おすすめのnfcタグ人気比較ランキング!【活用アイデアも】

スマートフォンを使って生活をより快適にできる、nfcタグが気になっている方も多いのではないでしょうか。nfcタグにアラームの起動といったタスクを書き込んでおくことで、nfcタグにスマートフォンをかざすだけでタスクを実行してくれる便利なアイテムです。この記事では、おすすめのnfcタグをランキング形式で紹介しています。nfcタグの仕組みや活用方法など、気になるところはたくさんありますよね。nfcタグの種類や選び方のほかに、活用アイデアなども解説します。

nfcタグとは?

近距離無線通信技術を使用した非接触チップを埋め込んだもの

nfcを埋め込んだタグに、スマートフォンをかざすと通信できる技術です。nfcの技術を活用している、交通系ICカードや電子マネーをイメージしてもらえると分かりやすいでしょう。かざして通信する技術を、個人でも使えるのがnfcタグです。

nfc対応のスマートフォンをかざすだけで様々な操作が可能になる

スマートフォンで情報を読み取るには、nfcタグに対応していることが条件。対応機種であれば、nfc機能をオンに設定しておくことで操作できます。Webサイトに接続するなどの手間をかけず、nfcタグにスマートフォンをかざすだけで情報を読み取れて便利です。

nfcタグの仕組み

データを読み書きすることで操作を実行できる

あらかじめnfcタグに実行したいタスクを書き込んでおくと、かざすだけでタスク実行できる仕組みになっています。13.56MHz帯の周波数を使い、近くにあるnfcに対応した機械と通信可能。通信可能な距離は10cm程と、近距離で通信できるように作られているため、かざすだけで通信が可能になっています。

nfcタグを使った活用アイデア

用途に合わせてアプリを起動できる

生活するなかで、スマートフォンを開いてアプリを探す作業にわずらわしさを感じる場面もありますよね。使いたい用途に合わせてnfcタグを使うことで、操作がスムーズになりますよ。車内なら、地図アプリや音楽アプリを起動させるnfcタグを準備しておくと出発もスムーズ。買い物シーンでは、ポイントアプリを起動するnfcタグを持っておくと会計時の手間も省けますよ。

パソコンに貼りつけておけばすぐにテザリングできる

テザリングは、スマートフォンをルーターとして使って、インターネットに接続する方法。自宅以外の場所で、パソコンを使うときに便利な機能です。テザリングなら、無料Wi-Fiよりも安心して使えますよ。nfcタグにテザリングのオンオフ機能を書き込んでおけば、スマートフォンをかざすだけでインターネットに接続できます。パソコンと一緒に持ち歩く道具に、nfcタグを貼り付けておけば屋外でもスムーズに対応できます。

緊急連絡先への連絡が簡単にできる

いざというとき、冷静にスマートフォンから発信先を探して電話をかけるのは難しい場合もありますよね。いつも持ち歩くカバンや玄関先など、目につきやすい場所に連絡先を登録したnfcタグを設置しておく活用方法もあります。お年寄りや子どもなど、スマートフォンの操作に慣れない人でも、かざすだけで電話が発信できるので安心。緊急連絡先以外にも、よく使う番号を登録しておくのもおすすめです。

家電の一括操作ができる

スマート家電を利用している人に活用しやすいのが、家電の一括操作。外出時にテレビやエアコンなどの電源を一度に消す、帰宅時には電源をオンにするようにnfcタグを作れます。玄関に貼っておけば、部屋中の家電を一度に操作できておすすめです。

nfcタグの種類

シールタイプ

1枚100円程度で手に入りどこにでも貼りつけられるので使いやすい

nfcタグのオーソドックスな形で、いろいろな所へ貼り付けられるのが特徴です。シールタイプは柔軟性もあるので、平たい場所だけでなく丸みのある柱にも貼り付けられます。物や壁に貼り付けるだけと、場所を取りません。

10枚が1セットになっているものが多く、1枚あたりのコストパフォーマンスの良さも魅力のひとつ。nfcタグを初めて使う人も、取り入れやすいのはうれしいですね。家の中や車内など、複数の場所にnfcタグを貼りたい人におすすめです。

カードタイプ

財布などに入れて持ち運べるので収納性に優れている

カードタイプのnfcタグは、長方形のものや、コインのような丸いものなどが展開しています。一般的なカードのように厚みがないので、収納しやすいところが魅力。財布や名刺入れにも収納できるので、持ち運んで使いたい人に向いています。

