チャイルドシートの抜け出し防止グッズのおすすめ人気比較ランキング!【手作りとの違いも】

チャイルドシートは子供の安全を守ってくれます。一方で、眠っている間にベルトから肩が抜け出てしまったり、子供が自力で抜け出してしまったりと、運転中にひやりとした経験もあるのではないでしょうか。この記事では、チャイルドシートの抜け出し防止グッズをランキング形式で紹介します。子供に合った抜け出し防止グッズで抜け出しの危険から子供を守りましょう。

抜け出し防止グッズを使わないと起こる危険とは?

子供の転倒やベルトのからまり事故につながる

道路交通法により、6歳未満の子供には、車に乗る際のチャイルドシートの着用が義務付けられています。子供がチャイルドシートから抜け出してしまうと、車の揺れで転倒したり、肩ベルトそのものが首にからまったりして、命に関わる事故にもつながります。抜け出し防止グッズは、チャイルドシートの構造に合わせ、子供の動きを想定して作られているので、子供の安全を保てますね。

運転者の注意がそれることで交通事故を引き起こす

運転者以外の大人が、子供の隣に同乗して抜け出しを防ぐのが効果的ですが、必ずしも同乗者がいるとはかぎりません。運転中に子供がチャイルドシートから抜け出してしまったら、冷静に運転を続けられないでしょう。抜け出し防止グッズがあれば、たとえ同乗者がいなくても子供を抜け出しの危険から守れる上に、運転に集中でき交通事故を防げます。

チャイルドシートの抜け出し防止グッズの特徴

肩ベルトの隙間を減らし抜け出しの危険を防ぐ

抜け出し防止グッズは、チャイルドシートの肩ベルトをつなぐことから、総称して抜け出し防止ベルトと呼ばれることもあります。子供が腕や肩を抜き出す隙間をできるだけなくし、チャイルドシートの肩ベルトからの抜け出しを未然に防ぎましょう。子供によっては1歳前後から抜け出せるので、できるだけ早い段階で抜け出し防止対策をとるのがおすすめです。

100均グッズの代用や手作りより安全性が高い

子育て世代の間では、抜け出し防止対策を100均グッズやタオルで代用したり、手作りしたりする方法も広まっています。しかし、安全性の観点から、抜け出し防止グッズの代用はおすすめできません。チャイルドシートの構造や子供の動きに配慮し、安全テストなどを経て作られた専用の抜け出し防止グッズを選び、子供の安全を最優先させましょう。

チャイルドシートの抜け出し防止グッズの種類

ベルトカバー

汚れを防いで胸の隙間をなくす

チャイルドシートの肩ベルトに巻きつけ、胸の前でまとめて子供を包み込むように胸の隙間をなくします。腕や肩を抜き出してしまう子供も、肩ベルトの間の隙間がなくなれば抜け出すことができません。1本ずつの肩ベルトに巻きつけてから一つにまとめる構造なら、装着したまま付け外しができるので、すばやく乗せ降ろしがしたい場合に便利です。2本のベルトを一度にまとめるタイプなら、がっちりホールドするので、子供が自分で外しにくいですよ。

子供の口元や手がよく触れるベルト部分に巻きつけて装着するので、よだれや食べこぼしなどで汚れやすいベルトを保護する役割も果たします。2歳以上の子供でも隙間を小さく、ベルト汚れを防ぐ範囲を十分に確保したいなら、カバーの縦の長さが20cm以上のものを選ぶとよいでしょう。ベルトカバーそのものが汚れてしまっても丸洗いできるので、清潔に保てるのがよいですね。

ベルトクリップ

覆う面積は少なくゆるみを防ぐ

チャイルドシートのベルトの太さに合わせて、3cm前後と5cm前後のベルト対応のものから適切に選びましょう。付け外しのスピーディーさを優先したい場合は、ベルトに装着したまま真ん中の留め具で開閉できる便利な機能が便利です。ベルトクリップには、肩ベルトをはさんで留めるタイプやベルトを差し込むタイプのほか、ベルトに巻きつけるタイプがあります。

