が可動するパラソルなら、日差しの入り具合にあわせて影を調節できて便利です。ウッドデッキで、お茶やリラックスした時間を過ごしたい人に適しています。

パラソルは自立してくれるものが多いので、レイアウトを変えられるのが魅力です。土台は水を入れて重りにできるものを選べば、移動するときに水を抜くだけと簡単。ウッドデッキの雰囲気を、おしゃれにしたい人にも向いています。

テラス屋根

雨もしのげる丈夫な作り

2本または、4本の柱に屋根を取り付けたのがテラス屋根。外壁に固定したり柱を立てたりするので、工務店などの業者に依頼して設置するのが主流です。しっかりとした作りで、雨もしのげますよ。本格的なウッドデッキの日除けを、検討している人におすすめです。

屋根は固定式なので枯れ葉がたまったり、地域によっては雪が屋根に積もってしまったりする場合があります。定期的な清掃や、積雪に特化した屋根を検討するといいですよ。テラス屋根は、屋根の素材を選んだりオプションをつけたり、思い通りにカスタマイズできるのが魅力です。

ウッドデッキの日除けの選び方

設置方法で選ぶ

軒下を活用するなら突っ張り式

突っ張り式は、床と天井を突っ張り棒で固定して日除けを設置します。工事などの必要なく、 自分で取り付けができますよ。外壁を傷つけずに設置できるので、賃貸に住んでいる人でも取り入れやすいのが魅力です。取り付けはもちろん、取り外しも簡単にできるため、人が集まるときや夏の間だけなど、期間を決めて使いたい人にも適しています。

軒下がなくても使えるハトメ式

ハトメ式は、フックや重りを使ってウッドデッキの日除けができます。フックを取り付けるときにネジで固定する必要がありますが、家庭用の工具があれば簡単に設置できるのが魅力。2階のベランダからひもで固定する方法もあるので、外壁を傷つけたくない人にもおすすめです。重りはレンガや水を入れたペットボトルなどでも対応できますが、強風の場合飛ばされる恐れもあるので気を付けましょう。重りを別売りしている場合もあるので、確認しておくと安心です。

外壁に取り付ける据え置き式

本格的なウッドデッキ日除けを考えている人に適しているのが、据え置き式。建物に固定するので安定感があります。取り付ける際には、外壁が日除けの重さに耐えられるかの確認が必要。個人での取り付けは難しいので、業者などに依頼して取り付けてもらうのが安心です。外壁に取り付けるのが一般的ですが、なかには建物へ取り付けないよう柱を立てるタイプもあるので、耐久性が気になる場合は、柱を立てることも検討してみるといいですよ。

機能性で選ぶ

突然の雨にも対応させるなら防水加工機能付き

防水加工は、ウッドデッキの日除け以外に洗濯物を干したい人や、雨をしのぎたい人におすすめの機能です。防水と比較されやすい撥水加工がありますが、撥水は水を弾いてくれる機能。長い間雨にさらされると、生地に水が染み出てしまいます。防水は水を通さないよう、生地に隙間がない構造になっています。あまり風通しの良くない面がありますが、使い続けても防水効果が衰えにくいのが特徴。水をしっかりと防ぎたいなら、防水加工を選ぶといいですよ。

日焼けを防ぐならUVカット率が高いもの

ウッドデッキの日除けとして使うときに、気になる紫外線。快適に過ごすためにも、UVカット率はチェックしておきたいですよね。しっかり日焼けを防ぐなら、UVカット率が90%以上のものを選ぶといいですよ。紫外線を防ぐ効果が高い日除けなら、肌だけでなく窓際にある床や家具の劣化も防げます。ウッドデッキに植物などを置いている場合は、植物に必要な日光を遮ってしまう可能性もあるので、植物の配置を変えるなど対処するといいですよ。

暑さを和らげるなら遮熱効果が高いもの

特に夏の強い日差しを遮りたい人は、遮熱効果のあるものがおすすめ。外からの日差しは、室内の温度にも影響します。室内の温度上昇を抑えられると、エアコンの設定温度の下げすぎを防げますよ。遮熱効果のある日除けを取り入れると、電気代の節約にも。遮熱効果の表示は、パーセンテージや温度で表記されている場合が多いので、選ぶときにチェックしてみるといいですよ。