シールタイプに比べると、安定した反応が得られやすいのも特徴のひとつ。書き込み容量が大きいものも揃っていますよ。個人での使用はもちろん、名刺代わりや店舗情報を入れるなど、ビジネスでの使用にも適しています。

ストラップタイプ

カバンに付けられるので紛失の心配がない

ストラップタイプは、nfcタグにリングやひもが付いているタイプ。カバンや鍵などに付けられるので、持ち運びも便利ですよ。子どもや年配の人に持たせておくときも、カバンやリュックに付けておけば紛失しにくいので安心ですね。

ストラップタイプは、一見nfcタグとは分かりにくいデザイン性の高いものが揃っているのが特徴です。複数個がセットになって販売されていますよ。色違いのnfcタグがセットになっているので、色ごとに使い分けできるのも魅力。nfcタグの紛失を避けたい人におすすめです。

nfcタグの選び方

メモリ容量で選ぶ

アプリの起動などの書き込みなら144バイト

アラームの設定や通勤時に読むニュースアプリの起動など、簡単な日常のタスク設定であれば144バイトで十分使えますよ。細かなタスクを、各所に設置したい人に適した容量です。容量については、144バイトやNTAG213などと表示されているのでチェックしてみましょう。気軽に取り入れやすい容量なので、nfcタグを初めて使う人や、操作性を試してみたい人などにおすすめです。

容量の大きい書き込みをするなら504バイトから888バイト

一度にたくさんのタスクを書き込みたい場合は、504バイトから888バイトのnfcタグを選ぶと安心です。また、スイッチボットの操作やamiiboデータを書き込む場合も、504バイトから888バイトあると良いですよ。ほかにも、SNSアカウントやホームページのアドレスなど、複数の情報を書き込みたい人におすすめです。504バイトの場合はNTAG215、888バイトの場合はNTAG216と表示されていることもあります。

機能で選ぶ

防水機能付きなら水回りでの使用に便利

キッチンなどの水まわりや浴室のほかに、屋外やアウトドアシーンでnfcタグを使いたい人におすすめなのが防水機能。防水機能付きのnfcタグなら、入浴中に聞くプレイリストを作成しておいたり、キッチンでレシピを見られるようにしたり便利に使えます。水濡れが避けられない場面でも、安心して使えますよ。特にシールタイプになりますが、水に濡れることでシール面が弱くなる場合があります。貼り付ける面の水を、きれいにふき取ってから貼るようにするといいですよ。

専用アプリがあるnfcタグなら操作が簡単

nfcタグを使いたいけれど、設定ができるか不安な場合もありますよね。そんなときは、nfcタグ専用のアプリを配信しているものを選ぶといいですよ。案内に沿って設定できるので、操作が苦手な人も安心してnfcタグを使えます。専用アプリ以外にも、サポート体制が充実しているものや、説明書が添付されているものを選ぶと、困ったときに慌てずに対応できますよ。

nfcタグを購入するときの注意点

手持ちのスマートフォンが対応しているか確認する

nfcタグを使うには、スマートフォンがnfcに対応していることが条件です。最近のスマートフォンであればnfc機能を搭載している機種がほとんどなので問題はありません。もし、少し古い機種を使っているようであれば、nfc機能を搭載していない場合もあるので注意が必要です。対応機種については、nfcタグを扱っているメーカーの公式ページや販売ページなどで確認できますよ。

金属面には貼りつけられないため注意が必要

便利に使えるnfcタグですが、金属面に貼ったり置いたりして使うことができません。金属がnfcタグの電波に影響を与えてしまい、正常に作動しない場合があるためです。金属を避けて設置するようにしましょう。どうしても金属面に設置したい場合は、耐金属仕様のnfcタグや、nfcタグの下に貼って影響を防ぐ、金属対応シールを取り入れるといいですよ。

nfcタグのおすすめブランド・メーカー

サンワサプライ

パソコン周辺機器を扱うメーカー

nfcタグの種類はシールタイプのみの取り扱いですが、nfcタグ作成ラベルが販売されています。nfcタグ作成ラベルは、アイコンなどを印刷してnfcタグの上から貼ることで、オリジナル感が出せるアイテム。見た目にもこだわったnfcタグを使いたい人におすすめのメーカーです。専用アプリがあるので操作に困ったときも安心して使えますよ。