体格の小さな1歳前後の子供の場合、胸の前のベルトが短いものを選ぶと、チャイルドシートのベルトのゆるみが少なくなり安心です。子供の成長とともにベルトの長さを調節できる機能があると長い期間で使えますね。また、ベルトどうしをつなぐというシンプルな構造なので、ベビーカーや自転車用チャイルドシートのベルト抜け出し防止やリュックの肩ひものずれ防止にも使えますよ。

背もたれカバー

胸への圧迫感なく脇の隙間を減らす

背中側から子供の体を包みこみ、肩ベルトの両脇にできる隙間を小さくすることで腕を抜け出しにくくします。胸の前にベルトが横切っていたり、子供の体にじかにプラスチックパーツが当たっていたりすると、事故の衝撃で胸を圧迫してしまうことがあります。背もたれカバーなら、胸の前にベルトがなく、子供の触れる場所には極力プラスチックのパーツを使っていないので安心ですね。

3点式ベルトのチャイルドシートのほか、ほとんどの5点式ベルトにも対応しているので、0歳から11歳まで使えるロングユース対応のチャイルドシートにも使えます。外して折りたたむこともできるので、持ち運びにも便利です。シェアリングカーやレンタカーをよく利用する方は、背もたれカバーさえ持参すれば手軽に抜け出し防止対策ができて安心ですね。

チャイルドシートの抜け出し防止グッズの選び方

素材で選ぶ

肌触りの良さならやわらかい布製

肌がデリケートな赤ちゃんや小さな子供には、肌触りの優しさにもこだわりたいですよね。それなら、子供に触れる部分が布で作られた、やわらかい抜け出し防止グッズがおすすめです。ふわふわの触り心地がほしいなら、キルティング生地や中綿が入ったものを選ぶとよいですね。ふんわり感はないですが、汚れのつきにくさで選ぶならポリエステルもよいでしょう。

手入れのしやすさなら拭くだけのプラスチック製

子供を車によく乗せる場合は、抜け出し防止グッズにも汚れがつきやすいので、さっと拭くだけで汚れが落ちるプラスチック製を選ぶのがおすすめです。水分が染み込まないので、よだれや食べこぼしもあわてて拭き取る必要はありません。プラスチック製は、汚れさえ落とせばすぐに使えるので、洗い替えを用意しなくてもよいのが助かりますね。

着脱レベルで選ぶ

スムーズな乗せ降ろしならワンタッチロック式

急いでいる時や荷物が多い時など、子供の乗せ降ろしは特にスムーズにしたいですよね。バックルやクリップの留め具が一か所で、簡単に付け外しできるものなら、親も子供もイライラしません。ただし、年齢が上がるとともに子供が自分で外せる可能性も高まるので、子供の安全を考慮して、1歳未満の小さな子供向けと考えましょう。

活発な子なら簡単に外せないダブルロック式

活発な性格の子や1歳以上の子供には、留め具を開けてもすぐに抜け出せない、ダブルロック式がおすすめです。2か所にバックルが付いたもののほか、留め具に加えてボタンやロック機能がついたものなど、抜け出しが難しくなるよう工夫が施されています。低年齢であっても、抜け出し方をすでに覚えてしまっている場合は、年齢に関係なく、2つ以上の解除が必要なつくりを選ぶとよいですね。

チャイルドシートの抜け出し防止グッズの口コミ・評判

肩ベルトから抜け出すことがなくなり安心

動画でベルトの付け方を確認したりベルトの長さを調節したりしても、どうしても肩のところがズレてきてそこから上手に腕を抜いてくるので危なくて…。どうしようと思ってた時にこれを見つけて購入。
これで抜け出すこと無くなって安心〜!
最初からこういうのチャイルドシートに付けといて欲しい。笑

肩を抜いてしまう子供が嫌がらずに乗ってくれる

随分前から悩んでたチャイルドシート抜け出し。何度言っても肩を脱いちゃうしもしもの時に怖いから試しに買った抜け出し防止のカバー。買って正解!!本人もそこまで嫌がらず乗ってくれてる。