ウッドデッキの日除けのおすすめブランド・メーカー

タカショー

サイズ展開が豊富

豊富なサイズ展開があるので、自宅のウッドデッキの大きさに合わせて選べるのが魅力です。シンプルなカラーから、ストライプなどのおしゃれな柄があるのもうれしいですね。保証期間が設けられている商品もあるので、長く使いたい人におすすめです。

山善

リーズナブルな価格がうれしい

手ごろな価格設定が魅力の山善。ウッドデッキに使える日除けも、コスパ良く揃えられますよ。気軽に日除けをしてみたい人や、初めてウッドデッキの日除けを検討している人におすすめのメーカーです。

谷村実業

実用性の高い商品が豊富

ウッドデッキの日除けのなかでも、物干し竿付きが豊富に揃っています。ウッドデッキに洗濯物を干したいと考えている人におすすめです。実用性もありながら、おしゃれなデザインの日除けも揃っていますよ。

カインズ(Amazon楽天取扱なし/公式サイトあり)

取り扱う種類が豊富

日除けの種類の豊富さが、カインズの魅力です。シェードやタープ、オーニングなど、ウッドデッキに使える日除けが一通り揃っています。楽天やAmazonなどのショッピングサイトでの取り扱いはありませんが、カインズの公式サイトで取り扱っています。

おすすめ&人気のウッドデッキの日除けランキング

おしゃれでおすすめのウッドデッキの日除け

タカショー-クールサマーオーニングポーチCSA-P20U3(63,910円)

シェードの高さを自由に調節できる

ハンドルを回すだけで、シェードを無段階で開閉できます。日差し対策や、目隠しとして使うときにも簡単な操作で調節できるのがうれしいですね。1坪から1.5坪のウッドデッキが納まるサイズ感。ウッドデッキを、しっかりカバーしたい人におすすめです。

紫外線に強く、破れにくい生地を使用。生地の表面は、細かな編み目になっています。編み目があることで、日差しを遮りながら風は通してくれますよ。シックな色合いが、ウッドデッキをおしゃれに演出してくれるでしょう。

壁際貴族-CALME(12,980円)

賃貸でも使える突っ張り式

生地を、ブラウンとストライプから選べるウッドデッキ日除けです。家の外観や、雰囲気に合わせて選べるのがうれしいですよね。突っ張り式なので、工具などを使わず手軽に日除けを設置したい人におすすめです。

生地は紫外線を95%以上カットしてくれるので、日差しの強い日も快適。ウッドデッキの劣化も防いでくれますよ。また、防水撥水加工が施されているので、突然の雨でも安心です。ポールの部分は錆びにくいよう加工されているなど、細かな配慮がされています。

Plan-A-サンシェード オーニングタイプ 大型(4,280円)

リゾート感のあるおしゃれな日除け

紫外線カット率は約95%で、遮熱率は約40%あるウッドデッキ日除けです。四隅をロープで結んで取り付けるので、比較的簡単に設置できるのがうれしいですね。ひもで取り付けるだけなので、地面と平行にしたり窓から斜めにしたりと、留め方を変えられるのが魅力です。

撥水防水加工が施されているので、天気が悪い日でも安心。カラーも3色から選べるので、自宅との色合いをあわせて楽しめますよ。さまざまな用途で使える、ウッドデッキの日除けを探している人におすすめです。

窓際貴族-サンシェード MKSS(8,019円)

選べるカラーが豊富

たくさんのカラーから選べるのがうれしい、ウッドデッキの日除けです。単色カラーだけでなくストライプ柄もあるので、好みのデザインにしやすいですよ。既製サイズのほかに、サイズオーダーも可能。こだわりの日除けを選びたい人におすすめです。

遮熱効果のある生地を使用しているので、体感温度を低く感じられますよ。紫外線も、最大98%カットしてくれます。撥水加工が付いていながら、洗濯機で丸洗いできるのが魅力。清潔に保てるのがうれしいですね。

シェードでおすすめのウッドデッキの日除け

山善-日よけシェード 2×2m (1,999円)

リーズナブルで取り入れやすい

お手ごろな価格なので、ウッドデッキの日除けを試してみたい人におすすめ。縦横2mの大きさなので、ウッドデッキの大きさに合わせて複数をつなげて使うのもいいですね。選べるデザインやカラーが豊富にあるのも魅力のひとつです。

