おすすめの低反発マットレス人気ランキング!【メリット・デメリットも】

寝起きがすっきりしないと感じる方はいませんか。そんなときは敷布団やポケットコイルマットレスとの密着度がいまひとつなのかもしれません。寝具そのものを変える予定はないけれど、寝心地だけはよくしたいものです。そんなときは低反発マットレスを手持ちの寝具にプラスするだけで格段にフィット感が増し、寝心地が改善することもあります。低反発マットレスのメリットやデメリットを確認して、ベストな一枚を選んでみましょう。通気性のなさやへたりやすいといった問題点をクリアしているものもありますよ。




低反発マットレスとは?

柔らかくて包み込まれるような寝心地のマットレス

コイルマットレスは硬めのしっかりした寝心地が特徴ですね。一方低反発マットレスには柔らかくて包み込まれるような、ほかの素材にはない寝心地があります。もともとNASAが開発した衝撃吸収剤ということから、業務用の機能性が高いマットレスです。

低反発マットレスのメリット

身体に合わせて変形するため使う人を選ばない

体の形に合わせてゆっくり沈み込んでいくため、体型の細かい部分までジャストフィットします。人の体は千差万別で一人ひとり微妙に違いますね。この違いをすべて受け入れてゆっくり変形し、どんな体型の人にも心地よい寝心地を与えてくれるのです。

体圧分散性が高く特定の部位だけに負荷が掛からない

体圧分散についてはコイルマットレスより満足度が得られることが多いです。コイルも分散されますが、体の各部位の分散性は低反発マットレスのほうが高め。コイルは腰の部分に負荷がかかりやすく消耗が速いのですが、低反発マットレスは腰をはじめ各パーツごとの耐圧も効果的に逃してくれるのです。

低反発マットレスのデメリット

体重が重いと沈み込みが大きく寝返りが打ちにくい

低反発マットレスは柔らかく体のフィット感が良すぎるため、体重が重い人は寝返りが打ちにくくなります。このため寝起きが悪いと感じる人も。低反発マットレスに適した人は、体重が軽めで体とマットレスの程よいフィット感を感じられる人です。

高反発マットレスに比べて通気性が悪く蒸れやすい

高反発マットレスもウレタンですが、表面がプロファイルされているものは通気性が低反発より高くなります。このため低反発マットレスは蒸れやすくなり、夏の暑い時期には寝心地が悪くなることも。特にウレタンは温度によって硬さが変化するため、暑い時期は沈み込みが大きくなりすぎてしまうのです。このため梅雨ごろから除湿パッドなどの汗取り用品を上に敷くと効果的です。

へたりやすく耐久性が低い

コイルマットレスよりへたりやすいため、定期的な買い替えが必要になります。耐用年数は一般的な品で2~3年。しかし、定期的にマットレスの向きを変えたり湿気を取ったりすることで、5年に寿命が延びることもあります。腰周りがくぼんで寝返りが打ちにくいと感じたら交換時期です。

低反発マットレスの選び方

沈み込み過ぎない理想的な寝姿勢をキープできるものを選ぶ

腰の部分に注目して沈み込みを確認する

体の中で一番重い部分は腰回りです。寝返りのときも負荷のかかりやすい場所で、寝心地に大きく影響する場所。このため低反発マットレスを選ぶ際にも、この部分の沈み込みが合っているかどうかが選ぶポイントになります。沈み込みすぎるものは、体にまとわり過ぎて姿勢が悪くなってしまうのです。夏は温度が高くなりウレタン素材が柔らかくなることも考慮して、最適な硬さを選んでみましょう。

低反発素材だけでなく構造が何層にも分かれているタイプがおすすめ

低反発と高反発の組み合わさる多層式のウレタンマットレスもあります。上部が低反発で柔らかい沈み込みがあり、下部が体圧を点で支えるプロファイルウレタンになっている構造。沈み込みすぎる弱点を克服した寝心地の良い品が見つかります。低反発と高反発の組み合わせは、最近のクッションやソファにも多く使われている効果的な組み合わせ方です。