チャイルドシートの抜け出し防止グッズのおすすめブランド・メーカー

黒すぐり屋

マジックテープと2つのバックルでしっかり固定

大きなサイズを指定できたり、すでに抜け出しを覚えてしまった子供には、バックルの数が多い強化タイプの相談を受けてくれたりと、ハンドメイドならではの対応が可能です。柄も豊富なふわふわの両面キルト生地は、肌がデリケートな赤ちゃんにも安心ですね。2本のベルトをまとめて巻きつけるマジックテープ部分は、使うたびに着け外す必要がありますが、子供では外しにくいので安全性が保てます。

アトリエamane(アマネ)

色が豊富なベルトとクリップを子供好みにオーダー

チャイルドシートからの抜け出しに悩んだ経験を持つ子育て中のママが、開発から発送まで手がけるオーダーメイドは、縫製がしっかりしていて安心です。ベルトタイプは生地の柄やバックルの数を選べ、クリップタイプはベルトとバックルの色を選べますよ。子供の好きな色と柄を選べば、チャイルドシートにも喜んで座っていてくれるでしょう。

日本育児

唯一の背もたれカバー式は4歳まで使える

万一の事故時、クリップなどのプラスチック素材は割れる危険があるという想定で、硬いパーツを極力使わない背もたれカバー式を採用しているメーカーです。抜け出し防止グッズは胸の前の隙間を埋めるものが多いですが、背もたれカバーは肩ベルトの脇の隙間を小さくする構造です。体格に合わせられる調節ベルト付きだから、子供が4歳になる頃まで、ぴったりのサイズで長く使えます。

アカチャンホンポ

出産準備から子育てグッズまで人気ブランドも選べる

アカチャンホンポには、オリジナルブランドのほか、有名ブランドとのコラボアイテムも販売されていますが、チャイルドシートの抜け出し防止グッズの取り扱いはありません。店舗によっては市販グッズの取り扱いがあるでしょう。取り扱いのある店舗であれば、5点式ベルトのチャイルドシートに実際に装着して比べてみるとよいですね。

西松屋

ベビー用品から子育てグッズまで良い品質を低価格で

西松屋のプライベートブランドSmartAngelでは、抜け出し防止に役立つ5点式ベルトのチャイルドシートの取り扱いがあります。しかし、プライベートブランドにおける抜け出し防止ベルトの取り扱いはありません。そのため、抜け出し防止グッズを、店頭で探してみるのもよいですね。事前に、チャイルドシートのベルト幅を調べていくと選びやすいですよ。

バースデイ

ベビーやキッズの衣料から雑貨まで低価格で豊富に揃う

しまむらグループのバースデイのオリジナルブランドCradleには、5点式ベルトのチャイルドシートはありますが、抜け出し防止ベルトの取り扱いはありません。店頭で、市販の抜け出し防止グッズを探してみるとよいでしょう。チャイルドシートやジュニアシートの購入と合わせて検討してみるのもおすすめです。

100均(セリアやダイソー)

手頃な価格で日用品が揃い代用アイディアも広がる

100均のセリアやダイソーには、現時点で専用の抜け出し防止グッズの取り扱いはありません。手頃な100均グッズでの抜け出し防止の代用アイディアも広まっていますが、安全性の観点からは避けた方がよいでしょう。低価格帯の抜け出し防止グッズもあるので、子供を事故の危険から守るためにも専用グッズを選びましょう。

おすすめ&人気のチャイルドシートの抜け出し防止グッズランキング

ベルトカバーでおすすめの抜け出し防止グッズ

黒すぐり屋-抜け出し防止ベルト (1,850円)

隙間をしっかり埋める25柄から選べるふわふわカバー

2本の肩ベルトをまとめてマジックテープで留めた上から、さらに2つのバックルで装着する安心感。装着のたびにマジックテープを外す必要がありますが、使わないときは片方のベルトにとめておけば、簡単に装着できますよ。胸の前の隙間をみっちりと埋めて、子供の体をキルティングのふわふわカバーが優しく包みこんでくれます。

5点式のチャイルドシートやジュニアシートに付けられます。縦15cmと18cmの2サイズから選べますが、身長90cm以上の子供には大きいサイズが推奨されています。男の子と女の子それぞれの人気柄のほか、北欧柄など25種類から選べる豊富な生地も魅力ですね。

