一人暮らしにおすすめのベッドまとめ!人気の折り畳みやセミダブルも!

長年家族と過ごしていた家を出て、1人暮らしを始める際には、大きな期待と一抹の不安を覚えるものですよね。
しかし、やはり自分だけの家と考えると、憧れや期待の方が大きくなるのではないでしょうか。
そして自分だけの家、部屋ができるとなればインテリアにもこだわってみたくなりますよね。
特にインテリア、利便性ともに兼ね備えているのが「一人暮らしの部屋のベッド」だと感じます。
一人暮らしの際にちょうどいいベッドとはどのような物があるのか?また、初めてベッドを使う方の場合は、ベッドを選ぶ際にどのような選び方があるのかなども気になる事でしょう。
今回は、そんな一人暮らしの部屋にピッタリなベッドをご紹介していきます。



一人暮らし向けベッドのメリット

忙しい毎日の時短アイテム

一人暮らしを始めると、これまで家族がしてくれたこともすべて自分一人でしなければいけなくなります。
そんな際に困ってしまうのが布団。
毎日の上げ下ろしは想像以上に面倒だったりします。
しかし、ベッドなら簡単にベッドメイキングをするだけなので、時間の節約もできますよ。

機能付きベッドなら省スペースにも

また、一人暮らしの際に借りる部屋は、スペースが限られていることが多くなります。
収納スペースが少ない、などという悩みも多機能なベッドを選べば、省スペースを実現することもできるでしょう。

一人暮らし向けベッドの種類

シンプルベッド

ベッド初心者さんなどにおすすめになるベッド。
眠るという機能だけをしっかりと吟味したシンプルなベッドならば、1ルームなど狭い部屋でもくつろぐ空間を演出することができますよ。

多機能ベッド

収納のためのスペースがあったり、ヘッドボード部分にコンセントなどがついているベッドですね。
機能が多くなれば、それだけベッド周りだけで生活ができるようになり、省スペースを実現できるでしょう。

ソファベッド

部屋が狭いけれどベッドと一緒にソファも欲しい。
1人暮らしの部屋に友人を招く際には、ベッドは隠したいなんて方におすすめになるベッドです。
1台でベッドとソファの2役ができるので、その時の状況によって使い分けることができますよ。

一人暮らし向けベッドの選び方

自分の体に合ったベッドを選ぶ

一言でベッドといっても、サイズから機能性まで多岐にわたります。
特に一人暮らしの方の場合、部屋のサイズに合わせてシングルベッドを購入しようと考えることが多いと感じます。

しかし、ベッドは1日の疲れをいやすためのものでもあるので、自分の体やサイズに合ったベッドを選びましょう。
身長が高いのにコンパクトなベッドを選んでしまったり、寝返りを何度も打つのに狭いベッドを選んでしまってはしっかりとくつろげません。
部屋のサイズはもちろん、自分の体に合っているのかもしっかりと吟味しましょう。

部屋の収納も考えて選ぶ

借りた部屋の収納スペースが、異常に少ない。
こんなケースがありがちなのが、一人暮らしの部屋ではないでしょうか。
タンスや棚などを別途購入するのも便利ですが、その分部屋の使えるスペースが狭くなってしまいますよね。

部屋の収納スペースや広さに応じて、ベッドに収納機能が必要かどうかを考えることも大切です。
一般的な収納といえば引き出しですが、その人の趣味によってはもっと大きな収納スペースが必要な場合もあるでしょう。
自身のライフスタイルも併せて選んでいくのが賢明だといえます。

一人暮らし向けベッドの人気ブランド

ニトリ

価格の幅が広くて選びやすい

お値段以上のCM通りに、価格の幅が広く、比較的に品質がいいものが選べることで人気の家具メーカーです。
ベッドだけではなく、ベッドに使う布団やファブリックなども統一できる点もおすすめになりますね。

本格志向から独自ブランドまで

価格の幅が広い、というメリットは、ベッドそのもののクオリティが幅広く選べるということでもあります。
ニトリではニトリブランドのベッドから、本格志向のシーリーまで扱われています。
ベッドに求めるものが寝心地からテイストまで、どんなものであっても選びやすいメーカーだといえるでしょう。

無印良品

シンプルなデザインで部屋に合わせやすい

シンプルでありながら良質なものを、という考え方から長く愛されてきている無印良品。
こちらも一人暮らしを始める際に、ピッタリなベッドを扱っているブランドです。
ごくシンプルなデザインの物が多いので、どんな部屋にも合わせやすいところが大きなメリットといえるでしょう。

