人気&おすすめのシングルベッドランキング!【サイズで選ぶ】

大学入学、就職など親元を離れて一人暮らしを始めようとするとき、必需品のリストに必ずといっていいほどあがるのがベッド。
部屋が狭くなるといったデメリットはありますが、布団の上げ下ろしをしなくてもすむ、布団を収納する押入れのスペースが自由に使えるなどメリットが多いのもベッドです。
よほど大きな部屋で生活するのではない限り一人用のベッドといえばシングルベッド。
選ぶときには体の大きさ・予算・部屋の広さ・収納ができるのかなど色々な条件が重なり迷ってしまいますね。
そこで体の大きさ・部屋の広さ・予算の3つに分けて選び方をご提案。
さらに人気ブランドから価格帯別の商品、高級ブランドまで商品別の特徴も合わせてご紹介します。



シングルベッドとは?

標準体型の大人一人用

大人一人が使用するベッドサイズの中で最も基本的なサイズ。
メーカーによってサイズは様々ですが、一般的には幅が約90〜100cm、長さは180〜195cmといわれています。

シングルベッドのサイズ

メーカによっては長さと幅によってさらに細かく別れている場合があります。
小さいものからショートセミシングル・ショートシングル・セミシングル・シングルと呼ばれています。

シングルベッドの種類

脚付きベッド

脚付きフレームの上にマットレスを乗せる一般的なタイプからフレームとマットレスが一体化したものもあります。
床との間に収納スペースを備えどんな部屋にも馴染むシンプルさが特徴です。

ロフトベッド

ベッドの位置を高くし空いた下の部分にソファーや机を置くなど、ベッド下のスペースを有効活用できるのが特徴です。
ワンルームや部屋が狭いときに便利なタイプです。

折りたたみベッド

布団をしまってソファーとして利用する。
お客さんが来られるときには部屋の片隅にかたずけて部屋を広く使うことができる。
利用シーンによって自在に変化するのが特徴です。

シングルベッドの選び方

体の大きさで選ぶ

一人で寝たときに窮屈さを感じないサイズは、肩幅の左右にそれぞれ20cmプラス(肩幅+40cm)と言われています。
買った後で後悔しないためにも長さと幅は自分の体に合ったサイズを確認しておくことが大切です。

部屋の広さで選ぶ

ベッドの足元スペースは50〜60cm、引き出しなど収納がある側は100cm程度、壁との間も10cm程度空いているのが理想的。
特にワンルームにベッドを置く際には、部屋のスペースを十分に考えてからサイズを選びましょう。

予算で選ぶ

値段は販売店やメーカーなどによってさまざま。
一般的には2〜3万円の商品は3〜4年が耐用年数だそうです。
基本的にベッドフレームとマットレスは別売り。予算を考えるときは両方の価格を合わせて選ぶ必要があります。

シングルベッドの人気ブランド

ASLEEP(アスリープ)

自動車部品メーカーとしての技術力

トヨタグループのアイシン精機が世界最高の技術力を駆使し創りあげた、理想の睡眠環境を追求したベッド。
体の理想的なリズムと睡眠中のリズムから生まれる質の高い眠りを提供してくれます。

30年耐久素材ファインレボ使用

JIS規格を超える48万回(30年使用想定)の繰り返し荷重耐久試験で、寸法変化率0%という実績を誇るクッション素材ファインレボ。
ヘタリにくく長期間上質な眠りを持続する素材をマットレスに使用しています。

日本ベッド

創業90年、匠の職人技が輝く

機械だけに頼らない「手でつくる」ことにこだわった職人技が品質の高さを維持している。
使う人の事情に合わせて臨機応変に対応し、痒いところに手がとどく、そんな信頼関係に立った物作りが輝いています。

超高密度シルキーポケットの寝心地

一つひとつ独立したスプリングコイルを従来の2倍近い1200個(シングルベッド)を組み込んだのが超高密度シルキーポケット。
絹のような柔らかさで体を支え、ソフトな寝心地とふんわりとした感触が快適な睡眠を実現します。