アトリエamane-がっちり安全ベルトオーダー (2,890円)

付けたままで着脱スムーズなふかふか中綿カバー

中綿が入ったふかふかのベルトカバーが、胸の前の隙間を埋めます。それぞれのベルトにカバーを巻いてから、真ん中をバックルで留める構造です。ベルトカバーを付けたまま脱着できるので、乗せ降ろしがスムーズになりますね。

バックルがベルトカバーに一体化しているから、ちょうどよい位置に固定できます。バックルは上部につきますが、チャイルドシートやジュニアシートの形状や、子供の身長に合わせて上下どちら側にしても使えます。幅8cmまでの肩ベルトに対応していますが、プラス料金で幅4cm以下の細いベルト仕様にも変更できますよ。

SUCFORTS-ハーネスベルト (1,780円)

着脱簡単な2つのバックルとボタンのダブルロック

ベルトどうしを2つのバックルでつないだら、中央のスナップボタンでまとめます。バックルとスナップボタンのダブルロック式のため、より抜け出しが難しくなりますよ。ベルトに巻きつけたまま着脱が可能なので、スムーズな乗せ降ろしが叶います。

事前に、肩ベルトの太さの2倍が11.5cm以下であることを確認しましょう。お手入れする場合は、ぬるま湯での手洗いがおすすめです。チャイルドシートだけでなく、ベビーカーや自転車のチャイルドシートにも取り付けができます。

ファムベリー-チャイルドシートベルト (2,530円)

24cmの長いカバーで汚れを防ぎバックル2つで安心

肩ベルトへの装着はマジックテープで簡単に、子供への着脱はバックル2つで安心です。胸の前はベルト1本でつなぐ構造ですが、ベルトの長さは成長に合わせて調節ができますよ。シンプルな星柄のほか、かわいらしい小花柄も選べます。

カバーの縦の長さが24cmと長いので、子供に触れる部分がしっかりカバーできます。一部がタオル生地になっているので、ベルトの汚れを防ぐのにもぴったりです。よだれが多い時期には口元側、成長するにつれて手元側にするなど、汚れやすい方にタオル生地部分を持ってくるとよいでしょう。

アオイエ楽天市場店-ハーネスベルト (2,080円)

シートベルトが9か月から使える即席5点式ベルトに変身

チャイルドシートではどうしても抜け出してしまうとお困りの方には、車のシートベルトを、即席の5点式ベルトに変身させるアイテムもおすすめです。チャイルドシートやジュニアシートの代わりとして、生後9か月から14歳まで長く使えます。外さなくても薄くおさまるので、座席に付けっぱなしでも邪魔になりません。

シートベルトをそのまま子供に装着すると、ベルトが顔や首に当たって危険です。こちらのハーネスベルトを通して装着することで、顔や首を避けて優しく体をホールドします。汚れがつきにくいポリエステル素材と、適度にやわらかさのあるスポンジ入りだから、親も子供もうれしいですね。

ベルトクリップでおすすめの抜け出し防止グッズ

Gutto楽天市場店-抜け出し防止クリップ (880円)

中央開閉も選べる簡単装着クリップは5歳まで使える

クリップを開いて、肩ベルトをはさむだけで簡単に装着できます。0歳から5歳までと長く使えるので、自転車のチャイルドシートベルトの抜け出し防止にもおすすめです。クリップ部分はプラスチックなので、汚れてもすぐ拭き取れて安心ですね。

ベルトの幅3cmまでと、5.5cmまでのベルトに対応する通常タイプのほか、幅5.5cmまでのベルトに対応する中央開閉タイプも選べます。中央をバックルで開閉するタイプなら、ベルトに装着したまま着脱ができて便利ですね。1歳までの小さな子供に使うなら、短い通常タイプの方が、ゆるみが少なく安心です。

mitas(ミタス)-抜け出し防止クリップ (780円)

