【人気のニトリやikeaも】おすすめのローベッドランキング!セミダブルも!

皆さんは就寝するときは、ベッドで寝るのが好きですか?それとも布団が好みでしょうか?一人暮らしをしていて部屋が畳のために、本当はベッドが好みなのに布団で眠っている、というケースもあるでしょう。ところで、人間は「人生の3分の1の時間を睡眠」に充てているとよくいいます。考えていたよりも多く人生の時間を睡眠に奪われていると感じた人もいるでしょう。人によって多少の誤差はあれど、一日8時間前後は寝て人生を過ごしています。どうせなら、寝て過ごすのならば、できるだけ快適に就寝しませんか?そのようなわけで今回は、睡眠と深い関連があるローベッドについて、ブランドの特徴やメリット・デメリットを説明しながら、これぞおすすめというものをご紹介していきます。

ローベッドとは?

フロアベッドよりも高く脚があるベッドのこと

ローベッドは、一般的な40cmほどの高さのベッドに対して、低い高さのベッドのことを言います。フロアベッドとにていますが、床に直置きでなく脚があります。フロアベッドよりも高さがあるので視線の確保がしやすく、インテリアにも合わせやすいのが特徴的です。床に近すぎるベッドよりも少し高さがあるベッドが欲しい、という方におすすめです。

狭い部屋におすすめ

ローベッドの最大のメリットは、ベッドの高さが通常よりも低いということです。そのために、狭い部屋でも視覚的に圧迫感をかんじることがないために、広く見えるのでワンルームにもおすすめです。

ローベッドの種類

ローベッドシングル

高さが一般のベッドと比べると低いだけで、ローベッドだからといってベッドの幅に差はありません。通常シングルベッドと同じく、一人就寝用で、幅が幅90~100cmです。

ローベッドダブル

140㎝のベッド幅を通常ダブルベッドと呼びます。一般的な体型の大人二人が寝るのに適したサイズです。フロアベッド、ローベッド、通常のベッドと、どのタイプでも、サイズ幅に差はありません。

ローベッドクイーン

おとな2人でも広々と寝ることができ、未就学児ぐらいまでのお子様なら一緒に添い寝も可能な幅があるのがクイーンサイズです。160~180cmほどの幅があります。

ローベッドの選び方

サイズで選ぶ

ベッドを選ぶ時にサイズから選ぶ方法があります。その際に注意したいのは、利用するサイズを考慮するだけでなく、ベッドを置く部屋のサイズも同時に考慮することです。

値段から選ぶ

ベッドサイズが決まっても、なかなかどのベッドを選んでいいか迷うときは,購入する価格帯をあらかじめ絞っておくのも良いでしょう。予算が決まっていると決定するのも早く楽です。

デザインから選ぶ

インテリアなどにこだわっている人は、部屋の雰囲気と調和が取れるタイプのベッドを探しましょう。ベッドフレームの素材が金属と木製では色合い、雰囲気も大きく異なります。

ローベッドの人気ブランド

二トリ シングル

商品保証を一年か五年かで選ぶことができる安心感

多くの家具を扱っているニトリでは、ベッドの種類も多く扱っていますので、シングルのローベッドを容易に探すことができます。また、ニトリで商品を購入するさい、品質保証が1年ないし5年を選ぶことができます。

リーズナブルな価格で品質のよい寝具がそろう

サイズも豊富なニトリでは、価格帯にも幅があります。一人暮らしの学生でシングルベッドが欲しい時など、リーズナブルな価格で品質の良いものを見つけることができます。

カーサヒルズ すのこ

北欧スタイルでおしゃれ度抜群

カーサヒルズでは、「すのこ」という和ティストの素材をベッド板として使いながらも、北欧スタイルに仕上げているスタイリッシュなローベッドを探すことができます。

自社工場で独自開発のこだわり

海外から直に購入することで値段を安く抑えたおしゃれなベッドに加え、カーサヒルズの自社工場で考えられたこだわりのローベッドがあります。国内の気候を考慮したすのこ板ベッドで快適です。

