タグ: ,

おすすめのマットレスベッドランキング!【人気のニトリも】

新社会人として或いは新婚生活のスタート時に、ベッドを購入する方も多いと思います。デザインや大きさ、価格など色々な条件が出てきますが、実はベッドを購入しようとした際に一番大事なことは「マットレス選び」なんです。人生の3分の1は寝ているといわれるように、人間にとって睡眠は最も大切な時間です。ベッドで良質な睡眠を得るためには、直接体を支えてくれるマットレス選びが寝心地の全てを握っていると言っても過言ではないでしょう。せっかく買ったベッドの寝心地が悪くかえって安眠の妨害になるようでは本末転倒。そこで、どんなマットレスがあるのかその素材の違いによる種類から、選び方のポイント、人気のブランドからおすすめマットレスまでご紹介しましょう。



マットレスベッドとは?

体を支える敷物

簡単に言えばベッドフレームの上に置いて体を支えるのが役目です。人間は寝ている時には頭部・胸部・骨盤と3か所に最も力がかかるのですが、それをどう支えていくかによって眠りへの影響が変わってきます。

ベッドフレームとの関係

それでは、マットレスがあればベッドフレームなしでもいいのでしょうか。高温多湿の日本ではマットレスだけだとカビが発生する確率が高くなります。ベッドフレームを使うことでカビの発生を防止することができます。

マットレスベッドの種類

コイルタイプ

マットレス内部にコイルスプリングを入れ、体を支える構造のものをいいます。コイルには「ボンネルコイル」と「ポケットコイル」の主に2種類があり、それぞれ特徴が異なります。
硬めのマットを好む方は「ボンネルコイル」がおすすめ。価格帯が低めに設定されており、経済的でもあります。
反対に柔らかい感触がお好きな方は「ポケットコイル」向きかもしれません。横になったときに身体がより沈むのがこちらのマットです。
両者の構造の違いは、スプリング(ばね)が連結しているか独立しているかの違いになります。

ノンコイルタイプ

スプリングを使用せず、「低反発マットレス」や「高反発マットレス」と呼ばれるウレタンや樹脂を使用したものがあります。
「低反発マットレス」はマットが身体を優しく包み込むように感じられ、また寝返りを考慮すると体重が比較的軽い方にフィットするかと思いますよ。
「高反発マットレス」は基盤が安定しており、寝姿勢を綺麗に保ちたいなら高反発をおすすめします。寝返りを打ちやすいので疲労が蓄積しにくいという特徴がありますよ。
コイルタイプにせよノンコイルタイプにせよ、それぞれ似たような特性を持ったマットが存在します。
ただノンコイルはスプリングが内蔵されていないため、容易に畳んで収納することが可能です。

ベッドマットレスの選び方

寝心地は良いか

仰向けの姿勢で寝たときに、腰とマットレスとの間に2〜3センチの空間ができるS字が理想だといわれています。背中や腰が沈みすぎないか、逆に密着しすぎないかをチェックしましょう。

寝返りはし易いか

人は寝ている時に何度も寝返りを打ちます。スムーズに寝返りができないと、余分な力を使うことになり、血行や体温調整がうまくできず、寝苦しさを感じることとなります。

通気性は良いか

高温多湿の日本では通気性の良いものを選ばないと、結露などによりカビの発生につながります。カビが発生するとアレルギーの原因となり、安眠のための道具が病気の原因だという笑えない状況にもなりかねません。

不快な揺れやきしみ音はないか

寝返りを打った時に横揺れがひどいと睡眠の妨げになります。また、使用する際にマットレスだけでなくベッドフレームからもれるきしみ音は不快で、ストレスになることもあり注意が必要です。

マットレスベッドの人気ブランド

ASLEEP

30年耐久素材ファインレボ

自動車部品メーカーとして世界に誇る技術を駆使し生み出した「ファインレボ」。マットレスの上から荷重を10万回(JIS規格以上)加えるという耐久試験をクリアしたファインレボはスプリングよりも長持ちします。

コイル感のない樹脂素材

スプリングではなく樹脂でできた弾性体をポケットコイルのように高密度に並べ「点でありながら面で支える」という構造を実現。寝返りの際の体圧分散性やサポート性を向上させています。