ベルト幅3cmで中央のロック機能バックル付きも選べる

幅3cmまでの肩ベルトをクリップではさんで着脱します。1歳から2歳の子供や、バックルがあると外してしまいそうなやんちゃな子供には、バックルなしのノーマルタイプを選ぶとよいでしょう。ロングタイプは、着脱の便利さとベルトのゆとりがほしい方におすすめです。

ロングタイプのバックルは、ロック機能付きで、子供では簡単に外せないので安心です。ロングタイプは、左右で約3cmずつ長さを調節することができます。胸の前の隙間と肩ベルトのゆるみを少なくするように調節すると安心ですね。

ALIFE PLUS(エーライフプラス)-抜け出し防止クリップ (880円)

ベルトの色が選べる3.8cmとバックル有無が選べる5cm

ベルト幅3.8cmのタイプには、ロック機能付きのバックルが付いています。ベルト幅5cmのタイプは、バックルなしとロック機能付きバックルありの2つから選択可能。ベルト幅3.8cmのタイプのみ、ベルトの長さを調節でき、ベルトカラーも3色から選べます。

乗せ降ろしのスムーズさを重視する場合や、リュックのずり落ち防止の用途で使う場合は、バックルありが便利です。子供の胸の前にプラスチックのパーツがあるのが心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか。その場合は、クリップでの着脱が必要ですが、バックルなしを選ぶことで不安が減りますね。

アトリエamane-ワンタッチ安全ベルトDX (1,980円)

好みのパーツが選べるクリップはリュックベルトにも

1歳から3歳頃まで使える、幅6cm程度までのベルトに巻き付けるタイプのベルトクリップです。ベルトが細かったり滑りやすかったりする場合に、逆戻りして抜けないようロック機能が付いたパーツを使っています。2本のシートベルトに巻き付けたら装着完了。あとは子供を乗せてバックルを留めるだけです。

ゆるみのないように装着して、胸の高い位置でバックルを留めておくと、子供の抜け出し防止に効果的です。抜け出しが上達してしまった子供には、同メーカーのベルトカバータイプがおすすめですよ。チャイルドシートで使わなくなっても、リュックベルトとして活用できるので無駄になりませんね。

Gutto楽天市場店-ハーネスクリップ (620円)

急いでいてもPUSHボタンで簡単ロック解除

チャイルドシートのベルトのゆるみをなくして抜け出す隙間を減らすから、子供も締め付けがなく苦しくありません。クリップにベルトを通してしまえば、子供への装着はPUSHボタンでワンタッチ。急いでいる時には特に便利ですね。

チャイルドシートのベルトの端をクリップの左右の穴に通して使います。根本から取り外せるシートベルトかどうかを事前に確認しましょう。ベルトを通す穴の横幅は41mmなので、ベルト幅も測っておくとよいですね。

背もたれカバーでおすすめの抜け出し防止グッズ

日本育児-NEWぬけないぞー (2,980円)

背中と脇から隙間を減らし体格に合わせて調節可能

背中から脇にかけて子供の体を包みこみ、チャイルドシートのベルトと身体の隙間を小さくすることで、腕を抜き出しにくくします。背もたれにそって外側からベルトをくるみ、面ファスナーで装着。15か月から4歳頃まで使えますが、成長していく体に合わせてベルト調節ができるのが便利ですね。

背中部分はメッシュ生地で通気性にすぐれ、汚れたら洗濯もできます。3点式ベルトのチャイルドシート専用ですが、ほとんどの5点式ベルトに使えます。たためるので、レンタカーやシェアリングカーで使いたい時にも、持ち運びが簡単ですよ。

まとめ

チャイルドシートの抜け出し防止グッズはダブルロック式のベルトカバーがおすすめ

チャイルドシートの抜け出し防止グッズは、子供が成長しても安心して使えるダブルロック式のものがおすすめです。胸の前の隙間をみっちりと埋めたいなら、2本のベルトをカバーでまるごとくるむ構造を選びましょう。隙間を埋めつつ、着脱のしやすさも求めるなら、それぞれのベルトにカバーを巻いてから、真ん中で留める構造が便利です。チャイルドシートの抜け出し防止グッズを活用して、子供を事故の危険から守りましょう。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*