‎Timeskey NFC

アイテム展開が豊富

TimeskeyNFCではカードタイプやシールタイプ、ストラップタイプとnfcタグの種類が豊富に揃っています。nfcタグは白色のものが一般的ですが、黒色も展開しているのが魅力。場所によって、色を分けて使いたい人におすすめのメーカーです。

ctunk(シーツンク)

日本のnfcタグメーカー

広島県が拠点のメーカーです。nfcタグの種類も、シールやカードタイプを豊富に取り扱っていますよ。価格もリーズナブルに設定されています。アフターサポートも充実しているので、初めてnfcタグを使う人にも安心のメーカーです。

SwitchBot(スイッチボット)

SwitchBot製品を制御できる

SwitchBotは、一般的な家電をスマート化できるホームデバイスを開発しているメーカーです。そんな、SwitchBotからもnfcタグが販売されていますよ。SwitchBotの製品を使っている人におすすめのメーカーです。

おすすめ&人気のnfcタグランキング

シールタイプでおすすめのnfcタグ

サンワサプライ-NFCタグMM-NFCT(1,958円)

専用アプリがあるので操作も安心

直径2.5cmと、おおよそ500円玉と同じくらいのサイズのnfcタグです。サンワサプライのnfcタグには、専用アプリがあります。専用アプリの使い方については、オンラインマニュアルもあるので、書き込みに不安がある人でも簡単に使い始められますよ。

nfcタグに書き込む内容は、上書き可能。書き込んだものを消さないよう、読み込み専用としても使えます。10枚セットになっているので、いろいろな場所に設置できるのがうれしいですね。マニュアルもあるので、初めてnfcタグを使う人におすすめです。

スイッチボット- NFCタグ3R-WOA06WT (1,480円)

スイッチボットのスマート家電を手軽に扱える

スイッチボットなどの、スマート家電を使っている人におすすめのnfcタグです。スイッチボット家電との親和性が高くなるように作られていますよ。一般的なnfcタグの性能と変わらないので、スマート家電の操作以外にもアプリの起動などでも使えます。

スイッチボットのnfcタグは、防水と耐食性に優れているプラスチック製。そのため、金属面にも貼れますよ。シール部分には粘着性の高いテープを採用しているので、はがれにくいのも魅力です。丈夫なnfcタグを使いたい人にも適しています。

Timeskey NFC- NFC-BB-11(1,099円)

容量の大きい書き込みにおすすめ

100円玉程度の大きさでありながら、504バイトと容量の大きさが魅力。nfcタグの大きさが小さいので、目立たないように貼りたい人におすすめです。繰り返してはもちろん、上書きできないように設定することもできますよ。

金属面には使えませんが、約10万回の書き込みと消去ができます。寿命も約10年と、長持ちするのもうれしいですね。容量の大きい書き込みをしたい人や、耐久性があり長く使えるnfcタグを探している人におすすめです。

シーツンク-NFCタグシール10枚入り(780円)

リーズナブルさが魅力

10枚入りで1,000円を切るリーズナブルさが、うれしいnfcタグです。耐久年数は10年と、長期間使えるところも手に取りやすいですよね。読み書きや消去も、10万回まで可能。試しにnfcタグを使ってみたい人や、価格を抑えたい人におすすめです。

金属面には使えませんが、防水仕様になっているのでキッチンなどで使えますよ。シールの厚みは0.5mmと薄く作られているので、貼り付けた部分が壁と馴染みやすいのも特徴です。10枚入っているので、いろいろな場所に使いやすいnfcタグです。

シーツンク-NFCタグ エポキシ樹脂タイプ(380円)

9色から選べる

カラフルなカラーが揃っている、nfcタグです。色だけでなくかざす部分が分かりやすいよう、マークもあるので目立たせたいときにおすすめですよ。自宅での使用はもちろん、名刺やお店の情報を入れて店頭に貼っておくなど、ビジネスの場面で使うのもよいですね。

商品パッケージの裏についているQRコードから、nfcタグの設定方法を解説しています。購入したらすぐに使えるように配慮されているのは、安心ですよね。デザイン性のある、nfcタグを探している人におすすめです。

カードタイプでおすすめのnfcタグ

Timeskey NFC- NFC-Baika-10(1,099円)