しっかりとした作りがうれしい

無印良品のそもそものコンセプトが、シンプルで品質のいいものをというもの。
このコンセプトを裏付けるように、無印良品のベッドはしっかりとしたつくりのものが多くなっています。
長年使っていてもマットレスがへたれないなど、寝心地のいいベッドを使い続けることができますよ。

IKEA

特徴的なデザインが素敵

北欧出身である家具ブランド、IKEAには他ではなかなか見られないような特徴的なデザインのベッドを選ぶこともできるようになっています。
寝心地や収納も気になるけれど、何よりインテリアにこだわりたいという方にピッタリのブランドではないでしょうか。

本格ベッドからロフトベッドまで

中々見ないベッドデザインもある、と紹介したように、まさに豊富なデザインベッドを選ぶことができます。
一般的なベッドから寝心地を追求したベッド、または省スペースを追求したロフトベッドまで。
部屋のスペースとインテリアを両立させることができるベッドを選べますよ。

ACME FURNITURE

アメリカンヴィンテージスタイルがかっこいい

アメリカ西海岸スタイルを取り入れた家具を扱う、老舗家具ブランドであるACME FURNITURE。
インテリアにこだわりたい方には、思わずうれしい悲鳴をあげたくなるような、素敵なデザインのベッドが取り扱われています。

デザインだけではない、寝心地も追及

もちろんベッドも扱っている以上、そのデザインだけではなく寝心地もしっかりと追及。
自分好みのインテリアの中で、日々のストレスを忘れさせるような豊かな寝心地を実現してくれます。

フランスベッド

長い歴史を持つ老舗ベッドブランド

フランスベッドといえば、名前を知っている方も多いのではないでしょうか。
日本を代表するといっても過言ではない、大手ベッドブランドですね。
老舗でありながら価格帯が広く、オーソドックスなデザインからソファベッドまで販売しています。

老舗でありながら柔軟なデザインセンスを持つ

上記でも紹介したように、老舗でありながらもソファベッドや収納付きベッドまで柔軟なデザインのベッドが選べるのも魅力的。
また、価格帯も広く、老舗にありがちな品質はいいけれど高くて手が出ない、なんてこともありませんよ。
できるだけ品質のいい物を長く使いたい、こんな風に考える方にもおすすめなベッドブランドです。

1ルームでもおすすめの一人暮らし向けベッド

ニトリ-フラットベッドフレーム(パック) 11,019円

ナチュラルな木目が目にもうれしい、ごくシンプルなデザインのベッドフレームです。
天然パイン材を使用しているので、届いたばかりのころには懐かしく感じるような木材の香りを楽しむこともできます。

マットレスを置く床板部分は通気性の良い、スラット構造。
睡眠中には驚くほどの寝汗をかいているものですが、通気性を考えた構造になっているので、通年通して快適な眠りを実現しています。
フレームのカラー展開は3色なので、お部屋のテイストに合わせて選ぶこともできますよ。

IKEA-KOPARDAL 17,490円

ごくシンプルなデザインでありながら、どこかアンティークな印象を持たせるデザインベッドフレーム。
スチール素材を使われたフレームは、柔らかなファブリックと合わせることで、よりその存在感を増してくれます。

床板部分はすのこ構造となっているので、マットレスに湿気をこもらせることもありません。
また、ヘッドボードが高めに作られているので、眠る時だけではなく、眠る前のひと時をゆったりとくつろぐこともできるでしょう。
シンプルなだけでは物足りないという方におすすめなベッドです。

無印良品-脚付きマットレス 27,900円

無印良品といえば脚付きマットレス、そう言えるほどに長い間愛されてきたベッドです。
マットレスにそのまま足がついているので、別途マットレスを購入する必要がない、という点も大きな魅力の一つだといえるでしょう。

また、長年愛されてきた理由には、メーカー側が日々行ってきた改良によるところも大きいでしょう。
その時代に合った寝心地、価格を妥協なく追求しているからこそ、いつでも今が一番いいものであり続けられるのだと感じます。
丸いフォルムはどんなインテリアでも違和感なくなじんでくれますよ。

neruco-パイプベッド 21,000円

ごくごくシンプルに作られたパイプベッドです。
マットレスではなくお布団にも対応しているので、毎日の布団の上げ下げは面倒だけどベッドの柔らかさになれない、なんて方にもおすすめですね。

工具を使わない組み立て式なので、一人暮らしが始まってから購入した場合でも、問題なく使い始めることができますよ。
足の高さが考えているよりも高くなっているので、ベッド下を簡易的な収納スペースとすることも可能です。

布団のソムリエ-3段階高さ調節すのこベッド 7,980円

頑丈な作りで、すのこベッドでありながらしっかりと体を支えてくれる、通気性抜群なベッドです。
使われている木材も天然パイン材なので、マットレスに湿気を溜まりにくくさせる工夫がたくさん。