Sealy(シーリー)

科学的な眠りへのアプローチ

業界初の整形外科医による協力を得て、科学的な視点から心地よい眠りを追求してきました。
触った感触だけでなく実際に体を横たえることで、曖昧な感覚を排除し理想の寝姿を求めています。

快眠テクノロジーを駆使

体の部位に合わせて素材配置し「荷重に応じた適切な反発力とサポート力」「不快な圧点の除去・体圧分散」を両立させた「プレッシャーリリーフ・インレー」、背中や腰の部分を強化した「センターサポート」などの新技術が駆使されています。

無印良品

無駄のないシンプルさが信条

変わることのないシンプルで飾りのないデザイン、取り外し可能な脚は生活スタイルの変化に応じて変更ができます。
マットレスカバーが選択可能であったりと長く使って欲しいという信条が伝わってきます。

「超高密度ポケットコイル」タイプがおすすめ

日本の職人が一本一本手作業で製作するコイルが、マットレスの強靭性や耐久性を高めています。
「超高密度ポケットコイル」のマットレスは体が包み込まれるような寝心地を実現してくれます。

SIMMONS(シモンズ)

コイルマットレス製作世界初の伝統

世界初のポケットコイルマットレスの商業化に成功し、伝統の手法を守りつつ最先端の技術を追求する老舗メーカー。
最新の睡眠科学から人間の感覚を反映する感性工学の観点に立った商品開発が、満たされた眠りと目覚めを与えてくれます。

「超硬鋼線」を使った堅牢な構造

JIS規格ピアノ線と同じ強度を持つ超硬鋼線で作られたスプリングが、弾力と耐久性に優れ理想的な寝心地を生み出している。線径の異なる3種類のコイルを使用し、ベッドの部分ごとに硬さを変えることで快適さを実現しています。

価格帯別シングルのベッド

1万円台でおすすめのベッド

ニトリ-シングル脚付きマットレス(ブリンダ3) 11,900円

ボンネコイルを使用した分割タイプ。真ん中の4列はポケットコイルを使って腰の負担軽減を図っている。
ベッド下は20cmの高さがあり、収納ケースを納めたりソファーとして利用することもできます。

ニトリ-シングル脚付きマットレス(ラームKD) 18,426円

脚付きマットレスなので、フレームとマットレスを別々に購入する必要がありません。
マットレスはフィット感に優れたポケットコイルを使用し、ベッド下には20cmの空間を備え収納ケースを入れることもできます。

IKEA-ベッドフレーム(TARVA) 8,490円

余分なものを極力省いたシンプルでベーシックなパイン材を使用したベッドフレーム。
流行に左右されないスカンジナビアン家具の伝統に基づいたシンプルなデザインと無塗装が特徴です。

IKEA-スプリングマットレス(HAFSLO) 9,990円

ボンネスプリングを使用した耐久性と通気性に優れたスプリングマットレス。
ポケットスプリングを使ったタイプのラインナップもあり、予算に合わせて選ぶことができます。

3万円台でおすすめのベッド

ニトリ-フラットベッドフレーム(パック) 11,019円

天然木のパイン材を使用したスラット床板は、睡眠中の汗による湿気を解消する通気性の良いスノコタイプ。
高さは18cmと衣装ケースや収納ボックスもおさまります。

ニトリ-シングルマットレス(NスリープC1) 18,426円

体を包み込むようなフィット感に優れたポケットコイルを使用し、横揺れしにくい構造。マットレスの周辺部には硬めのコイルを配置し端の落ち込みを防止しています。

無印良品-パイン材ベッド・シングル(2009SS) 14,900円

木肌を生かしたパイン材を使った床板がスノコ仕様の組み立て式ベッドフレーム。
別売りのベッド下収納ボックスを入れると、収納タイプのベッドフレームに変身します。

無印良品-スプリングマットレス・シングル 14,900円

つづみ型のコイルを直結し体全体を面で支える構造となっている。スプリングはボンネコイルを使用しウレタンとフェルト層で包まれ、無印良品では最もベーシックな商品です。

IKEA-ベッドフレーム(TARVA) 14,990円

パイン材を使用しスカンジナビアン家具の伝統とモダンデザインの融合したシンプルなベッドフレーム。
使われている無塗装の無垢材は温かみのある天然素材です。

IKEA-ポケットスプリングマットレス(ホーヴォーグ) 19,900円

体の動きに合わせてスプリングが独立して動くポケットスプリングのマットレスは、全身をしっかりと支えてくれる。
体の動きに合わせて伸縮するストレッチ素材をマットレス表面に使用しています。