クレジットカードサイズで持ち運びやすい

財布にも入れやすい、クレジットカードサイズのnfcタグです。財布やカードケースに収納して、外に持ち運びたいと考えている人におすすめですよ。504バイトと、大きい容量のnfcタグが10枚セットになっています。

防水機能が付いているので、水を使う場所でも安心して使えるのはうれしいですね。カード自体はプラスチックで作られているため、耐久性もあります。nfc機能が付いている、android機種すべてに対応しているのも魅力です。

シーツンク-NFCタグカードタイプ(880円)

コスパの良さが魅力

手に取りやすい価格設定が、うれしいnfcタグです。昇華型プリンタで、カードプリンタ印刷もできますよ。名刺や社員証、勤怠管理システムと連携して使うなど、ビジネスで取り入れたいと考えている人におすすめです。

設定に不安があっても設定できるよう、日本語の導入マニュアル付き。10枚セットで販売されていますが、1枚でも使えないカードがあった場合は全額返金の保証もあります。細やかな配慮がされているnfcタグなので、安心して使えますね。

Timeskey NFC- NFC-Minika-11(1,199円)

ミニサイズでかさばらない

縦3cm横5cmと、コンパクトサイズが魅力。手のひらサイズで持ち運びやすく、カードケースに入れておいても、かさばりにくいのがうれしいですね。ミニサイズのカードタイプを探している人に、おすすめのnfcタグです。

ミニサイズですが、容量は504バイトと大きめ。見た目はコンパクトながら、書き込める量はしっかりあります。防水機能が備わっているので、水回りはもちろん屋外のイベントなどでの活用にも適していますよ。

ストラップタイプでおすすめのnfcタグ

Timeskey NFC- NFC-Keychain Ntag215(1,099円)

カラフルな7色セット

色ごとに家族で使い分けたり、タスクごとに色を変えて使い分けたりと便利に使えるnfcタグです。キーリングが付いているので、キーケースなどに取り付けて持ち運ぶのも良いですね。シンプルンデザインは、手持ちの小物とも合わせやすいですよ。

防水機能付きで、耐久性のあるabs素材を使用しているため、カバンにつけていても安心。手元に持っておけるので、さっと取り出してスマートに使えるのも魅力です。家族やグループ内で共有して使いたい人におすすめですよ。

Timeskey NFC- NFCタグNTAG215(1,799円)

ゴムひも付きで携帯しやすい

ストラップのようなゴムひも付きで、リュックなどにも付けやすいnfcタグです。10個入りと、数量が多いのもうれしいですね。色は、5色が各2個ずつ入っています。バッグや服装に合わせて、好きな色を選んで持ち歩けますよ。

nfcタグにはメーカーのロゴがプリントされていて、デザイン性の高さも魅力のひとつ。タグ自体の大きさは、縦3.1cmで横2.8cmとコンパクトで、持ち出すときも邪魔になりにくいですよ。どこにでもぶら下げやすいので、車内や室内でシールタイプを使うのを避けたい人にもおすすめです。

nfcタグの使い方

iPhoneは内部アプリか外部アプリのどちらかをダウンロードする

iPhoneでnfcタグを使う場合、内部アプリのショートカットアプリか、外部アプリのNFCToolsのダウンロードが必要。ショートカットアプリを使う場合は、アプリを開いてオートメーションを選択し、個人オートメーションの作成をタップします。nfcタグをスキャンしてタスクを書き込みましょう。NFCToolsを使う場合は、アプリを開くと出てくるメニューから書き込みをしていきましょう。

Androidは端末設定をしてから外部アプリをダウンロードする

Androidの場合、nfcタグが使えるように端末設定をしておくことが大切です。端末によって操作が変わる場合もありますが、設定を開いて接続をタップし、nfcをオンにすれば設定完了。設定がオンになっていることを確認できたら、NFCToolsをダウンロードしてタスクを書き込んでいきましょう。

まとめ

nfcタグを活用すると生活が便利になっておすすめ

nfcタグを日常に取り入れることで日々感じる、わずらわしさを解消できます。時間にもゆとりが持てて、生活が豊かになりますよ。さまざまな種類のnfcタグがあるので、使うシーンに合わせてお気に入りを見つけてくださいね。

※本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。当社は、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。リンク先の商品に関する詳細情報は販売店にお問い合わせ頂きますようお願い申し上げます。

コメントを残す

*