足の高さを3段階で変えることができるので、お部屋の印象や自分の好みに合わせて、調節することもできます。
湿気対策はしたいけれど、一般的なすのこでは心配なんて方にもおすすめできますね。

多機能でおすすめの一人暮らし向けベッド

フランスベッド-WORMO 68,000円

フランスベッドから本格的な寝心地と一緒に、普段はソファとしても使えるソファベッドが扱われています。
ベッドからソファ、ソファからベッド、どちらもスライド構造になっているので女性でも簡単に変えることができるでしょう。

せっかくの一人暮らしなので、友人をたくさん呼びたいと考えている方にもピッタリなソファベッドです。
カラー展開は2色あるので、自分の好みやお部屋のインテリアに合わせてチョイスすることもできますよ。

ニトリ-チェスト型ベッドフレーム 41,574円

大容量の引き出し式収納、ヘッドボードにはコンセントもついているので、狭いお部屋でも十分にインテリアを楽しむことができるでしょう。
また、ヘッドボードにはちょっとした幅が作られているので、小物やスマホを置くにもピッタリですよ。

新しく借りた部屋の収納が少ない、収納スペースはそれなりにあるけれど、別に趣味の置き場が欲しいなんて方にピッタリなベッドになります。
引き出しのためにベッドスペースが高くなるので、腰やひざを痛めている方にもおすすめです。

IKEA-ロフトベッドフレーム49,990円

ベッド周りに机もくつろぎスペースも集中させたい、なんて考える方にピッタリのロフトベッド。
ベッド下のデッドスペースを有効に使うために、頑丈に作り上げられたフレームなので安心感も抜群です。

最初から机と収納がついているので、届いたその日からベッド下のデッドスペースがなくなってしまいますね。
ちょっとした秘密基地のようなワクワク感も味わえるので、ベッドだけではなくそんな気持ちを大切にしたい方にもおすすめです。

neruco-親子ベッド 30,370円

ベッド下のスペースを収納だけではなく、第2のベッドとして使うこともできる多機能ベッドです。
ヘッドボードには2口のコンセントもついているので、スマホの充電や眠る前のライトを付けるなど幅広く活用することができるでしょう。

また、ヘッドボード横にはブックシェルフも。
ベッド下についているスペースは、収納に使うのはもちろん、もう一組お布団を用意すれば簡易なベッドにも。
仲良しの友人がよく泊まりに来る、なんて方にピッタリのベッドではないでしょうか。

B&Bスタイル-折りたたみベッド 12,800円

折り畳みベッドならば、ベッドが必要ないシーンでは部屋の隅にしまって於けるので、部屋が狭いと感じがちな一人暮らしのお部屋にピッタリではないでしょうか。
こちらの折り畳みベッドは、マットレス部分がしっかりとしているので、折り畳みベッドにありがちな骨が当たって痛い、なんてこともありませんよ。

また、頭を乗せる方には14段階のリクライニング機能も搭載。
眠るときはもちろん、部屋でくつろいでいるときにも自分のスタイルにピッタリな角度を付けることができますね。
お部屋をなるべく広く使いたいけれど、くつろぎタイムもしっかり取りたいなんて、欲張りさんにもおすすめなベッドです。

部屋を広く見せることでおすすめの一人暮らし向けベッド

スリーピー-corone 6,990円

ごくシンプルなすのこベッドになります。
足がついていないタイプになるので、視点が低くなり、その分お部屋を広く見せることが叶いますよ。
すのこベッドの上に置くマットレスの厚みによって、寝心地や印象を変えることもできるでしょう。

フローリングにはもちろん、畳の部屋でも違和感なく使うことができるので、予算の都合で和室しか借りられなかった。
こんな方でもベッドスタイルを楽しむことができるでしょう。

strage-宮付きすのこベッド 8,980円

お部屋を十分に広く見せてくれるローベッド、しかも宮付きになっているので、ベッドの上で過ごす時間が楽しくなるようですね。
ローベッドにありがちな湿気対策も、しっかりと考えられているので、マットレスがかびてしまうなんて事態も抑えることができるでしょう。

部屋を広く見せながらも、ベッド自体はしっかりとしたものがいい、なんて方におすすめのベッドです。
また、フレームのカラー展開が3色あるので、お部屋のインテリアに合わせたチョイスも可能となっています。

エムールライフ-フランコロー 18,509円

ローベッドでありながら脚付きになっているので、そのベッド下まで空間を感じさせるようなベッドです。
床面にピッタリとついていませんが、一般的なベッドよりもはるかに低めに作られているので、開放感まで感じるようですね。

