L字ソファ

L字ソファと聞くと、大きくて場所を取るというソファというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかしL字ソファは、その形を生かしてリビングダイニングなどの広い空間を仕切るのに利用しやすかったり、壁際やコーナーに沿って置くソファとして使うことで空間を有効に使えたりと、配置次第で空間の見せ方は様々。また、縦に長く脚を伸ばしてゆったりくつろげるカウチタイプのソファなのも良い点です。L字ソファはリビングの雰囲気の決め手にもなるソファなのです。ソファ選びに慎重派のあなたに、今回はL字ソファの種類や特徴と合わせて魅力的な商品をご紹介していきます。

L字ソファとは?

L字ソファは、別名コーナーソファとも呼ばれます。文字通りL字型で固定されている一体型のソファや、複数のソファを組み合わせてL字型にするものなど種類も様々。座った人同士の視線が交わるレイアウトも、L字ソファの魅力のひとつです。

L字ソファと似ているソファタイプ

カウチソファ

足を伸ばして座れるカウチソファは、L字型としても使えます。特にソファ本体とオットマンが別になっているタイプが人気です。

コーナーソファ

L字ソファとコーナーソファはほぼ同じと考えて問題ありません。コーナーソファも部屋の仕切りや隅に沿って置けるソファとして人気です。

コーナーフロアソファ

コーナー型のフロアソファもL字型として使えます。より床に近く目線が低い生活がしたい方にはフロアソファがおすすめです。

L字ソファはこんな人におすすめ

・足を伸ばしてのんびり寛ぎたい

・家族団らんの時間を大切にしたい

・引越しなどでこの先も間取りが変わる可能性がある

L字ソファの3つの特徴

いろいろな空間の使い方ができる

形がL字型と言っても、配置の仕方ひとつで空間の見せ方も変わってきます。近年多く見られるLDKという間取りは、空間が広いので、ソファで上手くリビングとダイニングを仕切れると部屋も引き締まりますよね。逆に、小さな子供がいて空間を広く使いたいという方は、L字の形を生かしてソファをコーナーに寄せれば、スペースを有効に使えます。それぞれのニーズや間取りに合わせて空間の使い方が出来るのは、魅力的ですよね。

会話が弾むレイアウトが可能

L字ソファの最大の特徴はそのレイアウト。座った人同士の視線が交わり、横並びでは見えない相手の表情も目に見えるので、会話も弾みます。自宅での家族団らんの時間を大切にしたい方、友人を集めて会話を楽しみたい方にはとてもおすすめのソファです。お互いがソファで寛いでテレビを見ながらでも、寂しさを感じることなく、家族や大事な人との時間を大切に出来る空間って、とても素敵ですよね。

足を伸ばして癒しの時間も

家でのんびり過ごしたいとき、仕事や家事・育児で疲れて休みたいとき、そんなときに過ごす場所は、皆さん大抵ソファではないでしょうか。座り心地はもちろん大切ですが、座った時に、とにかく思いっきり寛げる場所であることも大事ですよね。L字ソファの形を生かせば、癒されたい時、おもいっきり足を伸ばして寛げます。寛げる場所に人は集まってきます。快適な寛ぎ空間は、家族団らんのためにも重要な役割を果たしています。

L字ソファのおすすめ商品

L字ソファの人気商品ランキング

L字ソファの商品一覧

38件の商品を表示中

38件の商品を表示中

L字ソファでおすすめのタイプ

コーナー入れ替えタイプ


これは、複数のソファを組み合わせてL字型にするソファです。コーナーの左右を入れ替えてソファの形を変えることも可能。引越したときや、模様替えをしたいときにもおすすめです。またソファが複数組み合わさっていることで、カバーリングも簡単に、部分的に取り外して洗えるソファもあります。小さな子供がいてソファを汚したときにも、汚れた部分だけを取り外して洗濯ができるので、いつでも快適で清潔に保てます。

オットマンタイプ


オットマンとは、動かせる足置きのこと。シンプルなソファにオットマンをくっ付けることで、L字型を作ります。オットマンの位置を変えて、足を伸ばせる人を日替わりにしたり、オットマンをソファから離して独立させ、来客時には一つの椅子として使ったりと、シンプルなL字ソファにはない魅力がたくさん。引越して間取りが変わったり、部屋が手狭になったらオットマンを片付けてしまえばいいので、手軽に形を変えられます。

ハイバックタイプ


L字ソファも、背もたれの高さは様々。ローバックタイプもありますが、ダイニングテーブルなど目線を低くしたいところで利用したい時はおすすめ。リビングで寛ぎの空間を追及する方は、断然ハイバックタイプがおすすめです。背もたれが低いと、頭や背中を支えるため変に力んでしまうことも。ハイバックタイプのソファに全身を預ければ、まるでベッドに寝ているかのような安心感です。ヘッドレストが付けられるタイプもあります。

L字ソファでおすすめの選び方

素材をしっかり吟味する


ソファ選びにおける重要ポイントの一つが素材選びです。素材はファブリックにするのか革張りにするのか、足部分の素材は木製がいいのかスチール製がいいのか、などソファの素材とひと言で言っても、考慮するべき部分がたくさんあります。ソファ選びは、家具の中でも大きな買い物のひとつ。簡単に買い直しは出来ないので、それぞれの素材のメリット・デメリットを想定し、部屋の雰囲気に馴染む素材を選びましょう。

配置替え可能なソファか固定式か


どんなソファがライフスタイルにマッチするか、それは住んでいる形態や家族構成によって、ニーズも人それぞれです。マイホームを購入して引越す可能性の少ない方は、固定式のソファを選び、その形が変えられなくても、困ることはあまりないはず。逆に、転勤族の方や家族構成が変わる可能性のある方は、配置替え出来るソファを買っておくと、その都度間取りに合わせて形を変えられるので便利です。

L字ソファを選ぶ際の注意点

購入前にきっちりとサイズ確認を

ソファでサイズ確認をしておくべき点は、単にソファの横幅や奥行だけではありません。床から座面までの高さ、肘置きの高さ、背もたれの高さ、そして座面の幅などたくさんあります。特に購入前にきちんと確認したいのは、座面の寸法です。ソファ自体の横幅や奥行だけ確認してリビングに置けたとしても、いざ座ってみて座り心地に納得いかなければ、意味がありません。座面の幅も、浅く座りたい人、深く座りたい人で座面のサイズ感は変わってきます。理想の座り心地を追及するなら、座面の寸法など細かいところまできちんと確認しましょう。

内部構造の使用素材で決まる座り心地

目には見えない構造部分の素材によって、その座り心地は大きく左右されます。特に座り心地に影響するのは、コイルスプリングなどのバネ部分、そしてその上にくるクッション素材の大きく分けて二つです。バネ部分は、衝撃を吸収する役割があるため、耐久性にも影響します。座面や背面のクッション部分は、ウレタンやフェザーなどの素材があり、柔らかめが良いのか硬めが良いのか、好みによっても素材選びは変わってきます。デザインやカラーだけではなく、内部素材もきちんとチェックするのが、後悔しないための重要ポイントです。

おしゃれなL字ソファの格安通販ならkomono storeで!

komono storeではメーカー直送品を中心としたL字ソファを取り揃えています。L字ソファをお探しの方は是非komono storeをご利用ください。