通気性を考えて快適な寝心地のものを選ぶ

暑がりな方にはウレタン内に気泡を多く含むオープンセル構造がおすすめ

低反発マットレスは通気性がなく夏は寝苦しいと感じる方が多いです。これを改良したのがオープンセル構造を用いた商品。ウレタン素材を泡や細胞のような構造を持った多孔質材料に変えることにより、風通しを良くして通気性をアップしています。植物の細胞の構造はセル構造になっており、自然と水はけを良くしています。これに近い働きがマットレスにも加えられており、暑くて寝苦しい夜の寝心地を良くしています。

ベッドパッドと併用して寝苦しさを解消する手も

湿気が多い時期は低反発マットレスの上に汗取り用や除湿用の敷きパッドを置いて、寝心地を良くします。湿気を吸うだけではなく、ウレタンマットレスと体のフォルムをぴったり適合させる働きもしてくれるため、より快適に眠ることができるのです。ベッドパッドにも様々あり、柔らかさ、厚さ、保温性などを選ぶことができます。このため低反発マットレスの寝心地を総合的に調整してくれる効果もあります。

へたりにくい長く使用できるものを選ぶ

複数の素材を組み合わせた2層構造以上だと耐久性が上がる

ポケットコイル+低反発マットレス、高反発マットレス+低反発マットレスなど複数の素材を組み合わせた2層構造以上の品はへたりにくくなります。特にコイルと組み合わさることで耐久性が上がり、買い替えの時期を延ばすことができます。低反発マットレスも様々なタイプがあり、軟質や硬質、オープンセルやクローズドセルなどの組み合わせにより、特徴的な寝心地を作っています。軟質やオープンセルでも耐久性の高い品もあり、ウレタンマットレスの弱点であるへたりやすさも改良されつつあります。

長期保証の付いた長寿命で安心して使える製品を

一万円程度で買うことのできる低価格の低反発マットレスもありますが、耐久性に問題があるものもあります。このため最低でも一年以上の保証が付いた品を選ぶことが購入のポイント。保障期間内にへたりが感じられたら交換してくれるため、安心して使用することができます。安く購入してもへたりのスピードが速ければ頻繁に交換することになるため、通販、店頭にかかわらず保障期間の長い品を選びましょう。

低反発マットレスのおすすめブランド・メーカー

トゥルースリーパー

低反発寝具の定番ブランド

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

トゥルースリーパーは良質な眠りを提供する寝具専門店です。マットレスや布団、低反発枕やカバー類など眠りに必要なものはすべて揃い快適さも追求されている品が多くなっています。低反発マットレスは今ある布団やベッドに足すだけで快適な寝心地が得られる手軽な商品が見つかります。

テンピュール

NASAで使用された高品質な低反発マットレス

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

テンピュールは医療、福祉先進国のデンマーク生まれのブランドです。アメリカの寝具メーカー、テンピュールペディックインターナショナルが製造する低反発素材で作られ、NASAの研究所で宇宙船内の座席用に使用されたマットレスであることが知られています。保障期間も長期になっており、高品質な低反発マットレスとして定評があります。

MLILY(エムリリー)

10年の保証が付いたハイブリッドマットレス

健康的で寝心地の良い寝具が見つかるブランド、エムリリー。低反発と高反発を組み合わせた優反発とポケットコイルの4層構造からなるハイブリッドマットレスは、ウレタンとコイルの快適さが融合された優秀な品です。保障期間も10年あり、品質にも自信があるのがうかがえます。

アイリスオーヤマ

リーズナブルで買い替えのしやすいマットレスが見つかる

宮城県仙台市に本社のある家庭用プラスチック用品が特徴の総合生活用品メーカーです。低反発マットレスはリーズナブルで学生にも購入しやすい良品が揃います。低反発マットレスの三つ折りベッドなど、狭い部屋でも効率的に使える心地よい寝具が見つかります。