無印良品

無駄のない簡潔な商品

特徴は簡潔であること。最適な素材と製法や形を意識しながら、無駄を省き低コストに仕上げる。豊かな低コストが無印良品のコンセプト。ノンコイルからポケットコイルタイプまで、多彩なラインナップがあります。

超高密度ポケットコイル

おすすめが「超高密度ポケットコイルマットレス」。増量タイプと呼ばれるものはシングルサイズで2,000個ものコイルを使用しています。それでいて価格は9万円代と安く抑えられているのは無印良品ならではです。

日本ベッド

ビーズポケットの姿勢保持力

低価格帯で設定されているのが、太めのコイルスプリングを使った「ビーズポケットマットレス」。しっかりとした保持リュクと耐久性を両立したベーシックモデルのマットレスです。

快眠を誘うシルキーポケット

従来型のポケットスプリングの2倍近くになる1,200個を組み込みました。ふんわりとしたソフトな寝心地からかっちりとした弾力ある寝心地まで、きめ細かい寝心地に対応したマットレスです。

シーリー

独創的な構造が特徴

コイル上部の詰め物を変えることで体圧分散性を改善した「プレッシャーリリーフ・インフレー」。連続スプリングのボンネルコイルを採用しつつコイル先端にアームをつけ反発力を変えるという凝った構造をしています。

スタンダードは「シーリーレスポンス」

構造技術の組み合わせにより4つのシリーズに分かれている。スタンダードなシリーズが「シーリーレスポンス」で、コイル形状を工夫し体圧に合わせて反発力が変化する「ポイスチャーテックコイル」を採用しています。

エアウィーヴ

樹脂製ノンコイルタイプ

エアファイバーと呼ばれる樹脂素材を使ったノンコイルタイプのマットレスを作っている。復元性が高く寝返りなど体の動きへの反応が早く、同時に通気性がよく夏は蒸れにくく冬暖かいという特徴があります。

洗えるマットレス

コイルタイプのマットレスは構造上洗うことはできませんが、樹脂素材を用いたエアウィーヴは洗濯することができます。上からぬるま湯をかけるだけで清潔を保つことができます。

ポケットコイルでオススメのマットレスベッド

日本ベッド-シルキーポケット・レギュラー・シングル 162,000円

ポケットコイルを従来の約2倍にあたる1,200個(シングルサイズ)を使用した日本ベッド独自の「超高密度シルキーポケット」が特徴。絹のような感触が快適な寝心地を実現します。

硬さはハード・レギュラー・ソフトの3種類をスプリングの線径を変えて実現。ホテル納入の経験から、エッジ部分の傷みやすいワイヤーをウレタンで包み込み体へのあたりを優しくしつつ耐久性を向上させています。

無印良品-増量タイプ・超高密度ポケットコイルマットレス・クイーン 134,900円

増量タイプ・超高密度ポケットコイルはなんと2,000個のコイルを使用。一つ一つのコイルの線径は1.2mmと細い鋼線で仕上げ、きめ細かく体にそったバランスの良い姿勢を維持してくれます。

従来の超高密度ポケットコイルマットレスでは感じることのできない、細かな点で支えられている安心感が特徴。コイルの一つ一つに職人の厳しい目と技術が注ぎ込まれています。

無印良品-ポケットコイルスプリングマットレス・シングル 30,900円

ポケットコイルを使用した無印良品の標準的なマットレス。シングルサイズのコイル数は616個、厚みが19センチと体をバランスよく支えることができます。

コイル数は「増量タイプ・超高密度」には及びませんが、その分リーズナブルな値段設定がされています。予算と寝心地のバランスを考えつつ、選択肢の一つに入れることができそうです。

タンスのゲン-ポケットコイルマットレス 6,980円

ポケットコイルを使用したマットレスでは低価格の部類に入ります。コイル数は465個と性能的には少し見劣りしますが、コイル数の少なさをボリュームのあるキルティングによって寝心地アップを図っています。

コイルを交互配列すると数は増えますが、その分通気性が悪くなります。このマットレスはコイルを平行配列し、適度な隙間を開けることで通気性と耐久性の向上も図っています。