源ベッド 連結

国産のこだわりと安心感

海外直輸入家具などを購入し、ビスが足りないなどの細かな不便を体験したことがある人はいませんか?そのような体験を一度でもすると、信頼できる国産品へと気持ちが向きます。その点、源ベッドは純国産の安心感があります。

ライフステージにあわせて連結できるベッド

人暮らしから結婚で二人へ、子供ができ添い寝用のベッドなどと、ライフスタイルに応じてベッドを購入するのはお金がかかります。その点、源ベッドは、連結ができるローベッドが豊富です。

Asleep フレーム

自動車のトップブランドメーカーで培った安心の技術力

ヨタベッドから改名したAsleepは、大手自動車メーカートヨタで得た技術力をもつアイシン精機によって眠りの質を追求したベッドを製造し続けているブランドです。

環境に配慮した品質へのこだわり

木材フレームのローベッドを購入時に心配なのが、健康を害する恐れのある環境ホルモンです。その点Asleepなら、使用するすべての素材に、ホルムアルデヒド対策がされています。

フランスベッド インテリア

日本人のためのベッドをいち早く取り入れたブランド

戦後間もない日本にまだベッドが寝具として浸透していな頃から、日本人の体形にあったベッドを開発し続けてきたフランスベッドは、日本のインテリアを熟知したベッドを提供しています。

モダンの先駆けインテリア

海外のモダンなインテリアを日本独自に発展させてきた国産ベッドメーカーの老舗といえば、フランスベッドです。現在でも、多様化した社会にあうモダンなインテリアベッドを販売し続けています。

シングルでおすすめのローベッド

二トリ-シングルベッドフレーム(27,686円~)

3種類のカラー「ホワイトウォッシュ」「ミドルブラウン」「ライトブラウン」からベッドフレームを選ぶことができるローベッドで、木の温もりがうれしい天然木のベッドです。
9㎝の高さのローベッドなので、一人暮らしや手狭な部屋でも圧迫感はありません。また、背板はすのこになっているので通気性もよく快適に利用することができます。

LOWYA-天然木スノコ床ローベッド[シングル]( 5,990 円)

パイン材を使った高さ4cmというスーパーローなシングルベッドです。背板は、素朴で無垢なすのこ板を使っているので、日本の気候風土にあい湿気がこもりにくいです。
天然木を楽しんでもらうために、塗料を使わない木材のローベッドフレームは、シングルのマットレスや布団を敷いてもサイドにスペースがあり、ちょっとした飾り物が置けて便利です。

LYCKA-棚つきベッド(14,800円)

北欧スタイルなローベッドLYCKAは、スマホなどの充電ができるコンセントが2口ついたヘッドボード付きのベッドです。棚には本やランプなどを置くスペースも備わっています。
シングルのローベッドでありながら、床との間に引き出し収納がついているので、一人暮らしの部屋でもベッドを置いた分の収納スペースがなくなるということがないおすすめです。

Asleep-ツベック (49,410円(税込))

トヨタグループAsleepのシングルローベッドのツベックは、ミディアムブラウンとナチュラルの2種類のカラーを選ぶことができます。環境に配慮した木製素材を利用しているので、健康面も安心です。
高さは13㎝ですが、付属の脚をはかせることで19cm、23cm、29cmと高さを簡単に変えることができる優れものです。部屋の雰囲気にあわせて、簡単に高さを調節できとても便利です。

TIINA ティーナ - 棚付きローベッド(14,800円(税込))

ココアホイップ、ミルクラテと、まるで北欧のカフェのような色合いシングルローベッドです。ヘッドボードにコンセントが付いているので、スマホの充電も困りません。
棚付きのベッドヘッドで、スリムで場所を取らずに経済的です。ロータイプで、連結可能なためシングルを並べキングサイズでの利用もおすすめです。

連結できる楽しさでおすすめのローベッド

【Familiebe】ファミリーベ-【フレームのみ】ワイド200( ¥31,300)