通気性の高い生地を使用しているので、風も通してくれますよ。デザインによって変わりますが、紫外線を約70%カットしてくれます。水洗いできる生地なので、汚れが気になったら洗って清潔に保てるのがうれしいですね。カインズのテイストが好きな人にも、おすすめです。

タカショー-クールシェード CSP-W30M2(4,347円)

風通しの良さと丈夫さを兼ね備えた日除け

遮光率が85%から90%と、しっかり光を遮ってくれるシェードです。紫外線カット率も、約85%ありますよ。紫外線に強い生地を使用していて、破れにくく丈夫なところが魅力です。耐久性のある、ウッドデッキの日除けを探している人におすすめです。

シェードは折りたたんで収納するため、シワが気になる場合がありますよね。形状記憶加工が施されているので、シワがついていても自然にとれて見た目も整えられます。カラーも、雰囲気に合わせて2色から選べて便利です。

谷村実業-日よけシェード物干し竿付き(11,000円)

物干し付きの日除け

日除けとしてだけでなく、洗濯物も干せる便利なシェードです。アタッチメント式になっているので、物干し竿は取り外しが可能。来客があるときは物干しを外しておけば、見た目もすっきりしますよ。状況に合わせて便利に使える、ウッドデッキの日除けです。

突っ張り式なので、すぐに設置できる手軽さが魅力。日差しの加減にあわせて、日除けの部分の角度を調整できます。紫外線を、最大99%カットしてくれるのもうれしいですね。カラーも4色展開しているので、好みのものを選びやすいです。

MAXSHARE-日よけサンシェード(3,190円)

テントに使用される生地を採用

アウトドアテントに採用される生地を使っている、ウッドデッキの日除けです。高耐水性加工が施されているので、日常で使うには、申し分のないスペックになっています。耐水性を重視したい人におすすめです。

耐水だけでなく、シルバーコーティングを施しているので遮熱効果もありますよ。設置場所の状況に合わせてフックやウエイトなども販売されています。フックにひもを掛けて設置するだけと、簡単に取り付けられるのもうれしいですね。

パラソルでおすすめのウッドデッキの日除け

Kserasera-パラソルセットベース付(46,200円)

自立式のおしゃれなパラソル

存在感のある大きめのパラソルがおしゃれな、ウッドデッキの日除けです。自立する土台は、水を入れて重さを出します。入れた水は抜けるので、場所を移動させたいときも簡単ですよ。おしゃれなパラソルタイプを探している人におすすめです。

パラソルの開閉は、アームを伸ばしてハンドルを回転させるだけと、簡単にできるのがうれしいですね。パラソルの色も2色から選べますよ。リゾート地のような庭にしたい人にも適した、ウッドデッキの日除けです。

COCOTERIOR-ガーデンハーフパラソル (17,726円)

傘がハーフデザインの日除け

パラソルをウッドデッキに置きたくても、スペースが足りない人におすすめ。傘が半分の大きさなので、スペースがせまくても設置できます。家の外壁に沿うように設置できるため、ウッドデッキも有効に使えますよ。

時間の経過で変わる太陽の向きにも対応できるよう、パラソルの角度調整が可能。自宅の立地に合わせて、日陰を調節できるのがうれしいですね。ウッドデッキを、カフェのような空間にしたい人にもおすすめの日除けです。

ウッドデッキの日除けの取り付け方

種類によって異なるため購入時に確認が必要

ウッドデッキに日除けを取り付けるときは、選んだ種類に合った取り付け方法で行うことが大切。気に入った日除けが、自宅で取り付けられるか確認しておきましょう。また、突然の雨や風で破損しないよう、しっかりと固定しておくことも大切です。タープやシェードの場合、日除けとひものみで販売されている場合があります。耐久性のあるフックや重りを別売りしているところもあるので、チェックしておくと安心ですよ。

まとめ

ウッドデッキの日除けは取り付けが簡単なシェードがおすすめ

シェードタイプはウッドデッキの日除けのなかでも気軽に取り入れられるので、初めての人にもおすすめです。実際に使ってみて、本格的に取り入れたいと思ったらテラス屋根などの据え置き式を取り入れるのもいいですね。ランキングを参考に、お気に入りのウッドデッキの日除けを選んでみてください。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*