ウレタン・樹脂素材でおすすめのマットレスベッド

エアウィーヴ-ベッドマットレス・スマート 129,600円

エアウィーブ独自の樹脂素材「エアファイバー」を使ったマットレス。一般的なウレタン素材に比べ圧縮力が大きくなっても反発力が変わらず、体を動かしてもそれに追随して変形するという復元性の高さがが特徴です。

水の中に流し込んでからむようにして作られたエアファイバーは、水で丸洗いをすることができる。汚れが気になるところは中性洗剤で洗浄し、陰干しをすれば常に清潔さを保つことができます。

無印良品-天然素材でつくったノンコイルマットレス・スモール 75,000円

ウール・ラテックス・ココファイバー・コットンを素材にして作られたマットレス。特にベース部分に用いられているココファイバーは、インドでは「命の樹」と呼ばれる耐久性と通気性に優れたココヤシです。

コットンとウールを用いた「トッパー部分」と、ココファイバーとラテックスを主材料とした「ベース部」が別々の商品となっているのが特徴。メンテナンスやパーツ交換が容易にできます。

ASLEEP-ファインレボマットレスR0 シングル 66,900円

ツヅミ型に成形された樹脂素材「ファインレボ」をポケットコイルのように一面に並べた構造をしている。ヘタリにくく、JIS規格を超える耐久試験でも寸法変化率が0%という優れた形状再現性を持っています。

ASLEEPのマットレスはアッパーカバーからフレックスバッグ(ファインレボ)・マットレスベース・アンダーカバーまでパーツごとに交換できるのも特徴の一つです。

東京西川-エアー01ベッドマットレス・BASIC 57,000円

ウレタン樹脂でできた凸凹構造に体圧分散させるアッパー部分と姿勢保持のためのベース部分を重ねる特殊な構造をしています。これによって体全体を点で支え睡眠中の血行を妨げにくくして体への負担を軽減します。

ウレタン素材の特徴である通気性にも優れ、湿気や睡眠中の汗を放出し、目覚めのすっきり感を実現します。特に体調管理に神経を使うアスリート達に人気のマットレスです。

ヤーマン-オクタスプリング 21,384円

ここで使用されているウレタンは、スプリングの形状による通気性の良さとウレタンフォームのサポート力を両立させた「3Dウレタンスプリング」を採用しています。ふんわりと包み込まれるような寝心地を実現します。

まるで無重力の世界にいるようだと評される「オクタスプリング」マットレスですが、高機能でありながらリーズナブルな値段設定となっているところに好感が持てます。

その他の素材でおすすめのマットレスベッド

ウォーターワールド-ウォーターマットレスBluMax6000 168,800円

スプリングベッドがバネの反発力で体を支えるのに対し、ウオーターマットレスは水の浮力で支えます。一度閉じ込められた液体の一部に加えられた力は全体に均等に伝わるという原理を応用したものです。

特徴の一つが水温を一定に保つことで、季節を意識せずに快適に過ごすことができる点です。冬場にエアコンや電気毛布を使用しなくなることで、乾燥しにくく体に優しいマットレスです。

INTEX-コンフォートプラッシュ 7,299円

アウトドアーで快適なベッドとして、あるいは急な来客にエキストラベッドとして重宝するのがエアーベッドです。ベッドに空気を入れて使用するので好みの硬さに調整することもでき、一般的なベッドに比べるとリーズナブルです。

使用しない時は小さく畳むことで収納性が良く、持ち運びにも便利です。この製品は世界シェア品質No.1を誇るアメリカ「INTEX社」の製品です。

まとめ

ベッド選びで大切なのは、体圧をいかに分散し体への負担を少なくするか、その大きな要因となるのがマットレス。体を支える素材の違いによって「点」で体を支えるのか「面」で支えるかのかが違ってきます。それによって硬いと感じたり柔らかいと感じたり、人それぞれ感じ方が変わります。合わないマットレスを買って逆に不眠になっては本末転倒。それぞれの種類と特徴を理解し実際に横になってみて最適なマットレスを探しましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加