おすすめ&人気の低反発マットレスランキング

長寿命でおすすめの低反発マットレス

トゥルースリーパー低反発マットレス プレミアケア(34,800円)

弾力性と復元性に優れたマットレス

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

通信販売の低反発マットレスで定番の1枚です。今使っているベッドや布団にこの低反発マットレスをプラスするだけで日々の睡眠をより快適なものにすることができます。寝具そのものを買い換える必要がないため大変経済的。体の凸凹に合わせて自在に変形するため、全身を柔らかく包み込んでくれます。

今ある寝具にプラスして低反発マットレスを使いたいという人におすすめです。60日間返品保証と1年間の交換保証がついており、品質にも自信がある一品です。弾力や復元力に優れ、体温や体圧によって反発力や形が変化するため、体にぴったりフィットするマットレスです。

エムリリー低反発マットレス  10年保障 (75,600 円)

10年保証の付いた耐久性の高いハイブリッドマットレス

おすすめ商品!
ジャンル内で売れています!

様々な素材が組み合わさる4層構造に加え、10年保証の耐久性の良さが特徴です。独自の新素材である優反発は、低反発と高反発のメリットを併せ持った新感覚のウレタンフォーム。ポケットコイル、高反発ウレタン、優反発ウレタンが組み合わさるため、通気性のなさや沈み込みすぎるといった従来の低反発マットレスの弱点を克服しています。

製品保証期間が長いマットレスをお探しの方に最適です。10年間という長い保証期間は他では見つけることができません。通常なら2、3年でへたることも多い低反発マットレス。値段は少々高めですが、買い替えのことを考えると納得のいく価格です。

テンピュールー低反発マットレス 三つ折り(32,990円)

敷布団に最適な通気性のあるマットレス

布団の下に敷くのにちょうど良いサイズです。シングルサイズは厚さ6センチと、立てて陰干ししやすい大きさ。簡単に三つ折りができるため、押入れに収納するのもコンパクトサイズになり楽です。もちろんベッドの上に使っても良く、様々な使い方ができる一品です。

敷布団に最適で、通気性のある低反発マットレスをお求め方へ最適です。オープンセル構造になっているテンピュール素材は、植物の穴あき細胞のような造り。高耐久ベースウレタンフォームとの組み合わせで、耐久性もアップしています。さらに2年間のメーカー保証付きで耐久性も高い品です。

トゥルースリーパー低反発マットレス プレミアムケアプラス(37,584円)

リバーシブルで好きな寝心地を選べる

プレミアムの機能はそのままに、体圧分散性が向上したマットレスです。低反発と高反発のリバーシブル構造なので、好きな寝心地の方で眠ることができます。さらに従来品よりも通気性が2倍アップ。抗菌防カビ作用もついて、蒸れやすい夏場でも安心して使うことができます。

従来のプレミアムよりワンランクアップの寝心地を求める方へおすすめです。体圧分散性、通気性、リバーシブル構造と進化した機能の低反発マットレスで、最高の寝心地を体感できるでしょう。16万回の耐久テストに合格した、品質の高いマットレスです。

トゥルースリーパー低反発マットレス 中反発(24,624円)

新感覚の中反発でストレスのない寝心地が得られる

低反発マットレスのフィット感と、高反発マットレスの弾力性を併せ持った新感覚の中反発マットレス。低反発マットレスでは沈み込みすぎるという人へおすすめの新素材です。適度な弾力性でスムーズに寝返りを打つことが可能。さらに優れた体圧分散性で腰や肩にかかる圧力を体全体へと分散します。

低反発マットレスの弱点を克服した品をお探しの方へおすすめです。寝心地もアップしましたが、ウレタン素材が吸放湿性を持っていることも大きな特徴です。汗の湿気を吸収し時間とともに放出。一年中さらりとした快適な寝心地を実現します。