フレームの上に置くマットレスは、お布団でも可能。
長年お布団で過ごしてきたから、最初はマットレスではない方がいいなんて方にもおすすめできるでしょう。
上に置くだけという簡単さがあるので、お布団からマットレス、マットレスからお布団といつでも交換できる点も魅力的です。

リビングソウル-棚・コンセント付きフロアベッド(ボンネルコイルマットレス) 14,800円

棚がついていること、コンセントがついていること、そしてフレームだけではなくマットレスもついてくるので、届いたその日からベッドを堪能することができますよ。
こちらで紹介している価格は、ボンネルコイルマットレスの場合です。

マットレスにこだわりがある方は、お好みの組み合わせを選ぶこともできます。
フロアタイプのベッドなので、お部屋を広く見せることができ、棚部についているコンセントにライトを付ければ、雰囲気ある時間を過ごすこともできますね。

家具通販のグランデ-可動棚付きフロアベッド 19,800円

ヘッドボードにあるスキマに添付されている棚を付ければ、自分の使いやすい形にカスタマイズすることも可能なフロアベッド。
一番高い位置に棚を設置、目覚まし時計を置けばなかなか起きられない方でも、起きられるかもしれませんね。

また、ベッドの高さはごく低く作られているので、部屋を広く見せることにも一役買ってくれるでしょう。
ヘッドボードには2口のコンセントもついているので、眠る前のくつろぎタイムも好みに合わせて演出することが可能ですね。

高いデザイン性でおすすめの一人暮らし向けベッド

ACME FURNITURE-GRANDVIEW BED S 86,400円

木材とスチールという、異素材を組み合わせることで、その存在感を抜群のものにしたベッドです。
西海岸スタイルやブルックリンスタイルなど、男前インテリを好む方にピッタリのベッドだといえますね。

デザイン性にこだわっているベッドですが、床面に当たる部分はすのこ仕様となっているので、通気性もしっかりと考えられています。
見てよし寝心地も良しの、こだわりが高い人にこそおすすめしたベッドです。

Armonia-Metria 99,980円

お部屋を圧迫することになったとしても、ベッドにはこだわりたいという方におすすめしたいベッド。
流線型の美しいフォルムに、PUレザーの光沢が近未来的なデザインとなっています。

眠ることはもちろん、「座る」際にも気持ちよく過ごすためのポイントが多数仕組まれているので、1日中ベッドの上にいたくなるかもしれませんね。
高いこだわり、ベッドルームを確保している方におすすめしたいベッドです。

家具のワクワクランド-BERGMAN 26,800円

いたるところに高いデザイン性を感じさせるパイプベッドです。
パイプベッドであるからこそ、狭い部屋でも十分にインテリアを楽しむことができるようになっていますね。

主張の強いベッドですが、意外にもさまざまなインテリアに合わせることが可能です。
ロマンチック、北欧風、アンティーク風、男前スタイルなど、お好みのインテリアを実現することができますよ。

北の住まい設計者-ベッドフレーム 157,500円

ブランド名そのままの、北国である北海道に設立された、無垢材を使用した家具ブランドで扱われているベッドです。
ごくシンプルでありながら、細く高めに作られた脚によって、布団をプラスした時にこそ完成されたデザイン性を楽しむことができます。

まるで中世の宿屋で出会えるようなベッドともいえますね。
歴史を感じる物語や家具が好きな方にとっては、カスタマイズのし甲斐があるベッドだとも言えるでしょう。

HIRASHIMA-LIBERIA Bed 268,000円

ヘッドボード部分に最初からクッションがついたベッドなので、眠るときはもちろん、足を伸ばせるソファとしても使えます。
居心地の良さにこだわって作られているベッドなので、お部屋ではゆっくりすごしたいという方におススメなベッドだといえるでしょう。

ヘッドボードの裏側には、マガジンラックまでついている徹底ぶり。
眠るためだけのベッドではなく、くつろぐためのベッドだといえますね。
クッションそのもののファブリックは、簡単に取り外せるようになっているので、気分によって色を変えたり衛生的に使用することが可能です。

まとめ

今回は一人暮らしの部屋にピッタリなベッドを紹介してきました。
一言で一人暮らしの部屋といっても、環境やお財布事情によってさまざまにお部屋の広さも変わってくるでしょう。
また、インテリアによっても大きな家具であるベッドは、存在感があるので選ぶ際にも困ってしまう場面も多いですよね。
今回紹介してきたベッドたちは、大きさもデザイン性も、収納に関しても多岐にわたります。
自身の部屋のテイストや広さによって、ピッタリなものを選んでみてくださいね。
特に収納に優れたベッドは、一人暮らしではとても重要なアイテムになります。
新しい生活を楽しく過ごすためにも、1日の疲れを取り去ってくれる、ピッタリなベッドを探しましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加