家族が増えても、ベッド同士を連結することができるファミリーベッドのfamiliebeは、幅広になったからといっても、部屋が狭く見えないおすすめのベッドです。
子どもをベッドに寝かせるのが不安な人も、万が一ベッドから転倒などしても高さがないローベッドなので安心です。連結用なので隙間なくピッタリとくっつきます。

Bed Style-長く使えて家族に優しい 大型モダンフロアベッド (連結タイプ) (49,246~200,778 円(税込))

二人から三人へと家族が増えた時にも慌てずに使えることができるのが連結タイプのローベッドの魅力です。セミシングル、シングルなどセパレートで使っていた時のサイズは関係なく連結できるシリーズでそろえておくと将来子供との添い寝の時に役立ちます。
ヘッドボードを足元の部分に専属金具をとりつけることができるので、隙間なくしっかりと連結できるのも魅力の一つです。子供がベッドの上でゴロゴロしたり遊んでも大丈夫なのがうれしいベッドです。

Joint Wide(ジョイント ワイド)-フレームのみダブル単体(46224(税込))

製品安全協会の認定SGマークがついたジョイントワイドは、セパレートに使っていたベッドを連結できるタイプのベッドです。選べるカラーは、ホワイトとダークブラウンの二色があります。
おしゃれなヘッドボードは、ちょっとした小物も置くことができとても便利です。家族の人数に合わせて、セミシングル、シングル、セミダブル、ダブルの四つのサイズから自由に組み合わせができます。

【PLAYS】プレイズ -【ワイドキング200(80,784円(税込) ~)

プレイズは、ベッド単体だけでなく、ヘッドボードも自由にレイアウトすることができるので、部屋のサイズあわせて、L字や別々にして使うことが可能な連結ベッドです。
プラスドライバーがあると、大人二人で簡単に組み立てることができるベッドフレームになっています。高さ9cmのローベッドだから、子供が遊んでいても安心できる高さです。

【Ortiz】オルティス-照明付き連結対応フロアタイプシングルベッド(26,100円~ (税込))

シングルベッドとしても別々にも使うことができ、家族の人数にあわせて連結できるOrtizのベッドは、ヘッドボーにコンセントが付いているからスマホの充電はもちろん、読書灯などがおけてとても便利です。
2台のベッドを連結すると、キングサイズ以上のゆとり設計です。子供と添い寝をしなたり、休日ベッドの上で家族でゴロゴロしたりしてのんびり過ごせるおすすめベッドです。

すのこでおすすめのローベッド

ベルメゾン-モダンローベッド(¥32,292~)

日本家屋に適した湿気のこもらないすのこ板を使用したベッドです。シンプルなデザインで、色はダークブラウンかナチュラルの2色からフレームのカラーを選ぶことができます。
高さ17cmのロータイプのベッドとなっていて、角が丸みを帯びたデザインのため、柔らかい印象のモダンな木目調のベッドとなっています。部屋の雰囲気に邪魔されないシンプルなデザインでおすすめです。

フランスベッド-木製すのこベッド セミダブルサイズ フレームのみ (税込61,344円)

高級ベッドとして名前が知れ渡っているフランスベッドの二年間保証がついたこちらのベッドは、ウェービングされたすのこ板です。通常のすのこよりも、さらに湿気がこもりにくい加工になっています。
背板のすのこは、取り外しがしやすいからお掃除も楽々です。すのこがおちにくいように、フレームには落下防止の金具がつくなど細かいところも配慮されたすのこベッドになっています。

Villa-すのこベッド ローベッド キング フレーム(税込 92,800 円)

Villaから販売されているローベッドは、背板がすのこ仕立ての通気性の良いベッドです。ベッドフレームにはウォールナッツの木が使用され、高級感あふれるアジアンスタイルです。
どのインテリアにもあうシンプルな木目調のサイドフレームは、極厚で堅牢なつくりとなっていますが、ローベッドのおかげで圧迫感を感じないデザインとなっています。

Slick -シングルベッド(49,800円+税)