Noone-低反発マットレス お昼寝(2,980円)

ごろ寝用で程よいサイズのウレタンマットレス

低反発と高反発の組み合わさる、程よいサイズ感のお昼寝ウレタンマットレス。ロングサイズだから生活の様々なシーンに活用できます。壁に挟んで座椅子のように使ったり、ヨガマットとしても使えます。車にも積み込みやすいサイズのため、ドライブ中の車中泊や休憩にもぴったりです。

持ち運びやすいウレタンマットレスをお探しの方に最適です。二層が組み合わさる品ですが、合計の厚みは4センチと手ごろな薄さ。幅も狭いためコンパクトに丸めることが可能です。高反発ウレタンが入っているとへたりにくいため、耐久性も良い品です。

腰痛持ちの方におすすめの低反発マットレス

エムリリー低反発マットレス エコヘルス(26,000 円)

一年中安定したフォームのウレタンマットレス

おすすめ商品!
ジャンル内一番人気!

温度変化を受けて変形しやすいウレタンマットレスの弱点を克服した品です。夏場は柔らかく冬は硬くなることで、コンディションが安定しなくなるのがこれまでのウレタン素材。新素材エコヘルスフォームは温度の影響を受けにくいため、一年を通じて同じコンディションで使用することが可能です。

一年を通して安定した寝心地を得たいという方へおすすめです。腰痛に良い二層構造となっていますが、下層部の高反発マットレスがオープンセル構造になっているのが特徴。通気性も高く均等に持ち上げられるため、理想的な寝姿を保つことができます。

てらひがしー低反発マットレス 五センチ(11,340円)

三つ折り可能な継ぎ目なしの低反発マットレス

つなぎめなしで三つ折りができる低反発マットレス。厚さ5センチは折りたたみやすいため、扱いが楽です。つなぎ目なしの一枚物の寝心地は抜群。どんなに良い素材、機能でもつなぎ目があることで腰に負担がかかることもあります。これまで収納の面から三つ折りを使っていた人も、良い寝心地で使いやすい品になるでしょう。

折りたたみができる一枚もののウレタンフォームをお探しの方へおすすめです。1枚物は寝心地が良いのですが、折りたためないのが不便。心地よい寝心地とコンパクトに折りたたみできる手軽さを併せ持つ優れた品です。

クレセントー低反発マットレス 切り離し(56,297円)

切り離しができる多層構造マットレス

ポケットコイルとウレタンフォームの多層構造で出来たマットレスです。大きな特徴は三つに切り離しができること。重さがあるコイルマットレスでも、楽に取り扱いができます。体を点で支えるポケットコイルマットレスは腰痛対策に最適。体を押して寝返りを助けてくれるため、腰に負担がかからない造りになっています。

持ち運びが楽な多層式マットレスをお探しの方へ最適です。ポケットコイルを低反発マットレスで挟む構造ですが、底が硬めで通気性のあるメッシュになっています。側生地もニットでソフトな風合い。伸縮性に優れ、体の動きにフィットしやすい生地です。

プランBー低反発マットレス 低+高(11,232円)

厚さ12センチのリバーシブル構造

低反発と高反発の二層構造で厚さ12センチと底付き感のないウレタンマットレスです。両面使えるリバーシブル仕様で、好きな寝心地を選ぶことができます。高反発の表面は凸凹のあるプロファイルで通気性もアップ。夏と冬を使い分けるのも良いですね。も使えるオススメの一枚です。

厚みのある二層式のウレタンマットレスをお探しの方に最適です。薄型は扱いやすいのですが、底付き感があるのが気になる人も多いですね。12センチの厚さなら、床の感触を逃すため安心してぐっすり眠ることができます。価格もリーズナブルでベッドにも布団にもおすすめの一品です。