5万円台でおすすめのベッド

無印良品-ベッドフレーム(スモール・オーク材) 26,900円

オーク材を用いたヘッドボードが別売となっているベッドフレーム。床面はスノコタイプでそれ自体にクッション性があり、体圧分散に効果を発揮します。ベッド下の収納(別売)を追加することも出来ます。

無印良品-ポケットスプリングマットレス・シングル 30,900円

独立したポケットコイルが体を点でバランスよく支え揺れや沈みを軽減してくれる。
シングルサイズには616個のコイルが千鳥配置され、上下2層のウレタンフォーム層で挟まれています。

IKEA-ベッドフレーム(MALM) 16,990円

天然木の突板を使用し、使い込むほどにシックな色合いへと変化します。マットレスの厚さに合わせてスノコ部分の高さを変えることができ、ベッド下の収納(別売)も追加することができます。

IKEA-ポケットスプリングマットレス(HYLLESTAD) 34,990円

ポケットスプリングは一つづつ袋に包まれ、独立して振動を吸収。
上層に形状記憶フォームやラテックスを使って体の形にそって変形することで効果的に支えてくれます。

ニトリ-ベッドフレーム(ロータイプベッドセット) 52,656円

和室に設置しても圧迫感の少ないロータイプのシングルベッド。
ネット限定品ですがベッドフレームとマットレスがセットになったリーズナブルな商品です。
マットレスは体を点で支えるポケットコイルを使用したものが付属しています。

6万円以上でおすすめのベッド

ASLEEP-ベッドフレーム(Coordinare) 59,300円

最もベーシックなベッドフレームでプリント化粧板にポリウレタン塗装が施されている。
枕元には棚の深さが変えられるポケットを備え使用しない時にはフラットに戻すこともできます。

https://a.r10.to/hrkakL

ASLEEP-マットレス(ファインレボマットレスR0) 66,900円

ASLEEP独自の30年耐久素材ファインレボに横向き寝にフィットするウレタンを埋め込みました。
揺れの少ない安定感を実現したベーシックタイプのマットレスです。

日本ベッド-ベッドフレーム(AHEハードエッヂボトム) 75,600円

ベッド床面部分にスプリングを内蔵した「ハードエッヂボトム」と呼ばれる日本ベッドオリジナルの構造。
一般家庭向けに薄型に設計されたベーシックタイプです。
マットレスの耐久性が向上し入床時の衝撃をやわらげる効果があります。

日本ベッド-マットレス(ビーズポケットベーシック) 86,400円

ポケットコイルを使用したマットレス。
スプリング数はシルキーポケットの半分ですが、程よい硬さを維持し耐久性にも優れています。
高級ホテルで17年間使用してもスプリングのヘタリはほとんどなかったそうです。

高級シングルベッド

ASLEEP-ベッドフレーム(24/7) 171,000円

素材の良さが伝わってくる天然木(ホワイトオーク)を使ったベッドフレーム。
フレームと一体化したデザインやヘッドボードの両サイドに付けられたウイングが、安心感と使いやすさを演出します。

ASLEEP-マットレス(ファインレボプライムマットレスJU) 199,000円

30年の長期使用に耐えられる素材ファインレボを肩から足へと配列されている。
裏表でハードとソフトが選択できることで季節に合わせ硬さを変更することが可能。
季節に合わせた2種類のアッパーカバーが用意されています。