コンセントがヘッドボードに2口ついたSlickのシングルベッドは、高さ17cmのローベッドスタイルです。一人暮らしの狭い部屋でも圧迫感をかんじないデザインでおすすめです。
ベッド回りに置いておくと便利な日常生活品をおくことができる、8cmのスリムな棚もついた便利なベッドになっています。背板はすのこで、通気性も良しで快適です。

アイリスプラザ-高さ2段階天然木スノコベッド セレナ シングル SRNSWH 全3色 (¥7,538(税込))

パインを使った自然な感じがうれしいすのこベッドは、通気性良いもから日本家屋におすすめのベッドです。ベッドの高さが17cmのローベッドなので、ベッド下の掃除も比較的楽にできます。
色はホワイト、ナチュラル、ウォルナッツとシンプルな三色のカラーから選ぶことができるので、お部屋のインテリアにも合わせやすくなっているのもおすすめ理由です。

ベッドフレームでおすすめのローベッド

Cuddly-3段階 高さ調節 すのこベッド シングル (税込 7,777 円)

シンプルなCuddlyのベッドは、背板がすのこで通気性が良くできているのが特徴の一つです。天然木の脚をはかせることで、10㎝、20㎝、33㎝とベッドの高さを変えることができます。

ナチュラルティストのパイン材で北欧ティストで、どの部屋にも合わせやすくなっています。極厚18mmの背板には、浅板もはいっているので耐久性があるベッドになっています。

カルバンフラット-フラットローベッドシングル(12,900円)

高さ9.5㎝のローベッドであるカルバンフラットは、リーズナブルな値段の割には、床板には本格的な補強桟フレームが組んであるため丈夫なベッドになっています。
ベッドヘッド裏側は、電源コードを通すことができる工夫もしているから、壁際にピッタリとくっつけても大丈夫です。うれしいことにメーカー保証も2年つくしっかりとしたベッドフレームです。

LOWYA-木製ローベッドフレーム (29,990円税込)

プリント基板でない、天然の木材にウレタン樹脂塗装をしたLOWYAのベッドフレームは、ロータイプベッドです。三本の脚でしっかりとささえてくれる安心デザインが特徴です。
幅120㎝のしっかりとしたヘッドベッドがついてくるので、クッションを背あてにして体を起こし、読書や映画鑑賞を楽しみながら、ベッドのうえでくつろぐこともできます。

『illume』イリューム-照明付き 宮付き (16,308円(税込) ~)

ブラウン、ナチュラル、ブラック、ホワイトと、四つのカラーを選ぶことができるロータイプのベッドフレームで、ドライバー一本で簡単に組み立てできる安心の国産製品のベッドです。
本や小物などを置くことができる棚と、最初から照明が備えついています。壁際に寄せても困らないように、背面からコンセントが出しやすく工夫がされているおすすめなベッドです。

ニトリ-ベッドフレーム(メリッサ3 H85 LOW シングル)(18,426 円 )

北欧をイメージしたすっきりしたデザインが特徴のベッドフレームが、ベッドの高さが14センチというローベッドタイプのメリッサ3です。ヘッドボードは薄く、壁際に設置しても隙間が生まれないデザインです。
木目を楽しめるダークブラウン・ナチュラルカラー・ミドルブラウンに、清潔感あふれるホワイトをあわせた四色からベッドフレームを選ぶことができるから、自分の部屋のインテリアにとても合わせやすいです。

まとめ

特徴や用途別に様々なローベッドをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ローベッドは湿気がこもりやすかったり、掃除がしにくいのではというデメリットを気にする声もあります。しかしながら、各メーカー国内の気候を熟知しており、背板がすのこになっていたり、簡単にはずすことができたりと、工夫がされているのが多いのも事実です。ローベッドの最大のメリットである、圧迫感を感じにくく部屋が広くみえるという特徴をいかされるのがおすすめです。また、小さなお子様がいる場合は、高さがないため、安全面でもうれしいのがローベッドです。一人暮らしを始めた、あるいは家族が増えたなど、大きく家のインテリアを見直すことができた時に、ローベッドの購入を考えてみてはいかがでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。