くらしのeショップー低反発マットレス 腰硬め(3,990円)

真ん中硬めでしっかり腰をホールド

薄型ですが真ん中が硬めとなっているため、体重がかかって沈み込みやすい腰部分をしっかりサポートします。コイルもウレタンも、マットレスは腰の部分から消耗していくのが特徴。この部分を硬めのウレタンフォームにすることで、マットレスの買い替え時期を延ばすことができます。

腰部分のサポート力が強いウレタンマットレスをお探しの方におすすめです。通気性の良い穴あきタイプでこもりがちな熱気や湿気を逃し、蒸れ感がありません。三つ折りでコンパクトに移動できるため、布団で寝ている人に最適な品です。

折りたたみ可能なおすすめの低反発マットレス

アイリスオーヤマー低反発マットレス ベッド(13,608円)

コンパクトに収納できる低反発折りたたみベッド

ベッドごと折りたためるため、狭い部屋でも邪魔にならない低反発マットレスです。キャスター付きなので移動も楽々。14段階のリクライニング式で好みの角度を選ぶことができます。表面は通気性の良いメッシュ素材で、夏場も快適に過ごせる折りたたみベッドです。

コンパクトなウレタンフォームベッドをお探しの方へ最適です。ウレタンの厚みもほどよいため、取扱いも楽。二つに折りたたんでクローゼットへ収納することができるため、狭いワンルームのお部屋でも快適に使うことができます。

アイリスオーヤマー低反発マットレス エアウレタン(6,680円)

通気性の良い無膜ウレタンを使用したマットレス

ウレタンの気泡にある膜を取り除き、空気の通りを良くしたのが無膜ウレタンフォームです。無膜化することにより蒸れにくくなり、通気性もアップ。表面にはプロファイル加工を施しており、体圧分散をサポートしています。

通気性の良い折りたたみマットレスをお探しの方に最適です。オープンセルとは違い、中身の詰まった寝心地を感じることができる一枚です。価格もリーズナブルのため、買い替えがしやすい品。学生でも十分購入できる低反発マットレスです。

インテリオールー低反発マットレス リバーシブル(20,680円)

樹脂ファイバーが空気の通り道を作る高性能マットレス

樹脂ファイバーと低反発ウレタンフォームを合わせた、両面使用の可能なマットレスです。樹脂ファイバーの隙間が空気の通り道を作るので、通気性がアップ。さらに3次元スプリング構造で、寝ている間体の動きをサポートしてくれます。

通気性と寝心地の良さが合わさるウレタンマットレスをお探しの方に最適です。夏場は通気性の良い樹脂ファイバー、冬は暖かいウレタンフォームと使い分けることも良いですね。弾力性に富むファイバーで、これまでにない寝心地を得られるでしょう。

おとぎの国ー低反発マットレス 二センチ (3,980円)

厚さ二センチの長薄型低反発マットレス

厚さ二センチと超薄型ですが、最高級密度である60Dを採用しています。密度が高くなるほどソフト感が出て、へたりにくいのがウレタンマットレスの特徴。体圧分散性も良く、体の形に合わせてゆっくり沈み込むため、薄型でも性能は変わりませんよ。

持ち運びが楽な低反発マットレスをお探しの方へおすすめです。厚さ2センチは珍しく、折りたたんだり、くるくると丸めて簡単に運ぶことができます。アウトドアに持ち出すのも便利で、車中泊にも最適。気持ちいいパイル生地でお昼寝にも良いですよ。

まとめ

ポケットコイルや高反発との多層式がおすすめ

低反発マットレスについてご紹介しました。最近の低反発は寝心地や通気性も改良されてさらに進化を遂げているのがうかがえます。ポケットコイルや高反発マットレス、中反発マットレスとの組み合わせにより、沈み込みすぎるという弱点も改良されているため、これまで低反発マットレスに満足できなかった人も試してみる価値はあるでしょう。