SIMMONS-ベッドフレーム(SHIMANTO HINOKI KOH) 205,200円

高知県四万十川の流域に広がるヒノキの森から生まれ古来より神社仏閣の建築材として用いられてきた国産ヒノキ材を使用。
美しい木目と滑らかな肌触り、ヒノキ独特の香りが安らかな眠りを誘います。

SIMMONS-マットレス(カスタムロイヤル) 345,600円

シングルサイズのマットレスでは最上位に位置するカスタムロイヤル。
最も長いストロークのコイルスプリングは底付き感がなくふんわりと浮いているような感覚に陥ります。

Sealy-ベッドフレーム(サレム) 210,000円

スマートで重量感があり、ホワイトアッシュの無垢材で作られているSealyでは最上位に位置するベッドフレーム。
使いやすいフルオープンの引き出しが2杯備えられ、独自設計の床面設置によりホコリの侵入を防ぎます。

Sealy-マットレス(クラウンジュエリー) 280,000円

二つの異なるコイル形状が体にフィットする米国特許取得のコイル「Sealy ReSTコイル」を用いた最上位のマットレス。身体の部位によって違った素材を組み合わせた「5ゾーン・プレッシャーリリーフ・インレー」との組み合わせが上質な睡眠を与えてくれます。

日本ベッド-ベッドフレーム(PRAIRIE) 291,600円

ベッドフレームの素材はウォルナット材とオーク材の2種類が用意されている。
ヘッドボードと床面の緩やかなカーブを描くデザインは、柔らかさと心地よさを演出しています。

日本ベッド-マットレス(ビロートップシルキーポケット) 243,000円

体を優しく包み込むシルキーポケットを用いたマットレス。表面をソフトな素材で包み込んだピロートップ仕様で感触層を厚くしボリューム感を増しながらも安定感を感じられる仕様です。

ロフトタイプのシングルベッド

無印良品-ロフトベッド(オーク材ハイベッド) 71,900円

無印良品では「ハイベッド」と呼んでいます。オーク材を使用した天然木のぬくもりを感じるベッド。
デザインを統一したい時は別売のデスクや本棚が用意されています。

ニトリ-ロフトベッド 34,167円

部屋のスペースを有効活用できるロフトベッドは、一人暮らしや子供部屋で威力を発揮します。
このベッドの特徴はベッド下の空間を「ロータイプ」と「ハイタイプ」の2段階に調整できることです。

LOWYA-ロフトベッド(ハイ&ミドルロフト) 19,900円

低価格にも関わらずデザインが人気のパイプ製ロフトベッド。男性でもしっかりと支えられる耐荷重や通気性の良いメッシュ床など使う人の目線に立った物作りが感じられます。

ニッセン-ロフトベッド(高さが変えられる太パイプベッド) 19,900円

通販大手のニッセンが提供する廉価タイプのロフトベッド。
ハイタイプとロータイプの2段階に高さが調節できます。
使用しているパイプは直径が50.8mmと太く耐久性にも優れています。

まとめ

ベッドメーカー製の商品を中心にシングルサイズのベッドをご紹介しました。
アマゾンや楽天で検索すると沢山の商品が掲載され、あまりの多さにどう選べばいいのかわからなくなりますね。
実はベッドの寝心地はマットレス選びが大きく左右します。
基本的にはベッドフレームとマットレスは別売なので予算が決まれば、まずマットレスにこだわることをおすすめします。
マットレスに使われているコイルスプリングも「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」の2種類があり、点で支えるポケットコイルがおすめですがその分価格が高くなります。
一方ベッドフレームは素材によって安価なパイプ製から見た目にも暖かさを感じる木製など。
スペースを有効活用できるロフトベッド、収納付きのベッド、マットレスに直接脚のついた脚付きマットレスベッドと種類も豊富です。
どんな生活シーンで使用するかを考えつつ、予算と相談しながら商品選びを楽しみましょう。

疲れを癒す眠りに大きく影響するベッド選び。
長く使うからこそ予算や生活スタイルと相談しながらもしっかりと性能を確認する。
そんなベッド選びの参考にしてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加