ローソファ

ローソファと聞けば、座面が床に近くてお洒落な雰囲気のソファを思い浮かべませんか。座面の低いソファはお部屋を広くみせてくれ、リビングが狭く見えてしまうことでお困りの方に最適ですよ。ローソファは体勢を崩してベッド代わりにするなど、ゆったりと座ることができます。ローソファやフロアソファはリラックスできる空間が欲しいとお考えの方に最適なソファです。そこで今回は、ローソファの特徴とその選び方、選ぶ際の注意点と合わせておすすめのソファについてご紹介します。リビングにリラックスできる空間を作れる人気のローソファをお探しの方は、是非参考にしてみてくださいね。

関連するキーワード:ローソファ こたつ

ローソファとは?

ローソファとは、座面が低くて床に近いソファのことです。体勢を崩して使えることから、リラックス効果が高いことが特徴的です。足つきのものやコーナー型のもの、ハイバックのものなど形も豊富です。2人掛けのものから多人数で座れるものまであります。

ローソファをタイプから探す

一人掛けローソファ

ワンルームや一人暮らしの部屋におすすめの一人掛けのローソファ。ローテーブルやこたつとの相性も抜群です。

二人掛けローソファ

二人掛けのローソファはカップルで使うのにおすすめのソファです。一人が十分に横になれるサイズなので、一人暮らしで贅沢に使いたい方にもおすすめです。

三人掛けローソファ

三人掛けのローソファはファミリーでの利用に最適なサイズです。ローソファは柔らかい素材が多いのでお子様がいる家庭でも安心です。

ローソファはこんな人におすすめ

・手頃な値段のソファが欲しい

・家族でゆったりくつろげるリビングを手軽に作りたい

・家具一つで部屋の雰囲気と快適さをガラッと変えたい

ローソファの3つの特徴

床に近い座り心地が特徴的

ローソファは座面が床に近いため、座り心地が床に座っている時の感覚に近いです。座椅子のような感覚で使ったりこたつに合わせて使ったりと使い勝手が良いことが特徴です。ゆったりと足を投げ出して座れますので、洋室だけでなく和室に合わせるのにもぴったりですよ。畳の上においても違和感のないデザインのローソファもあるので、どんなくつろぎ空間に合わせたいのかを意識して選ぶと良いでしょう。

大勢で囲んでも違和感のないつくり

ソファというと4人程度が腰掛けられるサイズのものが一般的ですが、ローソファではより多くの方が座れるサイズも少なくありません。また、多くの人とテーブルを囲む際にも床との差が近いので、座布団などに座った人とも視線を合わせやすいです。お客様を呼ぶ際に、どこに座ってもらうべきかと悩むことが少なくなるでしょう。大家族で過ごすくつろぎ空間が欲しい方や、お客様を大勢呼んでくつろぐ機会の多い方におすすめです。

リラックスして過ごせるソファ

足を投げ出してくつろぐのに最適なローソファ。特に、背もたれが低いタイプのソファであれば、背もたれに頭を乗せてゆったりと寝転がれるのでリラックス感もかなり高くなっています。また、ハイバックのソファを壁にくっつければ、壁にもたれかかる形でゆったりと過ごすこともできますよ。横になったり体勢を崩したりして、お部屋の中にだらんと過ごせる空間が欲しいという方には特におすすめです。

ローソファのおすすめ商品

ローソファの人気商品ランキング

ローソファの商品一覧

23件の商品を表示中

23件の商品を表示中

ローソファのおすすめの選び方

サイズで選ぶ


ソファは、インテリアの中でも場所を取る家具のひとつです。そのため、気に入ったデザインのソファがあってもドアや廊下を通ってお部屋に搬入のできるサイズでなければ、お部屋に置くことができません。特に、ショッピングサイトなどで購入する場合には必ずお部屋のサイズに合っているかどうかをチェックする必要性があります。また、ローソファを選ぶ際には、お部屋の動線を妨げないサイズのソファを選ぶと良いでしょう。

部屋の広さに合わせた大きさを選ぶ


ローソファの材質には、ファブリック製やレザー製など、簡単に洗える材質からお手入れの難しい材質のソファまでさまざまです。座面にカバーは掛けられますが、ソファ自体の材質は変えられません。ソファはお部屋の中でも長く座って過ごす場所になりますから、最初に材質を何にするのかをよく考えてから選ぶと良いでしょう。柔らかい肌触りのソファから、しっかりとした座り心地のソファまであるので、気に入った材質のローソファを選んでみてくださいね。

ローソファを選ぶ際の注意点

他のインテリアと高さをあわせる

ローソファを選ぶ際には、その他のインテリアとの相性を考えることが大切です。例えば、テレビを見る際などに高さが合わないと、首が疲れて居心地の悪い空間になってしまいます。一般的に、ローソファと相性の良いテーブルの高さは35〜40cm程度です。テーブルだけでなく周囲のインテリアとの高さを統一することで、お部屋の見え具合もすっきりとしてきます。購入する前に、周囲のインテリアとの兼ね合いもチェックしましょう。

強度と価格のバランスが大切

通常のソファと比べると、ローソファは座面スペースが少なくなっています。座面の厚みのあるソファと比べるとクッションが少なかったり、バネが入っていなかったりすることもあります。特に、価格の安いものの場合、クッション性の低いものが少なくありません。長く愛用したいのであれば、価格と強度の兼ね合いを考えながら最適なソファの条件をよく考えて選ぶと良いでしょう。長く使う上で強度が気になるという方には、ローソファながらふっくらとした印象のソファをおすすめします。

おしゃれな家具・ローソファの格安通販ならkomono storeで!

komono storeではメーカー直送品を中心としたローソファを取り揃えています。ローソファと言っても種類は様々。座面がふかふかのavaレイアウトが自由に決められるフラウム、カウチとしてもローソファとしても使えるキルティングデザインコーナーカウチソファのルードなど。また最近では一人掛けのローソファも販売しており、ソファとしてもビーズクッションとしても使える3wayのうたた寝ローソファは特に人気です。ローソファをお探しの方は是非komono storeをご利用ください。